スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金首露(キム・スロ)10話・11話あらすじ

こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ   →なんじゃもんじゃ。 
もよろしく。


メインブログの「金首露-キム・スロ」のタグをクリックすると、このドラマに関する全記事が読めます


04_70638.jpg

今週の注目の話題のひとつが、トゥクスンとヘレの恋の行方。
結婚衣装(上)のヘレと矢で撃たれたヘレ、さて、どうなるのでしょう。



それでは、あらすじです。 10話
対戦するスロとイジナシ、なかなか勝負がつきませんが、やがて、スロは剣を落とし、イジナシの剣がスロの首元につきつけられます。
しかし。そこで折れるイジナシの剣。
スロの剣とぶつかった時に、スロは剣を落としてしまったけれど、そのぶつかった衝撃はイジナシの剣を破壊していたのね。
スロが居首と認められます。
苦々しい表情の正見妃とイジナシをよそに、人々はスロを称賛し、お祭り騒ぎです。

一方、タレに捕えられたヘレは、トゥクスンへの脅威をちらつかせられての尋問に耐えきれず、ついに、神託をうけた人物がソロである、と、口を割ってしまいます。
そのことをタレはヨムサチと神鬼干に報告するのね。
ありえない、と一笑にふすヨムサチに対し、スロに脅威を感じる神鬼干。
スロは幼いころから普通のこどもではなかった、と。
まずスロを亡きものにしなければ、と言います。
その一方、イビガは剣の出来栄えに驚きながら、神託を明らかにするべき時が来たようだ、と、ナチャルニョに言っています。

そして、ファンオクは父のホ・ジャンサンからイジナシを慰めに行くように言われるのですが、従えないファンオク。
ジャンサンはスロが気になっているのか、と聞きます。
スロは普通の若者ではないが、ファンオクにはイジナシがいる、と、ファンオクを納得させようとしますが、気持ちを変えないファンオク。
待っていてください、と言うファンオクです。
イジナシの元に行くのは結局アヒョです。
アヒョは素晴らしい対決だった、かっこよかった、と言うのですが、スロに勝ちたかったのだというイジナシ。それも、アヒョのために勝ちたかったのだ、と。

居首となったスロは、イビガに呼ばれ、イビガの鍛冶場にやってきます。
父との思い出の場を懐かしそうに見るスロに、イビガは、スロのいるべき場所はここだから、そろそろ戻って来い、と言うのですが、そこにやってくる正見妃。
正見妃がスロに、再び戻って来ようだなんて、夢にも思うな、と言われ、一旦は断った、鍛冶場に戻ってくることを、よく考えてみることにします、と言ってしまいます。
正見妃の言葉に傷ついたスロは、一人酒を飲んで、寝入ってしまうのね。
そこへ、スロの命を狙う刺客が。
それを止めるのがアヒョです。姿を見せないスロを心配してやって来たのね。
自分が命を狙われたと知ったスロ、誰が送った刺客だろう?というアヒョの言葉に正見妃の顔が浮かぶスロです。
だけど、もちろん刺客は神鬼干が送ったのね。
失敗したと聞いた神鬼干たちは次の手を考えます。
スロが神託の人物であると明らかにするのは人民たちが彼につくからまずい、と、タレ。
イビガが神託を隠し、息子を王にしようとした、として追い詰めようとします。
また、アロも神託の主が誰なのかは聞き出せなかったものの、神託がすでに出ていることを聞き出し、、神鬼干たちが動きそうな気配を察します。
神鬼干は軍を準備し、九干の他のメンバーにも援軍を要請。
軍を引き連れ、ソドへと来ます。
そして、止める神女立ちを押しのけ、神殿に入り、神物の卵石の言葉を読む神鬼干。
イビガもやってくるのですが、神鬼干は、イビガはもう、お終いだ、と言い置いて立ち去ります。
神鬼干が軍を従え動いていたところを見て、様子を覗っていたスロはイビガの前へと現れます。
イビガはスロに、競工ではスロの新しい姿を見た、と言い、だが、これはこれからすべきことのひとつにしか過ぎず、これからが本当の始まりなのだ、と言います。
でも、スロはまだ、自分が神託の人物だとは知りませんから、意味がよく分かりません。
そして、加えて、正見妃とイジナシを恨むな、とも言うイビガです。
スロはその話をトゥクスンに言うのね。
そして、神託の人物の話を始めたスロに、それはスロのことだ、と言うトゥクスン。

