スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ミンホ、パク・シネ主演の「相続者たち」感想ネタバレ部分

この記事は「相続者たち」の感想の続きのネタバレ部分です。
ネタバレなしの感想は  →こちら  をお読みください♪

このドラマについてのアンケートもあります。

2013092302057_0_59_20130923120402.jpg
脚本がいろいろな内容を含んでいるので、いろんな角度から見られるドラマだと思うのですが、まずはタンとウンサンの恋と他の人たちの恋愛について
いわゆる身分違いの恋であるタンとウンサンの恋愛ですが、それに対比するように他に二つの(あるいは3つの)上の世代の恋が描かれているんですね。

一つはタンの兄ウォンとヒョンジュの恋。
彼らの環境はタンとウンサンの相似形ですね。
まずは環境を整え、その世界にヒョンジュを迎えようとするウォンと、ウンサンを側に置きながらその環境を変えて行こうとするタン。
結局はタンとウンサンの選択の差が彼らの未来を作って行くわけですが、それぞれ一番欲しいものが違うので、一概にはどちらが正しいという選択ではないんですね。
その結果、二人の抱える王冠の重さの中身は違ってきます。
結局は会社を選んだために恋を捨て、一人泣くウォン。
彼が夜な夜な泣いているのを知るタンは、彼が家という監獄にいる、と心配しているのですが彼がそこから抜け出す道が無いわけではない、という事は他の先輩たちの生き方から見えてくるようになっているんですね。、

その一つはラヘルの母とチャンヨンの父の恋愛
こちらの方はラヘルの母の方が金持ちの娘で、彼女がウォンと同じような選択をしたのね。
でも、恋愛感情は残っている感じの二人です。
ラスト近くでラヘル母がラヘルに、私は娘に人の愛し方を教えなかった、と、娘の育てる上で足りなかったことに気付くシーンが出てくるのですが、この言葉が出てくるのも、自らの恋愛感情を思い出したからなんじゃないでしょうかね?
自分自身はウォンと同じように会社を選んだものの、チャンヨン父との恋愛はなかったことには出来ない大切なものだったんだ、という気がします。

それと、もう一つの関係。
タン父とタン母の関係ももう一つの恋に入れていいかもしれないな、という気がします。
ラスト近くでタン父に追い出されてしまうタン母なんですが、タン父が倒れた時に彼のことを一番心配して見守るのが彼女。
タン父は会社の利益を第一に考えて現在の妻との結婚を継続していたようなのに、その現妻、倒れた隙に会社を乗っ取ろうと画策するのね。
これは愛ではなく会社を選んだウォンの将来に対しての大きな警告でもあると思うんです。

ウォンの選択に対して、それを否定しないでいながら、彼のこれからについて、まだまだ考えるべきことが残っている、という構成はなかなか説得力がありました。

で、まるっきりの余談なんですが、タン実母を演じるキム・ソンリョンが「一枝梅」でイルジメ養母でタンと言う名の役を演じていたことを思い出したのは私だけでしょうか?

そして高校生たちの成長物語、という点ではそれぞれの親との関係が大きなウエイトを占めています。
いろいろな関係があるのですが、その中での一番大きな山は、やはり主人公タンが専制的な父親の支配から抜け出ることができるか?というところだと思います。
その父親自身が親族をどんどん切り捨てることにより、大財閥を築いてきた人だけに、息子たちにもそれを要求するのね。
ウォンとタンを争わせることにより、より強いリーダーを作る、と言うのが彼の目論見だと思うのですが、そのために反目しあう兄弟です。
ドラマとして考えるならば、兄妹二人が結束して父親に打ち勝つと言うのがてっぱんのストーリーだと思うのですが、ストーリー的には二人が力を合わせてどちらとも血の繋がっていない母親に打ち勝つことにより、父親の影響を脱する、という形になったことが面白いな、と思いました。
それにしてもこの兄弟、二人が一番欲しいものが違っていたからこそ、うまく連携できましたが、二人とも会社の後継を目指していたら、この解決はありませんでしたね。
一旦は解決していますが、タンが会社の経営に欲を持てば、いつでも崩れるであろう関係、というのもタンの年齢を考えれば大いにありうることだと思います。

また、父、または母親のいない子が多く登場するのですが、主人公のタンの場合、戸籍上の母と実の母の二人の母がいるうえ、その二人とも、近くにいる存在です。
庶出であることを知られれば、社会的にマイナスであるため、実の母を他人の前では母とも呼べない、というのは明らかに異常な状態。
しかも、その秘密を親友であったヨンドに打ち明けたところから、彼との関係にひびが入ったため、より真実を語ることに恐怖を持っているタンなのね。
ドラマ的には、ここを正す必要があるのですが、結局タンは愛を得るため、ラヘルと別れる切り札として、それを使います。

