スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛するのは自分のため」3話・4話あらすじ

今週はミジュの兄のビョンジュ(ソ・ドンウォン)とその妻のジヨン(オ・ナラ)が登場。

00無題

また、ユジンとソンフンの息子も初登場です。

0無題



では、今週のあらすじです。




3話
別れよう、と言うミジュに、指輪を出し、その場でプロポーズするジェミン。
でも、どうしてこんなタイミングなのよ!?と、ミジュの気持ちは動きません。
自分とジェミンが結婚しても、未来に希望を持てないと言うミジュ。
自分にはジェミンしかいない、と思ったのは錯覚だった、と言い、再度別れようと言い家に入ってしまうミジュです。
ジェミンはミジュを追いかけ、ドアをドンドン叩くのですが、ミジュは、これ以上話はない、と拒否します。
絶対に分かれない、と言いつつも、仕方なく、その日は帰るジェミンです。

翌日、仕事に出かけたジェミンは不機嫌な顔をしています。
ハギョンは、昨日は約束があったでしょう?などと聞いて来るのですが、話したくない、と答えないジェミン。
平気な顔をしていたものの、車を降りる時には謝っているハギョンです。

ジェミンの上の姉のユジンに夫のソンフンは、子供たちを連れてキャンピングカーでヨーロッパ一周旅行をしよう!などと提案するのですが、仕事はどうする?子供たちの勉強は?と言って相手にしないユジン。
一人で行け、と言われ、がっかりのソンフンです。
彼が出勤するとジェミンに電話をかけ、ミジュの食べ物の好みを聞くユジン。
招待するなら、ちゃんとおもてなししようと思うユジンなのね。

一方、ハギョンの父はジェミンが以前に会社の就職試験を受けた時の書類を探し出して見ています。
どうして落ちたんだろう?などと言うハギョン父。
それを聞き、ハギョン母は、どうしてただの運転手のことを調べるのかと不思議に思って聞くとジェミンに好感を持っていると答えるハギョン父です。

ハギョンはお昼休みに、昨日のお詫びに食事をおごろうとするのですが、食事の時間をもらえるなら別々に行動したいと言い、ミジュの銀行へと飛んで行くジェミン。
でも、ミジュはすでに食事に出ています。
近くの店を片っ端から探すジェミンですが、ミジュはいません。
ミジュはサンドイッチを買って公園で食べていたのね。
休みを終えて戻ってきたミジュにようやく会えるジェミン。
ミジュを呼び止めるジェミンですが、ミジュの別れる決心は変わりません。

ミジュの養母の方は腰痛が癒えず、ミジュの妹ウンジュがバイトのお金を工面して病院に行くように言います。
子供が学費にしようと貯めているお金を使うことを躊躇う母を、何とか説得したウンジュですが、ウンジュ父は韓方病院に連れて行くことすら文句たらたら…。
そして、ウンジュ父は息子のビョンジュ(ソ・ドンウォン)に電話をかけ、彼の妻キム・ジヨン(オ・ナラ)を家によこすようにと言っています。
ホンジュからの電話を受け、お義父さんたら図々しい、と不愉快そうなジヨンです。

ジェミンの方は、仕事を終えたハギョンを家に送るのですが、今日は母親も一緒です。
翌日は土曜日なのですが、出勤するように言われるジェミン。
ミジュを家に招待する約束をしているジェミンは早く出勤する代わりに早退させてくれるようにと頼み了承を得ています。
仕事を終えると、ミジュに電話をかけるのですが、出ないミジュ。
メールを入れて、店でミジュを待つジェミンです。
でも、いつまで待っても現れないミジュ。
実はミジュ、銀行でミスをしてしまい、他の行員も巻き込んでの残業になってしまっています。
上司に散々文句を言われながら、ようやく解決し、家へと帰るミジュです。
家の前ではジェミンが待っています。
ミジュは、自分が別れようと言い出したのはすっぽかされたからじゃない、と説明し始めます。
自分は両親の離婚と父親の再婚のことまで話したのに、ジェミンの方は家族のことは何一つ話さない、と言うミジュ。
ジェミンは、話すようなことが無いから、と言うのですが、家族に紹介もしてくれないじゃない、とミジュは言います。
明日、自分の家族が会いたいと言っているから、と言うジェミンなのですが、紹介されたとしてもどこに住むの?と言うミジュ。
自分たちがアルバイトして生活するとなると生まれてくる子供はどうなるのか、と言うミジュです。
なおも、自分を信じてくれ、と言うジェミンに、自分の方が疲れたんだ、と言うミジュ。
これ以上、つらい事を我慢できない、と言うミジュに、幸せにする、愛している、と言って抱きしめるジェミンです。
別れたくない、と言い、ミジュと入れば何でもできる気がする、と言い、プレゼントを渡すとジェミンは帰って行きます。
プレゼントはコンパクト。
この前喧嘩した時に壊してしまいましたからね。
コンパクトと指輪を前に、また悩み始めるミジュです。

