スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大風水」あらすじ8話~14話


*他の回のあらすじはカテゴリー「大風水」からお読みください。

このドラマ全体の感想は なんじゃもんじゃに記事があります。
ラストに関するネタバレ感想は最終話のあらすじの後に書いてます。

8話
ソンゲの取り調べは続いており、彼の故郷にまで役人を派遣して、調べることになります。
役人と共に故郷についたソンゲはまず、父の墓に参ってから、と役人たちと別れて墓へとやって来ます。
すると、そこには墓を掘りかえそうとしている男がいます、
無学大師です。
そこは君主之地(王を輩出する地)で、誰にでも持てるような場所ではないのね。
お前ごときが!と怒鳴りながら、ソンゲが止めるにもかかわらず、掘り返していた無学大師、石版が埋められているのに気づきます。
それを見てひれ伏す無学大師です。
その石板は彼の師の残したもので、仮の墓を作れ、と書かれています。
すぐに仮の墓へと移すようにソンゲに言う無学大師でしたが、墓を掘っているところにやって来る役人たち。
でも、大師の、君主之地ではない、という話に疑いを解く役人たちです。
無学大師はその地が君主之地であることはソンゲには告げず、ただ、子孫繁栄の地だ、と説明。
しかし、ソンゲの四柱を調べる無学大師です。

ヨンジの方は王命により、地下牢に閉じ込められることになります。
ソリョンゲの出産の話をしかけるのですが、ジョングンが破滅することになるため、やはり言えないヨンジ。
ただ王に、国巫を信じるな、とだけ言って牢へと入ります。
チサンの方はヨンジが捕まったことにより、釈放されるのですが、その途中、建物についているマークを見て、それと同じ模様の指輪を持っている、と漏らしたのですが、その話を聞くヨンジ。
自分の息子だ、と気付いた彼女、彼を探しに行きたいのですが、それは許されません。

ジョングンの方は、ヨンジが捕まる前に、ソリョンゲのいる星宿庁のことを調べていた、と知り、星宿庁のことが分かればヨンジを救える、とヘインの助けを得て、スンリョンの屋敷へと忍び込みます。
ところが、そこにやって来た父イニム。
ジョングンはイニムとソリョンゲの不倫がヨンジが捕まった理由だと考えます。
告発する、と言うジョングンなのですが、イニムにそのまま国外へと追いやられるジョングンです。

釈放されたチサンもまた、ここにいては命が危ない、とジョンテ夫婦に連れられ、地方へと逃げ出しています。

ソンゲはまた、地方へと下る王命が下されます。
面白くないソンゲでしたが、王の、ソンゲは忠臣だと思っているから、都にいて悪に染まって欲しくないのだ、との言葉に上機嫌で帰って行きます。
その彼の四柱をヒョミョンに調べさせた無学は、彼が外見には似合わず、王になる運命を持っていることを知ったため、ヒョミョンに、彼を見守るように、と地方行きを進め、それに従うヒョミョンです。

パニャの方は、昔、星宿庁で国巫の座をソリョンゲと争い追い出されて妓楼を営んでいるポンチュンの元に連れて行かれています。
国王の女となるための準備の始まるパニャです。

そして、月日が流れます。(ここで大人俳優に交替)
イ・ソンハクという風水の大家の名を名乗り、ヘインと再会するチサンです。

9話
イ・ソンハクと名乗っているチサン、実は偽物です。
イ・ソンハクの推薦状を奪って彼を騙っているのね。
無事、宮には入り込んだものの、本物のイ・ソンハクが現れます。
ばれそうになったチサンですが、推薦状を書いた人の偽物まで用意して、本物のふりを貫き通します。
彼は母を探そうとしているようですね。
そして、本物のふりをするため、書雲観の副正から明堂の事を聞かれたチサン、パニャの母のお骨を埋めた場所を教えています。
その話を副正から聞いたソリョンゲは自分が王になるつもりのようで、その場所に母の遺骨を産める、と言っています。
でも、すでに持ち主がいる、と言う副正なのですが、掘り出してしまえばいい、と言うソリョンゲです。

