スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワン家の人たち」17話~20話あらすじ

視聴率の方も順調に伸びているこのドラマ、最近のこの枠のドラマではよく話題になっていた特別出演の人って、あんまり出ないですね。
でも、今週はクァンバクのの嫉妬作戦にソ・ジュニョンが登場していました。
ソ・ジュニョン(根の深い木、シリウス)
「根の深い木」に出ていた人ですね。

さて、今週アップ分での注目は仲が悪いと思われていたホバクとスバク、今週はミランに対し、共同戦線です!
2013102801002243_1_rstararm.jpg

それでは、あらすじです。


17話
ミンジュンは事務所にやって来たスンジョンと共に食事に行きます。
泣きながら謝るスンジョンですが、昔のことだ、と言うミンジョン。
ミンジョンは、数年間は恨んだものの、あとで家の事情のことを知った、と話します。
でも彼、サンナムの父親をスンジョンの夫だと誤解しているようで、話に聞いていた人とは違い、妻や子供を大事にする人で良かった、と言っています。
スンジョンから結婚のことを訊かれ、スンジョンが結婚してしばらくしてから見合いで結婚して娘と息子がいる、と写真を見せるミンジュン。
スンジョンも子供のことを訊かれ、娘が一人、と答えるのですが、写真は今手元にない、と言って見せません。

一方、心の通じ合ったクァンバクとサンナムは、そのままデートをしています。
自分は傷の多い人間だから、今回のようにまた、クァンバクを苦しめることもあると思う、と言うサンナムに私は消毒薬をいっぱい持っている、と答えるクァンバク。
そして、自分のためにお母さんを赦してあげて、と言うクァンバクです。

サンナムと別れ、クァンバクが家に帰って来ると、門の前にホバクがいます。
相手の女と会ったの?と訊くクァンバクに、ゲームにもならない相手だった、と言い、立場を入れ考えて考えればセダルの気持ちは分かる、と言うホバク。
女が問題なのではなく、自分とセダルの問題だったんだ、と自分を責めるホバクです。

その頃、セダルはミランから、ホバクがやって来たことを聞かされます。
面倒なのは嫌いよ、とくぎを刺しつつも、面白くなってきた、と言い、再契約しよう、と再びカードと車のキーを渡すミランです。

話を聞いたクァンバクは、ドンとともにホテルのセダルに会いに行きます。
二人の姿を見て逃げ出すセダルでしたが、二人に掴まります。
ホバクが自分を責めていた話をするのですが、そんなの当然だ、と言うばかりのセダル。
まるで反省する様子はありません。

一方、ヨンダルはサンナムから電話をもらい、会いに行きます。
サンナムのプレゼントのブランドバッグに飛びつくヨンダル。
食事に行こう、と誘うヨンダルなのですが、用があるから、と言い、バッグの中にカードが入っているから、と言って、そのまま帰って行くサンナムです。
バッグを手に、意気揚々と帰って来るヨンダルなのですが、ヨンダル母の前で母親とスバク母が争っているところです。
二人に、またもや結婚する、と言ってバッグを見せびらかすヨンダル。
ところが、家に帰ってバッグの中を見ると、別れのカードが入っています。
別れる時に今まで買ったものを返せと言う男も多い中、こんなプレゼントをくれるだなんて、と逃した魚を悔しがるヨンダル母娘です。

サンナム父とスンジョンは、どうやらサンナムに新しい彼女ができたらしい、と気付きます。
今までとは違い、1か月で終わる女じゃないみたいだ、と言うスンジョンです。
そのスンジョンのことも気になるサンナム父。
宅配が来る、と言うと顔を輝かせるスンジョンに、宅配荷物に恋しているみたいだ、と言うサンナム父です。

そして、サンナム父が出かけると、配達にやって来るミンジュン。
スンジョンはサンドイッチを手作りして待っていたのね。
食べてくれるようにと差し出すスンジョン。
そして、事業が失敗したことは知っているけれど、すぐに成功するのを信じている、と言うスンジョン。
でも、サンナムは戸惑ったような様子をし、スンジョンが髪につけていたヘアピンに目を留め、まだ持っていたんだ、と言うとダサいから使わないように、と言います。
ご主人が知ったらいい気はしないから、と言い、友だちとして付き合って行こう、と線を引くミンジュンです。
握手をする二人なのですが、その手を離すのを少しでも遅らすように、おなかがすいたりトイレが使いたかったりした時にはいつでも来て、と言うスンジョンです。

セダルはミランのお供でゴルフの打ちっぱなしです。
上機嫌のセダルなのですが、ミランの元に、今度は夫からの電話がかかっているようです。
もう、夫婦としてはとっくに終わっている、と言っているミランなのですが…。

