スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2週間(Two Weeks)」3話・4話あらすじ

いよいよテサンの逃亡劇が始まりました。
逃亡して真犯人の証拠を探す、という話はよくありますが、追うもの追われるもののどちらもが知恵を働かし合い、手に汗握る展開で面白いです。
でも、韓国での視聴率は、いまいち上がりませんね。

ところで、数年前はドラマを見ていて、男の人用の下着のパンツもぺンティーと言うのを聞いてじぇじぇじぇ!と思ったのですが(使い方あってる?)最近ではパンツと言っているみたい…。
そう言えば、しばらくペンティーって言っているのを聞いてないな、と気付きました。
かわって来たのでしょうかね?
2013081502180495_1_rstarkja2.jpg


それでは、あらすじです。


3話
事故現場から逃走を始めたテサンはイネとの会話を思い出します。
イネは移民に行くと言ってテサンから離れて行ったのね。
そして、最後に、もし、血液検査に行かなかったら?と問うテサンに、イネが自分が生きていけないことを言い去って行ったことを思い出すテサンです。

警察では、自供を得られなかったスンウが、いらいらとして当り散らしているのですが、そこにやって来るパク検事。
パク検事はミスクを殺したのがテサンと聞き、ショックを受けています。
2013081502065177_1_rstarkja.jpg
以前、テサンがイルソクの罪を被った事件の裁判所のシーンを思い出しているパク検事。
2013081502065177_1_rstarkja1.jpg

そんなところに、テサンが脱走したとの知らせが届きます。
テサンが乗って逃げたオートバイから探せ、と指示するスンウ。
でも、バイクから足がつくことはテサンも読めているようで、バイクを高校の前に乗り捨てます。
テサンが期待した通り、そのバイクに乗って行く高校生。
テサンは警察がバイクを追っている間に、幌付きトラックの荷台に隠れて検問突破です。
2013081502180495_1_rstarkja1.jpg

パク検事は検察に戻ると上司のハン部長に、テサンは自分の手で捕まえたい、と担当を申し出るのですが、難色を示すハン部長。
パク検事はミスクが自分のせいで死んだ、と言い、彼女を潜入させてイルソクとチョ・ソヒ議員の関係を追っていたことを打ち明けます。

パク検事は担当を任されたようで、さっそく警察にやって来て、スンウに話を聞いています。
テサンが犯人なのは確かか?と問うパク検事に、証拠はそろっているしアリバイはない、と答えるスンウ。

テサンの方はトラックが止まると、今度は土を運ぶトラックに乗り込みます。

スンウの方はテサンの家の前で同居人のマンソクを待っています。
テサンと会っていたのではないか?と問うスンウに、ルームサロンに行っていたことを話すマンソク。
マンソクはテサンから頼まれた、ミスクの相手の男を探っていたのですが、酔っぱらわされてしまったようです。
アリバイが証明され、解放されるマンソクです。
そして、テサンの乗り捨てたバイクがようやく発見されます。

テサンの方は再び検問に差し掛かるのですが、今度はバイクの発見を受け、検問所での検査は荷台にまで及び、警官たちは土の上まで上がって来て調べます。
でも、土深くもぐりこみ、ストローで息をつないで突破するテサン。
2013081502180495_1_rstarkja.jpg
トラックの運転手がトイレに行っている隙にトラックを離れ、歩き出します。
物置小屋を見つけ、そこにある工具で手錠を切ろうとするのですが、失敗。そばにあった自転車で逃走です。
そして、キャンプ場に干してあった衣服を手に入れ、工場で使われていたディスクグラインダーを持ち出し、主人が熟睡している家の物置に忍び込み、手錠を切り、服を着替えます。

病院ではイネとテレビを見ている娘でしたが、偶然、脱走犯のニュースをテレビで目にします。
脱走犯がテサンとも知らず、仕事で奔走しているスンウを心配するイネと娘です。