そして翌日、土曜日です。
ハギョンの仕事の方でトラブルが発生です。
イベントのVIP招待客に配るバッグを作る予定の革が税関でストップしてしまい、入って来ない、との連絡がバッグの制作を頼んだ会社の社長から入ります。
そんなことはありうることなのに、対策も取っていなかったの!と怒りながらもジェミンの運転で彼の工場へと向かうハギョン。

一方、ジェミンの家にはユジンがやって来て、食事の準備を始めます。
ジェミン父は用があって出かけるのですが、お惣菜屋のミジュ母スネから話しかけられています。
迷惑そうに返事をして通り過ぎるジェミン父。
ちょうどそこにミジュがやって来て、彼女の姿をちらっと見るジェミン父です。
ミジュは実の母に相談がしたくてやって来たようですね。
実は付き合っている人がいる、と言い、相手の家に行くことになったのだけれど、結婚となると自信がない、と言うミジュ。
スネは最初はいろいろ結婚相手の条件を言っていたものの、最後には、自分を幸せにしてくれる人と結婚しなさい、とアドバイスします。
お金の問題なら、自分が子の店だって売るから、お金のためにいい人を逃すな、と言ってくれる母です。
ミジュは、今になって別れるのも簡単な事じゃない、と思い直し、ジェミンと約束したところへと向かいます。

一方、ハギョンは在庫から代替品を探すのですが、適当なものが見つかりません。
いっしょに在庫を探していたジェミン、残った端切れを使い、一品物のバッグを作ったらどうか、と提案。
そのアイデアを採用し、バッグの制作にかかるハギョンです。
端切れの組み合わせはセンスの要求されることで、社長はどうも適任ではないようで、ジェミンを頼るハギョン。
3時には帰る約束をしていたジェミンですが、もうちょっと、もうちょっと、と引き延ばされ、バッグの制作が終わるまで残るジェミンです。
出来上がったバッグをすぐに届けなくては!と言うハギョンですが、これ以上は引き受けられない、と今回は断り、そのままミジュと約束している場所へと向かうジェミン。
そちらに向かいながら、ジェミンはミジュに電話をかけます。
時間が無いから、プレゼントはなしで行こう、と言うジェミンに、そんなわけにはいかない、と言い、自分が買って行くから、と言うミジュ。
ミジュは電話を切るとケーキ屋に入ります。
ところが、ケーキを選ぼうとしたミジュ、先ほどジェミンから、プレゼントなんて気にするな、と言われたことを思い出します。
何かに気付いたような様子で、しばらくぼんやりしていたミジュ、結局ケーキを置かわず、店を出てしまいます…。

4話
ジュミンの家ではユジンが次々と料理を仕上げており、ユラもやって来ます。
今日は何も言わず、ただ食べて帰るだけにする、とユジンに約束するユラ。
出かけていたジェミン父も帰って来ます。

ジェミンはあわてて約束の店に駆けつけるのですが、ミジュの姿はもうありません。
ミジュに電話をかけるのですが、電源を切ってしまうミジュ。
ジェミンはミジュの家に向かい、家の前で待ちます。

ジェミンの家にはユジンの夫のソンフンが子供たちを連れてやって来ます。(ユジン息子、初登場です)
約束の時間も過ぎ、ジェミンに電話してみるユジン。
遅れそうだけれど、必ず連れて行くと言い。先に食べてくれ、と答えたジェミンですが、そこにミジュからのメールが届きます。
これ以上失望したくない、今まで過ごした時間まで後悔しそうなのでここで別れよう、と言う内容です。
慌ててミジュに電話をかけるジェミンですが、彼女は出ません。

ジェミンの家に集まった人たちは食事を始めます。
ユラの結婚の話が出ると、自分は向かない、と言い、結婚はユジン夫婦のような人たちがするものだ、と言うユラ。
ソンフンはユジンのことを愛する用意があるし、ユジンは家庭に価値を認めている、そんなタイプの人たちがいいんだ、と言います。
そう言いながら、ソンフンに、これからも一生ユジンだけ愛する自信がある7?と質問するユラ。
どうして自信があるなんて言いきれる?、などと答えてているソンフンです。