一方、元の皇帝は、現在の王を廃し、徳興君を王に擁立するつもりです。
そのため、イ・ソンゲを元陣営に引き入れようと、彼の右腕のヤスクを拉致して脅迫する元陣営。
その時、近くにいたヒョミョンも見つかってしまいます。
ころされそうになるのですが、それを止めるのがジョングンです。
彼は元側の人間として動いているのね。

一方、王妃の魯国公主は妊娠したものの、不安のため、不眠に陥っています。
度重なる彼女の頼みにより、一時的に牢から出されるヨンジです。

10話
ヘインに連れられ、本を見に行くチサン。
宗籍(王の家系図)を見たいと言うのですが、それは王族以外は見られない、と断られるチサン。
ヘインの持っている鍵を手に入れ、ヘインと別れてから再び宗籍を探し始めるチサンです。

一方、偽物とされてしまった本物のイ・ソンハクが自分が本物だと再び訴え、証人を確かめに行ったヘインはチサンの方が偽物だった、と気付きます。
ヘインから、チサンが宗籍を見たがっていた、と聞いたヨンジはヘインと共に牽龍軍を引き連れ書庫に向かいます。

副正から君主之地を教えてもらったソリョンゲは、その墓を自分のものにするため、パニャの母親のお骨を掘り出そうとするのですが、ポイントから少し離れたところに埋められているため、見つけ出せません。
副正に、この場所を教えたものを呼べ、と命じるソリョンゲです。

一方、元が徳興君を擁立することを知った恭慇王は忠臣のチェ・ヨンに、自分に対して謀反を起こすふりをしろ、と命じます。
王の重臣の前で謀反を呼びかけるチェ・ヨン。
おおかたの重臣は謀反に賛成するのですが、それを聞いたソンゲは怒って出て行ってしまいます。
一旦はその謀反に加わろうとしたイニムでしたが、実行に移す前に、王の策略だ、と気付きました!

チサンの方は、書庫の仕掛けを見抜き、隠し部屋の扉まで開けています。
でも、そこに近づいてくるヨンジたち。
慌てて逃げ出すチサンです。

11話
牽龍軍に追われるチサンですが、ジョンテもまた、お金を持って出て行ったチサンを探しています。
双方から逃げるチサンの前に現れたのはソリョンゲの部下です。
捕まってしまい、君主之地の崖の上に吊るされるチサン。
遺骨の埋まっている場所を教えろ、と言われるチサンですが、パニャのお母さんの墓を渡すわけにはいかない、と教えないテサンです。
ところが、その場所にたまたま来たのがパニャです。
見つかってしまい、木の実を拾いに来た、と言ってその場を離れようとしたパニャなのですが、墓参りに来たことがばれてしまいます。
ソリョンゲはパニャを脅して聞き出そうとするのですが、パニャはチサン以上に墓を譲れない、と教えません。
パニャの命が危険になり、埋葬した場所を教えるチサン。
もちろんソリョンゲは場所を聞いたら二人とも始末するつもりだったのですが、隙を見て逃げ出す二人です。
途中で二手に分かれ、パニャはチサンに言われたとおり、ヨンジのところに行き、母の墓が奪われそうになっていると訴えるのですが、無視しようとするヨンジ。
でも、チサンから言われたように、イ・ソンハクと会った、と言うと墓のところまで牽龍軍を連れてやって来ます。
パニャは、放り出されていた母の遺骨を拾い、もどそうとするのですが、ここは君主之地だから、王族以外は誰も遺骨を埋めることはできない、と言われてしまいます。
でも、君主之地の本当の意味を知ったパニャは、この地を渡せない、と夜中に母の遺骨を埋め戻し、王の女になるという決心をシンドンに伝えます。
それを聞き、積極的に動き出すシンドンです。

一方、王の策略を見破ったイニムは王の元へとチェ・ヨンが謀反を起こそうとしている、と報告し、王から忠臣と認定されています。
途中で抜けたソンゲのことを見張れ、と命じる王です。

