FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「王(ワン)家の家族たち」39話・40話話あらすじ

結婚したクァンバクを待っていたのはつらい嫁入り先での暮らし…。
サンナム家族との葛藤がサンナムとの関係にも暗雲をもたらしています。

それに対し、お姫様扱いされているヨンダル。
だけど、こんな暮らしがいつまでも続かないのは、ドラマの常ですね。
しかも、クァンバクの暮らしを鼻で笑ったりしているヨンダルですから、そのうち自分にも苦労が待っているのは間違いないと思います♪


それでは、今週のあらすじです。
2014011122293195_1_rstarker1.jpg
39話
ミンジュンの家までついてきたワン家のお母さん、家だけ確認して帰ろうとしていたのですが、家の中から笑い声が聞こえてきて、再び引き返します。
ドアノブに手までかけていたのですが、携帯に電話がかかって来て、慌てて隠れます。
ミンジュンが外まで出てくるのですが、結局そのまま帰るお母さんです。
家に帰ったワン家のお母さんはお父さんに、ミンジュンに女がいるみたいだ、と報告するのですが、思い違いだろう、とまともに取り合わないお父さんです。
スバクにも、離婚成立までにミンジュンの心を取り戻せ、というのですが、もう終わったことと、取り合わないスバクです。

スンジョンの方にも、家から電話がかかって家に戻ります。
留守中に実家の母親と姉を家に入れていたことを怒るサンナム父をなだめるスンジョンなのですが、全部自分が悪いからだ、と厭味ったらしく言うお父さんの怒りは解けません。
仕方なく部屋に戻るクァンバクなのですが、サンナムに、自分が怒られているのに味方してくれない、と怒ります。
この前はお義父さんとのことに口出しするなと言われたのに…と納得できないサンナムです。
クァンバクは心の籠ったお詫びの手紙をサンナム父の部屋の前に置いておきます。
サンナム父もそれを読み、多少は心を動かされたようですが、怒りを解くまでには至りません。
翌朝、ワン家のお父さんもサンナムの家で母と姉が騒動を起こしたことを知り、さっそくサンナム父に電話をかけ、詫びるのですが、食事に誘っても、忙しいと言って断られてしまいます。

スンジョンは次の日もまた、ミンジュンの家へと行っています。
買って来た植木鉢を飾り、食事の用意をするスンジョン。
でも、その日は用があり、ミンジュンを待たずに帰るスンジョンです。
ワン家のお母さんの方も、ミンジュンの家におかずを届けに行きます。
スンジョンはすでに帰った後でしたが、部屋はきれいに片づけられ、鍋のおかずはまだ、温かい状態。
女の影を感じるお母さんでしたがそこにミンジュンが帰って来ます。
ミンジュンは、ちょっと出ていただけで、料理も自分が作った、と誤魔化しますが、信じていない様子のワン家のお母さん…。
2014011122293195_1_rstarker.jpg
再びミンジュンに、戻って来てほしいと懇願するお母さんですが、きっぱりと断られ、おかずも、もうこんなことはしないで欲しいと言われてしまいます。
気の塞ぐお母さん、家に帰ると自分の部屋にこもりっきりで何もしないヨンダルに家事をするように命じるのですが、ヨンダルのために餅を買って来たお祖母さんが自分の部屋へと連れて行ってしまいます。
ますます気分の悪いお母さん。
おばあさんに、自分には何も買ってくれたことが無いのに!と怒りをぶつけるお母さんです。
2014011123454578_1_rstarker.jpg

ミンジュンの方は配達中にスバクと偶然顔を合せます。
近くに住むなんて迷惑だ、なんて言いがかりをつけるスバクに対応していたミンジュンですが、その間に止めていた宅配のトラックが荷物ごと盗まれてしまいます。
警察に届けるミンジュンなのですが、警察官たちはただ待てと言うばかりで、途方に暮れるミンジュン。
そこにスンジョンがやって来て、警官たちを叱り飛ばし、すぐさま動くように言ってくれています。
2014011123405092_1_rstarker.jpg

スバクの投資話には、ホバクはお金が準備できなくて乗らなかったのですが、母親の方は全財産をスバクに託します。
スバクをお金を受け取るとすぐに社長と会い、その金を渡すのですが、彼女が社長と抱き合っているところを、たまたま、セダルが目にします。
家に帰ってその話をホバクにするも、騒ぐなと言われてしまうのですが、サンナムを呼び出し、一緒に社長のところに行くセダル。
2014011123115259_1_rstarker1.jpg
社長をボコボコにして(実行したのは主にサンナムですが)、ミンジュンに報告するセダルです。
2014011123115259_1_rstarker.jpg

