スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「総理と私」12話・13話あらすじ

視聴率は上がらないようですが、今週はあっと驚く出来事があり、ますます目を離せない展開に!
面白いんだけどなあ。

また、今週はオ・マンソクの特別出演がありました。
2014012108155430_1_rstarkja.jpg

あらすじからは抜いてしまった部分なんですが、暴力団のボス役です。
このドラマのお笑い担当(?)のジュンギ妻(「チョンファ、ホンリョン」でホンリョンを演じたユン・ヘヨン)がボディーガードが総理より多くついていたボスの病室に間違えて入ってしまうのね。
ボスはボスで、彼女たちをルームサロンの女か何かと間違えてしまったようです…。


それでは、あらすじです。


12話
刺されたユルは救急搬送されます。
イノと、泣き腫らした目のダジョンが彼に付き添って行きます。
緊急手術に入るユル。
ユルは意識が遠のいていく中、これは夢だ…などと思っています。
夢じゃなかったらあんなこと言わなかったのに…と、ダジョンに公邸を出て行けと言ったことを思い出すユル。
夢じゃなかったら、本心じゃなかった、と言うのに、と心で呟くユルです。
そして、夢だったら目覚めることができるのだろうか?また会うことができるのだろうか?などと思いながらユルは意識を失って行きます。

ジュンギもユルが刺されたことを知り、病院へと向かおうとするのですが、そこにヘジュがやって来ます。
ヘジュが"あなたのお義父さんが何をするか分からない、と警告したのはこういう事だったのね!"と言うのを聞き、その時初めて、その暴漢が義父の送り込んだ人だ、と気付いた様子のジュンギです。

ジュンギは義父の元へと行くのですが、会ってももらえず、ボディーガードから"長官を頑張ってくれたようだから、しばらく休むように"と義父が言っていたと聞かされます。
美負の会社に捜査が入ったタイミングで総理が刺されたわけですから、誰かが責任を取るべきだ、それをジュンギがかぶれ、ということのようですね。

ダジョンは手術が終わるのを待つ間にユル長男に電話をかけます。
長男と娘はすでにニュースを知っています。
末っ子君には長男が機転をきかせ、心配させないようにしています。そして、お父さんのことを頼むと言う長男。
電話を切ると、すっかり大人になったわね、と呟くダジョンです。

ユルの手術は無事に終わり、病室へと移されます。
ぐったりとベッドに横たわるユルを見て、総理らしくない、言わないといけないこともあるから早く起きてください、と声をかけるダジョンです。
キャプチャ
でも、すぐにユルの意識は戻ったようですね。
ダジョンがイノとともに、病室から出て行くと、目を開けるユルです。

イノはダジョンに食事をするように、と買って来たものを取り出しますが、食べられない、と言うダジョン。
今ダジョンがすべきことは、食べて元気を出して総理を守ることだ、とイノは言います。
そして、自分はダジョンの守護天使だから、総理を守るダジョンを守る、と言うイノです。
ダジョンは、霊の言葉を言うと食事をし始めます。

でも、病室に戻ったダジョンは、横たわっているユルを見て、また泣き顔です。
そんな風に弱っているふりをして事態を収拾しなくちゃ、などと語り続けているダジョンでしたが、突然、いい加減にしろ、と言うユル…。
ユルはダジョンに、とても驚いただろう?と聞きます。
はい、と答えるダジョンに、また泣いたのか?と重ねて聞くユル。
はい、とまた答えるダジョンに、お義父さんに対して面目ない、と言うユルです。
その様子を、やって来たヘジュが病室の外から見ています。
しばらく見ていたヘジュでしたが、そのまま病室には入らず帰って行くヘジュです。

ロビーでヘジュを見かけたイノが、警察は犯人を単独犯だとしたようだ、と声をかけます。
これからが大変だ、と言って帰ろうとするヘジュに、総理の傍についていないの?と訊くイノ。
ヘジュは、総理の傍に自分の場所はない、と言い、ダジョンの横にもイノの場所はないのに、大丈夫?と聞きます。
大丈夫だ、と答えるイノに、守るのはつらいのに…と言って去るヘジュです。

ダジョンの方は子供たちの事を聞くユルに、上二人の子はすでに知っており、末っ子君には出張で行ったことになっている、と答えます。
末っ子君への対処を褒めるユルに、長男のアイデアだと伝えるダジョンです。
そして、意識を取り戻す前(だとダジョンが思っていた時)にダジョンが言っていた、話があると言っていたのは何だ?と訊くユル。
ダジョン、夢だ、と誤魔化して何も言いません。

