スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドクター異邦人」あらすじ1話~4話

*このドラマのデータとネタバレなしの感想はなんじゃもんじゃに書いています。

他の回のあらすじはカテゴリー「ドクター異邦人」からお読みください。

また、アンケートも設けています。
ご覧になった方に参加していただけると嬉しいです。

      →「ドクター異邦人」は面白かった?
2014070909160628068_1_99_20140709170207.jpg
1話
1994年ソウル。
国会議員のチャン・ソクチュは韓国最高の心臓医パク·チョルを訪ね、心臓病で重体に陥った北朝鮮の最高指導者である金日成の手術をしてくれるようにと頼みます。
金日成が死ねば、数日内に 米軍が侵攻してきて戦争状態になるだろうと言うソクチュ。
それだけではなく、たとえ戦争に勝ったとしても原子力発電所が破壊され、韓国の広い部分で人が住めなくなってしまうだろう、という分析結果を伝えます。
それを聞き、北朝鮮行に同意し、息子を連れてピョンヤンへと行くパク・チョル。
彼は、一度は止まった金日成の心臓を再び動かすことに成功し、韓半島での戦争の危機は去ります。

しかし、ソクチュはパク·チョルと息子を殺すように命じているのね。
ところが、人民軍は銃を発射させたものの彼らは殺さず、北朝鮮の同志として北で暮らすように命じます。

時は流れパク·チョルは、北朝鮮の医師として、息子のパク・フンは医大生として暮らしています。
パク·フンは北朝鮮に来てすぐに知り合ったソン・ジェヒと付き合っていて、 プロポーズリングも渡しています。
でもそんなある日、彼女は父親と共に人民軍に連れていかれようとしています。
何とか捕まる前にフンと会い、キスを交わす二人。
私のことは忘れないで、と言い残して、ジェヒは連れ去られてしまいます。
どうやら政治犯の収容所に連れて行かれたようですね。
その時にジェヒを助けようとしたため、パク・フンも外部から遮断された研究所で人体実験まがいの手術をする医者にされています。

5年後、フンのいる研究所に運ばれるジェヒと父親。
2人とも全身に傷を負っており、フンは娘の腎臓を父親に移植するようにと命じられています。
でも、ジェヒ父の、娘を助けてくれという言葉を受け、父親の腎臓をジェヒに移植します。
その手術は外国からの見学者にも公開され、フンはブタペスト行きを命じられます。
実はその来客はフンの父親の知り合いで、フン父は彼がジェヒを連れて脱北する機会を作っていたのね。
でも、自分たちが脱北すれば父が生きてはいられないことを知っているフンは拒否します。
父の方もフンが拒否する訳が分かっていますから、わざと立ち入り禁止区内に姿を現します。
すぐに見つかり、人民軍の銃弾を受けて倒れる父です。

2話
フンの父はそのまま亡くなり、意識の戻らないジェヒとともにブタペストに行くフン。
厳重な監視の中、協力者に渡された薬により一時的にスンヒの心臓を止めるフンです。
死亡したとしてジェヒの身体が運ばれる隙を狙い、脱出し、ジェヒを蘇生させるフン。
ジェヒは生き返ったものの、追っ手は迫っています。
バイクで逃げる二人を追う北朝鮮側でしたが、何とか韓国大使館へとたどり着きます。
ところがそこにはたまたま、フン父子を犠牲にしたチャン・ソクチュが来ていて、話を聞くと彼らを大使館に入れないように指示。
そればかりか、彼らを処理しろ、と秘書官のテスルに命じるソクチュです。
ソクチュはあの時の事件を解決したことにより、政党の第1人者となったので、事件の時に彼らを犠牲にしたことが世間に知られることは政治生命にもかかわる問題なのね。
再びブタペスト市街を逃げる二人でしたが、川の上で追い詰められてしまいます。
追っ手により銃殺されようとしていたフンなのですが、北朝鮮側の人間を狙撃してひそかに彼らを助けるテスル。
でも、肩に弾丸を受けたジェヒはバランスを崩し、橋から落下しそうになります。
フンは落ちそうになるジェヒの手を掴むのですが、やがてフンも肩を撃たれ、ジェヒは、私のことを忘れないで、と言って川へと落下して行きます。
そして、フンに向けて弾丸が発車しようとする北朝鮮側でしたが、そこでハンガリー警察が駆けつけ、フンは助かります。

そして、2年後。
ミョンウ大学病院の一人の若い医師の活躍が描かれるのですが、まだ彼がどういう人物かは明かされていません。
一方、刑務所から出てくるフン。
彼はジェヒを探そうとして、何度も捕まっているようですね。
彼を迎えに来たのは、やはり脱北者のチャンイ。
フンは闇医者をしているようで、彼のことをチャンイがいろいろ助けているようですね。
そんな彼女がある日、母親と再会します。
チャンイは大金をブローカーに渡し、母親の脱北を成功させたのね。
興味を示すフンに、ジェヒの動画を見せるブローカー…。
でも、その陰には、今では首相となっているソクチュがいるようです。
彼は心臓に問題を抱えており、フンの手術を受けたいようです。