でも、トラックが戻って来ず、それどころではないミンジュン。
心配したスンジョンが訪ねて行き通帳を差し出すのですが、それに頼るしかないような状況です。
ところが、再建中の前の会社の人たちから電話がかかって来ます。
なんと、ミンジュンに再び会社を任せたい、という話なのね。
今すぐには、とはいかないものの3年ぐらいで借金を返済できると思うので、そうなれば会社は返す、と言う元の会社の人たち。
2014011123405092_1_rstarker1.jpg
さっそく会社に復帰するミンジュンです。

一方、ミンジュンにもらったヘアピンがなくなっていることに気付いたスンジョン。
ミホからも、大事にしていたお金がなくなったことを聞き、サンナム母が取って行ったと気付いてサンナム母のところへやって来ます。
ヘアピンを髪につけているサンナム母に掴みかかり、お金も帰せ、と言うスンジョンですが、大事にコーティングしてあったお金はもうないらしく、ただのお金を返そうとするサンナム母…。
スンジョンはピンだけ取り返して帰って行きます。

サンナムの方は毛皮のコートを持ってワン家にやって来ています。
洗い物をしているお義母さんに替わり、自分が洗い物をし、プレゼントを渡すサンナム。
そして、父親がやり過ぎだった、と父に代わって謝ります。
そのことを母からの電話で聞いたクァンバクはサンナムと仲直りです。

そして、ヘバクも今まで隠していた、判事にはなるつもりはなく船長になるつもりで、大学にも願書を出した、と母親に打ち明け、大騒動。

ワン家のお父さんの方はヨンダルを家に来てから妻と母の亀裂がますますひどくなってきたのを見て、ドンとヨンダルを独立させようと資金の調達などを考え始めたのですが、それどころではない出来事が…。
突然、家が人手に渡ったとの知らせを受け、急いで家へと戻って来るお父さん。
2014011122122358_1_rstarker.jpg
家の権利証書を探し回るお父さんなのですが、スバクが持ち出していますからね、ありません。
ショックを受け、倒れそうになるお父さんです。

そのころ、社長が高跳びしたのも知らず、彼を待ち続けているスバク…。

40話
家の権利証書が無い、と大騒ぎしているワン家にスバクが帰って来ます。
ドンから権利証書のことを聞くなり逃げ出すスバクでしたがすぐに捕まり、家に連れ戻されます。
スバクの話を聞き、詐欺に遭ったと気づくワン家の人々。
さっそく会社へ出向くのですが、すでに騙された人たちがたくさん集まっています。
警察に行くも、社長が前科7犯だったと聞き、空しく帰るワン家のお父さんです。
家に帰るなり、バットを持ち出しスバクを追いかけるお父さんを必死で止める家族…。
お母さんは気を失って病院に運ばれ、お父さんは家で寝込んでしまいます。
ヨンダルは実家の母親に報告しようとするのですが、ドンに止められます。

ミンジュンの方はスンジョンとミホとともに食事をし、店の人に言われるままに、3人で写真を撮っています。
スンジョンはついに、ミホのことを打ち明ける決心をしたようですが、その直前にミンジュンにかかってきた電話でミンジュンは立ち去ってしまいます。
2014011223525875_1_rstarker.jpg
ミンジュンにも、ドンがワン家の騒動を知らせたのね。

クァンバクの方は仲直りしたサンナムから、お母さんとの仲を取り持ってくれて有難う、と言われたため、サンナム母にもう一度お金を渡そうと彼女を家に呼びます。
でも、前回と同じく500万だと知ると、自分を軽く見ている、と怒り出すサンナム母。
2014011222380724_1_rstarker1.jpg
残りはいつだと言うサンナム母に、これで終わりだ、と言うクァンバクを脅すサンナム母です。
そんな風なことをされるんだったら、お義父さんと叔母さんに頼んで出入り禁止にしてもらう!と言っているところに帰って来るサンナム。
二人の間に割って入るサンナムを見ると、とたんに自分が被害者のようにふるまい始めるサンナム母です。
2014011222380724_1_rstarker2.jpg
母親をタクシーに乗せて部屋にもそって来たサンナムに、話を聞いて!と言うクァンバクですが、話は全部聞いた、と言って聞かず、お前だけは分かってくれていると思っていたのに失望した、と一方的にクァンバクを責めるサンナムです。
2014011222380724_1_rstarker.jpg
ショックのクァンバクですが、彼女の所にもホバクから実家の話が入ります。
急いで駆け付けるクァンバクです。
母親やスバクを慰めるクァンバク。
ホバクと一緒にやって来たセダルは食事の支度です。
食事の席で、自分の教育が間違っていた、とおばあさんに謝るお父さん。
食事の席に現れないスバクに食事を運ぶのはミンジュンです。
ホバクとクァンバクはすぐに家を明け渡さないといけない家族のために、家を用意することにします。
2014011222552513_1_rstarker.jpg
サンナム父に金策を頼んで見ようか?と訊くクァンバクを止め、自分たちだけで何とかしようと言うホバク。
クァンバクは先ほどサンナム母に渡したお金を後悔し、こんな事なら学校を辞めるんじゃなかった…などと言うのですが、過去を振り返るのはやめよう、と言うホバクです。

