FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大風水」あらすじ15話~21話

*他の回のあらすじはカテゴリー「大風水」からお読みください。

このドラマ全体の感想は なんじゃもんじゃに記事があります。
ラストに関するネタバレ感想は最終話のあらすじの後に書いてます。

15話
チサンが止めるのを振り切り、母の形見を川に投げ捨てるジョングン。
ジョングンを殴り飛ばすと、川に入って指輪を探すチサンなのですが、指輪は見つかりません。

翌日、書雲観を追い出されたはずのチサンがまた、やって来ます。
元の使臣と一緒です。
使臣とともに副正に会い、追放を覆させるばかりか、正式な学生として認めさせています。

ヒョミョンはヨンジのところに行き、チサンがトンニュンの息子だ、と言うのですが、自分も気付いたことを打ち明けるヨンジ。
でも、母であると名乗ればチサンが危険に陥ると、隠し続けるつもりであると話すヨンジです。

チサンの方もジョングンの独り言を聞いていたのか、ヨンジが母だと気づいたようですね。
ヨンジのところに行き、母かと聞くのですが、チサンは友人の息子で、その友人は死んだ、と答えるヨンジ。
諦めて出て行くのですが、彼の確信は揺るがないようです。
チサンが独り言を言っているのを陰でヘインが見ていますが、彼女もチサンの母がヨンジだと知ったのかどうか…。

一方、パニャのところに王を迎える準備が進み、家の調度の準備のために書雲観の生徒たちもそちらへと出かけます。
そこでパニャの姿を見て驚くチサン。
馴れ馴れしく話しかけ、侍女たちに叱られ、跪かせられるチサン。
ヘインがとりなし、チサンはそれ以上のおとがめは受けずに済みます。
その顛末をジョングンが見ています。
パニャとチサンに何かある、と思ったジョングンは再びジョンテと会い、パニャの事を聞きだしています。
幼いころから知っている間柄、というジョンテ。
それどころか、お互いに好き合う仲だった、と教えるジョンテ妻です。

せっかく書雲観に戻れたチサンですが、判事が秘書庫に侵入したものがいるという事を聞きつけてしまいます。
ヘインとジョングンとチサンが疑われます。
ジョングンはテサンを人気のないところに連れて行くと、自分がパニャ側の人間から王の四柱を見せろと言われて秘書庫に入ったことを明かします
自分が捕まればパニャの被害が及ぶことを話し、チサンが独りで入ったと自首しろと言うジョングン。
チサンは自首するが、時間をくれと言うと、ヨンジのところへと行きます。
チサンは土に埋められた時に母の声に助けられたが、その声はヨンジの声ではなかった、と言い、お母さんではないんでしょう?と言いながら、自分の本当の名がモク・チサンだと言います。
自分が捕まることによる被害が母に及ばないようにと思っての言葉なんでしょうね。
これ以上母を守れないけれど、母のところにはジョングンがいる、と独り言を言い、父に許しを乞うています。
自首するチサンを何とか助けようとするヨンジですが、力及ばず、牢に入れられるチサン。

隣の牢にはソンゲがいて、脱獄計画を練っています。
ソンゲは今まで王に忠誠を尽くしていたのですが、結局は猟犬だった、と思っているのね。
それ以上に、猟犬(自分)を猟の途中で食べようと(まだ使えるところで切る)している王の器に失望を感じているソンゲです。
ソンゲの計画を小耳に挟み、自分も脱獄に参加させてくれ、と言い、ソンゲの計画は危険だ、と言うチサン。
でも、チサンの言う事なんて気にも留めていないソンゲです。
一方、ジョングンはソリョンゲのところに行き、ヨンジの息子を殺してくれ、と頼みます。
チサンが生きていると聞き、驚くソリョンゲです。
ヘインもまた、パニャのところに強引に押しかけ、チサンを助けるよう王に頼んでくれ、と言うのですが、知らない人だ、と追い返されてしまっています。

16話
ソンゲの牢には、脱獄の手伝いをするはずの兵がやって来ず、チサンの言った通りになります。
一方、ソリョンゲはイニムに、トンニュンの息子が生きており、投獄されていることを伝えます。
ヨンジに、苦しまないように殺してやる、と言ってチサンの元に刺客を送り込むイニム。
ヨンジは、こうなってしまっては王に話すしかない、とチサンが紫微垣局を見つける神眼を持っている、と言って彼の放免を願い出ます。
パニャからも、助けて欲しいと言われた男と気付いた王は、連れて来い、と命じます。

