FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドクター異邦人」あらすじ13話~16話

*このドラマのデータとネタバレなしの感想はなんじゃもんじゃに書いています。


他の回のあらすじはカテゴリー「ドクター異邦人」からお読みください。

2014070909160628068_1_99_20140709170207.jpg
13話
医療事故の患者の再手術に加わるフン。
患者は無事に手術を終えます。
理事長の方は、今回の手術の責任を被せようと、ジェジュンに対して訴訟を起こすつもりです。

ジェジュンはスヒョンに、アメリカに行くつもりだと伝え、一緒についてきてくれ、と言います。
今回はかっこよかった、とジェジュンを褒めていたスヒョンなのですが、ジェジュンが握りしめた手を抜き、アメリカには行かせない、と父である理事長を説得しに行きます。
自分にはジェジュンしかいない、と言うスヒョンに、患者の家族が訴訟を起こさなければジェジュンを赦すことを約束する理事長です。

フンのところにはスンヒがやって来ます。
どうして手術したのかと訊くスンヒ。
患者を見捨てるなんて!と言い、スンヒがこういう行動をするたびに混乱する、と言うフン。
ジェヒが死にそうな患者を見捨てろだなんて言うはずがないのに、と言うフンです。

フンの所から帰って行くスンヒ、そこに暗殺者のジンスが銃を手にやって来ます。
フンを殺しに行こうとするジンスから銃を取り上げ、込めた弾をぶっ放すスンヒ。

手術に成功した患者でしたが、患者の家族の方は、そのことに感謝しつつも、ミスを認めるどころか、頭を下げることすらしようとしない胸部外科の教授に腹を立て、訴訟をしようとしています。
困ったスヒョンはフンに助けを求めます。
フンはスヒョンにお金を用意させると、ヤクザを雇い、手術でミスをして病院を追い出されていた三年目の医師を探し出して脅させ、患者の家族の元へと向かわせます。
この医師に、教授の患者家族へのあまりに酷い対応に怒りを感じる他の医師たちも同調。
患者の夫に、教授の代わりに謝罪をします。
しかし、怒りを収めようとしない患者夫。
でも、患者の息子が、お母さんを直してくれるのも自分を直してくれるのもこの人たちだ、と訴訟をしないように説得し、それに同意する患者の夫です。

家族が訴訟をしないことに決めたため、ジェジュン達を赦すことにした理事長でしたが、フンだけは出て行くように、という決定を覆しません。
病院を出て行ったフンに、彼との思い出がよみがえり、涙を流すスヒョンです。

一方、首相の手術の方は別の病院が受け持つことに決まった、との報道がなされます。
会いに来た理事長に、封筒を渡し、理事長の聞きたがっている回答はここにある、と言う首相。
理事長がこれを使うことで、一旦決定した病院の可能性を潰し、また、自分がもう一つの別の病院の可能性を潰すことでミョンウに決定することになる、と話す首相です。

スヒョンの方は、フンの事ばかり思いだされるのですが、彼が自分の病院でいつもレトルトのカレーばかり食べていたことを思い出します。
スンヒの助けを借りてカレーを大量に作り、フンを呼ぼうとするスヒョン。
ところが、フンはジェジュンと酒を飲んでおり、フンにかかって来たスヒョンからの電話に出るジェジュンです。
結局、っジェジュンとフンは共にスヒョンとスンヒの住む家にカレーを食べに行くことになります。
フンのことを好きなんじゃないのか?と言われ、過剰に怒り出すスヒョンをなだめるジェジュンです。
その帰り、フンの父の名を聞いたジェジュンは、彼が自分の父の訴訟で証言するはずだった医師の名前だ、と気付きます。
今まで彼が調べてきたところによると、彼は行方不明になっていることになっていたのね。
知り合いにフン父が北朝鮮に行ったのではないか調べてくれるように頼んでいます。

一方、フンの前には、しばらく前からフンの母親ではないか?と思われる精神科の患者が現れています。
ぬいぐるみを子供と思い、ひたすら息子の帰りを待つ母親です。
フンの方は母親とは気付いたのか気づいていないのか…。
フンと母親との出会いはどうやら計画されたものであるらしく、首相の秘書官テスルがスンヒに、フンを母親に会わせる、と話しています。

