スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君を守る恋~Who Are You~」5話~8話あらすじ

こちらにはあらすじと、ネタバレの感想を書いています。

ネタバレなしの感想とデータはなんじゃもんじゃに書いています。そちらもお読みいただけると嬉しいです。
         

5話
死んだ刑事の霊とすれ違ったシオンは、そのあと振り返るのですが、そのまま行ってしまいます。
霊の方も振り返り、すでに行ってしまったシオンを見て悲しそうにしています。

そして、ゴヌが事件解決に尽力したことで、賞金を受け取り、センターのメンバーを食事に誘います。
後の二人は適当なところで帰し、シオンと二人になると、シオンがどうして被害者が検事の被害者だと分かったのかを聞き出そうとします。
運が良かったんだとごまかそうとするシオンなのですが、食い下がるゴヌ。
ありのままに話せば信じる?と確認したシオンは、自分には幽霊が見えるんだ、と話すのですが…。

ゴヌの方は酔っぱらっていてタクシーでシオンに送られています。
部屋の暗証番号も言えないゴヌ。
まさかと思いながらも生年月日を入れるとドアが開きます。
床で寝てしまうゴヌをベッドへ寝かせることは諦めたシオンですが、格闘していた時に箱にぶつかり、ふたが開いてしまいます。
その中にあった携帯型カセットプレーヤーを手にすると、頭痛のするシオン。
ゴヌに布団をかけてやり、部屋を出たシオンなのですが、彼女の前に現れる、胸にカーネーションの飾りをつけた男の霊。
その夜、シオンは、事故の時の断片的な夢を見ます。

翌朝、昨日のことはまるで覚えていないゴヌ。シオンが幽霊が見えるといった話も覚えていません。
再びそれを聞いても、嘘だと思うゴヌ。
そして、昨日の男の霊は再び現れ、一日中、物音を立てています。

一方、巫女のヒビンは昨日、ソンチャンとのテレビ電話で、警察に行ってもいい?と聞いていたのですが、電話連絡もせず、突然やって来ます。
ゴヌの名前を名乗っていたソンチャン。ヒビンは彼が名前を嘘をついていたことを知り、怒って帰って行くのですが、シオンと偶然顔を合せます。
この前相談した巫女だ、と気付いたシオン、幽霊が音を立てる話をすると、その物音で幽霊は話しかけているのだ、と言っています。
そう言われれば、その物音が気になるシオン、男の立てる音を自分でもなぞって立ててみるのですが、それを聞き、それがモールス信号で、自分の名を表していることを指摘するゴヌ。
シオンは幽霊がゴヌに関係があるのだと分かり、ゴヌの書類を調べ、その男がゴヌの父親だと知ります。
ゴヌ父に言われるままにゴヌの家に行き、勝手に入り幽霊の指差すカセットプレーヤーを手にするシオン。
中にはカセットテープが入っています。
その時、ゴヌが帰って来て、そのカセットプレーヤーを素早く隠すシオンです。
勝手に入ったシオンに腹を立てるゴヌ。
ゴヌはシオンがモールス信号まで知っている、と言い、何らかの秘密捜査をしているに違いない、などと思っているのね。
シオンが父親のことを話そうとするのですが、拒否するゴヌです。

家から出たシオンはテープを聞こうとするのですが、機械の本体が壊れています。
遺失物センターに戻ると、その中にあったカセットプレーヤーを使い、テープを聞くシオンです。

ゴヌのところに行くと、話をしようとするのですが、拒否するゴヌ。
シオンはカセットプレーヤーがゴヌのお父さんのプレゼントで、事故の日がゴヌの誕生日だという事を言い、テープを聞くように言います。
テープの中にはゴヌの父の声が残されています。事故に遭った時にちょうど録音していたのね。
事故に遭った後、ゴヌに、お父さんは大丈夫だから、と何度も繰り返し話しかけていたゴヌ父…。
お父さんが胸につけていたカーネーションはゴヌがつけてあげたものでしょう?と言うシオンに、自分の誕生日が父の命日なんだ、と言い、自分の誕生日が無かったら事故に遭わなかったのに、と言うゴヌ。
それは事故だったんだ、と言うシオンに、いっそ自分に誕生日なんて無かったらよかったのに、とゴヌは言います。
シオンは、お父さんはゴヌにそんな気持ちを捨てろ、と言いにやって来られたんだ、と言っています。

