FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「村-アチアラの秘密」あらすじ9話・10話

次々に手がかりが出てくるのですが、それは途中で途切れ、また、新たに出てくる謎。
今週も面白かったです♪

今週新たに登場したのはチョン・スヨン。
20151106122155_746617_520_872.jpg

彼女によって、ヒジンの秘密がまた、一つ明らかになります。

それでは、あらすじです。



9話
食肉加工工場で見つかった死体はソユンが電話で話していた相手、ペンイおばさんを知る元養子斡旋ブローカーです。
口封じのために殺された、と思うソユンとウジェ。
村にはヘジンの出生の秘密を明らかにしようとする人たちと、それを止めようとする人たちがいる、と推論する二人です。

アパートに戻って来たソユンに声をかける、彼女の前の部屋に住む女。
スヨンは彼女から、ソユンの他にも20年前行方不明になった女がいることを話します。
彼女こそ、まさしくペンイおばさんで、暗にジスクたちの母親であることを話す女。
そして、ジスクの母が夫が亡くなった後に他の男の子を生んだことから、彼女の娘たちが結婚するのが難しかったことを言い、ジスクは家族のすべてを村の外に追いやることを条件に結婚したのだ、という噂も教えます。

一方ハン警査の嫌がらせにたまらなくなった元運転手が派出所に自首しにやって来ます。
牧場の金の出所は全てジスク夫からだった、と、ヘジンとの写真をネタにジスク夫を脅したことを話す運転手です。
ジスク夫から事情を聴くハン検査とウジェでしたが、記憶にないし事件にする気もない、と突っぱねるジスク夫。

ヘジンの通話記録の方は、最後に通話していた相手がガヨンの母親だと分かります。
話を聞くハン警査に、ヘジンは店のお得意さんで、何のおかずがあるかを電話で聞いてくる習慣だった、と説明します。
休みの日だった、と指摘するハン警査に、商売だから、とあくまでもそれで通すガヨン母です。

ソユンのところにはユナがバウとともにやって来ます。
彼らがヘジンと一緒にタイムカプセルを埋めた話をするユナ。
ユナはヘジンが入れたものは分からないけれど、と言いつつ、ヘジンが言っていた彼女の願いを話します。
村には怪物がいて、その正体を暴くと言っていたのね。
早く暴かないと怪物に殺される、とも言っていたヘジンです。
そして、そのタイムカプセルが埋めたところにはなく、ヘジンの持ち物を収めた倉庫からバウが持ち出したこと。
そしてそれを薬剤師が、犯人を捜してあげると言って、バウから受け取ったことを話すユナです。

ペンイおばさんが薬剤師の母親だという事を前の部屋の女から聞いたソユンは、その前にも薬剤師のところに行き、お母さんの居所を教えてもらおうとしたのですが、母親がペンイおばさんであることを否定し、ジスクには逆らえない、と言って母親の居場所も教えることを拒否していました。
でも、タイムカプセルの件を材料に、ふたたび薬剤師に迫るソユン。
ソユンは学校の美術教師が正規採用になったことを不審に思っていたのね。
彼と薬剤師の関係を知っていたソユンは、タイムカプセルの中身を材料にジスク夫に迫ったのだと見抜いています。
ジスクに話す、と言うソユンに、今はジスク夫と取引中だから取引成立まで黙っておいてくれ、と言い、かわりに自分の母親の居所を教えます。
また、それと同時に、ギヒョンが河原でヘジンに会ったその後にももう一度、ジスクに頼まれてヘジンと会っていることを教える薬剤師です。

ギヒョンの方もユラの母方の祖母を見つけたようで、ソユンを呼びます。
でも、薬剤師から話を聞き、疑惑でいっぱいのソユン。
ギヒョンはソユンに改めて、その時のいきさつを話します。
その日、ヘジンはソウルに行くため駅に向かっていた、と話すギヒョン。
その彼女にジスクからのお金を渡したところ、急に行先を変え、ヘジンがアチアラ湖に向かったことを話すギヒョンです。
ギヒョンは自分が疑惑を持っていて、家のためには無かったことにしたい一方、疑惑が事実ではないと解明したいという思いとの間で揺れていることを話します。
他に隠していることは無いのか?と問われ、ソユンをこの村に呼び寄せたのが薬剤師であることも教えるギヒョン。
選択を迫るソユンに、たとえひどい現実だと知ることになるにしても、事実を解明する方を選ぶギヒョンです。
ソユンはヘジンが急に行先を変えたことから、封筒の中身はお金だけではなかったのかも、と言い出し、ギヒョンは、病院の名刺が入っていた、と話しています。