一方、チョ議員は検察を訪れ、パク検事を操作から外すようにと長官(?)を説得、捜査から外されたパク検事、国科捜の前で夜を明かし、朝一番にミスクの遺体と対面します。
2013081502273352_1_rstarkja1.jpg
涙にくれるパク検事は彼女の身に着けていた衣服も引き取るのですが、その中に自分が誕生日プレゼントに贈ったブラジャーがあるのを見つけ、またもや号泣。
ところが、そのブラジャーのパット入れに紙片があるのを見つけるパク検事。
2013081502273352_1_rstarkja.jpg
ミスクがテサンに預けたデジタルカメラの保管票です。
保管票を手に、ハン部長に再びテサンの事件を担当させてくれるように懇願するパク検事です。
パク検事はテサンが罪を被った事件で父親を亡くしているのね。
以前の回想シーンで高校生ぐらいの女の子がイルスクを指さし、彼が父親を殺した犯人だ、と言っていたのが彼女だったようです。
その事件の真犯人を捕まえようと思い、検事になったパク検事です。

テサンの娘はいよいよ、無菌室へと移されます。
2013081504261827_1_rstarkja.jpg
それを見送るスンウ。
テサン娘は、生きて出てこられるんでしょう?と母親に行って無菌室へと入って行きます。
2013081504261827_1_rstarkja1.jpg

パク検事の方は調査官のサンフンと共にテサンの店に行き、保管室にデジタルカメラを探しに行きます。
でも、保管室にはありません。
店の男らを締め上げるのですが、何も知らないので話すことのない従業員たちです。
2013081504100050_1_rstarkja1.jpg
失望して帰って行くパク検事に、掴まったら無期懲役だろうに、どうして身代わりなんてやったんだろう、と言うサンフン。6
それだけの代価を受け取っているのでしょう、と答えながら、テサンが孤児院出身で身寄りがなかったことを思い出すパク検事です。
彼女は2008年からのテサンの周辺を調べるようにサンフンに命じます。

イルスクの方はテサンの店の手下から、パク検事がデジタルカメラを探しに来たことを聞きます。
そして、最近のデジタルカメラには録音機能も付いている、と手下から聞き、ミスクがパク検事に残した「会いたい」の伝言が、証拠を得た、との暗号だったことに気付きます。
デジタルカメラをテサンが持っている、と思ったイルスクは、パク検事より先にテサンを見つけろ、と指示します。

捜査会議では、服がなくなったことと工具が盗まれたとの報告を受け、そちらの方へと捜査網を移します。
そして、テサンが何も食べていないだろうと考える捜査陣です。

テサンの方は、手錠を切った後、倉庫で眠り込んでしまっていたようです。
朝になって目覚めたテサンは捜査陣の考える通り、空腹を覚えるのですが、すでに住人のお祖母さんが庭に出ています。
鶏を捕まえようと四苦八苦しているお祖母さんがいて、倉庫から出られないテサンです。
そのうち、お婆さんがトウモロコシを撒いて鶏を捕まえる作戦に出たお婆さんに、耐えられず、倉庫を出るテサン。
2013081504022920_1_rstarkja.jpg
山で道に迷ってしまって、と食べ物をくれるように頼み、鶏を捕まえてやるテサン。
料理した鶏にありつくテサンなのですが、そこに村長がやって来ます。
村ではすでに、脱走犯のことが防災無線で流されていたのですが、お婆さんの家は人里離れた場所にあるため、村長がやって来たのね。
彼の姿を見て、慌てて逃げ出すテサンです。

山に逃げ込んだテサンですが、その知らせを受けた警察は多数の人員を導入して山狩りです。
スンウやパク検事も来ているのですが、イルソクの秘蔵っ子の殺し屋もやって来ています。
どんどん山の奥へと入って行くテサンなのですが…。
2013081503370445_1_rstarkja.jpg