やがてユルは退院です。
長男に礼を言い、さっそく仕事に取り掛かるユルですが、書類を取り上げるダジョンです。

ジュンギは大統領に辞表を提出。
その帰り、秘書からイノ兄についての報告を受けるジュンギ。すぐさまイノと会っています。
ジュンギは彼の妹であるユルの妻が事故に遭った時、同乗していたのがイノ兄だと聞かされたようですね。
イノを呼び、彼の兄のことを、妹の先輩で精神科医、そして事故の時にいっしょに居た人だと確認。
イノは、ジュンギの知らないことがある、と言い、兄がジュンギ妹が最後に愛した人だ、と話します。
顔色を変え、イノ兄をあのようにしたのがユルだと言っていたが、妹もユルが?!と言うジュンギ。
イノに、すべての証拠を持ってくるように言い、自分がすべてを終わらす、と言うジュンギです。

ユルの家族はそろって教会の催しに出かけます。
どうして教会に?と訊くユルに、長男が歌を歌うことを話すダジョン。
やがて長男が登場して歌を披露します。
催しが終わると、長男と二人で話すユル。
ユルは、長男が明るい顔をしているのがいい、と音楽をすることを認めます。
バンドは駄目かと訊く長男に、全校1位になれたらやってもいい、と言うユルです。
2014012110593235_1_rstarsjh.jpg

一方、他の女の子たちにユルの娘がいじめられています。
そこにダジョンが来て庇うのですが、おばさん誰?と言って無視しようとする子供たち。
何と言っていいか困っているダジョンでしたが、娘の方がお母さんだ!と子供たちに宣言。
それを聞いて、すごすごと引き上げる子供たちです。
ダジョンと二人になると、分かっていると思うけど、さっきのはただ言っただけだからね、と照れ隠しをする娘なのですが、明らかにダジョンを受け入れているようです。

その頃、ヘジュは花籠を持って官邸を訪れていたのですが、なかなか帰ってこないユルたちに、花籠を置いて帰ってしまいます。
帰って来たユルたちは、その花籠に添えられていた退院祝いのカードを見て、ヘジュが来ていたことを知ります。
ユルはヘジュに電話をかけるのですが、出ないヘジュ…。

ユルはダジョンに、礼を言います。
ダジョンのおかげで、長男のことが理解できたし、自分の心も分かった、と言うユル。
ユルは、妻が音楽をやっていた人だという事を話し、妻が思い浮かばうのが辛かった、と打ち明け、結局は自分の問題だったんだ、と語ります。
恋しいのではなく、どうしてつらかったのかと訊くダジョンに、妻が恨めしかったのだと答えるユルです。
ダジョンは、亡くなった人は恨めしさを残すようだ、と言い、自分も母が恨めしかった、と話します。
でも、考えてみると、一番可哀想なのは母だった、と言うダジョン。
ダジョンは、自分たちには明日があるじゃないかと言います。
続けて、奥さんの話をするのは初めてだ、と言い、みんな聞いてあげると言うダジョンです。
そして、本を読んであげる、と言って千一夜物語をまた、読み始めるダジョン。
2014012109091371_1_rstarkja1.jpg
本を読みながら、シェーラザードに自分の気持ちを重ねるダジョン。
この長い物語を語り終えたら、スルタンの元を去らないといけないから、別れたくないから、愛するようになったから…と、本には無い自分の気持ちを語るダジョンです。
ところが、「千夜一夜物語」にそんなシーンはなかった、と言い出すユル。
ユルの読んでいないところだ、などと言ってごまかし、本を手に部屋を出て行くダジョンです。
ところが、翌日末っ子君の部屋で本を見つけたユル。
"別れたくないから"の一説の前の部分を見つけるのですが、その後の文章が違っていることに気付くユルです。
2014012109091371_1_rstarkja.jpg

ダジョンはイノと話しています。
イノは復讐を誓っているのに、ユルが怪我すると心が痛み、心が揺れているのね。
しかも、復讐を遂行するとダジョンが悲しむのは明らかです。
ダジョンが自分を見て笑ってくれるのはいいけれど、いつまで笑っていてくれるのだろうか…と言うイノ。
どうしてそんなことを急にいうの?とダジョンは不審に思います。
イノがやらなければいけないことってお兄さんと関係があるの?と訊くダジョン。
兄をあんなふうにした…と言いかけるイノですが、言いかけてやめます。
復讐つもり?それならやめて!と言うダジョン。
自分のために絶対にするな、と言うダジョンです。

ヘジュの方はユルと会っています。
ヘジュは、中2の頃、不良だった自分を助けてくれから20年、いっしょに居られて幸せでした、と言って辞表を手渡します。
2014012101364356_1_rstarkja.jpg
ユルのおかげで希望を知り、正義を知り、愛することの勇気を得た、と言うヘジュ。
そして、はじめてであった時からずっと好きでした、と告白するヘジュです。
ユルはヘジュの気持ちにまるで気づいていなかったようですね。
呆然とするユルです。