ソンゲによって送り込まれた刺客の方は、罪人のふりをしてチサンと同じ牢に入り込んでいまます。
夜になり、皆が寝静まったのを見計らい、チサンの首を絞めようとするのですが、ソンゲがそれを見つけ、物を投げて刺客を倒します。
刺客の持っていた鍵で牢から出るチサンなのですが、ソンゲのいる牢の鍵はなく、開けられません。
チェ・ヨン将軍に自分が牢に閉じ込められていることを伝えてくれ、と言ってチサンをひとまず逃げさせます。
チサンから話を聞いたチェ・ヨンは護送中のソンゲ達を止め、自分が知らないとは何事か!と王のところに駆けつけ、護送を撤回させます。

チサンの方はパニャに会いに行くのですが、ちょうど王が来られている時で、王に見つかり宮殿へと連れて行かれてしまいます。
チサンが神眼を持つと言っても信じない王に、チサンが自分の息子であることを打ち明け、自分が人質となればチサンは必ず紫微垣局を見つける、と訴えるヨンジ。
王は5年の期限を与え、その間に探すように、と言い、その間はヨンジは宮殿から外出はできず、チサンとも会わない、との条件を付け、探しに行くことを許します。
ヨンジは息子の命の事を考えれば、トンニュンが命がけで守った紫微垣局なんてどうでもよくなっています。
紫微垣局など探さず、このまま隠れて暮らせ、と言うヨンジ。
でも、紫微垣局を見つけて帰ってきたらご飯を食べさせて、と言って旅立つチサンです。

ソンゲも勤務地に戻ることになり、城外までチサンを守ってくれることになります。
しばらく進んだところで、縁あって再び彼らと再び顔を合せる無学大師です。
彼はチサンに、地相を見る目を開いてやる、と彼を手助けすることを話し、ソンゲには、紫微垣局を迎える準備ができたか?と聞きます。
思いもかけないところで紫微垣局の事を聞き驚くソンゲに、新しい国を作る準備はできたか?と聞く大師。
しかし、ソンゲは今はまだ、何のことか分かっていない様子です。

ソンゲと別れたチサンと無学大師の元に、今度はジョンテが付いてきます。
彼は紫微垣局の事を知って手に入れようとしているジョングンから、チサンが見つけたら連絡してくれ、と送り込んだスパイです。
そして、ヘインもまた、同行することに…。

一方、ソリョンゲは王の母である明徳太后の元に行き、王が相性の良くない女と会っている、と告げ口。
母には逆らえない王はパニャのところへ通ってこなくなります。
困ったパニャはソリョンゲのところに出向き、手を組みたい、と申し出ます。

チサン達は、とある村に着き、そこで一夜を過ごすことにするのですが、村には不気味な雰囲気が漂っています。
寝ているうちにどこかに連れてこられ、女たちに囲まれているチサン!

17話
目が覚めたチサンは枕元に一人の女がいるのに気づきます。
床入りを迫る女、部屋の外では他の女たちが成り行きを見守っています。
そこに乱入するヘイン。
ヘインが追い出されようとしているところに無学大師もやって来ます。
村人たちから話を聞く一同。
村では男たちが次々と死に、残った男たちも皆、村を捨てて逃げたため、子孫を絶やさないためにチサンを引き込んだという事のようです。
話を聞き、チサンを引き込んだところで解決にはならない、と言いチサンに村の問題を解決させる大師。
チサンは無事、解決して一行は村を発ちます。

パニャは世話になったポンチュンを裏切りソリョンゲにつくつもりのようで、ポンチュン側のスパイまで明かしています。
ソリョンゲはパニャが王と会えるように機会を作ってやるとともに、魯国公主が王子を産まないようにする約束をしています。

王は再びパニャのところに通うようになり、パニャのところに来ている時に魯国公主が倒れ、そのまま出産となります。
ソリョンゲが毒を盛ったようですね。
子供は死産、魯国公主も後を追うようになくなってしまいます。
王がその時にパニャのところに行っていたと知った太后はパニャのところへやって来ます。
パニャを追い出そうとするのですが、そこでパニャの妊娠が判明、太后と言えど手出しは出来ません。
王はソンドンに政治を一任してしまいます。
さっそくイニムの排除しようとするソンドンです。

一方、チョングンはヨンジとヒョミョンが話しているのを盗み聞き、紫微垣局の地図がヒョミョンの手元にあることを知り、盗み出しています。

そして8か月後、出産を迎えるに当たり、ポンチュンの元を去ると言うパニャ。
驚くポンチュンの前にソリョンゲが現れ、自分が後見人となった、とパニャを連れて行きます。
ソンドンも驚くのですが、ソリョンゲの力が必要だ、と言って納得させるパニャです。

