スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛するのは自分のため」6話・7話あらすじ

視聴率はどんどん下落傾向ですが…。

周辺はそれなりに展開があるのですが、ジェミンとミジュの別れ話、まだ引っ張るんですか?って感じです。
それも、同じことの繰り返しって感じで、ちょっとうんざり。

今週は心の痛いお父さんが中心でした。
父親の娘に対する気持ちは胸に響くものがあったんですがね。

2013102001092912_1_rstarrsm.jpg


それでは今週のあらすじです。


6話
ユラの家で鉢合わせしたユラ父とユラの不倫相手のユンチョル。
そこにユラも帰って来ます。
何も言えない父に、何しに来たのよ、と言って怒るユラ。
ユラ父はそのまま帰り、ユンチョルも、こんなこと、考えても見なかった、と驚きながら帰って行きます。

一方、ハギョンの会社ではジェミンのアイデアで作った鞄が好評だとの話がハギョン父に伝わります。
ハギョン母も、昨日は言い過ぎた、と謝り、商品化することになり、鞄の制作を請け負った会社とも取引継続が認められます。
ハギョンは実は鞄のアイデアがジェミンのものだと報告。それを聞いたハギョン母がジェミンに、働いた分の給料を受け取りに来るようにと電話します。
給料を取りに来たジェミンに、自分が推薦するから、と会社のマーケッティングチームへの入社試験を受けるように話すハギョン母。
そして、ジェミンがアイデアを出したハンドバッグを一つプレゼントします。

帰ろうとしているジェミンはハギョンと顔を合せます。
バッグを誰にプレゼントするの?と訊くハギョンに、当然彼女に、と答えるジェミン。
お母さんが残念がるわね、と言うハギョンに、母が亡くなっていることを話し、また気まずくなる二人。
ハギョンは謝るのですが、冷たい態度のまま、帰ってしまうジェミンです。

自宅で呆然としていたユラですが、ユジンから、チャプチェを冷蔵庫に入れておいた、と言うのを聞き、父がそれを届けにやって来たのだと知ります。
ユラは実家に行き、私がチャプチェを食べたいなんて言った?と父親に食ってかかります。
ユラは人を傷つけてしまった、と思った時に、逆に攻撃的になってしまう性格のようですね。
余計な事をした、と言う父に、どうして何も聞かないの?と詰め寄るユラ。
家族のある男じゃないだろうね、とようやく訊く父にユンチョルの妻子の話をするユラです。
家族の苦しみを知っているお前がどうして?と絶句する父に、父親は考えたのか?と訊きかえすユラ。
それまで尊敬して愛していた父だったのに、それを一瞬で失ったのだというユラです。
父に与えられた苦しみの分をお返しするんだ、と言い、母が赦していたとでも思っているの?母は死ぬまで許していなかった、と言うユラの言葉に心臓を押さえ、苦しそうにうずくまる父です。

ジェミンの方はソンフンから会社の面接の話を聞いていたので、それを断るために会いに行っています。
面接の話を伝え、今までは先に大騒ぎして失敗してきたから、と慎重な姿勢のジェミン。
ソンフンは家で食事をしよう、とジェミンを連れて家へと帰るのですが、そこに父が倒れた、との知らせがユジンの携帯に入り、慌てて3人で実家へと向かいます。
ソンフンは医者ですから、直ちに父親を寝室に寝かせ、応急処置。
ユジンに、病院へは連れて行かなくてもいいが、一度検査を受けに連れて行った方がいい、と言うソンフン。
ソンフンから、何かショックを受けたようだ、と聞いたユジンはユラに、何があったのかを聞こうとするのですが、何も言わず、帰ってしまうユラです。

ミジュの妹のウンジュはシェフに、お姉さんはどう?と積極的に推薦するのですが、断られてしまっています。
ミジュの方は実母のスネとの同居を決めたのね。
さっそくマンションを引き払い、母と暮らし始めるミジュです。
ミジュに、お嫁に行くまでここで一緒に暮らそう、と言っているスネ…。

