スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オー!マイレディー(오! 마이 레이디)』あらすじ続き

こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
ネタバレなしの感想本編と4話までのあらすじは   →こちら。 
をお読みくださいね。
また、15話と最終話は反転させないと読めないようにしていますので、本文部分はクリックしながらお読みください。


(あらすじ続き)

5話
ミヌ、間違いなくイェウンの父親だったようです。でも、すぐには受け入れられませんからねえ。
二人に出てけ行けと叫ぶと、眠れない夜を過ごしたようです。
でも、朝になると、いくぶん落ち着いたようです。
ゲファは遠足のお弁当を届けようとするのだけれど、タクシーがつかまらないのね。ミヌを足に使っていますよ。
そのままミュージカルの練習に入るのだけれど、ミヌの前ではファンという子が裏では陰口を言うのね。それを聞いちゃうミヌを元気づけるゲファです。
そうしていると、イェウンを預けているところから電話が入り、迎えに行きます。着替えの無いイェウンの服を買いに行くゲファですが、自分の子に似合いそうな服を見て立ち止まっているのに、気付くミヌ、買ってやります。
さて、ミヌと連絡のつかないマネージャーはマスターキーを使ってミヌの留守宅に入ります。
そこでミヌとゲファの契約書を見つけちゃうのね。
ゲファを脅して、お金をつかませて、イェウンを孤児院へと預けようとしているの。
それに対し、ミヌはあんたとは人間が違う。そんな事をしたら、一生楽に過ごせない、と反論しているところにミヌが帰って来ます。そして、ゲファの手をつかんでいるマネージャーに殴りかかり、ゲファを連れて出て行きます。

6話
マネージャーは下手にゲファを刺激して騒がれても、とそのままの状態を続けることに。
さて、ミュージカルのチケットがシジュンやミヌに贈られるんですが、ゲファ、ミュージカルを見たこともないとなると、会社に居続けられないかも、と脅されて、ミヌからチケットを一枚買い取ることにします。
ところが、ミヌはそれを忘れてユラを誘っちゃう。で、無理矢理もう一枚都合してもらうんですが今度はゲファが都合が悪くなっちゃう。元夫が突然、仕事があるから、とミンジを見るようにいるのね。一度はあきらめたゲファなんですが、ボクニムがミンジを見ててあげるから、と言ってくれて、出かけます。人が呆れるほど大笑いしたかと思うと、今度は涙を流して見ていたゲファですが、社長夫妻とミヌ、ユラと一緒にパーティまでしっかりついてきます。だけど、何にも知らなくって、場違いなことに自分でも気付いたゲファ、そっと席を離れますが、何とそのパーティに元夫がやって来ます。ゲファにダメ押しで恥をかかせる元夫。その上、ウェイターとぶつかってワインまで浴びて…。一人でその場を立ち去ります。
家に帰ったミヌはいろいろと仕事をやらせますが、どうも、ゲファを心配している様子なのね。お酒を飲もうというゲファの誘いに乗って二人ですっかり酔っぱらっちゃってます。
で。
ミヌ、ゲファの唇が気になりだした、と思ったら・・。
キスしちゃいましたよ。

7話
お互い気まずい二人ですが、なかったことにすることにします。
翌日はミュージカルのカメリハなんですが、午後からファッションショーの予定が入っているミヌは、朝から何も食べられなくって力が入りません。中止となって家に帰ったミヌは家に置いてあった痛んだおでんを食べちゃいます。
一方、イェウンの保育園では参観日なのね。仕事で行けないはずのゲファですが、ついつい気になって、会社に戻る途中によって、会社のカメラをつかって、ついつい撮影しちゃいます。それが会社にバレて、叱責されちゃう。
そして、おでんを食べたミヌの方は顔に発疹が出て、ファッションショーの出演は中止になっちゃいます。
ユラに、自分のせいだと謝るゲファを激しく責めるユラの姿を陰で目撃しちゃうミヌですが、ミラに誘われるとホイホイ乗って、自分の家に連れて行きますよ。でも、ミラ、そこにあったおでんの鍋を見て、ゲファが家でおでんを作ったのだと知り、早々に帰っちゃう。
その日はたまたま、ゲファの誕生日だったのね。ゲファの携帯に出たミヌはゲファの娘の話から、それを聞き、ケーキを買ってゲファの会社に前に向かうのですが、そこでケーキの箱を持ったゲファとシジュンの姿を目撃します。シジュンはゲファが娘と通話しているのを聞いてそのことを知ったのね。