4話
一瞬、捜索隊のライトに捉えられたテサンでしたが、すぐさま姿を隠し、また逃げて行きます。

でも、追い詰められて逃げ場を失うテサン。
ぬいぐるみに助けてくれ、と祈るのですが、その時、少し離れた場所で爆発が起こります。
2013081523233462_1_rstarkja1.jpg
もちろん天の助けではなく、パク検事よりも先にテサンを捕まえようとするイルソクの秘蔵っ子の仕業です。
そちらの方へと人が流れる隙にその場を離れるテサンです。
しかし、警察の包囲網を抜けてきたテサンを捕まえ、デジカメの在り処を聞く殺し屋。
初めは何の事だか分からなかったテサンでしたが、ミスクが店に預けて行ったデジカメのことを思い出します。
テサンは首に傷を負いながらも、反撃に出て、弾みで男を崖から突き落とし、逃げ出します。

ふもとまで下りてきたテサンは、警察に協力している捜索隊の人の服に着替え、そこにやって来たバスに乗って住宅地にもぐりこみます。
そして、防犯灯を取り付けようとしている母娘を見かけます。
父親は亡くなったばかりという事を会話から知ったテサンはその家に侵入、二人を縛るとご飯を食べます。
2013081523392348_1_rstarkja.jpg
その時、首に怪我をしたことを思い出すテサン。
怪我をしても菌が入らなければいいのね。消毒薬が無いかと聞くテサンですが、塗り薬しかないと言う娘です。
水で洗って薬を塗れば大丈夫だ、と言う娘の言葉に、シャワーを浴びて薬を塗るテサンです。

そのままそこで眠ろうとしていたテサンですが、テサンの足取りを追って、市街地までやって来て、各家を確認する警察。
スンウたちがテサンのひそんでいる家にもやって来ます。
娘は母親を人質にとられ、応対に出ます。
出てくるまでに時間がかかったことに不審を抱くスンウに、寝ていたから、と答える娘。
もし、脅されているんだったら、瞬きをして合図しろ、と言うスンウです。
2013081523392348_1_rstarkja2.jpg

やがて戻って来た娘が警察を連れて来ていないか、と警戒するテサンですが、娘は何も伝えずに戻って来たようです。
肩があらわな服を着ている自分に、露出の少ない服を着るように言ったり、不安に思う母親のために、最初は並んで座らせていたのを向い合せに座らせたり、とテサンの配慮のある態度に、悪い人ではない、と思ったようです。

一方、パク検事は、爆発はイルソクの助けだと思うが、助けた理由が分からない、と考えています。
テサンの方はマンソクがデジカメを借してくれ、と言っていたことを思い出します。
マンソクに言われたときにはデジカメのことを忘れていた上に、シャワー中だったので、よく分かっていなかったのね。

テサンはそこで一晩過ごし、その家の亡くなった父親のスーツと眼鏡で変装して家を出て行くことにします。
去り際に、警察に連絡したら、自分は殺していないと伝えてくれ、と言うテサン。世界で一番血が怖いんだ、と言うテサンです。
そして、長距離バスに乗ってソウルに向かうテサン。

テサンの脱走のニュースは顔写真入りで流れており、イネもそのニュースを目にします。
ショックを受けるイネ…。

その頃、縛られていたひもを解き、表に出て来た母娘なのですが、玄関に自分たちが取り付けようとしていてうまく行かなかった防犯灯が取り付けられているのを見つけます。
2013081523392348_1_rstarkja1.jpg
母親に、警察に届けるのはもう少し後にしよう、と言う娘です。
その為なのか、長距離バスに乗り込んだテサンの所にも、テサンを探す警官が来たのですが、本人だと分からずに通過しているテサンです。
2013081605571326_1_rstarkja.jpg

パク検事は、イルソクは裏切った者を絶対に赦さない奴なのに、なぜテサンを助けたのだろうか、と考えていいます。
自分より先にテサンを見つけるためだ、と結論を出すのですが、そのことをスンウ達には伝えません。
捜査会議では、テサンの同居人のマンソク以外に手伝うものがいないかを探し出すことにしてソウルへと戻ります。