食肉加工工場での死体は自殺と断定されます。
防犯カメラに本人が首を自分で吊っていることろが写っているからなのですが、この防犯カメラがどうも、正常ではなかったようで、壊れた、と思っていたらまた動いた、などという話を聞き、抗議するウジェなのですが、遺書もある、と相手にされません。

ヘジンの通話記録の調べの方も進んでいます。
注目される点としては、失踪当日に元運転手と通話していると思われること、また、別れて1か月以上経っているのにジスク夫と5回も話していること。
また、美術教師のナム・ゴヌと通話が5回、メールが12通も残されていることから、ただの同僚ではないだろう、と思われ、自分たちが思っていた以上に親しかった、と考えるハン警査とウジェです。

事情を聞かれた元運転手は、実は受け取るお金は5億ではなく10億で、ジスク夫はその件で電話をしたのかもしれない、と話します。
元運転手はジスク夫からヘジン殺害を命じられたのですが、実行に移す前にヘジンから、自分を殺さなくてももっと金を受け取れる、と"ノ会長"と手を組むように言われたことを話します。

ソユンの方はギヒョンと共にジスクの母親に会いに行きます。
でも、反応のないジスク母。
看護師から、彼女は別の世界にいるんだ、と精神に問題があることをソユンは知ります。
でも、ヘジンの写真を見せて、彼女のことを訊くソユン。
ジスク母は写真よりもソユンがしていた、ヘジンのペンダントに反応を見せます。
あなたは戻って来てはいけなかったんだ!と言って自らの首を絞め、苦しみだすジスク母…。

10話
薬剤師の方はジスク夫に録音機とともに何かの書類を見せ、取引を急ごう、と言っています。

自分で首を絞め、気を失ったジスク母の方は、生命に危険があるとかいう状況ではないのですが、ソユン達がストレスの元になる、とそこで帰されてしまいます。
ヘジンはジスク母の娘だ、と言うソユンに、復讐のために父と?そんな事は信じられないと言うギヒョンです。

元運転手は"ノ会長"と連絡を取っていた電話番号をハン検査たちに教えるのですが、現在使われていません、のアナウンスが流れるばかり。
ノ会長の家で話をした、と言うのですが、車で村の外に連れ出されたため、その場所を言うことができない運転手…。
ところが、農場に帰って来た元運転手は間もなく爆発に巻き込まれて亡くなってしまいます。
爆発現場でわざと切られたような鍵を見つけたことから、単純な事故ではないんじゃないか?とハン警査に話すウジェです。

ソユンの方は書類にあった遺伝子検査機関を訪ね、ヘジンがここで検査を受けたことを確認します。
そこの人から、公的な検査は相手の同意が無くては行えないけれど、私的に知るだけならば、方法が無いわけじゃないと教わるソユン。

ソユンは続いて、再びジスク母に会いに行くのですが、すでに彼女は別の場所に移されており、会えません。
ソユンはジスクに会って遺伝子検査を求めるのですが、ジスクは怒り狂い、ソユンを病院に連れて行きます。
そこでジスクから手渡された記録にはジスク母がヘジンが生まれるよりもずっと前に子宮摘出手術により子供を持てなくなっていることを示すものです。

ギヒョンの方はジスクに、ヘジンに渡したお金と一緒に入っていた名刺のことを訊くのですが、そんなものはなかった、と答えるジスクです。
手詰まりになった感じはありますが、姉が捜せたんだから、私も探し出せる、と決意を新たにするソユン。

一方、ガヨンのナム・ゴヌ美術教師への態度はどんどんエスカレートしていき、ストーカーと言ってもいい感じになっています。
ガヨンはゴヌが自分のあざのことを知っていたことからヘジンとのことも疑っているのですが、その時の状況も明らかになります。
自転車が倒れ、ガヨンが投げ出されたところにヘジンが通りがかり、目にしたことがあったようです。
まじまじ見るヘジンに怒りをぶつけると、自分にも同じようなのがある、と言って自分の脇腹の痣をガヨンに見せていたヘジン。
その時ヘジンはガヨンに、あなたの父親は誰なのか?と訊いて来たのね。
ガヨンの父親は戸籍に載っている父だ、とガヨン母は言うのですが、変だ、と思うガヨン。
母親とジスク夫が並んで写っている写真を見つけていたガヨンは、自分の父はジスク夫ではないかと思っていたようです。
ジスク夫のところに乗り込んで行き、問い詰めたガヨンなのですが、ジスク夫はガヨン母の店に逆に乗り込んで行き、ガヨンと母親を侮辱しています。