3話
ジェヒの映像を見たフン、ブローカーに、彼女の脱北は可能か?と訊くと、可能だけれど高額だと言われます。
収容所にいるため、5億だと言うブローカーです。
そんなフンに、自分の代わりに飲料水の交換にミョンウ大学上院に行ってくれるように頼むチャンイ。
仕方なく行った病院で、フンが公園で怪我の応急処置をしてやった女の子に会います。
女の子の怪我の方は問題なさそうなのですが、苦しそうにしているお父さんが気になるフン。
女の子に、お父さんのレントゲンを撮ってもらうように言うのですが、ちょうど大事故が発生して病院は手が足りない状態で女の子の話もなかなか聞いてもらえません。
そうしているうちにお父さんの心臓が止まってしまい、見かねたフンが救命処置をします。
手術室に運ばれたお父さんなのですが、執刀医が手配できず、待たされています。
見かねたフンが代わりに手術室に入り、手術。
すぐに、この病院の医師ではない、と分かるのですが、はじめてしまった手術、任せるしかない状況です。
本来入るはずだったハン・ジェジュンではない人が入っている、と気付いた、やはり胸部外科医のオ・スヒョンも手術室に入って来て、手術室から出て行くように言うのですが、スヒョンが続けて行えるのだったら出て行く、と答えるフン。
でも、スヒョンに手におえる手術ではなく、他のスタッフも、まずは人命優先だ、とフンの手術を容認、ものすごいスピードで手術を終えるフンです。
手術を終えるとスヒョンの呼んだ警備員たちに捕まりそうになるフンですが、なんとか逃げおおせます。

ところで、スヒョンは病院理事長の孫娘で、ハン・ジェジュンの恋人。
ハン・ジェジュンというのは2話に登場した若い医者です。
ハーバードの准教授まで務めた、実力も名声もある医者のようですね。
容姿もよく、患者やスタッフに接する姿はとても親切なのですが、心からいい人というわけではないようです。
人前ではにこやかに接していますが、一人になると相手のことをぼろくそに言ったりもしています。

スヒョンは理事長から病院の経営を任せる後任者と考えられているようなのですが、異母兄のサンジンがこれを不満に思っているようです。
スヒョンを押さえつける切り札として、年配の女性を病院に入院させているのですが、彼女の様子を確認に来た医者がなんと、ジェヒにそっくりです。
その上、ジェヒがフンにもらったのとそっくりのブレスレットをその女性にプレゼントしています。
その姿を見かけるのは、フンを迎えに来たチャンイです。

一方、病院でフンが手術するところを見ていたのがムン・ヒョンウク。
彼は病院長の座を狙っているのですが、部下のミスのために苦境に立たされています。
(そのミスは誰かによって指示されたようなんですが…)
彼もまた、フンを追いかけ、彼の医院を見つけて、彼に会おうとします。
フンは門前払いをしようとするのですが、そこにやって来るのはチャンイ。
チャンイがジェヒにそっくりな人を見た、と言うので、ヒョンウクと共に病院へと再び出かけるフンです。

4話
ジェヒにそっくり医者を見つけ、追いかけるフンでしたが、その医者は救急車で出かけてしまい、フンは会うことができません。
フンは再びブローカーのところに行くと、ジェヒはどこにいるんだ!と問い詰めるのですが、彼女は特別管理所にいるから、まずはそこからでも脱出させないと、と言って5万ドルを要求します。
それを聞き、行ってしまうフンですが、そのブローカーは誰かに指示されたとおりに言っているようですね。
隠れてきた男が現れ、ブローカーに金を渡しているのですが、彼らの話によると、ジェヒはすでに亡くなっているようです…。

自分の病院に帰ったフンをヒョンウクが待ち構えています。
ヒョンウクは病院の自分の手術チームに入ってくれ、と頼むのですが、断るフン。
でも、財布から小切手を出し、強引に説得するヒョンウクです。
病院では、新たな医者の検討をする会議が開かれ、先日のフンの手術のビデオを見せるヒョンウク。
彼の見事な手さばきに感嘆する一同なのですが、現れた彼が脱北者と分かると態度を変える医者たち。
ヒョンウクも脱北者には任せられない、と金を取り返して去って行きます。
失意のフンでしたが、そこにヒョンウクが再び現れ、もう一度自分のチームに入るようにと頼むのね。
実はヒョンウクは理事長から頼まれたのですが、その理事長を動かしたのは病院長のチェ・ピョンチョルです。
フンは幼い時に彼と会っているようです。
お父さんに会いにつれて行ってやる、と言った彼の姿を思い出しているフンの姿がありました。

一方ブローカーは自分にジェヒのことを依頼した人の後をつけています。
するとその男はジェヒとそっくりな女に会い、お金を渡しています。
驚くブローカーです。
ジェヒにそっくりな女はやはりミョンウ大学病院の麻酔医でハン・スンヒという名前のようです。