8話
シジュンと一緒にいるゲファを見たミヌはそのまま帰り、ケーキはマンションの管理人にあげてしまいます。
そして、ゲファの帰りが遅いのが気になるミヌです。
翌日は会社でオーディションがあるゲファ、朝から忙しいのね。一方のミヌはオフ。
ミヌはオーディションが終わったところに現れ、皆を食事に誘います。ゲファがシジュンに気を使うのが気になるミヌですが、事務所から呼び出しがかかり、その場を後に。
何だかすっかりシジュンに嫉妬している感じのミヌなんですが、一方ではイェウンには大分情がわいてきたようです。ゲファが録画したお遊戯のビデオを見てその振り付けで踊っているし、山のようなぬいぐるみを買ってやったりしだしましたよ。
そして、大問題の発生。投資者が投資を取りやめたのね。シジュンのライバルの仕業です。
そのことを知ったミヌ、ゲファの会社に駆けつけてみると、ゲファはミンジと電話をしているところ。子供にはかっこいい母親を演じるものの、電話を切った後で、独り言で仕事を失う不安を言うゲファを見て、そのまま立ち去ります。が、エレベーターでシジュンと会うのね。そして、ミヌ、制作にいくらいるのか、聞いています。そこへ、シジュンとミヌの車がビルの前に止まっているのを見つけたゲファが様子をうかがいにやって来て耳にします。

9話
もちろん投資するなんて、シジュンのプライドをひどく傷つける行為。喧嘩になりそうなミヌを諭すゲファを置いていきます。そのため、イェウンと二人になっちゃったのね。駐車場でイェウンを抱きかかえているところを記者に見られてしまいます。記者はマンションの管理人に追い出されて、決定的なことにはならなかったのですが、悔しい記者、イニシャルでミヌの隠し子疑惑をネットに載せます。
そのことがマネージャーにも知れて、ふたたびイェウンを孤児院に送る話になるのね。
あとで養子にすることもできるとのマネージャーの言葉に、そうするしかないか、と思うミヌです。
そして、動物園に行くゲファとイェウンに同行することにするミヌです。
楽しそうなイェウンなんですが、彼女を肩車しているミヌの姿を誰かが写真に撮っていますよ…。
そして、帰宅したところで、ミヌがマネージャーと孤児院の話をしているのを聞いてしまうゲファ、もちろん反対するんですが、ミヌの決意は固いようです。

10話
シジュンの会社には投資を検討していると言う人がプレゼンを聞きに来るのですが、その人というのがゲファの元夫。たっぷり皮肉を言って帰る元夫です。
そしてネットに今度は動物園で撮られた写真が流れます。
それを見たマネージャー何を思ったか、日本行きのチケット2枚を用意させていますよ。
そこに、ミヌに張り付いている記者がやって来ます。
マネージャーと食事に行く記者ですが、マネージャー、記者に隠し事をしているふりをしながら、わざわざミラとの日本行きをリークしていますよ。そして、ミラと連絡を取ります。
そのミラ、友達が行けなくなったから、とミヌを日本旅行に誘いましたよ。
大喜びのミヌ、ミラと旅行のための買い物に行き、付き合おうと言い出しました。
ところが、いざ、キスしようという段になって、ゲファの顔を思い出しちゃって、タイミングを逃すミヌくんです。
家へ帰って来たミヌ、イェウンの作った折り紙を足で払っちゃうし、ゲファの話をきいてもイェウンを孤児院に送る考えを変えません。
それを感じてか、翌朝保育園へ行ったイェウンはゲファと離れられなくって、大泣きです。
ミヌの方は空港へと向かっているのね。投資が決まり、練習再開を知らせようとするゲファの電話にも出ません。
だけど、イェウンが気にかかっているのね。道で女の子が一人泣いていると、わざわざ車を止めて近付こうとして見たり。
一方、保育園のイェウンは「おばさん」とゲファに言うのね。感激したゲファ、またもやミヌに連絡するのですが、出ません。仕方なしに留守電に入れるゲファです。
そのゲファですが、事務所の前まで帰ってきたところでミヌのマネージャーと数人の男に拉致されます。
それをたまたまシジュンが見かけ尾行するのですが、途中で見失ってしまいます。
そこでシジュンはミヌと連絡を取り、マネージャーの行方を突き止め、二人で乗り込みます。
そこには、脅されて誓約書にサインを迫られていたゲファが…。