食事が終わっても帰ってこないジェミンにみんな帰ることにします。
が、ユラが家を出ようとしているところにジェミンが帰って来ます。
一人なの?と訊くユジンに、用意をしてもらったのにすまない、と謝るジェミン。
ジェミンは仕事で遅れてしまって会えなかったんだ、と説明するのですが、ジェミンをバカにして帰るユラ。
父親も、自分一人で結婚するつもりだったのか!?と怒り出します。
その様子を見て、夫と子供たちを先に帰すユジン。
父親はジェミンに、それでもきたいしていたのに、いったいこれはなんだ!と失望をそのままジェミンにぶつけます。
自分でも情けない奴だとたまらなくなる、と言うジェミン…。
ユジンはそんなジェミンにご飯をよそってやり、お義父さんは言葉ではあんなことを言っているけれど、その分期待していたのよ、と父親の気持ちを代弁しています。
そして、また機会があるわ、とジェミンを慰めるユジンです。

ユジンも家に帰り、ソンフンと二人になると、ソンフンはジェミンとユラの関係を聞いています。
きついことを言うのがユラの愛情表現だ、と言うユジン。
ユジンは、子供たちを傷つけない親になりましょう、とも言っています。
ソンフンが、子供を傷つけたい親などいない、と言い、愛情が強すぎることも子供を傷つける、と言うのですが、気にも留めていない様子のユジン。

でも、彼らの長男は反抗期に入ったのか、ユジンのことが重荷になって来ているようです。
ユジンに隠れ、誰かに携帯で、母親は勉強しか知らない、と苦しい胸の内を打ち明けています。

親は子を赦せるけれど、子は傷を忘れられない、と言うユジン。
親も人間で完全な人などいないよ、と言葉をかけるソンフンでしたが、話は食事の時に、ソンフンが一生ユジンだけを愛する自信がない、と言ったことになります。
拗ねるユジンに、新たに誓いを立てるソンフン。
信じられないわよ、と言うユジンに歌を歌いおどけて見せるソンフンに、笑い出すユジンです。

ジェミンは一度は布団に入ったものの、再び起き上がるとミジュのマンションに向かいます。
いるのは分かっている、と言いながら、ガンガンドアをたたく音に、近所の人も目が覚めてしまい外に出てきます。
警備員に止められ、仕方なく帰って行くジェミン。
一人屋台で酒を飲みながら涙を浮かべるジェミンです。
やがて家に帰って来るジェミンを起きて待っている父。
自分でも自分が嫌だ、と言い、父親に認められたかった、と言って自分のベッドに倒れ込むジェミン。
父親は彼の靴下を脱がし、布団をかけてやります。

ミジュも結局服を着たまま朝を迎えたのですが、薬指にはめた指輪に気付き、外しています。

一方、ミジュ父の呼び出しで、仕方なくそちらの家に向かうミジュ兄嫁のジヨン。
ジヨンはミジュ実母の店に寄っています。
ミジュ父の家に行くと言うジヨンに、ミジュ実母は惣菜を詰めてやり、お金まで渡して送り出しています。
ミジュ養母が腰を痛めたことを聞き、自分の分の苦労を彼女がしている、と思う母です。
そこにミジュがやって来ます。
出て行く間際に、養母残しの話をし、養母のところには最近行っていないでしょう?などと言うジヨンに、この前もあった、と答えているミジュです。

二人になると、昨日のことを聞きたがる母。
ミジュは結局行かなかったことを話し、どう考えても自信がないし、希望が見えず、悪い事ばかり考えてしまう、と話すミジュ。
愛ではなく憐憫だったみたいだ、と言うミジュにご縁がなかったのだろうから仕方がない、と言い綺麗に忘れろと言う母です。

ジヨンはスネのお惣菜を持ってミジュ養母を訪ねます。
スネの店によってもらって来た、と言いおかずを渡すジヨン。
実はミジュ父、スネのおかずが食べたかったようですね。
料理は下手だから掃除でも、と言うジヨンですが、もうだいぶ良くなったから自分がやる、と養母が言うと、あえて働こうともしません。
というか、最初からそういう展開になることを期待していたようです。
その上、ミジュがスネとはしょっちゅう会っているみたい、などと余計なことまで言ってさっさと帰って行くジヨンです。
養母がジヨンを戸口まで送っている間に彼女が持って来たお惣菜を嬉しそうにつまみ食いしていたミジュ父でしたが、養母は戻って来るとすぐさま、お惣菜をすべて流しに捨ててしまいます。