ヘジュの辞職を知り驚くイノでしたが、告白する日が発つ日だと言ったでしょう?その日が今日だと言って去って行くヘジュです。
イノの元にはまた、兄の状態が悪くなったとの電話が入ります。
2014012109010263_1_rstarkja1.jpg
ひとまずは峠を越えたイノの兄でしたが、まだ、はじめてもいないのにこんな風に逝ってしまってはいけない、と心の中で呼びかけるイノ。
躊躇っていてはいけない、と決心してジュンギに会いに行こうとするイノです。
ジュンギの所へと向かっていたイノなのですが、車の前を偶然横切った人が、どうやらユルの亡くなったことになっている妻のようです!?
2014012109010263_1_rstarkja.jpg
追いかけようとするのですが、見失ってしまうイノです。

ダジョンは帰って来たユルの顔色が悪いことに気付きます。
ヘジュが辞めたことを話し、彼女についてあまり知らなかった…と言うユル。
そして、ダジョンもここを去る時は、前もって言ってほしい、とユルは言います。
突然去られたらつらい、と言うユルに、そういうことは絶対にない、絶対に去らない、愛しているから、と言うダジョンです。
聞きかえすユルに、もう一度、愛しているから、と言うダジョン。
そんな冗談はやめろ、と言うユルなのですが、冗談じゃない、本当に好き、愛している、と言うダジョンです。

13話
愛しているから離れない、と言うダジョンに、昨日ダジョンが千夜一夜物語の続きに語ったことを思い出すユル…。
翌日の朝食の席では気まずいダジョンとユル。
2人の異変に気づき、喧嘩した?と聞いてくる子供たちです。
yunakokuhakunoato_2014012316483758a.jpg

イノは結局、ジュンギのところには行かなかったようで、偶然見かけた、ユル妻とそっくりな人のことを考えています。
見間違いだろう、生きているはずがない、と思いながらも納得しきれない様子のイノです。
ヘジュの辞表を受理するのかをユルに聞きに行くイノ。
それと同時に元妻の失踪届けはしているのかとイノは聞きます。
ユルは、死んだとは思っているものの受け入れがたくて、まだ出していないと答えます。
このままにしておくのか?と訊くイノに、いや、受け入れるのが正しい事だ、と答えるユルです。

ユルはヘジュに電話をかけようかと迷った末、結局止めるのですが、ダジョンが彼女に会いに行きます。
2014012201391937_1_rstarkja.jpg
スキャンダルニュース社にいた時にヘジュを追ったことがあるらしく、通っているスポーツジムに現れ、いつも寄る中華料理店でヘジュが頼む料理を頼むダジョンです。
ダジョンはそのことから、ヘジュは義理人情に篤い人で、一つの道をずっと行く人だ、と言います。
それなのに、どうして道を変えたのかと訊き、ユルがつらいようだ、と伝えます。
説得しても無駄よ、と言うヘジュ。
私は人に対しても同じで、20年間ずっと一人の日糸を好きだった、とヘジュは言います。
ヘジュは、自分が総理のことを好きなことを打ち明け、片思いに終止符を打ちたくてやめたんだ、と話します。

イノの方は、ユル妻の失踪届けの提出に向け動き出します。
その中で、もしかして生きているかもしれない…と言って出入国記録も調べるようにお願いするイノ。
そして、彼女が生きているなら兄に会いに来るはずだ、と思うのね。
施設に兄に面会に来た女性がいなかったかを聞くのですが、女性はおろか、イノ以外の面会人はいない、と答える職員です。

ユルはダジョンを大学の図書館に呼び出します。
ダジョンを連れ、大学の食堂に行き、ホールへと行くユル。
そこで、ダジョンに初恋はいつ?とユルは聞きます。
どうして突然?と言うダジョンに、ただ気になって、とユルは答えます。
ダジョンは幼稚園の時のことや小学校の時のことなど、次々と話し出します。
ユルは、それがみんな初恋?みんな片思いなんじゃ?とあきれながらも、自分のことを好きだと言ったが、何故好きなのかを聞きます。
上手く答えられないダジョンはユルに、自分をここに呼んだ本当の理由を話してくれるように言います。
2014012207422682_1_rstarkja.jpg

ユルは、元妻が自分の初恋だった、と話し始めます。
今日ダジョンを連れて行ったのはどこも、彼女との思い出の場所だ、と言うユル。
そして、ダジョンのは愛ではなく、同情や憐憫だ、とユルは言います。
ダジョンは、私の心なんてわからないくせに、と言い、続けて、もし憐憫だとしても、それがいけないのか?と問います。
ユルは、自分はいろいろなことを経験してきて、もう人を愛したりしたくないんだ、と言います。
奥さんのことを今も愛しているから?と訊くダジョン。
そうじゃないとしたら? その逆だとしたら? とユルは言います。
自分は妻を赦せなかった、と言うユル。
他の人を愛していたことも、自分と子供を捨てて男とアメリカに行こうとしたことも赦せたと言うユル。
しかし、ただ寂しかった、との言葉だけ残し、永遠に去ってしまった事が赦せないのだ、と言うユルです。
そして、そうさせたのは自分で、自分が赦せないのだ、と言うユル。
妻が寂しくてつらかったことを、仕事の大変さを口実にして知らないままにいたことで自分を責め、ユルは自分に人を愛する資格がないのだ、と言います。
自分もまた、ダジョンに心がときめいていたことを、正直に話しながらも、人を再び愛する勇気がない、と言うユル。
また、孤独にさせてしまうかと思うと恐ろしい、と言ってユルは去って行きます。