さて、神鬼干はイビガを糾弾するために、人々を集めます。
神託を隠した罪を言う神鬼干に、まだ、時が来が来ていなかったのだ、とイビガ。
そこへ、ヘレが連れて来られます。
神託をうけた人物が誰だとイビガが言っていたのか、と問われますが、答えないヘレ。
しかし、イビガが自らの口で、神託の人物はスロだと明かし、罪人は神女を拉致して監禁した神鬼干だ、と。
イビガはヘレを開放するように言うのですが、ヘレはイビガが神託を隠し、イジナシを王位につけようとした事を証言する大事な証人だ、と武力で再び連れ去ります。
それを見ていたスロとトゥクスンは彼らの後を追い、スロが追っ手を止めている間に、トゥクスンはヘレを連れて逃げます。

一方、イビガのところには、正見妃がいくらイジナシを守るためでも、民衆の前でスロが神託の人物と言うなんて、と言っています。
イビガは正見妃にスロのことを話そうとするのですが、そこに入ってくるイジナシ。
スロがイビガの子なのかと言い、スロがいつも自分よりも大事にされていた、と言います。
本当にスロが神託の人物なのか、と言うのですが、正見妃は狗邪国は自分のもの、イジナシの他に神託の人物はいない、と言い放ちます。

スロは、突然のことに、どうしていいのか分からない状態。
そこにアヒョが来て、力をつけろ、誰にも傷つけられない力をつけるようにと言うのね。
それでも自信のないスロに、天の意思がそうなのであれば、道は開ける、と。
でも、アロのところへ帰ったアヒョはアロの決定を聞き、驚きます。
斯盧国にとっては狗邪国がその内部で勢力している時こそが好機。王が立ったりしたら困るのね。アロはスロを消すことを言います。

一方の正見妃は自分が狗邪国に来た当初のことを思い出し、アシンウィソンのところを訪れます。
そして、スロがチョバンの子であること、チョバンの妻が生んだことに間違いないことを聞くのね。

11話
アジンウィソンはスロの出生は死ぬまで秘密にするとの約束を思い出し、正見妃にスロは間違いなく、チョバンの妻が生んだ子だ、と答えます。
正見妃はそれで納得して帰ろうとするのですが、そこへ、タレを探すスロがやってきます。
正見妃を呼びとめると、失くした子を探したことはあるか、と聞くスロ。
その子は死んだのだから、それ以上探す必要はない、と答える正見妃。
正見妃が行ってしまうとアジンウィソンは生母が恋しいのか、と聞きます。
少し、と答えるスロに、歳月が経てば恋しさも消える、と言い、スロが生きがいのお母さん(チョバン妻)のことを考えなさい、と…。

一方、ヘレが追っ手から矢を射られ、怪我しているのね。しかも、受けた傷はかなりひどいようです。
手に負えないトゥクスンは危険を冒しスロに助けを求め、アシンウィソンを隠れている洞窟まで連れてきます。
ヘレはアジンウィソンの手当てで命を取り留めたのですが、ほっとしたのもつかの間、アジンウィソンを尾行して来たタレの手下により、切られてしまいます。
ソク・タレに気をつけて、とソロに言い残し、息を引き取るヘレです。

そして、イビガは来たる満月の日に天神祭を行う、との御触れを町中に掲示します。
それを見て、神鬼干たちはイビガがスロを王として認めさせるつもりなのだ、と、何としても阻止しなければ、と動きだします。

タレは正見妃の元を再び訪れるのね。そして、神鬼干が陰謀をたくらんでいる、と知らせます。
そんな大事なことをなぜ、自分たちに知らせるのだ、と訊く正見妃に、自分は王になるのはイジナシだと思っていますから、と答えるタレ。
信じ切れない妃に、天神祭がくれば、分かるが、その時にはすでに神鬼干の天下になって手遅れになるかも、と言って帰ります。
タレは、その足で神鬼干に会います。
そして、正見妃が思惑通りに動きそうなことを報告しています。
ヨムサチはスロをどうするのか、と尋ねますが、神鬼干は神託を人民が知った今は状況が変わった、スロの身の上に何か起こるとどうなると思うか、と、そのまま放っておくように言います。スロを殺すのはイビガを始末してからだ、とね。

