FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛してもいいんじゃない」39話・40話あらすじ

登場人物は知らないけれど、視聴者は知っている秘密をついに、知ることになる主人公たち…。
どうやってここから抜け出せるのかはまだ、分かりませんが、このドラマの登場人物たちは安心して見ていられます。
きっと、いい形で解決することができるんでしょうね♪

とはいえ、まだまだ苦難の続く主人公たちです。


それでは、今週のあらすじです。


39話
ジェミンの家に招かれたミジュの家族。
遅れて部屋から出てきたジェミンはミジュと顔を合せます。
互いが親の再婚相手の子供にあたることを知り、ショックを受けるジェミンとミジュ。
何も言わないものの、たがいに避けるような動きをする二人でしたが、早々に仕事を理由に家を出るジェミンです。
20140222_1393070340_49363900_11.jpg
ミジュの方も、食事を終えると食後のお茶も待たずに帰って行きます。

ミジュとジェミンは会うことにします。
20140222_1393070340_49363900_1.jpg
最悪の悪夢だ、想像もしなかった、と言うジェミン。
夢なら覚めるのに…と言っています。
どうするんだ?とジェミンに聞かれ、自分たち二人はもう、関係ないじゃない、と答えるミジュ。
自分たちのために、親を傷つけてもいいの?と言うミジュなのですが、兄妹と同等の関係になることを受け入れられない、と言って帰って行くジェミンです。
ミジュはジェミンの後を追いかけ、法的には兄妹になる訳じゃないと言い、両親のことを第一に考えられないのか、と重ねて聞きます。
ハギョンのことをミジュのために諦めたのに、その努力も無駄になった、と言うジェミンです。
家族になんてなれない、と言うジェミンですが、ミジュはスネには二人のことを話せない、と言います。
ミジュと付き合ったことを後悔しないでおこうと思っていたが、後悔している、と言うジェミンです。
ジェミンはそればかりか、自分が生まれて来たこと自体を責めています。
自分もミジュも、間違って産まれてきてしまったんだ、と言って去って行くジェミンです。

ミジュとジェミンの気持ちには関わりなく、ジェミン父とスネの結婚の話はどんどん進んでいきます。
簡単な式を挙げるようにと言うソンフンに、この齢で…と言うジェミン父でしたが、女の気持ちは違うんだ、とユジンに言われ、納得する父。
ユラは、この家に住むのは厭だ、と言い出し、娘たちの気持ちもわかる、と別に家を探す考えを話す父親です。

ミジュはハリムのレストランに会いに行っています。
ハリムの顔を見るなり、泣き出してしまうミジュ。
母親の再婚相手がジェミンの父だったことを話すミジュです。
自分がカップルマネージャーに頼み込んで作った縁なのに…と言うミジュの肩を抱くハリムです。
無題1

ハギョンもまた、顔合わせの後、何も言って来ないジェミンに電話をしてみると、悪夢だった、と言うジェミン。
ハギョンは、何かがあったのだ、と気付き、ジェミンを探して会いに行っています。
すでにかなり飲んでいる様子のジェミンは、二人で外国に逃げようか?と言っています。
単にハリムとミジュのために行っているのだ、と思ったハギョンは、法的には問題ないし、克服できる、と言うのですが…。
ジェミンは父の再婚相手がミジュの母親だったという事を打ち明けます。
20140222212506_53089722548c4_1.jpg
ジェミンに、どうすればいい?と訊かれても、何も答えられないハギョンです。
そのまま店で寝てしまったジェミンの世話をし、送って行こうと起こすハギョン。
苦しまないで、とジェミンに声をかけるハギョンなのですが、父の笑う姿が見たかったのに…とジェミンはつぶやきます。
自分がいなければ幸せなんだ、とまたしても、自分の存在そのものを呪うジェミン。
ジェミンの頭を自分の肩に乗せ、事実を話すのが正しい事だと思う、と言うハギョンです。
20140222_1393073609_80517600_11.jpg