ジェミンの父は朝から鍋を持ってスネの店に汁物を買いに来ています。
その応対をしているのはミジュです。
買ってきた汁物を火にかけ、食事を素養とジェミンに言う父親ですが、食べずに出かけてしまうジェミンです。
ジェミンはまた、ミジュのマンションへと行くのですが、警備員に、ミジュは朝早くからどこかに行ったようだ、と言われてしまいます。
ミジュのマンションの入り口が見えるカフェでミジュの現れるのをずっと待つジェミン。

ミジュの方は養母のところに顔を出した後、スネとチンチルバンに行っています。
カップルで来ている人たちを見て、ジェミンとの思い出に浸るミジュ…。
ミジュはそのままスネの家に泊まります。
夜遅くになっても帰ってこないミジュに、諦めて帰るジェミンです。

翌日、ハギョンは土曜のイベント用のバッグの対応について母親にしかられています。
配ったバッグが当初企画されたものとは違うことを問題視されたのね。
社長に責任を取らせないと、と言う母に、無理を言った自分の責任だと庇おうとするのですが、納得しない母親です。

ジェミンの方はミジュの銀行へとやって来ています。
ジェミンの姿を見て、そっと奥に引っ込み、銀行の前へと呼び出すミジュ。
ミジュは土曜日の約束は何があっても守らない約束だった、と言い、お土産を持って行かなくていい、と言ったのも本当は自分を家族に紹介するつもりなんてなかったんだ、と言います。
また今度、という事になっても、またごまかして結局は会わせないつもりだったんだ、と言うミジュに、信じてくれ、とジェミンは訴えます。
こんな別れは納得できない、と言うジェミンに平手打ちを喰らわせるミジュ。
ミジュの方こそ本当に行く気があったのか?と訊きかえすジェミン。
ミジュは思わず、そうだ、結婚する気はなかった、と答えてしまいます。
こんなところで騒いで自分がクビになるようなまねはしないで欲しい、と言うミジュ、
銀行に居たら、きっといい人が見つけられるから、と言うミジュに、これ以上引き留めない、とジェミンは言います。
そのまま振り向きもせず去って行くミジュでしたが、銀行に戻ると涙を流すミジュです…。
2013100700505766_1_rstarrsm.jpg



これで、ジェミンとミジュの別れは決定的になったんでしょうかね?
そろそろ、ソ・ジソク演じるハリムの本格的な参入となりそうですね。

このドラマは元さやなのか、それともお互い別の相手とハッピーエンドなのか、どっちなんでしょうね。
どちらにしても、ジェミンとミジュは複雑な関係になりそう。

と言うのも、ミジュ実母とジェミン父の恋愛が始まりかけている感じなんですが、この二人が結婚という事になれば、ジェミンとミジュは法律的には大丈夫だけれど、歓迎されない関係になってしまいますし、
ジェミン×ハギョンとミジュ×ハリムでカップルになり結婚、となると、元恋人で親戚付き合いしないといけない立場になっちゃうんですよね。
これは回り以上に、本人たちが結構きついかも…。

さて、来週は…。
予告編を見ると、ユラの不倫もお父さんにばれるみたいですし、ユジンとソンフンの間にもひと波乱ありそう。
来週もいろいろありそうですね。

ところで、ジェミンはどうやら父親が外で作った子供のようなんですが、それ以上の秘密はないんでしょうかね?
韓ドラ的な展開を考えると、実はお父さんとは無関係な子で、血は繋がっていない、なんてことも考えられるのですが…。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます - - 2013年10月12日 21:49:50

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年10月13日 07:37:32

鍵コメさん、初めまして!

> 大王世宗の世子を見事に演じたイ・サンヨプの初主役。

そうでしたね。
私も「大王世宗」で彼を知りました。

> 適役のようで嬉しい限り。

彼、輝いていますよね♪

> ジェミンの父親は元判事。ひょっとして・・・異母姉弟でなくて
> 異父姉弟じゃないかな?と。 元妻の過去を全て隠して自分が
> 悪者になっているのかも・・・ 

事情はともかく、わたしも、このお父さん、悪者じゃないような気がします。

週末ドラマで長い目ですが、じっくり楽しめそうですね。
こちらの方こそ、お付き合い、よろしくお願いいたします。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。