正見妃はタレの言葉をイビガに伝え、軍を準備する許可を求めます。
タレの言葉を信じるのか、との言葉に、たとえその情報が誤っていたとしても、神鬼干の陰謀との噂だけでも自分たちには好機だ、と言う正見妃。
イビガは絶対にこちらから始めないことを条件に軍を動かすことを許可します。
そして、正見妃は九干のうちでイビガに近い二人に自分たちの側につくようにと説得します。
神鬼干と正見妃が各々軍を引き連れ天神祭に向かう中、スロはトゥクスンとともに、ヘレの亡骸を会場へと運びます。

そして、正見妃の一行は神鬼干の側の軍の攻撃を受けます。
ひとまず退却するよう言うイジナシですが、ここで引くわけにはいかない、と迎え撃つ正見妃。結局、イジナシと正見妃は敵の手に捕らえられます。
彼らを引き連れ、天神祭へと乱入した神鬼干は息子を王にしようとした、とイビガを幽閉、イジナシと正見妃を自宅に軟禁するように命じます。
神鬼干の姿を見たトゥクスンはヘレを殺した者は生かしておけぬ!と神鬼干に切りかかろうとしますが、兵士たちに阻まれます。
スロが彼を救いだし、逃げるのですが、迫る追っ手。なんとか隠れ場所に彼を連れて行きます。
そして、友達にトゥクスンのことを頼むと再び出て行くスロ。イビガ達の様子を確認すると、アヒョの元へと行きます。
神鬼干はイビガと近い人間を次々に狙っています。
アヒョの元にも兵士が来たのですが、それはヨムサチが押さえ、アヒョは自室にいます。
そこへアヒョを心配してやって来たスロ、翌日会う約束をすると立ち去ります。
彼が部屋を出たところでやはり、神鬼干の兵たちに追われるホ・ジャンサンとファンオクと出くわすスロ。
彼らを助け、とりあえず、トゥクスンのいる隠れ場所まで連れて行くスロ。
混乱した状況で一旦、この国を離れようとしているジャンサン。彼の船へと連れて行ってくれるように頼みます。
それを聞いたスロは自分の方にもひとつお願いがある、と、トゥクスンを一緒に連れて行ってくれるように頼むのね。
敵の手から船を取り返し、決して忘れない、と言うファンオクに、自分も忘れない、と言葉を残すと彼らを送りだすスロです。

一方、神殿に幽閉されているイビガは密かに、食事を運ぶ神女にスロへの手紙を託します。
天命を忘れないでください、との言葉とともにイビガの手紙をスロに渡すナチャルニョ。
手紙には大きな夢をかなえるということを忘れるな、とあり、また、正見妃とイジナシを
救ってくれるようにとあり、これがスロへの最後の頼みだ、と。

神鬼干の方はイビガの勢力は抑えたものの、人心はイビガを忘れてはいません。
そんな中、幽閉されていたはずのイビガの姿が突如、消えます。
そして、タレはアロに会いに行きます。
そして、スロとつながりがないというのであれば、アヒョにスロを暗殺させるように、と言います。
その命を受けたアヒョは毒針を持ってスロとの待ち合わせ場所に。
どうしてもかなえたい大きな夢は?と問うアヒョに、ずっとアヒョと顔を合わせて生きて行くこと、答えるスロ。
夢としては、つまんない、と言うアヒョに、好きな人とずっと一緒に暮らすことが誰にとっても一番大きな幸福だ、と言うスロなのね。
このまま時間が止まったらいいのに、と言いつつ毒針を用意するアヒョ。
でも、できないのね。針を手から離してしまいます。
アヒョのことをこの世でまたとない人、と言い、心から愛しているというスロに、自分のことを心から思ってくれるのだったら、狗邪国から離れてください、と言うアヒョ。
スロはアヒョに一緒にここを発とうというのですが…。

一方、イビガが自決した、と葬式が執り行われます。
だけど、イビガは死んでいない、と言うスロ。
もし、イビガが自決したんだったら、こんな風に静かに死体を燃やしたりせず、人民すべてにイビガの死体を見せて確認させるだろう、と。
何か裏がある、とイビガが自分へと託した、イジナシと正見妃の救出に向かいます。

イジナシと正見妃は自分たちのところに現れたスロを的だと思うのですが、
スロはイビガの手紙を見せてイジナシは自分の父の筆跡だと確認します。



予告編ではスロがひとり船にのって発とうとしているようでしたが、どうなるんでしょう?
史実ではアヒョはタレと結婚するのでは?と思うんですが、このあと何があるのかなあ?

続きが気になります!

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。