フンは幼い頃に住んでいた家へと出かけます。
そこはフンが済んでいた時のままになっており、幼いフンが書いた母親の電話番号も残っています。
その番号に電話をかけてみるフン。
すると、その電話はつながり、もしかしてフンなの?と問いかける声が…。

14話
幼い頃、母への連絡に使っていた番号に電話をかけたフンでしたが、受話器の向こうからは、フンなの?という声が聞えてきます。
でも、相手は母親ではなく、フンの母親はフンを連れて行くと言って韓国に戻ったことを聞きます。
母親はまさか、フンと父親がそんな大変な目に遭っていることを知らず、フンを預かることを拒否したのね。
すまなかった、お母さんが悪かった、と言っていたフン母の言葉を伝える電話の相手です。
誰よりも愛している、と精神病棟の患者が、息子と思っているぬいぐるみに話しかけていたことを思い出しているフンところに首相のソクチュからの電話がかかって来ます。
お母さんとは会えたか、と言うソクチュ。
お母さんに何をした!?と言うフンに、今は何もしていないけれど、これから何でもできる、と脅すソクチュです。

あわてて病院の母の病室へと行くフンですが、母の姿はありません。
実はジンスにも秘密でスンヒが運び出し、チャンイに預けています。
フン母がいなくなったことは総理にも報告が行くのですが、スンヒの仕業らしい、と報告し、スンヒはどうやらジェヒのようだと言う秘書官テスルです。

フンに、フンのお母さんを匿っていることを話すスンヒですが、どこにいるかは話しません。
フンとフンの母を守るためだ、と、1カ月待っていてくれるようにと話すスンヒを信じられないと言うフン。
スンヒがジェヒだという事も分からなくなって来たと言うフンです。

一方、首相の手術を行うことになった病院は不正により、脱落。残りの病院も首相がうまく誘導して、ミョンウ大学病院が行うことに決定します。
首相との約束のため、仕方なく、ヒョンウクをフンのところへ呼びに行かせる理事長です。

フンの病院には、先にミョンウ病院で手術をするように言われたものの、お金がないため断念した狭心症の患者がやって来ます。
薬だけもらおうとする患者なのですが、手術が必要だと説得するフン。
でも、無理だと言って帰って行く患者でしたが、病院を出たところで倒れてしまいます。

フンはミョンウ大学病院に戻ることを拒否していたのですが、患者が倒れて再び運ばれてきたため、手術対決で彼の手術をしよう、と手術対決に戻ることにします。
ジェジュンの方も同じく狭心症の患者を手術することに決まり、対決の予定が組まれます。
2人とも、心臓補助具を埋め込む予定なのですが、ジェジュンの勝利を確信している理事長。
というのも、フンの患者には血液凝固障害があるのね。
理事長はその事実を隠すように、とフンのチームのファーストに指示しています。
血液凝固障害の事はジェジュンにも伝えられるのですが、それを胸の内にとどめるジェジュン。
一時はフンと和解ムードだったジェジュンなのですが、フン父のことを調べてもらった男から、フンの父が北朝鮮の最高指導者を手術した後、ぜいたくな暮らしをしていた、と報告を受けていたのね。
フン父がお金のために自分の父親の裁判をだめにした、と誤解して、怒りに燃えているジェジュンです。

いよいよ手術の日となるのですが、フンは患者に血液凝固障害があることは知らないままです。
手術直前になり、どうしても母の居場所が知りたいフンは、脅すようにして、スンヒから事情を聴きだしています。
スンヒは、じつは首相の手術というのは表向きで、本当は大統領の手術を行うのだ、と明かします。
大統領の健康問題はトップシークレットなので、そのように隠されているのね。
首相はその手術の時に大統領を始末しようと、フンの行動をコントロールしようとしているのね。
スンヒの計画は、その前に一人で大統領と会って、大統領の命と引き換えに、自分たちを生かすことを約束させよう、というものです。

そしていよいよ、手術です。
フンの方は、直前のチェックでようやく、患者の血液凝固障害のことを知ります。
その障害のために、患者に心臓補助具を埋め込むことは不可能です。
フンはスタッフに、セーバー手術を行う、と宣言します。
セーバー手術とは心臓の悪い部分を取り除いた後に再び縫い合わせる、心室再建手術。
何度か試みられたことはあるものの、成功率が極めて低く、今では行われていない方法なのですが、今、この患者を救うためにはこの方法しかない、と決断するフン。
スタッフは、家族の同意が必要、というのですが、そんな時間はない、と手術を始めるフンです。