イ・ソンゲの元にはジョングンが元側の使いとして、ヤスクの切り落とした指を持ってきています。
王を殺さなければヤスクの命はない、と言うジョングンです。
王への忠誠と部下への愛の間で葛藤するソンゲです。

そして、王の元には皇帝からの使者がやって来ます。
新しい王に徳興君を命じるという皇帝の書を持って来たのですが、その内容が分かっている恭慇王は、今は国内で謀反が起こっている時なので、待て、と命じています。
その場に、なかなかソンゲが現れないため、ソンゲはやはり得興君側についたのでは?と一同が思い始めたところにやって来るソンゲ。
しかし、やって来るなり王命により軍人たちに囲まれるソンゲ。
ソンゲは自分を捕まえようとしている相手から刀を奪っています。

12話
ソンゲは刀を奪ったのですが、彼が向かったのは王を狙う刺客のところです。
王に近づく刺客から王を守るソンゲです。
その刺客の持ち物の中にとある寺の地図が出てきます。
魯国公主がヨンジを連れて向かった先です。
すぐに護衛部隊を差し向ける王ですが、イニムは護衛部隊よりも先に到着して魯国公主を殺せと部下に命じています。
もし、失敗したら、刺客を始末して減と自分の関係を知られないように、とも指示しています。
イ・ソンゲの方は、難しい事は分からないが、相手は部下を殺した(実は彼とヒョミョンはジョングンが渡したナイフで脱出し、生きていますが)敵だ、と部下を引き連れ寺へと向かっています。
でも、彼らが到着する前に刺客たちに囲まれてしまう魯国公主たち。
そこに助けに入ったのはジョングン。
ヨンジがそこにいる、と聞き助けることにしたのね。
ある建物に立てこもるのですが、容赦なく攻撃してくる刺客たち。
ところが、その時隠れ場所が開き、そこから現れるのはパニャ。
パニャがそこに一同を導きます。
でも、迫ってくる敵にヨンジが独り、外へと出て行きます。
それを助けようとするジョングンなのですが、魯国公主に命じられ、そのままそこに留まるしかないジョングンです。
でも、そこにソンゲとイニムが現れ皆救出されます。
ソンゲが一歩先に到着したため、魯国公主暗殺ができなかったイニムは刺客を殺しています。
そこに到着する王。
ところが王は、魯国公主を救ったパニャもジョングンも信じず、牢に閉じ込めるようにと命じます。
捕まったジョングンが傷を負っている、と聞いたソリョンゲは、薬を持ってジョングンの閉じ込められている牢に行くのですが、そこにはヨンジが来ています。
ヨンジにジョングンが、父とソリョンゲが赦せなかったけれど、それ以上に無力な自分に腹が立ったんだ、と話しているジョングン。
母と息子の姿を見せつけられたソリョンゲは、薬を捨て、そのまま帰ってしまいます。

一方、チサンは自ら、自分がイ・ソンハクの偽物だ、と名乗り、捕えられています。
しかし、副正に会うと、彼が密かに君主之地を人に渡したのは謀反だ、と脅し、書雲観で学べるようにしてくれと要求。
それを受け入れざるを得ない副正です。

シンドンの方は王に、自分の忠誠を信じてください、と訴え、王の息子を産めるのはこの娘だけだ、と力説します。
信じようとしない王ですが、念のため、と彼女の四柱を提出するようにと求めます。
王の四柱と彼女の四柱を見て、王の息子を産む運命にあるのかどうかを調べようという事ですね。

一方、元の使臣はソリョンゲに、ジョングンの殺せ、と言っています。
ソリョンゲは牢にいるジョングンに、救いに来た、と言うのですが、信じようとしないジョングン。
ソリョンゲは自分がジョングンの生母であることを明かし、連れ出そうとしますが、そこに刺客がやって来ます。
ジョングンを庇い、傷を負うソリョンゲ…。
でも、これは、ジョングンの口から徳興君側についた人間として自分の名が出るのを防ぐための、ソリョンゲの自作自演なのね。
結局、今回の暗殺計画に加担した人間の名からソリョンゲを外すジョングン。
ジョングンは王妃を助けたとして放免。
そして、イニムの活躍をねぎらう王に、ヨンジを赦してくれ、と頼むイニムです。