ヘジュの方はジュンギと会っています。
2014012208472245_1_rstarkja1.jpg
ジュンギはヘジュに、この前は、2度と会わない、と怒っていたのにすぐにあってもらえるとは思わなかった、と言います。
ヘジュは、怒鳴り込んだ時に、ジュンギの目を見てジュンギが無関係だという事に気付いた、と言い、発つ前に誤解を解きたかった、と言っています。
発つ、と聞いて驚くジュンギ。ヘジュはジュンギにも片思いにけりをつけることを話し、旅行に行く、と話します。
ヘジュに、もしかして、ユルの元妻に男がいたのを知っているか?と訊くユル。
ユル妻はうつ病で病院に通っていた他は誰とも会わなかった、と言い、あり得ない、と答えるヘジュです。
ジュンギは、万が一にも彼女に男がいたら、ユルは赦せると思うか?と聞きます。
ジュンギは、帰国したら、必ず連絡しろ、と言い、もう一つ、必ず帰ってくることを約束してくれ、と言うのですが、向こうで男でもできたら帰れないから、それは約束できない、と冗談を言うヘジュです。
別れようとしていたその時、ヘジュの携帯にイノからの連絡が入ります。
イノからと知り、施設から向っているところなんだな、と言うジュンギの言葉に、どうしてジュンギがそれを知っているのか、と疑問を持つヘジュ。
2014012208472245_1_rstarkja.jpg
ヘジュは、ジュンギがイノの顔を見ながらユルに、自分の他にも憎んでいる人がいる、と言ったこと、冗談だと思ったものの、イノがそれはわたしだ、と言ったことを思い出します。

官邸では、ユルが出張、との連絡が長男の携帯にかかって来ます。
やっぱり喧嘩しているんだ、と思う子供たち。
ダジョンは子供たちを連れ、ユルの出張先のホテルにやって来ます。
2014012208402047_1_rstarkja1.jpg
驚くユルに、子供たちの学校が冬休みで、官邸にいても息が詰まるから海を見に来た、と話すダジョン。
子供たちと遊ぶダジョンのところにイノもやって来て、仕事を終えたユルもやって来ます。
ダジョンも一緒に家族写真を撮る子供たちです。
2014012208402047_1_rstarkja2.jpg
そんな時、イノの携帯に施設から、ボランティアの人が来る、との知らせを受けます。
イノは少し前に、ダジョン父から施設には入居者の髪を切ったりしてくれるボランティアの人たちがいることを聞き、その中にユルの元妻がいるかもしれない、と考えてボランティアの人が来るときに知らせてくれるようにと頼んでいたのね。
その後、落ちつかない様子のイノに気付いたユルが、何かあったのか?と聞きます。
死んだと思っていた人が生きているかもしれないとイノが言うのを聞き、ここは大丈夫だから、必要ならばすぐに行くように言うユルです。
生きているといいな、と言うユルの言葉を聞き、そのまま施設へと向かうイノです。

ダジョンはユルに、突然来て驚いたでしょう、と訊くのですが、ダジョンに驚かされたのは1度や2度の事じゃない、と答えるユル。
ダジョンは、海を見に来た、と言うのは口実で、話があって来たんだ、と言います。
2014012208402047_1_rstarkja.jpg
以前総理が私に、恐ろしいからといって逃げていいわけじゃない、と言ったけれど、同じ言葉を総理にそのまま返す、と言うダジョン。
ユルが過去に受けた傷のために、ピアノ室に鍵をかけ、夜も眠れないのは知っている、とダジョンは言います。
でも、総理も幸せになってもいいのだ、と話すダジョン。
奥さんが亡くなったのはユルのせいでも奥さんのせいでもないのだから、これ以上苦しまないで、とダジョンは言います。
続けて、総理の過ちじゃない、と繰り返して言うと、このことを知って欲しかったんだと言って去って行くダジョンです。

翌朝、目を覚ますと姿の見えないユルを探しに行くダジョン。
ユルは汀にいて、やって来たダジョンに気付きます。
しばらく見つめ合っていた二人ですが、ダジョンが声をかけます。
総理はそこにいていい、と言うダジョン。
私が行く、と言ってダジョンはユルの方に歩き始めます。
総理が振り返ってくれなくていい、ただそこにいて! そうすれば私の方が一歩ずつ近づいて行くから、と言うダジョン。
ユルのすぐ前までやって来ると、その場所にいることだけ、遠くに行ってしまわないことだけ約束して、とダジョンは言います。
それだけで十分、と言うダジョンを無言で見つめるユルです。
20140122100512_398863_520_581.jpg