ところで、表面的にはヨンド、タンの実母のことを知ってタンを捨てたように見えていましたが、本当はヨンドと母の問題がタンとの関係を崩してしまっていたのね。
彼は家を出て行った母親と会えなかったことをタンのせいにして、その悲しみをタンへの怒りに変えて耐えていたのね。
それが、タン母が出て行く時にその時のタンと同じ状況になるヨンド。
そこで、ヨンドはタンと母が会えるように全力を尽くすことにより、自分の傷を治したように見えました。
実は、わたしがこのドラマの中で一番泣いてしまったのが、この時の彼の姿でした♪

また、ヨンドと父の関係は、やはり専制的な父、という事ではタンと近いのですが、彼の父の場合は物理的な力でヨンドを圧倒している部分が大きいのね。
その為、柔道で父に勝った、という事が、彼にとっては父を盛り越える一番象徴的な出来事になったと思います。
でも、それだけではなく、彼が父に打ち勝つ様も丁寧に描かれていますね。
まずは、自分の結婚相手は自分で選ぶ、と宣言した時に小さな勝利を収めていると思います。
浮気者である父に、お父さんにそれをとやかく言われる筋合いはない、と言う彼に、それもそうだ、と納得する父。
また、父親が刑務所に入ることになった後の彼の姿が守られるものから、守る者への変化が描かれていたと思います。
このドラマの中で一番成長したのが彼でしたね。
ある意味、主役と思えるウェイトを占めていた人物でした。

その他にも、親の職業が問題だったり、親の期待する道が果たして自分の進むべき道なのかと悩み、考える時間を持つため、大学入試を受けず軍隊に入る子など、個々の人間の親との戦いが生き生きとが描かれていたと思います。

どの子の話も、もっと見たいと思うものばかりで、彼らのスピンオフドラマのようなものがあったらいいな、などと思いました。




関連記事

この記事へのコメント

- tamaen - 2013年12月20日 08:49:13

ヨンド、泣けました!!
初めの頃は、顔も虫みたいだし(超失礼)、性格曲がっちゃってるしイヤな奴だわ!
大嫌いだったのに、徐々にヨンドひ惹かれていったわたし。
おそらく、大半の視聴者がそうなんじゃないでしょうか。
プラスのギャップ万歳↑↑

タンの高校生姿は最初超違和感感じまくりだったのですが、
めっちゃめちゃかっこよくて眩しかったです。
高校生の女の子目線で見ると、あんな金持ち男子にあんな風にされてみたい!きゃー!!!って感じのステキキャラでしたね。
大人目線で見ちゃうと、おいおいおーい!ってとこもありましたけど。笑
そんなこんなで、イミンホくん自体は、まあかっこいいとは思うけど、別にーって感じだったわたしですが、このドラマで一気に好感度急上昇です。

シネちゃんは、うまいんだけど、正直ああいう役は飽きたかなー。
いい子ちゃんキャラっていうんですかね。
耐えてます、頑張ってます的な。笑。
わたしは、隣のイケメンのキャラの方が新鮮で好きです。

そして、わたしの一番のおきにいりは、
チャニョン&ボナカップルでしたーーー!!!
あのふたりがでてくるシーン、ほっとしました。
ボナのキャラも顔も可愛かったですね!

最後に、スピンオフドラマ、わたしも見たいです!!!

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年12月20日 11:44:39

tamaenさん、こんにちは。

ヨンドはよかったですよね。

> 初めの頃は、顔も虫みたいだし(超失礼)

実は、わたしもそう思っていました。
ちょっと目が離れぎみなのでそう見えるのかしらね。
おっしゃるように、視聴者の方の大部分がどんどん、好きになって行くような脚本でしたよね。

タンは、私は最後まで違和感から抜け出せなかったのですが、

> めっちゃめちゃかっこよくて眩しかったです。

これは、もう、同感!
今までのイ・ミノもかっこよくてお気に入りの俳優さんだったのですが、今回はそれ以上です!
今回最高にかっこよく見える~~と楽しんでいました。

> 大人目線で見ちゃうと、おいおいおーい!ってとこもありましたけど。笑

私は、そういう場面のたびに、違和感がぶり返したんですよね~~
高校生だったら、ありそうなことなんですが。

> シネちゃんは、うまいんだけど、正直ああいう役は飽きたかなー。

これは、確かにそうですね。
私も、このタイプの役はもういいかな。

> わたしは、隣のイケメンのキャラの方が新鮮で好きです。

いい感じのイメチェンだったのに、また戻っちゃって残念ですね。

> そして、わたしの一番のおきにいりは、
> チャニョン&ボナカップルでしたーーー!!!

このふたり、あのメンバーの中では不思議に肩ひじ張ったところが無いんですよね。
チャンヨンの家庭については少し描かれていたのですが、ボナの家庭環境についてはなかったような(見逃しているかもしれませんが)
彼女の育った環境が知りたい感じ。

役者さんも「ハイキック3」でちらっと見て(途中挫折しました)注目だった人なんですが、この人って根っから明るい人なんかしら、なんかどこか、突き抜けた感じがあって惹かれる子なんですよ。

私のスピンオフドラマの第1希望はこのカップルです!!