11話
ミヌが怖い男たちをやっつけ、ゲファはシジュンが連れ出します。
ミヌはこれからは自分の思いどおりするし、邪魔をするなら、マネージャーも道ずれにする、と。
そして、ミヌはマネージャーのことも、このところの自分の言動についてもゲファに謝ります。
そして、ミュージカルの練習を一生懸命するようになったミヌ、ぐんぐん上達します。
そして、ゲファが外に仕事に出ている時に保育園から、イェウンが風邪をひいたとの連絡が入るのね、
ゲファはボクニムにイェウンを送ってもらいます。
ボクニムから子どもと接する時の注意点を聞いたミヌ、アドバイス通りにイェウンに接し、二人の距離も少し縮まります。
一方、ユラから電話が入り、会うミヌ、謝るのですが、理解する(ふりをする)ユラです。でも、ミヌ、なんだか疲れてます。
その上、日本行きがマネージャーの計画だと言うことも知っちゃいましたよ。
ユラに会社から連絡が入って夕食がキャンセルになると、ミヌ、逆に喜んでます。
そして、すぐさまゲファに電話をかけて来るんですが、ゲファは会社で食事会なのね。それを聞いたミヌは、そこにやって来て参加です。
そして2次会の話になってミヌの家に行こうと言い出す社員。シジュンは突然出かけたりしたら迷惑、と言うのですが、ミヌ、いいよ、と言ってみんなで出かけるのね。
ゲファ、色んな物の場所を知っていますから、それがつい出て、バレそうにはなるんですが、何とかごまかします。
そして解散、と言うことになり、ゲファはシジュンに地下鉄の駅まで送ってもらうとすぐさま引き返します。
一方のシジュンはミヌがミュージカルに関心を持ち出したのを見て、車に積んでいたDVDをミヌに届けに再び引き返します。
そして、後片付けして出たゴミを出そうとドアを開けたゲファと引き返してきたシジュンが顔を合わせてしまいます。
そして、シジュンにミヌの家に住んでいるのかと聞かれ、認めるゲファなのですが、それを陰で聞いているのがミヌに張り付いている記者です!

12話
記者はさっそくそれを記事にして、翌日の新聞を飾ります。
だけど、記事のことは知らずに出かけたゲファですが、会社の前には記者が押し掛けています。
その記者たちを押しのけて入って行こうとするゲファに、記者の一人がゲファを知っているか、と聞くのね。なにも知らないゲファ、自分がゲファだと言ったとたん、生卵攻撃です!
そこへやってきたシジュンによって救出されるゲファ、そこで初めて記事のことを知ります。
一方、記事を見たマネージャーはさっそくもみ消し計画です。
記事にした記者を訪ね、じつは、ミヌや私たちが被害者だと言うのね。
そして、ミヌには、力になれるのは自分しかいないし、また、うまくやって行こうと言うマネージャー…。
記者はそのネタをもとに、すぐさまネットに記事を出します。その記事はすぐさま波紋を呼んで、間もなくテレビのニュースにも出ています。
マネージャはこどものことは秘密にするから、とミュージカルを降板するように言います。
ミヌはもちろん、なっとくしません。
そして、ゲファの元夫は事務所に怒鳴りこみます。あんな善良な女が脅迫だなんて騒がれるのは会社に問題があるんじゃないか、なんて言って、今後の投資は会社の対応次第だ、なんてね。
ゲファを救出したシジュンは、ゲファが電話で話しているのをたまた聞いて、彼女がミヌのこどもの存在を隠していることを知ります。
ゲファをチンチルバンへと送ったシジュンはミヌを呼び出し、いきなり一発ぶん殴ります。
そして、良心がちょっとでもあれば、自分で解決しろ、と。
シジュンからゲファの居場所を聞いたミヌはチンチルバンにやって来て、自分が悪者にされている噂話を呆然と聞いているゲファに、僕の眼だけを見ろ、とゲファの両耳をふさぐミヌです。
そして、再びシジュンに会ったミヌはスターじゃなくなってもミュージカルに出演させてくれるかと言うミヌに、スターであろうとなかろうと、出演は最後の練習を見て決める、と言うシジュンです。
そして、マンションに帰るミヌは再び大勢の記者陣に囲まれますが、そこで、記者会見をあす開くと言うミヌ。その条件として、ネット上のゲファの記事をすべて削除することを要求します。
ミヌの勝手な振る舞いに怒るマネージャーでしたが、翌日の記者会見を強行するミヌ。
そこで、ミュージカルの出演は自らの意思で、脅迫はなかったと言い、続けてのゲファとの関係については…。
いい関係、と答えるミヌです。