イノの方は施設に行き、ボランティアの人と会うのですが、ユル妻ではありません。
でも、その人はいつも来ている人ではなかったのね。
ふだん来ている人の居場所を聞き、女性保護シェルターにやって来たイノ。
建物の前まで来たところに、偶然ユル妻が出てきます。
2014012201330149_1_rstarkja1.jpg
逃げ出す彼女を捕まえ、ユルの妻本人であることを確認するイノです。
2014012201330149_1_rstarkja.jpg

その頃、官邸ではピアノ室にあったピアノを居間に移すユル。

そして、ジュンギは更迭された大統領府政務首席の後の新たな内定者として、ユルの前に現れます。
補佐官だ、として連れて来たのはなんと、ヘジュです。
2014012201185463_1_rstarkja.jpg

一方、ダジョンはイノに呼び出され、会っています。
イノの顔を見て、何かあったんでしょう?と訊くダジョンを、イノはいきなり抱きしめます。
何かあったんでしょう?あってきた人に何かあったの?と訊くダジョンに、間違っていたのは自分だった、と言って涙を流すイノ。
自分は間違ってもいいけれど、ダジョンをどうしたら…と言うイノなのですが、ダジョンには何の事だか、さっぱり分かりません。
イノは、ダジョンに、よく聞いて、万一…と言いかけるのですが、何も言えず、そのまま立ち去ってしまいます。

帰って来たユルに、イノに何か悪いことがあったようだ、と報告するダジョン。
ユルは、今日は悪いことが重なる日だ、と言い、ヘジュがジュンギの補佐官になったことを話します。
驚きながらも、何か理由があるはず、と言うダジョンに、何か自分たちの知らないことがあるのだろうが、心が痛むことはどうにもならない、と言うユルです。

そこにあった千夜一夜物語を手に、どうして物語は千日で終わったんだろう?と呟くユル。
ダジョンは、スルタンが眠れるようになったんじゃないか?と言っています。
怒りも恨みもなくなり、心の平安を得たんだ、と言うダジョンです。
ユルはダジョンの頭を方に乗せたまま、幸せな眠りにつきます。
2014012201245670_1_rstarkja1.jpg

朝、ダジョンが目覚めた時にはユルはもう、起きてしまいます。
自分がここで眠ってしまったために、総理は眠れなかったでしょう、と言って、慌てて部屋を出ようとするダジョンに、自分も夢も見ないで眠っていた、と話すユル。
ダジョンとの、そこにいろと言う約束を守れそうもない、と言うユルに驚くダジョンでしたが、私はダジョンが好きだから、と続けるユルです。
こんな自分でいいのか?ダジョンを好きになってもいいのか?と訊くユル。
2014012201245670_1_rstarkja.jpg
もう失敗はしない、妻のように孤独にさせたりしないから、と言っているユルですが、その頃、ユルのところに向かう妻の姿が…。




ユル妻の事故にはまだ、隠された事実があるのだろう、とは思っていましたが、まさか妻が生きていたとは!
ダジョンはどうなってしまうのでしょうか?

予告編では、子供の様子をうかがう妻の姿がありましたから、ダジョンの立場は微妙ですよね。
そもそも、失踪届けを出していないという事は、妻とは結婚している状態ってことじゃないんでしょうか?

残りあと4回、どういうふうにラストを迎えるんでしょうかね?





関連記事

この記事へのコメント

- ゆき - 2014年01月23日 18:48:19

Kirikororiさん、初めまして。

いつも読み逃げのようにKirikororiさんのあらすじを読ませていただいています。すみません。
もうかれこれ、1年以上も前からです。
これからも読ませていただきます。

Kirikororiさんも冒頭に書かれていますが、
この『総理と私』、ものすごく面白いのに視聴率がなかなか上がりませんね。
過去のドラマでも視聴率は、低かったもののドラマとしては面白かったものがたくさんありますよね。
私は、視聴率にかかわらず、このドラマが大好きです。
今後の展開が気になって1週間が待ち遠しくて仕方ないくらいです。

ドラマの中の総理の如く、私の中で堅物なイメージがあったイ・ボムス氏が、
コミカルな演技を見て、イメージが変わってしまったくらいです。
Kirikororiさん、これからもお邪魔して
あらすじ読ませていただきながら韓国ドラマを更に楽しみたいと思っていますので、宜しくお願いします。





Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年01月23日 21:23:21

ゆきさん、はじめまして。
ブログを読んでくださっていて、ありがとうございます。

このドラマ、面白いですよね。
韓国ではラブコメはあまり、人気がない感じですよね。
たまにヒット作も出るのですが、ほとんどは一桁の視聴率じゃないかな?
でも、日本では人気の出るドラマだと思います♪

> 今後の展開が気になって1週間が待ち遠しくて仕方ないくらいです。

ほんと、面白いドラマだと、1週間が長いんですよね!