そして、再び現れる刑事の幽霊。

6話
シオンを家まで送りながら、今まで誤解していたことを謝るゴヌ。
そして、警察ではワークショップが開かれることになります。
前日からワークショップの宿所に行き、準備をすることになるゴヌとシオンなのですが、宿泊所に行ってみるとワークショップ恒例の悪戯でキャンセルされていて、別の宿所を探し回るシオンとゴヌです。
ようやく皆の泊まれる宿泊所を見つけ、準備を終えると一休みするゴヌとシオン。
ゴヌはシオンに、幽霊たちはどうしてシオンのことを選んで現れるのだろう?との疑問を口にするのですが、その問いにはシオンも答えられません。
そこに、刑事の幽霊がまた、現れます。
ゴヌはシオンの異変に気づき、(幽霊が)いるの?と訊くのですが、いない、と答えるシオンです。

翌日、他のメンバーも到着します。
川辺でふざけ合い、次々に川に放り込まれるメンバー。
シオンも投げ込まれるのですが、その瞬間、またもや悪夢のように現れる刑事が撃たれる場面…。
そのまま流されて行くシオンを見つけ、救助するゴヌです。

そして、夜間訓練です。
ひとり、山中に入り、廃屋に置かれたノートに名前を記すシオン。
トランシーバーでゴヌと連絡を取り合っていたのですが、突然シオンの悲鳴が聞こえ、トランシーバーは切られてしまいます。
すぐさまシオンの元へと駆けだすゴヌ。

シオンの方は、殴られて気を失い、山中を運ばれて行きます。
とあるところに連れて行かれ、埋められようとしているシオン。
刑事の幽霊がシオンの危機に、暴漢を殴ろうとするのですが、幽霊なので、どうすることもできません。
シオンは何とか目を覚まし反撃、逃げ出したところにゴヌがやって来て、彼と二人で山を下ります。
パトカーがやって来て、ゴヌの元上司のチェチーム長も到着。捜査が始まります。
捜査の途中、腕時計を見つけるのですが、その時計を黙ってポケットにおさめるチェ・チーム長。
暴漢の方は車に乗って逃げ去るのですが、幽霊の男がその車のナンバーを見ています。

結局、何の手がかりも見つけられないままに終わる捜査です。

一方、嘘がバレた事に悩むソンチャンは、もうひとりの遺失物センター勤務の警官に教えられ、巫女の相談を受けに行きます。
ところが、その巫女が相談しているまさにその人ヒビンです。
彼女も巫女であることは秘密にしていましたから、彼女の方の嘘もばれてしまっています。

夜のうちにゴヌに送られ家に帰ったシオンは翌朝、いつも通りに警察に出勤してきます。
そこにまた現れる、刑事の幽霊。
彼の後を追って、とある一室へと導かれて行くシオン。
幽霊に促され、部屋の中を眺めるシオンは、意識を取り戻した自分が記憶を失くした事件について事情を聞かれていた部屋だと気づきます。
そこで見せられた写真を思い出すシオン。
この男を知っているだろう?と訊かれながら見た写真が、自分の前に何度も現れている幽霊の写真だ、と初めて気づくシオン。
そして、悪夢の中で拳銃で撃たれた男がこの男なんだ、という事にも気づくシオンです。
シオンの方を眺めていた幽霊は涙を流しています…。

7話
幽霊に導かれ、入った取調室で、その幽霊が拳銃で撃たれたシーンを思い出すシオン。
一方、ゴヌの先輩のチェチーム長はゴヌに、シオンが襲われた事件について、手掛かりがない、と言いつつ、現場で拾った時計を隠し持っています。

シオンは以前の上司、ムン局長に、何も覚えていないことが心苦しい、と6年前の事件で亡くなった人のことを訊くのですが、教えてもらえません。
がっかりしながら部屋に戻る途中、今までの幽霊が保管室にあった物との関連で現れたことに気付き、保管室に行ってみるのですが、そこで行き詰ってしまうシオン。
6年前のものがここにあるはずがない、と方向転換をし、事件の時に最初に現場に駆け付けた警官を訪ねて行きます。
でも、その警官には会えないシオン。
どうやら彼は、シオンと会うことを避けているようです。

一方、巫女のヒビンが、男の幽霊に頼まれた車のナンバーのメモをシオンのところに持ってきます。
山荘でシオンを襲った男たちが逃げるのに使った車のナンバーです。
数字については何も聞かされていないヒビンは苦し紛れに、ひき逃げの車で、自分が儲けるためだと言って、シオンにメモを押し付けて帰るヒビンです。