一人になりたい、とハギョンが送って行くと言うのを断り、帰って行くジェミン。
ハギョンは家に戻るとハリムの部屋に行きます。
ジェミンとミジュの親が再婚することを知ったことを確認すると、2人のことを心配するジェミンとハリム。
ハギョンは、親だったら子供のために愛を放棄すべきだ、と言うのですが、ミジュの思いを知っているハリムはそれには同意できません。
20140222_1393073609_80517600_1.jpg
ハリムはミジュの味方だから、と喧嘩になるのを避け、そのまま部屋を出て行くハギョンです。

翌朝、父親と会うのを避けるようにして出勤するジェミン。
ハギョンはジェミンに、お姉さんたちに話すべきだ、と言うのですが、何も言わないジェミンです。
ミジュからも、電話がかかって来るのですが、出ないジェミン。
ミジュはメールで、二人だけの問題じゃないから、もう一度話そう、と送るのですが、無視するジェミンです。

ジェミン父の方はちょっと風邪気味のようで、病院帰りにまた、スネと会っています。
スネの方から、お互いの財産は相続しないことにし、結婚届けも出さない、と話しています。
ジェミン父の方は、家のことを話そうとするのですが、彼が話す前に、家を新たに探すことを先に提案するスネです。
でも、スネの方は結婚の時に旅行をしたい、とささやかな自分の希望も話し、ジェミン父も、もちろん賛成です。

一方、ユラのところには、教え子だったジュンソンから、何度もメールを受けています。
彼からの食事の誘いを断るユラなのですが、そのあと届く泣き顔のマークに思わず笑みを浮かべるユラ。
20140222_1393075594_55048800_1.jpg
結局、ジュンソンのいる店へと出かけるユラです。
手品などを披露して、ユラを笑わせるジュンソンです。
20140223_1393157989_73036200_1.jpg

ジェミンの方は、ずっと考え込んでいたのですが、決心してユジンの家へと出かけます。
父親の再婚話を考え直そう、といきなり言うジェミンに、驚くユジンとソンフンです。
父親の再婚はどうしてもだめだ、と言うジェミンなのですが、その理由は話そうとしません。
でも、理由もわからずに承諾できる話ではなく、ジェミンは、以前家に彼女を連れてこようとしたことがあっただろう、と話し始めます。

40話
以前の彼女の話をし始めるジェミン。
その彼女が銀行に勤めていると言ったことを思い出したユジンが、まさか!?と言うと、その彼女がミジュだという事を打ち明けるジェミンです。
2年も付き合った彼女と家族になんてなれない、と言うジェミン。
口実を作って父を止めて、と二人に哀願して帰るジェミンです。
20140222_1393076987_17102600_1.jpg

ジェミンが帰ると、ユジンはソンフンに、どうすればいいと思う?と訊くのですが、ソンフンとて、すぐに答えの出る問題ではありません。
ユジンはすぐさま、ユラに話しに行こうとするのですが、ユラの性格を考え、止めるソンフンです。

ユラの方は、ジュンソンと食事に行くのですが、ユラの不倫事件の話を持ち出すジュンソン。
ジュンソンはユラが深く傷ついていることを知っているというつもりで話したのですが、簡単になびく女と思って遊ぶつもりだったら他をあたって、と席を立つユラです。
追いかけて行き、遊ぼうと言うつもりじゃない、と言い、自分のことを避けないで欲しい、と言って、ひとまずは店の支払いをしに戻るのですが、その間にユラは帰ってしまいます。
電話をかけても出ないユラですが、コーヒーショップにいたユラを探し出すジュンソンです。

一方、ミジュの家にはケーキをお土産に帰って来たスネ。
ケーキはジェミンが好きだから、とジェミン父が一緒に買ってくれた、と言うスネです。
その上、ジェミンの母親が姉たちとは違うことを初めて聞くミジュ。
それを聞き、ジェミンの家の前までやって来るミジュです。
そこにジェミンが帰って来ます、
どうしてこんなことになったか分かる?と訊くミジュに、自分が運のない男だからだ、と答えるジェミン。
家族のことを何も話さないからじゃない、と言うミジュに、何もかもおれのせいだ、と言うジェミンです。
自分たちが会わなければいい、と言うミジュ。
でも、会わないなんてことはできない、と言うジェミンです。
20140223211620_5309e6949c030_1.jpg
それでも、自分のために母親を諦めさせることなどできない、と言って泣きながら帰って行くミジュです。

