FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「村-アチアラの秘密」あらすじ1話・2話

「村-アチアラの秘密」2話まで見た感じ、とても面白そうなんで、久しぶりにリアルタイムに近いあらすじ公開です。
先が分かっていない段階でのあらすじだと、重要なところが抜けていたり、後で見るといらなかったかな、などというところも当然出てきますので、暫定的なあらすじです。

そのままになるかもしれませんが、時間的に余裕があれば、読み直して遂行したりしたいな、と思っています。

このドラマは最後まで見終わっています。面白かったですよ♪
全体の視聴後のネタバレなしの感想は別ブログに書いています。

      →「アチアラの秘密」データと感想

それでは、あらすじです。
Img0404_20151003014502_2.jpg


1話
1年前、2014年9月にカナダのモントリオールで、祖母を墜落死で亡くしたソユン。
その遺品の中に、自分あての手紙があるのに気づきます。中味は交通事故で一家死亡の新聞記事の切り抜きで、ソユンは自分も死んだことになっている?などと呟いていました。
手紙の差出人の欄にはただ"アチアラ"という言葉だけが記されています。

祖母の相続の手続きも終わり、韓国へ帰ることにしたソユン。
英語教師の職を探しているうちに、アチアラという名の村で募集があるのを知り、アチアラへと行くことにするソユンです。

ところで、ソユン帰国の2年前に、ひとりの若い女がアチアラへとやって来ています。
彼女、とある男と不倫関係になったようで、不倫相手の妻の元に、不倫写真を手渡しています。
娘の前で女と取っ組み合いのけんかをする妻…。

韓国にやって来たソユンは父母と姉の墓所に参るとすぐにアチアラへと向かいます。
バスの中で連続殺人事件の話を聞いて怯えるソユン。
事件は雨の降る水曜ごとに起こっているのですが、その日もまさに雨の水曜。
バスにはもう一人男の客が乗っていたのですが、ソユンを追っかけるように降りてきてついて来ている感じです。
走って逃げるソユンは村の薬局の薬剤師ジュヒに出会い、彼女に助けられ、無事にアパートへと到着します。
アパートの部屋にはいろんな飾りつけがされているのですが、大家は前に住んでいた人が残したそのままにしているのでよかったら使ってくれ、と。
ソユンも気に入ったと了承して、そのまま引き継ぐことにします。
中学校の英語の先生として赴任したソユンでしたが、ほどなく、生徒を追って入って行った山の中で白骨死体を発見してしまうソユン。

一方、2年前に取っ組み合いをしていた夫人の正体が分かります。
アチアラ村一番の有力者ソ・チャングォンの夫人ジソクです。子供を望んでいるものの、夫とは冷め切っていて夫はもはや、子を持ちたいと思っていないようですね。
といっても、2人の子供がいるようです。娘のユナが二人の喧嘩を目撃していたのね。
そして、彼女の息子が韓国から帰国してきました。
彼に中学の理事長を任せよう、と言い出すチャングォンの母親オク女史。
オク女史はジソクが家の財産を狙っている、と嫌っており、もう一人の子供、ユナもオク女史からもチャングォンからも疎まれています。

さて、発見された死体ですが、ソユンの前の部屋に住む女は、それがソユンの部屋に前に住んでいた女だ、と言っています。
2年前の、ジソクと取っ組み合いをしていた女がヘジンのようです。

また、警官のパク・ウジェは、雨の水曜連続殺人の最初の事件の被害者だ、などと推論を立てています。

そんな折、一人の先生の出産が早まり、ソユンが急遽担任を任されることになります。
生徒の中にはジソクの娘のユナもいます。
彼女はソユンの部屋の前の住人だったヘジンに懐いていたようで、クラスメイトの、死体はへジンのものだという言葉に腹を立て問題行動を起こしたりしています。
ソユンもまた、前に住んでいた女が殺された女らしい、との話に恐怖を感じています。
怯えるソユンの部屋をどんどんと激しくノックする音が…。
怯えながらも開けてみると、そこにいたのはユナ、ヘジンの名を口にすると倒れてしまいます。

ところで、薬剤師のジュヒは中学の美術教師のゴヌと恋愛関係にあるようです。

2話
ソユンの顔を見るなり、ヘジン先生、と言って倒れてしまったユナ。
ユナは病院に運ばれ、父母と兄ギヒョンもやって来ます。
ギヒョン、ジスクの息子にしては年齢が高いと思っていたのですが、ユナとは腹違いの兄弟なのね。
やがて目覚めたユナは、背後から襲われた、と説明しています。

ところで、倒れた日のユナの行動を高校生のガヨンが見ています。
ユナは知的障害のあるバウと白骨死体が発見された現場近くで見られていたのね。
自分がそんな場所にいたのは犯人のせいだ、と言い、犯人を教えるからユナの父親の会社に自分を入社させてくれるようにと脅迫しています。

一方、知的障害のあるバウもまた、ユナの倒れた日に異常な行動をしており、薬剤師の聞き出したことによると、ヘジンとユナと一緒に産めたタイムカプセルを掘りに行ったということのようです。
薬剤師はユナの母ジスクのところに行って、その話をし、ユナが秘密を知れば…などと言っていますが、秘密なんてない、と言い張るジスク。
そこにギヒョンがやって来たのですが、そこまでの話を聞くと、わざとグラスを落とし、話を打ち切らせています。

警官たちはユナの話を確認するため防犯カメラを確認すると、そんな人物は写っていません。
そのことを聞いたユナ父は、この事件を無かったことにするよう、また、白骨死体も事故死として処理するように圧力をかけます。

母親がユナに話をきいてみると、本当はヘジン先生に会ったのだ、というユナ。
ヘジン先生の後を追ってソユンの部屋まで行ったことを話すユナです。

ソユンの方はユナの口にした、ヘジン先生という言葉が気になり、いろいろ聞いて回り、彼女が美術学院の先生で、自分の部屋の前住者だったことを知ります。
また、韓国に知人が一人もいないソユンは住民番号も分からないでいたのですが、カナダに送られた記事をもって警察署まで出かけて行き、事件のことが分かれば自分を知っている人が見つかる、と調べてくれるようにと頼んでいます。
その後、ユナの母に呼び出され、ユナには死者が見えるのだという事を聞かされるソユン。
ユナから話を聞き、彼女がそういう話を口にしないように止めてくれるように頼まれるソユンです。

ユナを脅迫しいていたガヨンは夜道で自分をつけてくる車があるのに気づきます。
恐怖を感じるガヨンでしたが、顔見知りだったようで、安心して車に乗り込むのですが…。

一方、ソユンは部屋で、手を滑らせて額縁のガラスを割ってしまい、それを掃除している時にソファーの下にあった首飾りを見つけます。
ちょうど見ていた家族写真の中の自分と姉がしている首飾りと同じものです。



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。