13話
チサンは書雲観の雑用として入ることを赦されるのですが、ヨンジは5日以内に東黄土という貴重な土をさがしだすように、との課題を出します。
ヨンジとしては、彼が宗籍を見ようとしていたことが気にかかり、追い出したいのね。
ほぼ不可能と思われる課題を出して追い出そうと思っているようです。

パニャの四柱を求められたシンドンの方は、王と相性のいい四柱をパニャに持たせようとします。
しかし、王の四柱が分からなければそれはかないません。
それを手に入れるために、ジョングンに声をかけるシンドン。
彼はジョングンが国巫の息子であることを知っていると脅し、四柱を調べ出すようにと要求します。

一方、再びイニムに接触してきた元の使臣。
王を廃位に追い込めるような口実を探せ、と言うのですが、逆に使臣を殺してしまうイニム。
やがて、元から新しい使臣が到着し、前任者の暗殺者を引き渡すようにと要求します。
王はイニムに暗殺者を探し出せと命じます。
王とイニムは、見つけられない時にはソンゲを暗殺者に仕立て上げて元に渡すことで合意。
使臣を殺したのはイニムですから、暗殺者として捕まるソンゲ。
王命だと聞き、ショックのソンゲです。

さて、ジョングンは王の四柱を調べに書庫へとやって来るのですが、やはり母の手がかりの欲しいチサンもやって来ます。
知恵を合わせ、隠し部屋を開けて中に入る二人です。
王の四柱を写し取った後、母の宝物の入った箱を開けるジョングン。
そこに入っていた指輪を取り出すジョングンにチサンが気が付きます。
自分がが持っていた指輪がそこにあることに驚くチサン。
ジョングンは、この指輪を見て以来母の態度が変った、と指輪が母が出て行った原因と関係ある、と言うところまで知っています。
この指輪を知っているのか?とジョングンに聞かれ、こんなきれいな指輪初めて見たから、と誤魔化すチサンです。

隠し部屋から出た二人でしたが、そこにチサンの行動を不安に思ったヘインが来ていて、出てくるところを見てしまいます。
適当にごまかす二人…。

ジョングンの方は指輪を持ち出し、それを手にソリョンゲのところに行きます。
母が出て行ったのはこの指輪のせいなのか?と聞くジョングンに、ヨンジには息子がいて、その日その子が死んだ、と答えるソリョンゲです。

一方、隠し部屋の宝箱を開け、指輪がないことに気付くヨンジ。
折しも、王からある四柱を見て欲しいとの依頼があったところなので、それに関する策略のために誰かが入り込んだのだ、と思うヨンジ。
チサンはヨンジが箱の中の指輪がなくなった、と言っているのを聞き、指輪を持っていたのがヨンジだと知ります。
でも、指輪は自分が殺されかけた時に奪われたため、ヨンジのことを自分を殺そうとした女だと思ってしまうチサンです。

14話
ヨンジから、何者かが秘密の部屋に入ったことを聞いた副正は、それを王に報告しようとするのですが、管理不届きを言われるだけだ、と言い、王との相性を出して来た時点で分かるから、と止めるヨンジです。
そのヨンジを、父を殺した女だと思ったチサンは、彼女の部屋に行き、父を殺したのか?と問います。
何のことか分からないヨンジに、指輪を奪われた話をするチサン。
ようやく、息子だ、と気付いたヨンジはトンニュンの息子か?と問い返すのですが、その時部屋の前にやって来たイムン。
彼にチサンが生きていることを知られては大変ですから、それ以上は話をせずに、チサンを部屋から追い出すヨンジです。