15話
セーバー手術を開始したフンなのですが、ファーストはまだまだ手術の邪魔を仕掛けています。
鋸の歯が飛び、右手に怪我をするフン。
ファーストの妻である看護師は夫がしたことに気付き、手術をする資格がない、とファーストに出て行くように言います。
ジェジュンの手術室に連絡を取り、応援を頼むフン。
それをきき、ジェジュンの制止も聞かず、フンの手術を手伝いに行くスヒョンです。
フンはスヒョンの助けを受け、左手で手術を続行、ジェジュンもフンも手術を成功させます。

手術を終え、話をしよう、とスヒョンに言うジェジュン。
スヒョンはジェジュンに別れようと言い出します。
フンには他の人がいる、というジェジュンですが、分かっているけれどどうにもならない、と言い、これ以上ジェジュンを傷つけたくない、と言うスヒョンです。

さて、ジェジュンの患者は順調に意識を取り戻すのですが、フンの患者の方が時間がかかっています。
スヒョンの兄のサンジンからフンの悪口を吹き込まれた患者の妻は手術に疑惑を持ってしまいます。
その上、フンが家族の同意なしにセーバー手術を行ったことが問題となります。
会議でフンの手術を激しく責めるジェジュン。
患者が意識を取り戻さないことにはフンが危ういと思ったスンヒは独断で角錐させようとするのですが、失敗して心肺停止状態に陥ってしまいます。
蘇生措置の甲斐があって再び患者の心臓は動き出すのですが、意識を取り戻さないフンの患者に、ジェジュンを対決の勝者にしよう、という雰囲気になって来ます。

そんなフンに思わず、好きだと伝えてしまうスヒョン。
拒絶するフンに、ジェヒのために?とスヒョンは訊きます。
フンはスヒョンに、彼女の父親である理事長が、医療訴訟の証言をさせないために北朝鮮に自分の父を送ったのだ、とスヒョンと自分がダメなわけを説明します。
ショックを受けたスヒョン、父親のところに行くのですが、それを認める理事長です。

フンの患者が目覚めないため、ジェジュンが勝ちだと決定しようという事になり、もう一度フンの患者の意識を取り戻させることにするフン。
フンの患者も意識を取り戻し、対決は引き分けとなります。

一方、フンに振られたスヒョンは欠勤しています。
ジェジュンが様子を見に行くと、告白して振られた、と泣いているスヒョン。
一度はそのまま立ち去ろうとしたジェジュンなのですが、スヒョンのところに戻り、肩を抱いて慰めるジェジュンです。
本気でスヒョンのことを愛しているのだ、と自分の気持ちを確認するジェジュンです。

大泣きしたスヒョンは少し冷静さを取り戻し、フンのところに謝りに行きます。
でも、フンはおらず、彼のパソコンを見るスヒョン。
そこにはフンとスヒョンがデートしている時の写真が…。
スヒョンはスンヒの健康診断のデータも発見してそれも見てしまいます。
そこにスンヒと手をつないで帰って来るフン。

16話
手をつないで帰ってきたフンとスンヒ。
スヒョンはパソコンを慌てて閉じるのですが、フンは彼女がスンヒの健康診断のデータを見たことに気付きます。
そのまま帰って行くスヒョンを追いかけて行くフンです。

どうしてスンヒがジェヒだということを話さなかったの?と言うスヒョンに、事情があった、と言うフン。
私には話すべきだった、と言うスヒョンに、どうして?と答えるフン。悪い奴!と言って帰って行くスヒョンです。

何度電話をかけても出ないスヒョンを探し、病院に行くフン。
ちょうどそこで、ヤクザに絡まれているスヒョンを助け慰めるフンです。
そこにスンヒからの電話がかかって来ます。
フンはスヒョンとは会えないでいる、と話しているのですが、スンヒはすぐそばから電話をかけていて、フンがスヒョンを慰めているのを見ています。
でも、それには触れず電話を切り、自分の携帯に保存していたフンとの写真を一枚一枚削除していくスンヒ。

スンヒは首相のソクチュに会いに行き、大統領を手術することをフンに話した、と言います。
そして、手術をジェジュンに担当させるように言い、自分をジェジュンのチームに入れてくれるように頼むスンヒ。
自分が大統領を昏睡状態にするから、フンとフンの母の安全を保障して欲しいと頼むスンヒです。