パニャは無事、男の子を出産。
ソリョンゲはシンドンにイニムを会わせます。
自分を利用しろと言うソリョンゲです。
さっそくチェ・ヨンを鶏林の府伊へと左遷を命じる王命を出すシンドンです。
そして、王の護衛には今までの索龍軍とは別に子弟衛という組織を作り、常に王を監視する体制を作るイニムです。

ソンゲの方は本を読んで勉強しようとするのですが、何度読んでもさっぱり分かりません。
師が必要、とあちこちの学者を訪れるのですが、話がさっぱり分かりません。
そこで、無学大師の事を思い出すソンゲ。
教えを乞おうと無学大師のところにやって来ます。
無学大師に学びたい、と言うソンゲに、人を生かすための戦いをするのかを確かめる大師。
高麗の民を救う、と言うソンゲに、それには高麗を滅ぼさないといけない、と言い、逆賊になる覚悟ができたかと聞く無学大師です。

18話
ソンゲが無学大師に、逆賊になりましょう、と覚悟を伝えると、その前に会うべき男がいる、と言う無学大師。
高麗を滅ぼす男だ、とチサンのことを話しています。

チサンに、紫微垣局は自然にできるものではない、と言う大師。
貧しい民の怒りと血が作り上げた明堂が紫微垣局なのだと語る大師です。
そして、紫微垣局の主人がソンゲの可能性がある、と言う大師。
チサンに、ソンゲについて回れ、と言う無学大師です。

その頃、高麗の政治の実権はシンドンが握っていて、民のための政治を行っています。
が、彼にお前の土地も差し出せ!と言われ、腹に据えかねるイニム。
イニムとソリョンゲは彼を堕落させるため、女を送り込んでいます。
また、ジョンテから紫微垣局の主人がソンゲだという話を聞くジョングンです。

5年の月日がたち、王との約束に期限を迎えるチサンは都に戻ることにします。
ヘインとは結婚を考える仲になっているようで、王に殺されるかもしれない、と都行きを反対するヘインですが、母を犠牲にするわけにはいかないチサンです。
チサンは都に行く前にソンゲと会います。
紫微垣局を見つけた時には俺に渡すのか王に差し出し母親を救うのかを聞くソンゲに、躊躇わず母を救うと答えるチサン。
自分を追い払うのか?と聞くチサンに、側に置いて差し出させてみせる、と答えるソンゲです。
ちょうど、ソンゲも都に行く予定があり、一緒に都に向かう二人です。
ヒョミョンはチサンに紫微垣局の地図を渡すべき時だ、と思い地図を探します。
盗まれたことを知るヒョミョンですが、地名が書かれていないため、犯人にはそれだけで紫微垣局がどこかは分からない、と言っています。

シンドンはイニム達の思惑通り王に処刑されてしまいます。
ジョングンはジョンテを連れ、イニムとソリョンゲに、紫微垣局の主人がソンゲだと聞いた話をします。
将軍が主人だとなると、謀反という事だ、と言うイニムですが、ソンゲを捕まえるだけの証拠がありません。

チサンは王に拝謁し、紫微垣局がまだ見つかっていないことを話し、もう少し時間をくれるように頼むのですが、処刑しろ、と命じる王。
ところがそこに、パニャの息子、王のただ一人の息子が行方不明になった、との知らせがもたらされます。
彼はポンチュンに拉致されていたのね。
自分が王子を探す、と言って許されるチサン。
もちろん王子を探すのはチサン一人ではありません。
ジョングンも探しています。
副正に王子の四柱まで聞きだし探しているのですが、一歩先に王子の居場所を突き止めるチサン。
ところが、ジョンテからの報告を受けたジョングンが手柄を横取りしようとします。
でも、チサンからの応援を頼まれてやって来たソンゲがそれを阻止し、王子を連れて帰るチサン。
チサンは紫微垣局を探す期限を伸ばしてもらえることになり、再び書雲観で働くことになります。

一方、ポンチュンから、イニムとソリョンゲの悪事をすべて聞くソンゲ。
王と王妃も暗殺しようとしていると聞き、無学大師に相談しています。

イニムとソリョンゲはすぐにでも王を殺したいのですが、パニャの息子がまだ、世子として認められていないため、実行に移せないでいるのね。
王の母親である明徳太后が強く反対しているため、正式な皇子とも認められず、王も世子にはできないようです。
でも、子弟衛に王が政治に目を向けないように堕落されており、時機が来たらその一人に暗殺させることも決めています。
そして、イニムとソリョンゲも犯人がポンチュンと知り、自分たちの秘密をすべて知っているソンゲを生かしておくわけにはいかない、と話し合っています。