傷ついたガヨンは、今度はソユンのところにやって来ます。
ソユンに付き添われ、警察にセクハラ被害を受けた、とナム・ゴヌを訴えるガヨン。
ところが、警察を出るなりふざけた電話を友だちとしているガヨンに、彼女が以前、ナム・ゴヌに近づいた女子高生を階段から突き落としたことを思い出します。
しかし、ナム・ゴヌが過去にも同じような事件を起こしているという記録が出て来ています。
その記録を見たウジェは、その事件のあった高校がヘジンも務めていた高校だと気づきます。
ヘジンがナム・ゴヌの過去を知っていた、という話をハン警査にするウジェです。

結局、ガヨンの訴えは、彼女の通話記録から、ガヨンが一方的にナム・ゴヌに連絡を取っており、ゴヌからは一度も連絡を取っていないという事が分かり、階段の件に他の目撃者も現れ却下されます。
怒りながら、本当に何もなかったと思うの!?と言い、ソユン姉にはジスク夫以外に男がいた、と、暗にナム・ゴヌと指し示すように話すガヨン。
ゴヌがお姉さんを殺したんだとしたらどうする?と問いかけるガヨンです。
ソユンはゴヌを訪ね、ヘジンとの関係を尋ねるのですが、言い逃れようとするゴヌ。
でも、人目に付かないところにある痣のことをゴヌが知っていたこと、それをガヨンに伝えたことを問題にし、痣にはどういう意味があるのか?と訊いているソユンです。
しかし、先にやって来たウジェ達の調べで、ゴヌのアリバイは成立しているようです。

ハン警査の方は元運転手に対する無理な締め付けが問題となり、停職処分になります。
でも、ウジェに連続殺人に共通するしるしがクルミだ、と教え、記者の名刺を手渡し、自分も諦めるつもりが無いことを言うハン警査です。

ジスクは妊娠に成功したようですね。
そして、母の転院先へとやって来ています。
ヘジンがまた来た、と言う母親に、彼女は私たちの手で殺した、と言っているジスクです。

ピルスンのところには、村に戻ってきた木工所の男が来ています。
もう足を洗った、と金を渡す男に、それを我慢するのは難しい事だし潔白な人は金など渡さない、と言っているピルスン。

そして、美術学院にはヘジンを探して一人の女がやって来ます。
その話をウジェとともに聞いたソユンは、彼女が残して行った名刺を手掛かりに彼女に会いに行きます。
彼女はチャ・ミンジュという名の、国内に100名ほどしかいない珍しい病気ファブリ病のことを調べている研究員。
ヘジンが2年前から治療記録が無いことに気付き、探しに来ていたのね。
ヘジンがそんな病気だったとは知らないソユンは驚きます。
ファブリ病は適切な治療を受けていれば問題なのですが、治療を受けないと大変なことになるという事のようです。
そこで、ヘジンの病気が遺伝性のものだという事を聞くソユンです。

ガヨンの方は、今度はネットにジスクとギヒョンが抱き合っている写真をネットに流しているようです。
彼女がジスク夫の会社の秘書室に勤め始めた日に撮った写真ですね。

そして、雨の夜、傘も差さずに必死に何かから逃げようとしている女の姿があります。
何とか通りがかりの車を止めようとするのですが、止めてもらえず怯えている彼女の前に姿を現す男!
その男はピルスンです。




ヒジンの母親探しに続き、父親についても追及が始まった感じですね。

ジスクの母がヒジンの母ではないか、という疑いはジスク母には物理的にヒジンを産めなかったという書類が出てきました。
でも、ジスクは遺伝子検査を逃れる形でこの書類を見せたのね。
となると、ジスク本人?
ここで気になるのが話の冒頭のジスクとヘジンの取っ組み合いの喧嘩です。
遺伝子検査の機関でソユンは私的にならば同意なしに検査をすることができるとささやかれていましたが、ヘジンもそれをやったんではないでしょうか?
取っ組み合いのけんかにかこつけ思いっきり髪の毛をむしり取れますから。
検査の検体がジスクのものだとしたら、彼女の子だというラインも消えるんですけどね。
もっとも、いくら何でも母と娘が一人の男を…という関係はドラマではありえないかしら?

そして、痣つながりでヘジンとガヨンのラインも浮かび上がって来ました。
ファブリ病を調べてみると、そういう症状があるみたいですし。
そうなると、ガヨンの母が連続殺人事件を異様に恐れていることが気にかかります。
性暴行を受けて生まれた子?
想像をたくましくするならば、まだ犯罪を犯す前の連続殺人犯なんてことも考えられますし…。
このことに関しては、どうやらナム・ゴヌも知っている感じですね。
どこまで、どのように知っているのか…。

連続犯に関しては、ラストの場面ではいかにもピルスンがその犯人であるかのように思わせていましたが、今までのパターンからすると、それはあり得ないですよね。
木工所に戻ってきた男が一番普通に考えて怪しいんですけれど…。

さて、来週はどうなりますか?
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。