ホバクの方はショッピングに出かけます。
服や鞄をどんどん買うホバクだったのですが…。
家に帰ったホバクはクァンバクに電話をかけ、自分のお金なんだからいくら使おうと勝手、と買ってみたものの、お金まで失くなったら、と不安になったことを話すホバクです。
そんなホバクの気持ちも知らず、セダルは帰って来ると、明日はミランと紅葉狩りに行く、と言ってホバクに弁当作りを命じています。

翌朝、言われたとおりに弁当を作ったホバクですが、セダルに薬入りの野菜ジュースを飲ませています。
ところが、味が…と言うセダル。
バレたか?と思うホバクに、美味しい、と絶賛するセダル…。

18話
ホバクはお弁当もたくさん作ったことだし、と子供たちと出かけることにします。
遊園地に行こう、と言っていたのですが、いっしょに行こうと誘ったクァンバクが締め切り間際だ、という事で、近くの公園に行くことになります。
テバクとミホ、お祖母さんも誘い、一緒に出掛けます。そこに後から合流するドン。
ところが、その公園にはセダルもミランと一緒に来ているのね。
そして、ホバクがジュースに入れたのはどうやら下剤だったようで、トイレに駆け込むセダル。

セダルがトイレに籠っている間に、セダルの子供たちがミランのいるテーブルのところへとやって来て、お弁当をひっくり返してしまいます。
テバクがその騒ぎに気付き、謝るのですが、その相手がセダルといっしょに居た人だ、と気付き、セダルに電話をかけます。
他の人たちが気付く前に早く帰れ、と言うテバク。

家に戻ったホバクたちですが、先にセダルが帰って来ています。
下剤を仕込んだのがホバクだと気づいているセダル、怒って実家へと行ってしまいます。

その夜、クァンバクはミホのアドバイスで嫉妬作戦。
知り合いに頼み、焼肉デートのふりです。
作戦は大成功で、クァンバクを店から連れ出し、他の男と肉を食うな、と言うサンナムです。

結局セダルの方は実家に泊まったのね。
翌日、セダルが帰ってこなかった、と聞いたクァンバクは親には言えないものの、スバクに打ち明けます。
話を聞いたとたん、クァンバクを連れてホテルに乗り込むスバク。
ミランに、これからどうするつもり?と訊くのですが、考えてない、と涼しい顔のミラン。
第3者が立ち入る問題じゃない、とミランが言うのを聞き、コップの水をぶっかけ、平手打ちするスバクです。

そしてまた朝、スバク母が豆腐が無い、と騒ぎ出します。
昨日の夜、おなかがすいて食べた、と言うミンジュンにつらく当たるお母さん。
ミンジュンは朝から豆腐を買いに行きます。
買って来た豆腐と生活費をスバク母に渡すミンジュンでしたが、それを知った父親がスバク母を叱ります。
そして、家のこともしないスバクに働きに行くように言うお父さん。

ミンジュンは配達で再び、スンジョンの家にやって来ます。
ご飯を食べて行って、と言い、わかめスープを準備しているスンジョン。
誕生日のたびにスンジョンが話目スープを多雨繰ってくれた、と昔話をしながら、はっと気づくミンジュン。
スンジョンに誕生日のお祝いを言われると、涙を隠すようにそのまま席を立ってしまうミンジュンです。

ワン家の方では乳母車が壊れる、と言う事件が発生です。
スバク母娘の目を盗み、何度もドンがおばあさんのために持ち出していましたから、ドンのせいだ、と思うスバク母娘。
スバク母子に責められ、腹を立ててドンとともに家を出るお祖母さんです。
ところが、その後、スバクの娘が自分がしたんだ、と告白、慌てるスバク母娘です。

一方、クァンバクはサンナムと海にやって来ています。
海辺でキスを仕掛けたサンナム、クァンバクに、告白することがある、と言い出します。
告白を聞き、自分と別れることにしても、ここ数か別とても楽しかったのでそれで充分だ、と言うサンナム。
そして、実は自分が高校も中退していて卒業しいていないことを話します。

19話
自分の学歴のことを話したサンナムは、クァンバクにひとり分のバスのチケットを差し出します。
自分とやって行く自信がなければバスに乗って帰るように言うサンナム。
受け入れられるのなら、ここで待っていて、と言い、クァンバクに考える時間を与えようといったん立ち去るサンナムです。
残されたクァンバクは涙を浮かべながら、家族の反応を考え悩んでいるようです。