19話
イニムとソリョンゲの暗殺計画を知ったソンゲは王にそのことを知らせに行こうとするのですが、イニムに阻止され、王に近づくことができません。
無学大師はソンゲに、まだ準備ができていない、と窘めるのですがきかず、なんとしても王に会いに行こうとするソンゲ。
ソンゲは耽羅(済州)に左遷させられているチェ・ヨンにもイニム達の悪事を教え、都に来るよう要請しています。

一方、チサンはヒョミョンに、ヘインとの結婚の許しを願い出るのですが、断られ、追い返されてしまいます。
無学大師に理由を訊かれ、自分がチサンの父を殺したから、と答えるのですが、それだけか?と問い返す大師。
ヘインの四柱は王妃になる運命を持っていることになっているのね。
欲を出せばヘインが不幸になる、とアドバイスする大師です。
ヘインからチサンと結婚すると聞かされたジョングンもまた、彼の父イニムにヘインと結婚する、と話すのですが、イニムは政治的に役に立たないヘインとの結婚は断じて許しません。

パニャの方は勝負に出ます。
明徳太后のところに突然王子を連れて行くパニャ。
肉親の情に訴えようという作戦ですね。
明徳太后もとうとう、王子を宮殿に入れ、正式な王子とすることを認めます。
とはいえ、パニャは二度と王子とあってはならぬ、との条件を付け、追い出されることに…。
パニャは王子に、毎日母に会いたいと言えば母が戻って来られる、と耳打ちして一人宮を去って行きます。

ソンゲの方は王に会うことをまだ、諦めていません。
チサンに協力させ、王のところに行く寸前まで行くのですが、すでに時遅し、です。
パニャの息子は、まだ世子には決まっていないものの王子として認められたため、イニム達は王への暗殺を実行に移したのね。
出世を約束して子弟衛のメンバーたちに王を殺させ、そのあと子弟衛たちを切り捨てるイニム。
これで自分が高麗の王だ、と呟くイニムです。

20話
王宮がイニムの軍に包囲されており、入れないソンゲ、何かあったに違いない、と部下をもぐりこませることにします。
母のことが心配なチサンも一緒に潜入です。
大殿から遺体が運び出されているところを見るチサン達ですが、見つかりそうになり、逃げ出します。
運よくヨンジと出会い、追っ手を振り切り逃げる二人です。
大殿で何かあったようだと聞いたヨンジは太后の元へと出向きます。
ところが、そこにはイニムが来ていて、王后に、王が子弟衛に殺された、との報告をし、パニャの息子を王にするように迫っているところ。
それを認めない王后とヨンジは閉じ込められてしまいます。
一方、ソンゲの部下とチソンは顔を見られていたのね。
ソンゲをすぐに討とうという話も出るのですが、王が死んだことは知られていない、と王の死を隠したまま、パニャの息子を王にする工作をすることにします。
遺体の入った棺に干しワカメを大量に入れ、腐敗を防ぐソリョンゲです。
ヨンジの方は、王后に頼まれ、パニャの息子以外の王候補に会いに行こうとするのですが、門番に止められます。
イニムから、門から出ようとする者は誰であれ殺せ、と言う指示を受けていた兵でしたが、そこにジョングンが現れます。
ジョングンもまた、王の暗殺に関与していることを知るヨンジです。

ヘインの方は、彼女を連れて辺境の地へ行く、と言う父に逆らい、チサンの元にやって来ます。
チサンとともに、ジョンテの家に泊まるヘインです。

翌日、イニムはソンゲを亡き者にしようと王命を騙り、ソンゲを大殿に呼び出します。
ソンゲも、罠であることは承知の上で、もし、自分が2時間たっても戻らなかったら軍を動かせ、と指示を出し、王殿へと向かいます。
でも、入室直前、そこにやって来てソンゲを止めるチサン。
チサンは大量の干しワカメが王宮に運び込まれているのを見て、王の死を察知したのね。
そのまま踵を返すソンゲに、勘付かれたことを知るイニムです。
これ以上隠しておけない、と王の死を公表することにしたイニム達。
でも、太后から承認が受けられないだろうと言うソリョンゲ。
好感達の会議でパニャの息子を王に認めさせることに方向転換です。
パニャに向かい、パニャの息子を王として認めさせるには、パニャの身分が問題だ、と言い、パニャを無理やり追い出します。
母の声を聴き出てきた息子に、自分が戻って来なければイニムとソリョンゲに殺されたと思え、と言い残して連れ出されて行きます。