13話
「いい関係で会っています」とゲファのことを言う記者会見を見ていて、ゲファも驚きますが、ユラは大ショック!
いい関係で会っているのは私なのに、ってね。
シジュンはミヌに、あれが解決か! 失望した、と言うのね。
ミヌは取材に慣れているけど、一般人のゲファはそうじゃない、とね。
さて、ミヌの記者会見は意外なことに好意的に受け止められるのね。事務所は安どの雰囲気に包まれますが、そこにユラがゲファを訪ねてきます。
ユラに、あれはマスコミ用に言ったことで、ミヌが好きなのはあなたよ、と説明するゲファなのね。
そして、事情はミヌが自分から話すまで待ってあげて、と。
ミヌの方はマネージャーに再契約を迫られますが、断るミヌ。
そして、夜になってもゲファのいる会社は報道陣に取り囲まれています。その上、いつもの張り付き記者が清掃員に変装して、ゲファに迫っています。
電話でその様子を知ったミヌは記者たちをかきわけ、ゲファを救出、車で立ち去ります。イェウンを迎えに行き帰って来たものの、マンションもやはり記者に囲まれています。
一方のユラはミヌがゲファを会社から救出した記事を見て、頭に来ます。
そして、ミヌの友達のところに行き、ミヌを呼びさせようとしますが、そこに、イェウンの母親からの電話がかかって来て、ミヌに子供がいることを聞いてしまうのね。
ゲファとイェウンをホテルに送り、マンションに帰って来たミヌに会いに行ったユラは、部屋の折り紙やぬいぐるみを見て、また、以前のミヌの怪しいそぶりを思い出し、やっぱり、と思います。
そのユラ、ミヌに別れを切り出されるのね。そこへ、眠れないイェウンのためにぬいぐるみを持ってくるように頼まれるミヌ、ユラを追い出すとホテルに向かいます。
それを見かけたユラはミヌについて行き、とうとうイェウンとご対面、です!

14話
イェウンを見て何も言わずに去るユラをミヌが追いかけますが、そのまま行ってしまいます。
ゲファはいつまでもホテルにいられないし、とこの際、家探しです。
それをたまたま知ったシジュンが女一人で契約は危険とついてきてくれるのね。
ミヌは練習に打ち込んでいるのですが、契約がすんでから聞いて、ちょっと拗ねていますよ。
その上、シジュンは引っ越しの後の仕事も手伝ってくれるのね。
そして、ゲファの娘のミンジも元夫が連れて来て、ようやく母親と暮らすことができるようになりました。
が、ミンジを送って来た帰り、ゲファの家へとやって来るミヌと車ですれ違うのね。元夫、家を見てミヌとのスキャンダルは嘘だと思っていたのに、それを見て、嫉妬しているみたい。ゲファの家に引き返そうとするのですが、現在の妻から電話が入り、心残りのままに帰って行きます。
一方のミヌはゲファがシジュンを丁重にもてなしているのに自分にはぞんざいで、こちらはこちらで嫉妬…。
さて、翌日ゲファのいる事務所にやってきた元夫は、ゲファとミヌのスキャンダルを問題にして、対処していただけないと投資を引き揚げる、との話をシジュンにするのね。
だけど、引き揚げていただいても結構と言うシジュン。記事が好意的に受け止められて、別のもっと条件のいい投資者が出てきていたのね。すごすごと帰っていく元夫です。
そして、こどものことを知ったユラの動きです。イェウンと親しくなりたいとゲファに言って、保育園から連れて行き、デパートに連れて行きます。
それをつけているのがミヌのマネージャー。彼らの計画では保育園を出たところで、イェウンをゲファから引き離し連れ去る計画だったんですが、ゲファではなくユラが現れたので、そのままデパートまでついてきていたのね。
そのユラ、自分の服を試着しようとイェウンを放っておき、迷子にさせちゃいます。
店内放送が流れてマネージャーたちも探し始めます。
そして、ユラに電話を入れたゲファも迷子のことを知り、シジュンと駆けつけます。が、ゲファに張り付いていたいつもの記者も付いてきますし、ゲファから連絡を受けたミヌも…。
ミヌはイェウンの母親から、イェウンの小さい頃の写真などを受け取っていて、ますます可愛くなっているのね。
人々が注目する中、必死でデパートの人に探すように訴えるのですが、イェウンとの関係を聞かれるのね。それに、自分の娘だと答えるミヌです。

