スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャン・ナラ、チャン・ヒョクの「ポラロイドに託す想い」ラストについて、私なりの整理と解釈

この記事は別ブログに書いている感想のネタバレ部分です。
よかったら、ネタバレなしの感想の方も読んでくださいませ。
05-2.jpg

     →「古いこんにちは」ネタバレなしの感想



スヒョクは「まだ駄目なのに…」と言って死んで行ったのですが、ジェヒともう少し時間を過ごしたかったんでしょうね。
彼のたった一つしかなかった腎臓と角膜はをジェヒに残すという彼の意志はかなえられたようです。
ジェヒに移植され、ジェヒは家に戻って来た、という事だと思うんです。

そこでジェヒは4枚の写真を取り出していましたが、これはカメラの残枚数を示す数字が動いていましたから、彼女自身もスヒョクの前にタイムトリップしていて、その時の写真がその4枚の写真だという事なのだと思います。

1枚目の写真は2012年10月11日。
離婚から1年近く経った時ですね。
この頃がスヒョクがジェヒに一つ目の腎臓をあげようとしたときでしょうかね。
2枚目が2011年11月9日で離婚の3日後。
3枚目は2009年12月31日。ジェヒがプロポーズして3カ月近くがたったころですね。
4枚目は2009年9月25日。この日が二人の出会った日のようです。
ラスト写真1
ラスト写真2
ラスト写真3
ラスト写真4

最初の写真はスヒョクが独りで写っており、2枚目と3枚目はジェヒの背後にスヒョクが写っている形。
4枚目のみ、スヒョクは少し後ろにいるのですが、カメラの方を見て笑っている感じ。
これは何を意味しているんでしょうか?
写真の場所にスヒョンを呼び出そうとしたものの、あまりうまく行かなかったという事でしょうか?

ところで、彼女の望みはずっと自分の傍にいてくれる人だったわけです。
その為に、彼女はカメラを使おうとしていたんでしょうね。
そして、この彼女の写真と共にフィルムの残数が示されるのですが、その始まりが10で4枚撮ってスヒョクのところに渡った時には6になっていました。

そこで考えるのはスヒョクの5番目、最後のタイムトリップの事。
この最後に幼いジェヒが、このポラロイドカメラと思われるカメラのシャッターを切るのですが、その前の数字が13になっていました。
ですから、撮った後は12になっているはずで、ジェヒが残している写真の前に2枚の写真を撮っていたはずだと思うんです。
スヒョクはジェヒと出会った場所で幼いころのジェヒと出会い、ずっとそばにいる、と約束したんですね。

幼いジェヒに、ずっとそばにいる、と約束したまま消えてしまったスヒョク。
ジェヒはこの時、一人ぼっちになってしまっていますから、もう一度スヒョクとで会いたかっただろう、とおもうんですね。
この時から、ジェヒはふたたびスヒョンに会いたいと思い、そこでシャッターを切ってみたものの、スヒョクは現れず、写真にも彼の姿はなかったんだと思うんです。
そこで、ジェヒはこの出来事を夢だった、と思ってしまったんじゃないでしょうか。
でも、タイムスリップできることだけは分かっていたジェヒはスヒョクと別れてから再びそのカメラの力を借りようと思ったんじゃないかと思います。

ところで、私にはもう一つ、疑問がありました。
冒頭のスヒョクの夢の中でのジェヒとの出会いのシーンですが、ジェヒはいま忙しい、と言っていくらも話さないうちにシャッターを切っていました。
これはどういう事なんでしょうか?
ただ、昔の彼と会いたかったのだったら、そんなに慌ててシャッターを切ったりしませんよね。
何か目的があってのことだと思うのですが、それは何でしょうか?

ここからは根拠があってのことではなく、まったくの私の想像なんですが、最初はスヒョクとやり直すことを願っていたと思うんですね。
でも、このタイムトラベルの状況だと、病を抱えてそちらに行くことになってしまうと思うんです。
病状が重くなってからは、スヒョクが去ってしまった事により、一人さびしく死ぬことになってしまったジェヒは、自分の死後、自分のいる過去にスヒョクがやって来て、スヒョンに看取られて死ぬことを願っていたんじゃないでしょうか?