ソクチュはジェジュンを、彼の本名を知っていることを材料に呼び出します。
どうして知っているんだ?と訊くジェジュンに、それよりも理事長がまだ知らないことの方が重要だろう、と言い、スンヒを手術チームに入れるようにと要求する首相です。

フンの方はジンスに人里離れたところに連れて行かれています。
そこでフンを銃殺しようとするジンスなのですが、すんでのところでジンスの肩を撃ったのは首相の秘書官のテスルです。
テスルはこれがスンヒの計画であることを明かし、スンヒのメッセージを聞かせます。
フンとフン母の安全は自分が保証する、とテスルは言うのですが、信じられないフン。
テスルは、フンがブタペストで狙われていた時に援護の銃撃を行ったのが自分だという事を明かし、フンが北朝鮮にいた時からフン母の世話をしていたことを話します。

ジェジュンのチームでは麻酔医がファーストと結婚することになり、手術チームから離れたい、と言い出します。
スンヒを引き抜くから、と快諾するジェジュンです。
そんなところにコードブルー。
危篤の患者の手術を手術対決の患者とすることを理事長に申し出るジェジュンです。
フンが病院に来た時にやった手術だ、と難色を示す理事長に、フンはしばらく病院に出られないとの連絡が首相から来た、と了承させるジェジュン。
急遽、その日のうちに対決が行われることに決まります。

フンのチームの方はフンと連絡が取れず、科長のヒョンウクが執刀するのですが、彼の手に余る手術で、最終的に、自らの手術を終えたジェジュンに助けを求めます。
しかし、手術室に現れたのはフンです。

関連記事

この記事へのコメント

- hanamizuki - 2014年07月20日 18:08:39

こんにちは。
あらすじを辿りながら、「Dr異邦人」を思い返させてもらう楽しいひと時を、有難うございます。

話が劇的変化の少ない、ちょっとスローになったのが気になった時期でした。起承転結でいうなら、転が小出し?かな^^
その中でも見どころと言えば、やはり、スヒョンがとうとうフンに告白した15話から16話にかけての演出が、どきどき!♪
フンにとっては、スヒョンは信頼出来る同僚だけど、敵の娘でしかなかったのかしら?あの優しさは、フンの持っている性質からくるものだけだったの?って、スヒョンと一緒にショックを受けたりなんぞもしたり~~^^かわいそう・・
でも、彼女を慰めてる時に、会ってないって、スンヒからの電話に答えるのは、なんで?って視聴者を迷わせてしまうじゃないですか。。フン君?^^

最後に手術室に登場するのが、フンだってこと、もうこの辺りではお決まりでわかりますよね。
根本的に、私は3度の手術対決に疑問を持ち始めてしまいました。
最初はそれなりに手術をしなければならない理由がきちんとあったけれど、だんだん時間を競ったり、あえて相手をしつらえたりすること・・
それは、一番大切な患者を無視した行為ではないのか、って疑問に思えてきたのね。
こんな病院ありえない・・。ま、ドラマだからいいんですけども(笑)

本当に若い俳優さんたち、助演のベテランさんたちも熱演で素晴らしいんです・・でも脚本、最後まで出来てたのかしら?

Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年07月21日 07:10:10

hanamizukiさん、こんにちは。

> その中でも見どころと言えば、やはり、スヒョンがとうとうフンに告白した15話から16話にかけての演出が、どきどき!♪

告白する時のスヒョンも、可愛くって、大好きでした。

> でも、彼女を慰めてる時に、会ってないって、スンヒからの電話に答えるのは、なんで?って視聴者を迷わせてしまうじゃないですか。。フン君?^^

視聴者としては、これがあるから、スヒョン×フンカップル誕生に期待するんですよね。

> 最後に手術室に登場するのが、フンだってこと、もうこの辺りではお決まりでわかりますよね。

それ以外、あり得ない展開ですよね♪

> 根本的に、私は3度の手術対決に疑問を持ち始めてしまいました。

そこに疑問を抱いてしまうとつらいかも…。

> こんな病院ありえない・・。ま、ドラマだからいいんですけども(笑)

この辺はあっさり流さないとダメですかね。


> ・・でも脚本、最後まで出来てたのかしら?

私はこのあたりまでは、よく考えられた脚本だと思っていたのですが、見終わってから考えると、このあたりから、少しずつ疑問に思うことが出てきていたように思います♪

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。