そして、シオンの元に、6年前の事件で最初に現場に駆けつけて来た人からの電話が入ります。
彼は、何も話さないことが、皆にとっていい事だ、などといっていたのですが、自分の死が遠くないことを悟り、話すことにしたようです。
駆け出すシオンに付いて行くゴヌ。
二人は待ち合わせの場所に付きます。
相手は横断歩道の向こうにいて、そちらに向かって行くシオン。男もこちらに近づいてきます。
ところが、そこに向かい、突っ込んでくるトラック。
シオンの方は気付いたゴヌが助けるのですが、男の方は重体のようで病院に運ばれます。
意識はまだ戻らず、呼吸器をつけている男でしたが、何とか峠は越えます。

でも、病室に忍び込んできた男に窒息死させられてしまう男。
シオンは、知らせを受けて病院に駆けつけます。
自分のせいで人が死んだ、とショックのシオンです。
二人、遺失物センターへとやって来るのですが、シオンの机の上のメモの番号を見て驚くゴヌ。
昨日の事故でひき逃げをした車の番号だったのね。
その上、山荘の事件の日の防犯カメラの映像を探していて、見つけた車が同じ車だ、という事も調べていました。

それを聞いてヒビンのところに怒鳴り込むシオンなのですが、適当にかわされてしまいます。
彼女が帰っていくと、そこにいた刑事の霊に、シオンとの関係を聞くヒビン。
シオンは霊の声は聞けませんが、ヒビンは聞こえるようで、刑事の霊とも会話をしているのね。
刑事の霊は、愛する人だ、と答えています。

ゴヌはチェチーム長にひき逃げの件を話します。
死んだ人6年前の事件で最初に駆けつけた人、と聞き、表情を変えるチェチーム長。

シオンは自宅に戻って来るのですが、門が開いています。恐る恐る玄関に近づくと、玄関のドアも開いています。
庭箒を手に中にいた人間に向かうシオンですが、そこにいたのはゴヌ。
防犯カメラを設置してくれていたのね。
でも、自分のことは自分で守る、と言うシオン、自分のせいで人が死んだのを目の当たりにして、ゴヌまで危険にさらしたくないシオンです。
ただの防犯カメラだから、と言って、帰って行くゴヌ。

シオンの方は、遺失物センターに彼女宛に届いた封筒を開けて見ます。
その中には幽霊の男の顔写真の付いた刑事の身分証明書もあります。名前はイ・ヒョンジュン。
シオンは取り調べを受けた時、事件のあった日の日付を聞かれたことを思い出し、資料室にその書類を探しに行きます。
でも、一足先にチェチーム長がその事件の記録を抜き取っています。
資料室の中でチェ・チーム長と顔を合せそうになったシオンでしたが、ヒョンジュンの幽霊が現れ、シオンを隠します。
シオンに気付かず立ち去ろうと戸口まで来たチェチーム長でしたが、再び戻って来ます。

8話
シオンの方へと近づくチェ・チーム長でしたが、途中でゴヌからの電話を受け、そのまま帰って行きます。
シオンはヒョンジュンの幽霊に、どうして何度も自分を助けてくれるのか、また、自分を襲った犯人を知っているのかと聞きますが、ヒョンジュンは無言のまま、2007年のファイルを指さします。
ファイルから、自分の探している事件の記録がなくなっていることを知るシオンです。
チェ・チーム長の方は持ち出した書類をシュレッダーにかけてしまっています。

ゴヌはチェ・チーム長と会う約束をしたようで、シオンも誘おうと電話をかけるのですが、彼女は携帯を事務室に置いたまま帰ってしまい、連絡がつきません。
心配になったゴヌはシオンの家の前で彼女を待ち、帰ってきた彼女と共にチキン屋に行きます。
そこにチェ・チーム長もやって来て、楽しく過ごしているのですが、チーム長が本庁勤務していたと聞き、ヒョンジュンと勤務時期が重なるかもしれない、と思うシオン。
シオンはチーム長に、イ・ヒョンジュン刑事を知っているかと問います。
チーム長は知らないと答え、今度はシオンが先ほど資料室に行っていた、という話になり、顔色を変えるチーム長です。

翌日、シオンはヒョンジュンのことを警察の資料から調べています。
そして、ヒョンジュンの死亡時に住んでいた家へ行ってみるシオン。
家に近づくと、身体がその家を覚えている、という感じで、到着した家のインターホンを押ても反応が無いのを見て、まだ壊れたままだ、と呟く自分に驚くシオンです。
郵便受けにあった鍵を難なく取り出し、門を開けて入るシオン。
窓から室内を見るシオンはその中にある人形で視線が止まります。
でも、気にはなるものの、何も思い出せないといった感じです。