考えた末、ソウル行きの最終バスに乗るクァンバク。
サンナムは海岸に戻って来て、クァンバクがいないことを知り、バスターミナルに行くのですが、最終バスが出た後と知り、仕方なく帰途につきます。
ところが、バスに乗ったクァンバク、途中で気が変り、バスを降りて再び海岸に向かいます。
でも、サンナムの姿はなく、そのままそこにうずくまるクァンバク…。
サンナムの方も途中で車をUターンさせ、海辺にいたクァンバクを見つけます。
サンナムはここに誘ったのは、初めてでたった一度の家族旅行に来た場所だから、家族になる人と一緒に来たかった、と結婚の意思を明確に示します。
嬉しいものの、今までプレイボーイだったことが気になるクァンバク、これからは私だけを見ているって約束して、と要求。
キスして約束するクァンバクです。
2013110223412322_1_rstararm.jpg

一方、おばあさんたちの家出は、帰って来たスバク父も知ることになります。
お父さんも一緒になり探すのですが、なかなか見つからず、警察に届けに行くお父さん。
ところが、そこにミンジュンがいます。
コメを配達に行った先で、そこのお婆さんに頼まれ、家の中まで運んだのですが、その後財布がなくなった、とお婆さんが騒ぎ出したのね。

話を聞いたスバク父はミンジュンを隅に連れて行き、出来心でやったんだったら正直に言うように言うのですが、自分はやっていない、と言い、お父さんまで疑うなんてショックだと言うミンジュン。
お義父さんは警察官のところに戻ると自分の名刺を差し出し、ミンジュンがそんなことをするような人間じゃないと保証、警察官たちと一緒にお婆さんの家に財布を探しに行きます。
財布はもちろんお祖母さんの勘違いで、間もなく見つかり、事なきを得るミンジュン。
お義父さんは疑うようなことを言ったことを謝り、帰途につきます。
ところが家の前まで帰って来て、お祖母さん達が家でしたことを思い出したスバク父、再びお祖母さん達を探しに行きます。

お祖母さんとドンはお金も持たずに出て来たため、脱北者のまねをして商店の主人にパンを恵んでもらったりしていましたが、路地で震えています。
二人はお互いに、相手が乳母車を壊した、と思い込んでいたのですが、違うと分かり、自分たちが出て行く理由なんてない、と戻って来ます。

セダルの方はミランから、水かけられ平手打ちされたことを聞き、ホバクの職場にまでやってきて文句を言います。
またもや落ち込み、帰宅するホバクですが、団地の入り口では子供がうるさい、と近所の人から文句を言われてしまいます。
家に戻ると子供にあたってしまうホバク…。

ホバクのお父さんの方はボクシングジムの館長から、ホバクに何かあったんじゃないか?と聞いて気になっていたのですが、たまたま入った店でセダルがミランと親しげにしているところを見てしまったのね。
ホバクの家へとやって来ます。
スバクをホバクの会社で働くようにできないか?と頼み、ついでのようにセダルのことを訊くのですが、何も言わないホバクにそれ以上は聞かずに帰る父。

スンジョンの方は餃子を作り、またミンジュンに会っています。
自分が餃子を好きだという事を覚えているスンジョンに驚くミンジュンですが、誤解を受けるから、もうこんなことはしないように言います。
でも、ミンジュンの誤解を解かないまま、大丈夫だから、と言っているスンジョン。
そして、今は大変な時期なんで奥さんが誕生日を忘れても仕方がない、と、この前のことを気遣うスンジョンです。
ミンジュンと別れたスンジョンは、サンナムとクァンバクのところへとやって来ます。
サンナムはスンジョンに、彼女ができたら真っ先に紹介すると約束していたのね。
スンジョンはクァンバクに、サンナムが彼女を紹介するのは初めてだ、と大歓迎。
すぐに、結婚後の生活について話し始めるスンジョンですが、サンナムが貧しい暮らしをしている、と思っていたクァンバクは彼が大きな家に住んでいると知り、びっくりです。

そして、次のステップに進むサンナムとクァンバク。
サンナムはクァンバクの家にやって来て、家族に挨拶です。


20話
クァンバクの家に挨拶にやって来たサンナム、最初は歓迎ムードだったのですが、母親が死別ではなく、離婚ときくと難色を示すクァンバク母。
そして、出身大学を聞かれるサンナム。
クァンバクは大学の話は今はしないように、と言われていたのですが、逃げられず、高校中退だという話をするサンナムに、場の雰囲気は一気に悪くなります。
そのまま、サンナムを門の外まで送るクァンバクでしたが、彼女が戻って来ると、いきなり怒り出す母。
クァンバクは、大学は出ていないけれど、足りないところはない人だと言い、信じて欲しいと言って自分の部屋に入ってしまいます。
ひと段落ついたころに、クァンバクを呼ぶ父。
クァンバク父は離婚のことも気になるけれど、何より中卒だという事が気にかかる、と言うお父さん。
学校で学ぶのは知識だけではない、と言って結婚に反対、今のうちに別れるように、と言っています。