> ドラマの中の総理の如く、私の中で堅物なイメージがあったイ・ボムス氏が、
> コミカルな演技を見て、イメージが変わってしまったくらいです。

イ・ボムスさんも演技派ですから、いろんな役をこなされますよね。
コミカルなところもいいですし、今週は手術室に運ばれる彼の表情がすごいな、と思いました。
だらしなく口が開いた感じとか、なんかリアルでうまいな、と思ったんですよ。


ゆきさん、こちらの方こそ、今後とも、よろしくお願いします♪

- NEU NEU - 2014年01月23日 21:42:12

こんばんわ***私もこのお話大好きです。

おもいっきり笑えるところが、ちゃんとあるし、マンセも愛くるしいし!!!                                     13話の図書館の歴史の棚の所からユルとダジョンのそれぞれの恋話をするところの演出もステキだと思います。

ユル&ダジョンの千夜一夜物語、ソ室長の片思い残酷物語(本当にソ室長カワイソウ、女の人のセカンドって少ない様な・・・・)、カン課長の人を呪わば穴二つ物語、もうすぐ終わってしまうんですね。

あらすじも楽しく読ませていただいています。ドラマをよく理解できるので本当に嬉しいです。ありがとうございます。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年01月23日 21:53:45

NEU NEUさん、こんにちは。

NEU NEUさんも、面白くご覧になっているんですね♪
同じように面白くご覧になっている人がいると、なんだかうれしいです。

> おもいっきり笑えるところが、ちゃんとあるし、マンセも愛くるしいし!!! 

同感です!
ラブコメって、中には笑いのセンスに付いて行けないものもあるのですが、私もこのドラマ、笑えます!
大学にわざわざ連れて行って、と言うのも良かったですね。

> ユル&ダジョンの千夜一夜物語、ソ室長の片思い残酷物語(本当にソ室長カワイソウ、女の人のセカンドって少ない様な・・・・)、カン課長の人を呪わば穴二つ物語、もうすぐ終わってしまうんですね。

あと2週でこのドラマも終ってしまうんですね。
好きなドラマなので、まだまだ続いてほしい気がしてしまいます。

こちらの方こそ、記事をお読みくださって、ありがとうございます♪

ありがとうございます - ひとみ - 2014年01月23日 22:55:00

はじめまして!
いつも楽しく読ませていただいています。

このドラマ、すごくおもしろいですね^^視聴率が低いのが残念です。
ボムスさんとユナちゃんのカップルがかわいくて、毎回ふたりのやりとりを見るのが楽しみでしかたありません。

これから、どんな展開になっていくのか、目が離せません!

これからも、ブログ 楽しませていただきます!よろしくお願い致します!

- てぶくろ - 2014年01月23日 23:08:46

こんばんは。皆さんと同じく私もかなりハマってます~今週はキュンキュンしまくりでした♪
総理の髪型が8:2から、素敵になったのもポイント高し!

ボムス氏は若い頃コメディ作品に多く出ていたのでコメディはお得意みたいですよ!

次回が楽しみな半面、終わってしまうのは寂しいですね…

おもしろいですよねー総理と私!! - マンネの嫁 - 2014年01月24日 00:45:17

こんにちは。韓国に住んで2年になるんですが、なかなか聞き取れなくて情けないんですが(^^;きりころじっくサンのあらすじに助けられて感謝をしています。
私も、恋愛ドラマでもドロドロしてなくって楽しくみれる感じがとても好きで、一週間が待ち遠しいドラマですねー。
今回は元妻が生きていた事に、設定に無理があるんじゃないかなとドラマを見たときは、少しガッカリしてしまいましたが、あらすじで失踪届けを出していなかったという内容に少し納得しました。
やっぱり最後はダジョンに幸せになってほしいなあーと期待してます。。

Re: ありがとうございます - kirikorori - 2014年01月24日 00:58:27

ひとみさん、はじめまして。
ブログを読んでくださっていて、ありがとうございます。

ひとみさんも楽しくご覧になっているんですね♪
韓国ではどうして受けないんだろう?と不思議です。

> ボムスさんとユナちゃんのカップルがかわいくて、毎回ふたりのやりとりを見るのが楽しみでしかたありません。

相当年齢差があるのに、いい感じなんですよね。
何でこんなに可愛いんだろう??
来週も楽しみですね!

こちらの方こそ、今後ともよろしくお願いいたします!

Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年01月24日 01:10:45

てぶくろさん、こんにちは。
てぶくろさんも嵌っていらっしゃるんですね♪
ファンの方が多くて、なんだかうれしいです。

> 総理の髪型が8:2から、素敵になったのもポイント高し!