ユラも家に帰って来て、ミジュが帰って行くところを見ています。
ジェミンに続いて家に入ったユラは、ミジュが来ていたのかと訊くのですが、そんな事オレが知るわけないだろう、と言って部屋に入ってしまうジェミン。
自分の部屋に入ったユラは、ジュンソンから渡された脚本を見始めています。
するとそこに、ジュンソンから、"無・事・に・着・い・た?"と、一文字ずつの連続メールが入ります。
ジュンソンに電話をかけ、どうして一文字ずつ送って来るのよ?と訊くと、その間、自分のことを考えてくれるでしょう?と答えるジュンソン。
電話を切ってからも、お休み、のメールが一文字ずつ届き、思わず笑顔になるユラです。

ミジュはそのままハリムのレストランへとやって来ています。
ハリムは結婚式も近いため、招待状の相談をするのですが、上の空って感じのミジュ。
辛い時なのに、こんなことを相談してごめん、と謝るハリムに、自分の方こそ、楽しいはずなのに、水を差すみたいになってごめん、と謝るミジュです。
ミジュは、ジェミンがお姉さんに話してしまったことを言います。
ハリムは、みんなが過去から抜け出し、幸せになって欲しい、と言います。
そうしないと、後悔して誰かを恨むことになる、と自分の経験をもとにして話すハリム。
結局傷つくのは自分自身なんだ、と言うハリムです。
ハリムはミジュを家まで送って行き、うまく行くと信じればきっとうまく行く!と声をかけてミジュを家へと向かわせます。

翌日、会社に出てきているものの、まるで元気がないジェミンに私の知っているジェミンはどこに行ってしまったの?などと言っているハギョン。
ハギョンは母から聞いた、中国に新たにオープンする売り場に派遣する社員を募集することになった話をして、ジェミンに応募しないか?と言います。
20140222_1393073609_80517600_1_20140225235116e81.jpg
しばらくそこにいて、心の整理がつけば本社に戻ってくればいい、と言うハギョン。
ハギョンは自分も一緒に行くつもりなのね。
どうしてハギョンが、と言うジェミンに、友達がいた方がいいでしょう?と言っているハギョンです。

ユジンの方は父のところに来ています。
ユラとユジンに、家は別に探すことを話し、この家はジェミンが結婚したら使えばいい、と言う父。
お金はお前たちの母親が貯めたものだから、新たな家に使う他はお前たちが分ければいい、と父は言います。
結婚届はただ、スネとともに堂々と生きたいからであって、他の意味はないことを話し、そのかわり結婚記念の旅行だけは行くことにしたと話しています。
複雑な表情で話を聞いていたユジンでしたが、やはりジェミンに言われたことを話そうとしていたようですね。
でも、そこにジェミンから、父にはやはり何も言わないでくれ、とのメールが届き、話すのをやめます。
ユラはユジンに、スネが本当に父親のことが好きなのが分かった、と言っています。
父の他に何も欲しいものがないんだ、と言い契約書の事も恥ずかしい、と言うユラを複雑な表情で見守るユジン。
そんなユジンに、結婚届のことが気になるのか?と訊くユラですが、何も答えられないユジンです。

ソンフンは、ジェミンが以前付き合っていた女性のために職場で知り合った女性とのことも諦めた、と言っていたことを思い出し、ジェミンを食事の誘うメールを送ります。
メールを受け、直接ソンフンのところにやって来るジェミン。
ジェミンはソンフンに、話してしまった事を後悔している、と言います。
ソンフンは、ジェミンがミジュの後に出会った人の事というのはもしかして…と聞こうとするのですが、それは関係ない、と言って会社から中国に行く話があることを話します、
そして、自分の気持ちが落ち着いたら帰ってくればいいから、と言っています、
キャプチャ1

ハリムと母親の関係はかなり改善しているようで、会社の店に併設するカフェのメニューの相談をするハリム母。
ハリムも快く引き受けています。
そのついでのように、ミジュとの結婚延期を打診するハリム。
何でもない、といってすぐに引っ込めるハリムでしたが、気になってしまうハリム母です。
ハリム母はスネに会い、何か問題があるのか聞くのですが、心当たりのないスネも不思議に思い始めます。