15話
イェウンは紳士服売り場にあったミヌのパネルと手をつないでいるところを無事発見されます。
でも、ミヌに子がいたことはあっという間にニュースになります。
ミヌは色んな仕事から降板を余儀なくさせられ、しかも、30億もの違約金を支払うはめに…。
ミヌはシジュンに会って話すのですが、ミヌでは投資が集まらないのね。シジュンはキャスティングの再考をミヌにも伝えます。
だけど、マンションに帰りづらい状態のミヌのため、練習場の鍵を渡すのね。そして、この機会に練習をしろ、とも。
ミュージカルの方は他の人気スターをキャスティングすることで再び動き始めます。
ミヌのところにはマネージャーが仕事を持ってくるのですが、断るミヌ。自信はないが、マネージャーとは仕事はしない、と宣言します。あとで恥ずかしくなるような生き方をしたくないってね。
ミヌのところにはユラが会いに来て謝るのですが、イェウンが無事だったから、もういいと言うミヌ。そして、ゲファとの関係を聞くユラに、何でもないとは言えない関係だ、と。
ネットにはイェウンの偽母まで現れて、ミヌはますます窮地です。
そして、ミュージカルの制作発表会の日を迎えます。
次々と紹介される出演者。そして、ミヌの名も!
ダブルキャスティングだったのね。最後まで熱心に練習を続けていたミヌに、シジュンは最後の練習を見て決める、と言った言葉を実行したようです。
そして、公演が始まりますが、以前とは違い、実力をつけたミヌの演技は好評のようです。
初日を終えた舞台の上で、ゲファに、イェウンの本当の母親になってくれ、と言うミヌです。


最終話
続けて、自分にもゲファが必要、とプロポーズするミヌ。
ゲファに考えてくれるように言うのだけれど、ゲファは結婚は二度としないと答えるゲファなのね。
だけど、ミヌは諦めません。
ゲファの元夫に会いに行くと、ゲファにしたことを謝ったのかと聞き、ちゃんとゲファに謝るように言うのね。
そして、イェウンを見てくれているゲファの友達のボクニムに手助けしてくれるように頼みます。
ゲファの娘のミンジはミヌがこれまでいろいろきれいな人と付き合っていたことを知ってるのね。浮気をしたらお母さんがかわいそう、と。絶対そんなことはしないとミンジと指切りをするミヌです。
ゲファはシジュンには正直な気持ちを打ち明けるのね。
心はときめくのだけれど、自分が女に見えるなんて…と。
シジュンの方はそれに、自分にも女として見えていた、というのね。でも気持ちは整理した、と。一方、ミヌはシジュンから日本のドラマへの出演の話を出されるのだけれど、1年間日本に行かなければならないのね。守りたい人がいるから行けないと答えるミヌです。
そして、事務所の先輩から、CFの話をミヌに持って行くように言われるゲファ(この会社、ミヌのマネージメントまでやってるんですかねぇ・・・)撮影現場に訪ねるのですが。直接渡せなくって、ユラに託すのね。
その気持ちをシジュンには打ち明けるゲファです。
プロポーズを受けた時にはときめいたのだけれど、撮影現場で見た大スターのミヌに夢から覚めた気分だ、と。他の世界の人みたいだったっていうのね。
そして、自分とはいろんな点で会わない人だから、と言っているところにミヌがやって来ます。
そして、ゲファはミヌに周りのことを全然考えてなくって、それだから子供なのよ、ときつい言葉を投げちゃいます。
家に帰って来たゲファの元には元夫から電話があります。
元夫はゲファに謝りに来たのね。ミヌの話を聞いて自分が悪かったと思い、謝りたくなった、と。
そして、それを言いに来たミヌの、ゲファを愛する人として、と言うミヌがカッコよかったから、自分もかっこよく謝ろうと思ったとね。そして、新しい出発をしろ、と言ってくれます。
一方の、ミヌは「ゲファの人生提案書」を作成して持ってきます。
プロポーズの仕切り直し、ですね。
それを読んだゲファは公演を終えたミヌのところに訪ねて行き、ひどいことを言ってごめん、と謝り、勇気を出してみることにする、と…。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。