ジェミンの父は夜中に目を覚ましています。
洗面所で顔を洗っていた父は、突然、声をあげて泣き始めます。
ジェミンはそれに気づくのですが、そのまま声をかけず、自分の部屋へと入って行きます。
でも、翌朝は何もなかったように、朝食の準備をする父。
ジェミンは何かあったのか?と訊くのですが、何でもない、と話さない父親です。
ジェミンは推薦を受け、会社の面接を受けることを報告しています。
ジェミンは父が倒れたのは、自分のせいじゃないかと思っているようですね。
自分のせいなら、これからしっかりするから、と言っているジェミンです。
ジェミンはご飯を食べ終わると、ユラの家を訪ねます。
昨日、何かあったんだろう?と訊くジェミンに、何も答えないユラ。
ジェミンは父が倒れたのは自分のせいだろうと思っているので、憎むのなら自分を憎め、と言っています。
どうやら、ジェミンの母親が他のきょうだいとは違うことを、ジェミンはもちろん、姉たちもずっと知らないままに育ち、その後知った、という経緯があったようです。
お母さんは自分を姉たちと同じように育てた、と言い、お父さんも昔のように強くはない、と言うジェミンです。

ハギョンはジェミンにメールを送り、呼び出しています。
これから一緒に働くことになるかもしれないから、わだかまりを解こう、と言うハギョンですが、相変わらず、不機嫌そうなジェミン。
ハギョンはプレゼントだ、と言って書類を渡します。
何かと訊くジェミンに、カンニングペーパーみたいなもの、と言い、面接の助けになるから、と言いますが、それは不公平だ、と断ろうとするジェミン。
これぐらいは、みんな手に入る、と言い、会社のことについても調べてくるようにアドバイスするハギョンです。

ハギョンと別れると、もらった鞄を渡そうとミジュのマンションを訪れるジェミン。
でも、マンションの管理人から、ミジュが引っ越したことを聞かされ、頼まれていた物だ、と荷物を手渡されるジェミンです。
銀行を訪ねてみるのですが、休暇を取っている、と同僚から聞かされ、ミジュには会えません。

一方、ハリムの店には不動産屋がやって来て、建物の持ち主が代わり、1週間以内に出て行ってほしい、と話します。
どうやら、初めてのことではないようです。
ハリムがその不動産屋の店に行ってみると、そこには母の秘書兼家の執事のスジョンがいて、自分がレストランをできないように母が建物を買い取ったと知るハリム。
会社の母親の元を訪れ、抗議するハリムですが、あなたが諦めない限り、自分も絶対あきらめない、と彼に会社を継がせたがっている母親です。

ユジンの方はソンフンが出勤する前に、父の家に行って様子を見てくる、と話をしています。
ソンフンはお父さんが淋しそうだ、と再婚を勧めるのですが、父は絶対そんなこと考える人じゃない、と何度も言うユジンです。
そう言って父の家に来たユジンですが、父の姿はありません。
お父さんはユジンたちの母親の墓所に行っていろいろと思いを巡らせていたのですが、やがてユラを呼び出し、会っています。
そして、ユラに、相手の男に、父親として会わなければならない、と言っています。

7話
相手に会わせろ、と言う父に、会わせられないと言うユラなのですが、自分と同じ過ちを子供が繰り返すのは見過ごせない、と、すぐに呼ぶように言い募る父。
ユラは仕方なく、ユンチョルを呼び出します。
帰れと言われ、先に帰るユラ。自宅から男に電話をかけ、会わないように言うのですが、会う、と言うユンチョル。
すると、もう会わないと言え、と言うのですが…。

家に戻って来たジェミンの方は、来ていたユジンに、父親が昨晩バスルームで泣いていたことを話します。
自分のせいじゃなかったら、ユラのせいだと思うが、と言っているジェミン、なかなか帰ってこない父親を案じて電話を掛けてみるのですが、出ない父です。

父の元にはユンチョルがやって来ます。
どういうつもりでユラに会っている?と訊かれ、ユラを愛している、と言い嘘はつきたくない、と言うユンチョル。
すぐに離婚してユラと結婚するか、さもなくば別れろ、家族が知らないうちに別れろ、と言って帰って行く父親です。
2013102100040040_1_rstarrsm.jpg