その後、スネはジェミン父と南山デートです。
無題
立ち寄ったレストランで偶然、ハリム両親と顔を合せる二人。
無題3
無題2
自己紹介するジェミン父とハリム両親なのですが、そこでジェミン父は息子がハリム両親の会社で働いていることを話します。
彼の息子がジェミンだと知り驚くハリム両親。
挨拶を済ませて二人だけになると、お互いの子供同士が付き合っていたことを知らないみたいだ、と話すハリム両親です。

ソンフンの方は家に戻ると、ジェミンの海外派遣の話をユジンにします。
それほどまでに我慢が出来ない事なのか?と驚くユジンに、ジェミンとハギョンの話をするソンフン。
ソンフンは、ジェミンを行かせるのがいいことなのだろうか、と言っています。
ジェミン一人をつらい目に遭わせることが気にかかると言い、もっといい方法があるはずだから考えてみよう、と言うソンフンです。

ジェミンが家に帰って来ると、ユラは、家はジェミンが結婚したらそこを使うように、と父が言っていた、と話をします。
それを聞き、ユラが守れ、と言って不機嫌に部屋に入ってしまいます。
ユラはお父さんに付いて行きたいってことなのかと思い、それを父に伝えます。
ジェミンの部屋までやって来て、一緒に暮らすか?それも悪くない、という父に、何も言えないジェミンです。

一方、ハリムの両親は深刻な表情です。
ハリムが帰って来るなり、ミジュ母の再婚相手のことを知っていたのか、と訊くハリム母。
驚くハリムでしたが、ミジュも数日前の両家顔合わせで初めて知ったんだ、と話します。
ジェミン父とミジュ母が知らないなんて、話にならない、知らせるべきだと言うハリム母なのですが、ミジュが彼女の母の幸せを守りたいと思っていることを話すハリムです。

ハリムはハギョンの部屋に行き、両親がジェミン父とミジュ母のことを知った、と話します。
彼らの親に話すんじゃないか?と言うハリムに、母はジェミンがいなくなればいいと思うはず、と言うハギョンです。
ジェミンの味方になってあげたいハギョンは、この問題ではハリムの味方にはなれません…。

翌日、会社で自分の部屋にジェミンを呼ぶハギョン母。
ミジュはもう家族なので、ミジュのことを優先して考えざるを得ない、と言い、ジェミンに海外派遣の提案をするハギョン母です。
20140224_1393173311_02969500_1.jpg




ハギョンの話していた海外派遣の話をジェミンに話したハギョン母ですが、ハギョンの思ったようにはいかないようです。
来週の予告では、ハギョンがジェミンに付いて行くと言って猛反対されている姿がありました。

ハギョンは今まで何度も、ハリムが前に立っていてくれたおかげで自分は母親とぶつからないで済んできた、と言っていましたが、とうとうハギョンが母と本格的に対立するのでしょうね。
自力で母親と対決しあう中でハギョンと母も真の意味での愛情を確認し合うことになるんだろうな、と思います。
今まであまり気に留めていなかったのですが、ハギョンと母はただ、問題を避けることで無難にやって来ていたんですよね。

一方、ジェミン父の咳も気になります。
予告編でも籍の収まらない父親の姿を心配しているユジンの姿がありましたが、これは大きな問題となりそうな感じですね。
命にかかわるような病気がこのあたりで出てくるのは定番ですし…。
余命の短い父を挟み、ジェミンとミジュがジェミン父とスネの結婚を受け入れるという展開でしょうか。
ユジンがスネにジェミンとハギョンのことを話す場面も予告にありましたが、このこともそれが契機となって乗り越えられそうだし…。
また、そうなれば当然、ジェミンの海外派遣の話もなくなりますよね。
ここまで来たら、ジェミンとハギョンもハッピーエンド予想に傾くのですが、どうやって親たちを納得させるかですね。

と言っても、ドラマって結構予想とは違う方向に流れることが多いですからね!
このところ、ドラマの先行きがとても気になっています♪

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。