理事長の方は胸部外科を2チームに分け、ジェジュンのチームとヒョンウクのチームに分け、競争させることを決めています。
手術の成功と失敗の数で勝敗を決めるのですが、そんな時にスヒョンとかかわりのある女性患者の心臓が止まります。
心肺蘇生措置を取らないことになっている患者なのですが、亡くなって行く患者をそのままには出来ない、と蘇生措置を施すフン。
フンはその時、ジェヒにあげたのと同じブレスレットを患者がしているのに気づきます。
手術をしたいと思うフンですが、患者に苦痛を与えるだけだ、と言うスヒョン。
その患者はしかし、じつはスヒョンの実母です。
でも、幼い頃に引き離され、会いに行っても冷たく拒否された母親に、スヒョンは恨みのような感情を持っているようですね。
実母であってもまるで気にも留めないようにふるまうスヒョンは父である理事長に、生命維持装置を外すことを申し出、自ら延命装置を外します。
ところが、すべての装置を外した母親がスヒョンの手を握って来ます。
それを見て気の変ったスヒョン。
手術は無理だ、と言うジェジュンに、彼女が自分の母親であることを明かし、手術を頼みこむスヒョン。
ジェジュンは理事長に手術の許可をもらいに行くのですが、見込みがないことを言い、しかもジェジュンが手術チームの競争中であることを思い出させる理事長です。
ふたたびスヒョン母が危篤に陥り、ジェジュンに電話をかけるスヒョンなのですが、ジェジュンは電話に出ません。
スヒョンはフンのことを思い出し、フンに手術をしてくれるように頼みこみます。
フンの方も、ぜひとも彼女を生かせて、ブレスレットの事を聞きたいと思い、何度も彼女の手術のシミュレーションをやってみるのですがうまく行かなかったのね。
スヒョンに手術は無理だ、と断るフンでしたが、患者が自分の母親でどうしても聞きたいことがあるから、と手術を強く希望するスヒョン。
ヒョンウクたちの制止を振り切り手術を行うフンです。
しかし、手術中にスヒョンの母親の心臓は止まり、再び鼓動を取り戻すことはありませんでした。
泣き崩れるスヒョンを抱きしめ落ち着かせるフンでしたが、そこにやって来るジェジュン…。

関連記事

この記事へのコメント

- hanamizuki - 2014年07月16日 11:11:43

kirikoroさん、こんにちは。
「ドクター異邦人」の全あらすじをアップして下さって、有難うございます♪
忘れちゃってる所も多いので、嬉しいです。

この1話~4話の序盤のスピード感、最高でした❤
しかも、中身が濃い!^^ありとあらゆる登場人物が、何か秘密を抱えているような・・たっぷり興味をそそられる内容に、ワクワクでした!!

第1話で、フンの父が画策した、フンを逃がすためのハンガリー行きの所が、よくわかってなかったので、ここを読ませて頂いて納得です^^。
フンの父親は、北朝鮮へ陰謀によって送られる時も、まず、自分の命より、他人の命(韓国の人達の命だったり、あるいはたとえ金日成であったとしても、一人の人間として救おうとしたのだと思えます)を第一義に考える医者・・
これが、最後まで、フンの生き方でしたね。
「君の声が聞こえる」で、ジョンソク君の子役の少年が、再び子役時代を演じたのも、個人的には、違和感なく入れたし、ツボだったかな~~^^
(あんまり、”僕上手いでしょ?”って言う感じがない子で、でも眼力が好きです^^)

女の子の500ウォンや、ムン先生とのコミカルなシーン、美しい手術シュミレーションのCGなど、記憶に残る”Dr異邦人”のスタート!!
チラチラ出るスンヒより、喧嘩仲間のスヒョンとフンが、じゃれあいながら近づく過程が好きすぎて、そっちに思いがいってしまったのは、よかったのか、悪かったのか・・?いまだに、わかりましぇーん(笑)






Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年07月17日 07:29:16

hanamizukiさん、こんにちは。

あらすじ、順次アップした方が喜ばれるんだろうな、と思いながらも、一度アップしてしまうと、早くアップしなくちゃ!と自分自身へのプレッシャーになってしまうため、全部終わってからの一括アップとなりました。すいません。

>この1話~4話の序盤のスピード感、最高でした❤
しかも、中身が濃い!^^ありとあらゆる登場人物が、何か秘密を抱えているような・・たっぷり興味をそそられる内容に、ワクワクでした!!

同感です。
最初でやられちゃうドラマでしたね。

フン父の生き方とその後のフンの生き方。
振り返ってみると、そうでしたね。

>女の子の500ウォンや、ムン先生とのコミカルなシーン、美しい手術シュミレーションのCGなど、記憶に残る”Dr異邦人”のスタート!!

そうでした。
ほんとに印象的なスタートでしたね。

>チラチラ出るスンヒより、喧嘩仲間のスヒョンとフンが、じゃれあいながら近づく過程が好きすぎて、そっちに思いがいってしまったのは、よかったのか、悪かったのか・・?いまだに、わかりましぇーん(笑)

ここ、多くの方が同じような感じでご覧になっていたんでしょうね。
私もそうでしたが…。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。