事務所に行くと、ゴヌが射撃大会で優勝した時のことを話題にしている遺失物センターの職員たち。
シオンが覗き込むと、パソコンに、その時の写真が写し出されています。
その中でゴヌが手にしているトロフィーに目を留めるシオン。
ヒョンジュンの家の中で見たトロフィーと同じものだ、と気付きます。
大会の正式名称を聞き、調べるシオン。
別の回に、ヒョンジュンがトロフィーを手にしている写真を見つけ出します。
そこには、ヒョンジュンの横に祝福するように立っているチーム長の姿があります。
驚いたシオンはそのまま事務所を飛び出すのですが、ちょうど、どこかに出かけようとしているチェ・チーム長の姿を見かけ、あとをつけるシオン。
チーム長は、とある教会へと入って行きます。
そのあとに続いて入ったシオンでしたが、チーム長を見失った、と思った時に、逆にチーム長から、何か用?と話しかけられます。
その場には、シオンが開きっぱなしにしていたパソコンを見て、チェチーム長のいる場所を聞き、やって来たゴヌも来ていて、陰で様子を見ています。
チーム長に、どうしてヒョンジュンのことを知らないと言ったのか?と訊くシオンに、事件の日の出来事を話すチーム長。

彼は、7年前の事件でヒョンジュンに、出動する必要はない、といったのに動き始めたのを見て、自分もそちらに行ったと話します。
そして、ヒョンジュンが麻薬密売組織のために動いていたことを知ったと言います。
そして、いつからなんだ?と問う自分にヒョンジュンが銃を撃って来たのだ、と話します。
シオンは、そこで自分は何をしていたのかを聞くのですが、シオンがそこにいたことは知らなかった、と答えるチーム長。
シオンは、自分がその事件について知ろうとすると誰かに狙われる、と言い、ヒョンジュンについて、どんな人だったのかを尋ねます。
チーム長は、息子のような奴だった、と答えると、今度はシオンに、ヒョンジュンとはどういう間柄なんだ?と訊くのですが、分からない、としか答えられないシオンです。

警察に戻ると、保管庫でヒョンジュンの身分証を眺めるシオン。
そこにヒョンジュンの幽霊が現れます。
あなたは誰?どういう人?と言い、何もわからない、目の前にいるあなたも分からない…と言って保管庫を出て行くシオン。
残されたヒョンジュンの霊は悲しそうな眼をしています。

その頃、チェ・チーム長はシオンを襲撃した男と密かに会い、彼が現場で落とした時計を手渡しています。

ゴヌの方はシオンに、チェ・チーム長を疑っている訳じゃないだろう?と話しています。
シオンはヒョンジュンの霊が見えることを話し、2度も自分を助けてくれた、と打ち明けます。
どうして自分の前に現れるんだろう、と言うシオンに、チーム長は信じられる人だ、と断言するゴヌ。
自分にとって父のような存在で、シオンが疑うのは不快だ、と言って行ってしまうゴヌです。

一方、遺失物センターの新入りソンチャンは、ヒビンの正体を知り、ショックを受けるのですが、それでも彼女のことが好きなようです。
映画のチケットを持って誘いに行くのですが、年下は好みじゃない、と断られ、撃沈です。
ゴヌを呼び、ヤケ酒に付合わせるソンチャン。
映画のチケットをゴヌに押し付けています。

翌朝、ゴヌもヒョンジュンのことを調べて、彼の住んでいた家へとやって来ています。
そこには先に、シオンが来ていて、門の前に立っています。
ヒョンジュンの幽霊は門の内側にいて、じっと待っているようなのですが、シオンは結局中に入らず帰ろうとします。
その時、ゴヌに気付くシオン。
ゴヌは、シオンを送って行こうとするのですが、ソンチャンから貰った映画のチケットを思い出し、シオンを誘います。
親しげに映画を見る二人を、寂しそうに見守るヒョンジュンの霊。
彼は自分とシオンの映画館デートを思い出しています。
デートを終え、シオンを送って行くゴヌ。
家に入って行こうとするシオンを呼び止めるゴヌでしたが、何?と訊かれると、何も言えずにそのまま帰って行くゴヌです。

家に戻ったシオンは自分の部屋の人形を見ています。
その人形はヒョンジュンの家にあった人形とペアのようです。
ヒョンジュンとシオンの過去の映像が流れますが、シオンは思い出したのでしょうか?

一方、帰りかけたゴヌは、車にシオンが携帯を忘れて行ったのに気づき、再びシオンの家を訪れます。
冗談を言って、帰ろうとするゴヌでしたが、再びシオンを呼び止めます。
振り向くシオンを突然抱きしめ、キスをするゴヌ。
その二人を見ていたヒョンジュンの霊でしたが、やがて、哀しそうに眼を逸らします…。


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。