- ぷう - 2013年12月23日 14:15:43

こんにちわ、はじめまして。
相続者たち、面白かったですね。
ミンホくんのドラマ今までも見ていますが初めてかっこいい!と
思いました。
お金持ち高校といえば花男とかぶる所ですが、こちらは一人一人背負うものがあってお金があるだけが幸せか・・って事ですよね。

そしてウビンくん。ウンサンを警察署で待っていて彼女が来た瞬間の泣きそうな顔。ぼわわ~っとこっちも涙・・・。爬虫類系だけれど!表情が豊かでした。
キムタンは最初からウンサン好き好きでしたが、反面ヨンドは好きになる過程が見れたのでみなさんおっしゃるとおり最後にはヨンド寄りになりました。

わたしとしてはやはりこの脚本家さんの弱点・・最後がうまくないってことです
パリ恋から始まり、せっかく途中盛り上がったのにふう~んという。まああれがうまく丸く収まるかんじなんですかね。

そして、イボナですがf(x)というSMのグループの子です。実際に帰国子女です。ああいうはっちゃけた感じがかわいいですよね。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年12月24日 07:30:08

ぷうさん、初めまして♪

ミンホくん、とってもカッコよくて面白かったですね。

> お金持ち高校といえば花男とかぶる所ですが、こちらは一人一人背負うものがあってお金があるだけが幸せか・・って事ですよね。

設定は似たところもありましたが、まるで違う切り口の学園物でしたね。

> そしてウビンくん。ウンサンを警察署で待っていて彼女が来た瞬間の泣きそうな顔。ぼわわ~っとこっちも涙・・・。爬虫類系だけれど!表情が豊かでした。

ここもよかったですね!
やっぱり表情の豊かな役者さんの演技は説得力がありますよね。
ぷうさんも、最後はヨンド寄りになってごらんになっていたんですね!

> わたしとしてはやはりこの脚本家さんの弱点・・最後がうまくないってことです
> パリ恋から始まり、せっかく途中盛り上がったのにふう~んという。まああれがうまく丸く収まるかんじなんですかね。

パリ恋のラストは評判悪いですからね~~
でも、私の場合は逆に、最悪のラストを心のどこかで想定していたためか、案外ラストに対する不満はありませんでした。

> そして、イボナですがf(x)というSMのグループの子です。実際に帰国子女です。ああいうはっちゃけた感じがかわいいですよね。

帰国子女なんですか!
どうりで英語が流暢なわけだ!
ほんと、彼女、とてもいい感じでしたね!

- umetarou - 2014年01月01日 23:48:07

あけましておめでとうございます。お正月からこちらに寄らせてもらってます。

私も前半はなぜ彼らが高校生役をするの???って違和感が鼻について集中できなかったんだけど、中盤からそれを上回るストーリーと演技力とですっかりハマってしまいました。
気が付いたら私も星4つの高評価の作品となりました。

次は応答せよ1994に手を出しま~す

今年もよろしくお願いします^^

Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年01月02日 06:23:16

umeatarouさん、 あけましておめでとうございます。

やはり、ストーリーと演技力が見事でしたよね。

> 次は応答せよ1994に手を出しま~す

ケーブルで10%越えのドラマですものね。
私も見たいと思っているのですが、なかなか取りかかれません…。

こちらの方こそ、今年もよろしくお願いいたします♪ 

- TM - 2014年01月28日 10:46:04

こんにちは!こちらにお邪魔します。
このドラマ、最初花より男子を、連想して仕方がなかったので、ミノさんの高校生役がどうもしっくりしなくて、、、でも。
kirikororiさんの解説のおかげで、別の切り口のものと納得してしまいました。
心を打ったシーンは、ヨンドが、事実が鮮明になり やっと母を見つけて 二人が抱き合うシーンです。ヨンドの再生がはじまりそうで本当に良かった。
ウオンは、茨の王冠をかぶってしまいましたが、おろしていけるのでしょうか、
彼女は去っていきましたよね…
主役の二人は、年末の大賞をたくさんとりましたが、果たして自身が満足のいく出演作だったのかと 少しかわいそうな気がしました。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年01月28日 19:13:45

TMさん、こんにちは。

> このドラマ、最初花より男子を、連想して仕方がなかったので、ミノさんの高校生役がどうもしっくりしなくて、、、

絶対思い出しますよね!
タイプは違うと言っても、同じ高校生ですもんね。

やっぱり、このドラマの神の主役はヨンドだったのではないか、と思えるほど、ヨンドのシーンは感動シーンがいろいろありましたよね。

そして、ウォンのほろ苦い姿は気になりますよね。
だけど、きっと彼は彼の幸せを見つけるものと、信じています♪

> 主役の二人は、年末の大賞をたくさんとりましたが、果たして自身が満足のいく出演作だったのかと 少しかわいそうな気がしました。

そうなんですよね~~。
台本も演技もいいのに漂う残念な感じ…
でも、きっと次の作品で一段と素敵な姿を見せてくれるもの、と信じています。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。