ジョングンの方はチサンが指輪にただならぬ関心を持っていたことがひっかかっています。
そのチサンがジョンテと話しているところを見かけるジョングン。
ジョングンはジョンテが、子供のころに羅針盤を買った男だと思い出します。
チサンのことを息子だと言うジョンテに、子供はいなかったはずだ、と言うジョングン。
誤魔化すジョンテに、お金を積んでチサンの実の親に会いたいと言い、手がかりとしてヨンジの指輪を見せるジョングンです。
それを見て、チサンが子供のころに持っていたものだ、とジョンテが言ったため、チサンがヨジンの実の子であるとジョングンは確信したようです。

一方、ジョングンは王の四柱を渡すのはさすがにまずい、と思い、少し変えてシンドンに渡したのね。
それに合った四柱を作ったために王との相性は悪く、口から出まかせを言ったとして、ソンどんとパニャは都から追放されることになります。
牢から出され、失意のパニャは偶然無学大師と出会います。
パニャからチサンが生きていると聞かされる無学大師です。

チサンの方は東黄土を探し続けていますがなかなか見つからず、時間が惜しくて野宿することにします。
チサンを一人にするのは不安だと、一緒に夜を明かすヘイン。
話しかけても返事のないチサンに、寝てしまったと思い、ヨンジの指示でチサンを見張っているけれど、自分は本心からチサンを助けたいんだ、と呟くヘインです。

翌朝、ヘインが目を覚ますとチサンの姿はなく、先に帰ったのかと思い、書雲観に戻るヘイン。
しかし、チサンは一人、別の場所で土を探し続けているようです。

パニャの方はまだ、王との縁を結ぶことを諦められません。
今度は君主之地に母の遺骨を埋めた、と勝負に出ましたが、逆に地方の妓楼行きを命じられてしまうパニャ。
ところが、彼女のことを知った魯国公主が彼女を呼び、王に媚を売らず、子供だけ埋め、などと命じています。
魯国公主は下血があったのですが、それを隠しているようですね。

無学大師の方は夢にトンニュンが出てきて、気になります。
ヒョミョンは新しい元の使臣が母の遺品を埋めたい、と言っているため、ちょうどトンニュンが夢に出て来た場所に行く用事があるのね。
2人でそこに行ってみると、夢の中のトンニュンと同じ姿で土を探しているチサンがいます。
トンニュンの息子に違いない、と確信する大師ですが、自分の本当の身分を明かさないチサン。
でも、ヒョミョンに代わって元の使臣の母の遺品を埋めるのに最適な場所を探させることにする大師です。

言われるままに場所を探すチサンでしたが、探し当てた場所を掘ってみると、湿気が多くとてもいい場所とは言えません。
怒り出す使臣でしたが、その時、そこから使臣母の遺物が出てきます。
その場所は、分からなくなっていた使臣母の墓だったのね。
喜ぶ使臣でしたが、チサンは東黄土が見つからない、と焦ります。
すると、使臣母の遺物を埋めるために掘ったところを指し示す無学大師。
そこの土がまさしく東黄土だったのです。
その土を持って書雲観に急いで戻るチサン。
ヨンジに見せるのですが、書雲観に入った時にはまだ日没前だったのに、ヨンジに見えた時には火が沈んでいたと難癖をつけ、書雲観を去るように言うヨンジ。
ヨンジは自分の息子が危険に満ちた宮殿に留まって欲しくないのね。でも、ますますヨンジを誤解することになるチサンです。

チサンがヨンジの息子だと知ってショックのジョングンは、ヨンジの元にやって来ます。
自分がお母さんのおなかにいる時にはどんなだった?などと聞くジョングンに、もう遅いから、と帰るように言うヨンジ。
ジョングンは母の愛を独占したいのね…。
ジョングンは橋の上で指輪を取り出し、チサンをヨンジに絶対に会わせない、と心の中で呟き、川へと投げ捨てようとします。
ところがそこにやって来て、それを止めるチサン。
指輪を返せ、とジョングンに言うチサンです。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。