でも、その後サンナムからかかってきた電話には、本当のことが言えず、両親から合格点をもらった、と話し、大喜びするサンナムです。

一方、スバクはホバクが会社に頼み、スバクの職場で働くことになります。
ところが、着飾ってタクシーでやって来たスバク、研修を受けるのは嫌だと言い出し、仕方なく、倉庫の仕事を作るホバクです。
でも、スバクが職場の人たちと仲良くできるはずもなく、半日で辞めて帰ってしまいます。
ホバクの方はちょうどその日、大規模店舗の管理者として回されることになり、職級は上がらないものの、給料は少しアップ、車も必要だから、と会社の方で補助してもらえることになります。

スンジョンの方は娘の写真と動画を撮り、ミンジュンに見せています。
娘が可愛いと聞くと嬉しそうな顔をするスンジョン…。

クァンバクの方は何とか両親を説得しよう、と奮闘するのですが、聞く耳を持たない父母。
クァンバクはホバクの家に行き、悩みを打ち明けています。
クァンバクはサンナムがプライドの高い人なので、家で反対されていると知ると別れようって言うに違いない、と言うのですが、妙策はうかびません。

一方、サンナムはミンジュンとセダルと飲みに行きます。
浴びるほど飲み、絡み始めるセダル。
最初はサンナムに絡んでいたのですが、次第にミンジュンに絡み出し、耐えられなくなったミンジュンは思わず殴りつけてしまいます。
ところが、相当飲んでいて、そのまま眠りこんでしまうセダルです。
セダルを送り届ける途中、サンナムとクァンバクはよく似合っている、と好意的な言葉を発するミンジュン。
ミンジュンはクァンバクにも、男は酒を飲むと人柄が分かる、と言ってサンナムに好印象を持ったことを話しています。

一方、泥酔しているセダルの元にはミランからのメールが入ります。
それを見たホバク、セダルのふりをして、妻と寝る、などと送り返しています。
翌朝、目覚めて慌てるセダル、ミランからは妻が送ったメールも見せられるのですが、自分が送ったのかそうでないのかもわからない様子…。
そんなセダルに電話をかけてきて、食事に誘うホバクの父親です。
ホバク父は食事を勧めながら、ホバクのことで苦労しいただろう?などと言うのですが、それに同調しちゃっているセダル。
他に目移りすることもあるだろうけれど、広い心でホバクを受け入れてやってくれ、と言うホバク父の言葉にもまるで反省の色のないセダルです。

クァンバクとサンナムの方は指輪選びです。
そんなところにも母からの電話がかかり、怒られているクァンバク。
でも、結婚に向け、着々と準備を進めている二人です。

今度はクァンバクがサンナムの家に挨拶に行くことになるのですが、実は前々からトラブル続きのサンナム父とその直前にもまた、トラブルを起こしています。
今度はスーパーで商品の取り合いで揉め、防犯ビデオのチェックまで店にお願いする二人。
そして、クァンバクに呼ばれてどんとテバク、お祖母さんまで助太刀にやって来て商品を手に入れているクァンバクです。
家に戻って来たサンナム父からその話を聞き、非常識な人だ、と言いサンナムのお相手とは大違いだ、などと言っているスンジョン。
お父さんの方はサンナムの相手ならだれでも許す、と言っているのですが、クァンバクがトラブル続きの相手だと知ったお父さんはどう出るのでしょうか…。

でも、そんなことは夢にも思わず、二人で指輪を嵌めて幸せいっぱいのサンナムとクァンバクです。
2013110400412623_1_rstararm.jpg




週末ドラマに良くあるパターンですが、クァンバクとサンナム、急速に結婚に向かい始めましたね。
問題山積みで結婚生活に突入するのでしょうか?

そして、もしかして、と思っていたミホの父親、どうやらミンジュンでほぼ確定のようですね。
スンジョンの言った"ウリ タル" 他人に自分の子供のことを紹介する普通の言い回しなんですが、スンヨンの場合、ウリ、に含みを持たせていましたよね。あなたと私の娘、という意味を込めているんだろう、と思いました。

そして、スバクの過去も少し見えてきました。
まだまだ具体的なことはまるで分らなかいのですが、ミスコリアに出場した日に何かがあったようですね。
いままで、スバクが加害者だとばかり(汗)思っていたのですが、雰囲気からして、何か重大な事件の被害者になった、という感じ…。
だけど、この親子、常識では理解できないところがありますから、加害者なのに、被害者意識を持っている、なんて可能性もゼロではありませんが…。

そして、来週はいよいよ、クァンバクとサンナム父の対面!
とっても楽しみです♪

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。