チサンの方はその日のうちにヘインと結婚式を挙げることに決めています。
ジョンテに準備を頼み、まずはヨンジのところに話し行くチサン。
ヨンジは喜んでくれるのですが、ヒョミョンのところに再度許しをもらいに行き、彼がチサンの父のトンニュンを殺したことを打ち明けられます。
大きなショックを受けるチサン…。

一方、ヘインはジョンテとジョングンが話しているところを聞いてしまい、ジェンテがジョングンのスパイをしていたことを知ります。
理由を訊かれ、ヘインのためだ、と言うジョングンに、結婚式を挙げることを話すヘイン。
ヘインに、絶対に結婚するな、と言い、ならず者に結婚式をぶち壊すように依頼するジョングンです。

一方、王の決定は高官達の会議にゆだねられ、高官達の取り込みに動くイニム側とソンゲ側。
イニムはソリョンゲが国巫として知った高官達の弱みを突いて自分の方につくようにと働きかけています。
ソンゲにもポンチュンが自分の得た情報を渡し、それを使うように言うのですが、汚い手は使いたくないソンゲ。
無学大師にも、間違った事でもしなければならないと言われるのですが、やはり、汚い手は使えないソンゲです。

結婚式の準備は整い、チサンを待つヘインなのですが、チサンはいつまでたっても帰って来ません。
結局、結婚式は流れてしまいます。
待ちくたびれて、探しに行こうとするヘインの前に、ようやく姿を現すチサンです。

21話
ヒミョンから聞いた、彼がチサンの父トンニュンを殺したという話はヘインにはせず、ただ実家に帰るように言うチサンですが、帰らないヘインです。
一方、王にパニャの息子を推すイニム側と、それに反対する太后たち。
イニムが弱みに付け込み仲間を増やすのに対し、結局汚い真似はしたくない、と正々堂々と勝負をしようとするソンゲで、イニムの優勢です。
しかし、朝廷に影響力の強いチェ・ヨンが帰京したと聞き、形勢挽回を信じるソンゲ達。
ところが、いざ会議となると、パニャの息子を推すチェ・ヨン。
先王の意思だ、と言うのが理由でパニャの息子が王になることが決まります。

チサンの方は、ヘインを妻にすることを再び決心したようです。
ヘインを連れてヨンジに挨拶に行くチサン。
2人が平凡な暮らしをして欲しい、と祝福するヨンジです。
その話をたまたま聞いていたジョングン。
ヨンジはすでにヘインの心はチサンにあると言うのですが、ヨンジがチサンを選んだと思うジョングン。
親子の縁を切ると言って去って行きます。

ソンゲはイニムを妨害するようなことをしたため、窮地に陥ります。
ソンゲは、生き残ることを考えろ、と無学大師に言われ、イニムに贈り物を持って行き、屈辱に耐えて何とか命をつないでいます。

幼いウ王が王位につき、思いのままに王印を押させるイニム。
そして、パニャの処刑の命令にも無理やり王印を押させるイニムです。
すぐさま護送されることになるパニャですが、それを救うのはジョングンです。
チサンとの取引の材料にしようと言う魂胆ですね。
チサンに、パニャを救いたかったらヘインに黙って都を出て帰って来るな、と言うジョングン。
パニャに懇願され、チサンはヘインにしばらく地方に行くから、と言って実家に帰らせます。

一方、太后はヨンジを呼び、ソンゲにイニム排除の意志があることを伝えるようにと頼んでいます。
ソンゲの元へと向かうヨンジなのですが、その後を部下につけさせているジョングン。
部下は話している内容まで聞き、太后の計画は筒抜けです。
しかし逆に、ソンゲに謀反を起こさせようとしているイニム。
謀反の現場を押さえて排除しようとしているのね。
そのため、彼が動く為の後押しが必要、と太后の姻戚を巻き込むイニムです。
イニムの命を受け、ソンゲの元に行き、イニムを討つために兵を出す、と言う男。
太后の提案を受けても渋っていたソンゲでしたが、援軍が現れたことにより決心をし、太后に計画実行の暗号を送ります。
そんな時に、自宅で宴会を開く、と重臣たちを誘うイニム。
絶好の機会だと、そこを狙ってイニムを討つことにするソンゲ達です。
チサンはあまりにもうまく行き過ぎだ、と不安を言うのですが、二度とないチャンスだ、と決行に踏み切るソンゲ。
まず、ソンゲの義兄弟のイ・ジラン達を先発隊に屋敷に侵入させるのですが、それを待ち構えていたイニム達。
先発隊はイニムの軍に囲まれてしまいます。


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。