そうでした!
髪型を変えてから、可愛い目をしてるんだな、なんて思い始めました♪

> ボムス氏は若い頃コメディ作品に多く出ていたのでコメディはお得意みたいですよ!

そうなんですか!
私は強い明日な役の彼しか見ていないようです(たぶん)

> 次回が楽しみな半面、終わってしまうのは寂しいですね…

そうなんですよ!
早く次が見たいけれど、終わって欲しくない気持ち…
面白いドラマが終盤に差し掛かるといつも悩まされます♪

Re: おもしろいですよねー総理と私!! - kirikorori - 2014年01月24日 01:18:14

マンネの嫁さん、こんにちは。

マンネの嫁さんは韓国に住んでいらっしゃるんですね♪

実はわたし、韓国に言ったこともなければ、韓国語を一言もしゃべったことが無いんです…
そんな私のブログを読んでくださって、ありがとうございます。

> 私も、恋愛ドラマでもドロドロしてなくって楽しくみれる感じがとても好きで、一週間が待ち遠しいドラマですねー。

ほんと、待ち遠しいドラマですよね。

> やっぱり最後はダジョンに幸せになってほしいなあーと期待してます。。

先週まではハッピーエンドを確信していたのですが、少し不安になり始めています。
が、やっぱりみんなハッピーエンドで締めくくって欲しいですよね。

もうすぐ終わってしまいますね。 - よっち - 2014年01月24日 10:54:36

こんにちは。
毎週楽しみに視聴しています。
イ・ボムスさんは「外科医ポン・ダルヒ」で初めてお目にかかったのですが、実は結構苦手な俳優さんでした。お声はとても好きなんですが。
あの方のそのほかの作品も視聴してみましたが、どうしてもだめで・・・。

この作品はユナさんつながりで視はじめたんです。
ところが今回はユナさんといるときのかわいらしさが何とも良いですね。

この週で、死んだと思っていた奥方が実は生きていたことがわかりましたね。
ちょっと拍子抜けした感じもしましたが、これで一気に四方八方で凝り固まっていた恨みとか痛みが、いろんなことが明るみに出ることでほぐれていってくれることを祈りたいと思います。

Re: もうすぐ終わってしまいますね。 - kirikorori - 2014年01月24日 17:56:43

よっちさん、こんにちは。

楽しいだけに、終わってしまうのが淋しいですよね。

> イ・ボムスさんは「外科医ポン・ダルヒ」で初めてお目にかかったのですが、実は結構苦手な俳優さんでした。お声はとても好きなんですが。

思い出しました。
ボン・ダルヒを見た時には、ラブラインは要らんわ!と思ったものでした。
そしてジャイアントでも…
私の中では、ラブラインは似合わない人というイメージがあったようですが、このドラマで見事覆りまっした♪

ほんと、このドラマのユナとのやり取り、可愛いですよね!

> この週で、死んだと思っていた奥方が実は生きていたことがわかりましたね。
> ちょっと拍子抜けした感じもしましたが、これで一気に四方八方で凝り固まっていた恨みとか痛みが、いろんなことが明るみに出ることでほぐれていってくれることを祈りたいと思います。

実は、今までの流れをぶち壊しはしないかと、多少の心配もあるのですが…。
このことが、より納得のゆくラストに結びついてほしいですね!

管理人のみ閲覧できます - - 2014年01月24日 19:24:06

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして! - kirikorori - 2014年01月24日 23:35:55

>鍵コメさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。
なかなかリアルで、韓国ドラマ、それも自分の好きなドラマの話って、する機会が無いですよね。

> 総理とダジョンはどうなってしまうのでしょうか?悲しい最後にだけはしてほしくないと思いつつ、Kirikororiさんと同じく不安になっています。

不安、ですよね。
子供たちもせっかくダジョンを受け入れて来たのに、子供を捨てた産みの母が戻って来るなんて、ちょっと許せないですよね。^

来週どうなるのか、期待しています♪

教えてください! - ペコ - 2014年01月26日 08:48:32

本当にあらすじを丁寧に書いていただいて、ドラマが理解しやすく、助かっています。いつもありがとうございます(*^_^*)
韓国に行ったこともなく、韓国語を話したこともないのに、どうして翻訳機械のような言葉でなく、自然に理解されているのですか?
韓国語の習得に行き詰まっている私にアドバイスをお願いいたします ( ^_^)/~~~

Re: 教えてください! - kirikorori - 2014年01月26日 11:51:38

ペコさん、こんにちは。

わたしのは、実は、韓国語も独習オンリーで、完全にドラマを見るためだけの韓国語なんですよ。

そんな私がおこがましくも、とも思いますし、ペコさんのレベルが分からないので、ピントが外れるかもしれませんが、私が、ドラマを聞き取る上で役に立ったな、と思えることを、いくつか列記しますね。