そして、話をスヒョンの5度目の旅に戻します。
現在の時間へと戻って来たスヒョクの側で、夢じゃなかったんだ、と呟いたジェヒ。
それまでにも、そうじゃないかと思わせる場面があったのですが、一方がタイムトリップしている時にはもう一方の人もまた、夢でその時間を共有していたようですね。
ですから、ジェヒの言葉の意味は、幼い頃にスヒョクと出会ったのが夢じゃなかったという意味なんだと思います。
そして、移植を受けて戻って来たジェヒでしたが、今回はスヒョクがタイムスリップしたことで新たな可能性が生まれて来たんですね。
そこで涙ながらにシャッターを切ったジェヒ。
彼女はスヒョンが亡くなったことは知らず、またいなくなってしまった、と思っていたのかな?

そして、彼女の最後の旅でたどり着いた出会いの場面です。
二人のうち、ジェヒはカップルリングを嵌めていますから、明らかにタイムスリップした彼女の姿です。同じ時点に2度目のタイムスリップをしているんですね。
では、スヒョクはどうなんでしょう?
ここでスヒョンは夢で見たようだ、と言っているんです。
だけど、スヒョクのタイムトリップでは、出会いのシーンには行っていませんでしたよね。

彼のタイムトリップの1回目は2011年11月7日離婚の翌日。
2回目はジェヒがプロポーズした2009年10月4日。
3回目はスヒョクがジェヒと出会う少し前。
4回目は2002年、5回目はジェヒの幼い頃です。
ですから、このスヒョクがタイムスリップしたスヒョクだとは思えないのですが…。

そこで思い出すのは冒頭のスヒョクが夢で見た出会いのシーンです。
指輪はないので、最後のシーンのジェヒではありませんが、この場面はスヒョクの5度目のトリップの最中にも思い出しているのです。
ところが、この時のジェヒの表情とはまるで印象が違うんです。
ですから、1回目に見た時には感じなかったんですが、ラストまで見てもう一度このシーンを見ると、このジェヒはタイムスリップで来たジェヒのように思えるんです、
スヒョクは単純な自分の思い出ではなく、ジェヒのタイムトリップを共体験しているんじゃないか、とも思えるんですね。
ただし、ジェヒはこの時すでに病院のベッドですから、この時にジェヒがタイムスリップしていたんじゃないと思うんですが、一度夢に見たことをもう一度見ていると言う可能性はあると思うんですよ。

もう一つの可能性として、ジェヒの写真は夢の中でシャッターを切った?なんてことも考えられるかも。
だって、タイムスリップ先でシャッターを切っているので、夢じゃなくてタイムスリップだとしたら数字は減りそうにも思えるし…。

いずれにせよ、スヒョクがタイムスリップを始めてから目覚めたジェヒが、元夫の夢を見ていた、と言っているんですよね。
ここの表現、タイムトリップはシャッターを押した人だけではなく、もう一人の人にも起こっているのではないか?とも思えるんです。
その上、スヒョクの場合、記憶障害がありますから、ジェヒのタイムトリップと同時に自分がタイムトリップしたことは忘れているけれど、夢としてそのことを思い出すことはできる、という事はあり得るのではないかしら?
それに、夢の中でジェヒがシャッターを切った角度でジェヒの4枚目の写真が残っているんですね。
boutouyume_201411121605069db.jpg

だけど、シャッターを切った途端に彼が現在に戻ってるなら、ジェヒの三度目の出会いは昔のスヒョクではないのかという疑問がわきます。

でもね、冒頭の夢のシーンはジェヒのタイムトリップなので現在に戻ったのはジェヒなんですよね。
そして、スヒョクがジェヒのタイムトリップを共有しているとすれば、ジェヒの旅が終わったところで彼のタイムスリップの記憶も途切れている、と考えられると思うんです。
記憶はそうだとしても、あちらに行ったスヒョクは存在し続けているのかも、って可能性が残されていますよね。

さて、もしそうだとしても、二人のこの後が気になりますね。
ジェヒのタイムトリップは描かれていませんでしたが、スヒョクのタイムトリップはいつも、写真のシャッターを切られると終わりを迎えます。
今回もそうなるのでしょうか?

でも、フィルムの残数はゼロになっています。
実際のところ、どうなるかは分かりませんが、カメラはその役割を終え、二人はそのまま、人生をやり直すことができる、と信じたいですね♪
saigonoyume.jpg




関連記事

この記事へのコメント

- hanamizuki - 2014年11月22日 18:08:46

こんにちは。体調はいかがですか?