慌てて出て来たクァンバクはサンナム家の夕食を作らずに出てきて、遅くなってから帰って来ます。
帰って来たクァンバクに、文句を言うサンナム父。
2014011223354016_1_rstarker1.jpg
お母さんとお姉さんのことがあって、サンナム父から当分の間実家の人間と会うことを禁じると言われていたクァンバクは、実家に言っていたともいえず、用事があって、と答えています。
しかもサンナム、喧嘩の直後でしたから、父親にクァンバクが拗ねて何も言わずに出て行った、と説明しているのね。
しかも、今日は帰らないから、とサンナムからのメールも届いています。

翌日はホバクと一緒にワン家の人たちの暮らす家を探しに行くクァンバク。
資金の問題があり、立派な家は無理ですが、それでも家族がなんとか暮らせる家を見つけて両親に連絡するホバクたち。
2014011222552513_1_rstarker1.jpg
そこで暮らすことになり、さっそく引っ越し準備です。

家に戻ったクァンバクは、昨夜サンナムが帰ってこなかったことを知ったスンジョンからも叱られます。
泣き出してしまうクァンバク。
部屋に戻り、トイレに駆け込み泣くクァンバクですが、そんなクァンバクの様子に全く気付いてないサンナムです。
2014011223354016_1_rstarker.jpg

翌日、ワン家は引越しです。
ミンジュンも再びやって来て、ワン家のお母さんにお金を渡し、前の会社に戻ったことを報告するのですが、スバクには会わずに帰ります。

夜になり、寝ることになったのですが、リビングと寝室2つのみの家で、どこで寝るかで揉める家族。
どこでも邪魔者扱いされてしまうスバク、皆が寝静まっている明け方に荷物をまとめ、家を出て行きます…。
2014011223442763_1_rstarker.jpg




スバクにもようやく、今までの行いのツケを払う時が来たようですね。
予告編では、セダルの時と同じように野宿生活しているスバクの姿が…。

ところで、サンナム父とセダル母が付き合っていることをサンナム母が気付いたようですよ!
彼女がどう出るか、それもまた、楽しみです。

クァンバクの苦境もそろそろ底なんでしょうね。
予告編ではクァンバクがサンナムに、サンナム母に謝れ、と強要されてい要る場面が出ましたが、このあたりが転機になるのでしょうか?
スンジョンの誤解はたぶん、ミンジュンから話を聞いてすぐに解けるでしょうし、母の実像をサンナムが知るのもそう遠くないだろうと言う感じです。

そして、どん底の人たちを尻目に、ミンジュンの方の前途は開けかけています。
ミンジュンには、スンジョンとミホと一緒に新しい生活をスタートさせてほしいな♪


関連記事

この記事へのコメント

- ふれんどひる - 2014年01月17日 09:54:44

ミンジュンは社長復帰ですか。
話の流れの是非はともかくとして、佐川男子なチョ・ソンハさんが見られなくなるのは、ちょっと残念です (^^ゞ

それにしても、道場の館長とか、ホテルの理事の人は、放ったらかしなのでしょうか。出したからにはオチをつけてあげないと、何か落ち着かないのですが。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年01月17日 16:49:15

ふれんどひるさん。こんにちは

> 話の流れの是非はともかくとして、佐川男子なチョ・ソンハさんが見られなくなるのは、ちょっと残念です (^^ゞ

額に汗して階段を上るソンハさんはファンじゃなくても、応援したくなる感じで、まさに佐川男子でした!

> それにしても、道場の館長とか、ホテルの理事の人は、放ったらかしなのでしょうか。出したからにはオチをつけてあげないと、何か落ち着かないのですが。

ホテルの理事の人はただの浮気相手で私はあまり気にならないのですが、ジムの館長さんに関しては、もっと何かがありそうだったので、期待外れの感じ。
ちょっと残念に思っています♪
また登場して欲しいなあ~~。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。