ジェミンの方はミジュの住んでいたマンションの管理人が預かっていた荷物を開けます。
ジェミンがプレゼントしたものや、二人の名前の入ったマグカップなど、思い出の品の数々です。
それに通帳とお金もあります。
ミジュにメールをして待つジェミンでしたが、ミジュがメールを確認したのは夜になってから。
銀行に来られても困るから、と言って現れたミジュにひどい女だ、と言うジェミン。
一つ一つに意味があるのに、そんな風に、二人でためたお金をきれいに折半してまで…と言うと、もうやめよう、とジェミンの方から言います。
自分は捨てられないから、お前が持って帰れ、と言って箱を押し付けて、せいぜい幸せになりな、、と捨て台詞を吐いて帰るジェミンです。

家に帰ると、どうして自分に酷い事をさせるのよ、と言って母の前で泣くミンジュです。

ハギョンの父は家で、ハギョン母とスジョンが話しているのを聞き、ハギョン母がまた、ハリムのレストランの建物を買い取ったことを知ります。
ハリムは母親が後継者にしようと干渉しすぎて逃げ出した、という事のようですね。
そんなことをしたらますますハリムが遠くに行ってしまうだけだと言い、ハリムを失うことになる、と警告する父なのですが、ハリム母は聞く耳を持ちません。
ハギョンもハリムの店に行き、事情を知ります。
初めてのことではないようで、店の営業もせず、一人ワインを飲んでいるハリムを見て、察しの付くハギョンです。

ハギョンは母親に、お兄さんを後継者にすることを諦めたら、みんな幸せになる、と言います。
自分が仕事をもっと頑張るから、と言うハギョンなのですが、母親の方は、自分がができなかったから、ハギョンには女としての幸せを叶えて欲しいと言っています。
ハギョンの方は働く母親の姿に憧れて来たのですが…。
ハリムの方は料理をしていても煮詰まってしまい、店を休業し、旅に出ます。

一方、夜遅くに友達からの電話を受け、会いに行くソンフン。
その友人とは、ユラの不倫相手のユンチョルです。
ソンフンとユンチョルは高校時代からの友達のようですね。
ソンフンがユラの義兄とも知らず、相手の父親に会った、という話をするユンチョル。
2013102105204981_1_rstarrsm.jpg
離婚するのかと訊かれ、自信がない、と言いつつも、彼女がいないと生きていけない、と言うユンチョルです。
お前ならどうする?と訊かれるソンフンですが、妻一筋のソンフン、考えたこともなく、分からない、としか答えられません。
2013102101140111_1_rstarrsm.jpg
(いまだにこういう鳥肌愛情表現の夫婦ですから…)
でも、大部分の人がその愛をやり過ごす、と言うソンフン。それは責任を持たないといけないと思うからだ、と言っています。

ユラの父の方はユジンを呼び出し、ユラは実家に戻った方がいいと思う、と言い、説得を頼んでいます。
ユジンはユラを食事に誘うのですが、お父さんに何か頼まれた?と言い、電話で言うように言っています。

ミジュの父親の方は妻に愛想を尽かされ、家事をすべて拒否されて思い通りにならなくなってしまいます。
困ったミジュ父、次なる解決策を思いついたようで、ミジュ実母の店に現れ、やり直せないか?言ってバラの花を差し出しています。
2013102105333774_1_rstarrsm.jpg




ハギョンとハリムのお母さんは自分の夢を子供に押し付けるタイプですね。
自分の考える幸せと子供たちの求めている幸せがちがうのが分からないために逆に子供たちを傷つけている…。

この母親の姿って、ユジンと共通するところがあるようで、そのうちユジンと彼女の息子も一戦交えることになりそう。
傍から見ると明らかに間違った愛情表現なんですが、当事者にはなかなか分からないものなんでしょうね。

そして、かなりあらすじではすっ飛ばしているところなんですが、ミジュ父って、本当にどうしようもない男~~、
ミジュ養母、略奪婚の弱みで彼に従っていたけれど、ようやく反旗を翻し始めたところ。
ドラマ的にはこの男も真人間になるのでしょうけれど、現実の世界ではこういうタイプの男って、きっと死ぬまでこのままなんじゃないかと思います♪

そろそろ新しいラブラインをさくさくっと進めて欲しいです!

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。