題名・・ハングル全くわからないのですが、原題は”アンニョン”が入ってるのでしょうか?”さよなら”と訳されてるのが多かったので、完全にその意味の言葉かと思ってました。”こんにちは”で使うことも多いですよね。(こんにちはの方が近い気も;)
日本のKnTVで放送されるそうですが、邦題は「ポラドイドに託す想い」だそうです。
うん、まだしも、内容的にガッテンかな^^

初めて見た時・・細かいところはわからないけれど・・
孤独な男女が出会って、タイムスリップを通して、最後はこの世界で腎臓と角膜をあげて死んだスヒョクだけれど、生かされたジェヒがラストの1押しで、新しく最初の出会いに戻って、異次元の世界で生きていくんだろうな、って感じました。

少しスモークがかった映像も綺麗でした。
画面の切り替えのはやさ、ユーモラスなやりとり、若々しい演出でしたね。

kirikoroさんの解釈、すごく緻密ですね!
だいたい最初、写真の年月日覚えられないですから、その点1度では無理ありますよね。
2度目は注意しましたけど、まだわからない事多い多い;;彼女が先にタイムスリップしていた事には納得です(思いつかなかったわ!)4枚の写真は同じ場所ですね。
彼がタイムスリップした時には、必ずすぐにポラドイドを彼女が押して一瞬で終わるのは何故?(英訳では、ジェヒは”workしないで~行動しないでいいのに”と言ってる・・彼がシャッターを押して過去に戻り彼女を助けようとする行動のこと?)
又、「もう一度やり直そうとしたけど、失敗した。運命は変えられない」とどこかの場面で言っています。~これが彼女もタイムスリップしてたことと繋がると思うんだけど。夢か、うつつか、幻か?ですが、カメラの残り枚数は減っていく。


最後のシーン。最初と同じ服装だけど、コーヒーを買ってきてからですね。
何より、ジェヒの薬指には指輪があります。(最初の場面には指輪なし)
ジェヒの「嘘つき・・約束できる?」に、今度はしっかりとスヒョクは約束します。
・・彼らは思い出を持ちながら、新しく出発するのだ・・と思いました。
これは、私の解釈で・・視聴者におまかせですよね。





Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年11月22日 18:34:27

hanamizukiさん、こんにちは。
体調はすっかり元通りです。心配してくださって、ありがとうございます。

日本での放送が決まり、タイトルも付きましたね!
情報ありがとうございます。さっそくタイトルを変更しました。

ちょっと直接過ぎる気もしますが、なるほどの題ですね♪
原題には、おっしゃるように、アンニョンが入っているんですよ。

> 初めて見た時・・細かいところはわからないけれど・・
> 孤独な男女が出会って、タイムスリップを通して、最後はこの世界で腎臓と角膜をあげて死んだスヒョクだけれど、生かされたジェヒがラストの1押しで、新しく最初の出会いに戻って、異次元の世界で生きていくんだろうな、って感じました。

やっぱり、異次元で生きていくと解釈しいたいですよね。

> 少しスモークがかった映像も綺麗でした。
> 画面の切り替えのはやさ、ユーモラスなやりとり、若々しい演出でしたね。

ほんと、演出も素敵でした。

> 彼がタイムスリップした時には、必ずすぐにポラドイドを彼女が押して一瞬で終わるのは何故?(英訳では、ジェヒは”workしないで~行動しないでいいのに”と言ってる・・彼がシャッターを押して過去に戻り彼女を助けようとする行動のこと?)

ここは、スヒョク、単にシャッターを切るな、と言う意味で「ハジマ!(やらないで)と言っているんだと思います。
既に何度目かで、シャッターを押した途端に元の世界に戻ると学習してたんですよね。
なんでそうなるかと言うと…
そういうお約束事なんでしょう、としか言えませんが。

> 最後のシーン。最初と同じ服装だけど、コーヒーを買ってきてからですね。
> 何より、ジェヒの薬指には指輪があります。(最初の場面には指輪なし)

これは間違いないですね。

> ・・彼らは思い出を持ちながら、新しく出発するのだ・・と思いました。
> これは、私の解釈で・・視聴者におまかせですよね。

おんなじですね。
希望の託せるラストだったと思いました♪

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。