1、漢字語は覚えず類推。漢字の音に慣れること。
 韓国語には漢字語が日本以上に多い、というのは有名ですが、これが分かればかなりの部分が分かると思います。
私は初期のころは音に対応する漢字を一覧にしたものをネットで探し、プリントアウトして手元に置き、気になったものをチェックしていました。
私が使ったサイトは今となっては見つからないのですが、
http://kajiritate-no-hangul.com/kshanja.html
こんな感じのものです。(ここでうまくプリントアウトできるといいのですが)
漢字の部位が共通しているものは同じ読みのことが多い、という事も一つの手がかりになりますね。
類推できるようになると、格段にわかる単語が増えます♪

2、日本語訳の付いている例文の録音を耳だけ空いている時間に聞く。
例えば、買い物に行く時だとか、通勤通学とか、眼は空いてないけれど、耳だけ開いている時間がありますよね。
そんな時に、私はmp3プレイヤーに録音したものをちょこちょこ聞いていました。
テキストを開いて、というのは準備がいりますが、これならちょっとした時間でもOKで手軽です。
テキストが文法であっても、内容は気にせず、韓国語を聞いて日本語を思い浮かべることだけに集中して聞いていました。

3、独特な言い回しを覚える。
私が韓国ドラマを聞く上で、一番役に立ったのがアルク出版の「キクタン韓国語の慣用句編」です。
これを2の時と同じようにしばらく聞いていました。

4、ネットを活用する。
その他、ネットではKBSワールドのドラマ韓国語
http://world.kbs.co.kr/japanese/program/program_koreadrama.htm
などのお世話になりました。
最近はちょっとレベルが低い目になっているかもしれませんが…。

それから、テレビ局のニュースを聞くのも役に立ちますね。
たとえばMBCのニュースデスクなど、
http://imnews.imbc.com/replay/2014/nwdesk/3406784_13488.html
映像とともに内容が文章化されていますので、ここの部分を日本語に自動翻訳設定して、映像を見ながら日本語を追うんです。
自動翻訳設定なので不自然や、ここが変だ、と思えるところは、そこだけ韓国語表示にして、疑問を解決し、また、気になった単語などをチェックすれば、気軽に韓国語の勉強になると思います。

以前はもっと他に中級以上向けのサイトがあったのですが、久しぶりに探して見ると、なくなってしまったのか、見つかりませんでした。
コツコツ探せば、他にもあると思うんですけど…。

思いついたことを思いつくままに書いてみました♪
お役にたてればいいのですが…。

はじめまして。 - 千秋 - 2014年01月26日 21:15:01

私はこのドラマ総理目線ではなく、カンイノ目線で見ています。(すみません、私はユン・シユン君ペンなので…)残り4話ですが、シユン君には良い意味でドラマのかき乱し役として大暴れして、引っかき回してドラマを面白くしてもらいたいなと思っています。

スゴイ‼︎ - ペコ - 2014年01月26日 22:44:31

ご丁寧なお答えを本当にありがとうございます。ご親切に色々なご経験を列挙しながら、わかりやすく教えていただき、感謝感激です。
独学とはいえ、自己努力の賜物ですね。理解のレベルを上げるためにご自分が出来ることをやり続けたのですね。スゴイです。
私は理解を深めたいと気ばかり焦り、行動が伴っていないことを痛感しています。反省しつつ、アドバイスに沿って頑張ってみます。
お忙しい中、早々のお答えをありがとうございました(^^)/~~~

Re: はじめまして。 - kirikorori - 2014年01月27日 07:46:31

千秋さん、はじめまして!

このドラマはカン・イノ目線でも楽しめそうですね。

ダジョンの事を考え心を痛めながらも復讐を誓っていたイノでしたが、総理の妻が生きていることが分かってどう動くか?

イノにもハッピーエンドの可能性が出てきましたね。
私としてはダジョンはユルとハッピーエンドを迎えて欲しいと思っているのですが、先が見えなくなってますます目が離せなくなってきました。

それにしても、ユン・シユンくん、今回の役を演じることで役者としての可能性が広がりましたね♪
ファンでない私も、次の作品が楽しみです!

Re: スゴイ‼︎ - kirikorori - 2014年01月27日 07:55:23

ペコさん、こんにちは。

ぜんぜんすごい事はしてないんですよ。

学生の勉強は細かいことまで覚え込まなくちゃいけませんが、好きでする勉強は無理せず、楽しい事だけすればいいんだと思います。
頑張らず、好きで楽しい事をしているうちに気がつけば実力がアップしている?というのが一番じゃないかと思います。

私自身、頑張った覚えはないのに、気がつけばなんか聞き取れている?という感覚が嬉しくて全く苦労はしてないんですよ。語学はすごく苦手だったのに、不思議です♪

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。