ソウルに戻ったパク検事はハン部長のもとに行き、イルソクとチョ・ソヒ議員との密談を収めたデジカメがテサンの元にあるようだ、と報告。
ハン部長も、パク検事を操作から外すようにとの圧力をかけて来たのがチョ議員だという事を教えます。
2013081523331122_1_rstarkja1.jpg
さっそく、チョ議員に電話をするパク議員。
チョ議員が出ないと知ると、パク議員にインタビュー中の記者に電話をかけて来るパク検事です。
チョ議員に、必ずテサンを捕まえ、デジカメの動画を手に入れたらコピーをプレゼントする、と言うパク検事。
デジカメ?とチョ議員が分からないような応対をしたため、まだデジカメはイルソク側には渡ってないと確信するパク検事です。
2013081523331122_1_rstarkja.jpg
もちろん、チョ議員の方も電話での会話から、自分たちの密談を録画されていた、と知り、イルソクの会社に乗り込んでいきます。
イルソクに平手打ちを喰らわすと、責任をとれ、と厳しく叱責するチョ議員です。

一方、マンソクは彼女に呼び出されて会っています。
彼女は現像された写真を見せようと呼び出したのですが、友達が濡れ衣を着せられているのに、それどころじゃない、と乗り気ではありません。
そして、デジカメを見るとテサンを思い出す、とデジカメを彼女に預けて帰って行くマンソクです。
image_readtop_2013_723926_13766219201014232.jpg

スンウの方は調べさせていたテサンの通話記録を受け取っています。
その中に、見慣れた番号があることに気付き、自分の携帯でそれがイネの携帯の番号だと確認するスンウ。

一方、放射線治療に入り、副作用で吐き気を催す娘ですが、けなげに頑張っています。
それを見守るイネの元にテサンからの電話が入ります。
テサンの話を聞こうとせず一方的にテサンを責めるイネ。
テサンは、自分は娘の手術のために逃げているんだ、と言い、自分が死んだら娘が死ぬ、と言います。
ゴミみたいな人間でも、障害お父さんと呼ばれない父親でも、自分に娘の命がかかっているのに、逃げられるわけがないと言うテサン。
そして、自分はぜったいに殺していないし、何が何でも手術の日には行くと誓うテサンです。
そして、自分と娘との関係は誰にも話すな、と言うテサンですが、娘が前処置に入ったから手術を受けられないと死ぬ、と泣き崩れるイネ。
前処置ってなんだ!?と言うテサンですが、事の重大さは伝わったようで、証拠を見つけて自首する、見つからなくても行くから、と約束します。
が、テサンの約束なんて信じられないと言うイネ。
テサンは、これは娘との約束だ、と言い、再び、娘との関係を誰にも言わないように念押しして電話を切ります。
201308160808231910_1.jpg
テサンは以前にイネのことで脅され身代わり入所をしていますから、今回もイネや娘に被害が及ぶのを食い止めようとして、秘密にするように言っているようですね。

スンウの方の捜査では、テサンの店を訪ねていた、テサンには不似合いな女が浮かび上がります。
彼女の容貌やヘアスタイル、服装から、イネだと確信するスンウ。
スンウはイネと出会った時のことを思い出します。
2013081606334427_1_rstarkja.jpg
4年前、住居侵入の通報を受けて行った先に娘を連れたイネがいたのね。
家が無いことを聞き、友達の家を貸してやったスンウです。

そして、病院にイネを訪ねるスンウ。
スンウは、テサンが娘の実の父なのかを聞こうと思って来たのですが、結局口に出せず、人質になった家族の申告があった、と言う電話を受け、そのまま帰って行きます。

テサンの方は偽証した男の前に現れ、自分の考え通り、イルソクが殺し、その罪を自分にかぶせたこと、またデジカメを追っていることを確認します。
テサンはマンソクに電話をかけ、会おうと言います。
外で会いたがるテサンに、家で会うように言うマンソクですが、その電話は警察が盗聴していて分析されています。
その上、外ではイルソクも盗聴しています。
先に、テサンの家へと向かい、テサンを待つスンウ達。
ところが、マンソクよりも先に来るはずのテサンが来る前にマンソクが帰って来て、不審に思うスンウ。
テサンの方は人目を避け、裏から家へと入ろうとしています。
やがてマンソクが家に入ったのに、いつまでたっても明かりがつかないことを不審に思ったスンウは戸口の方へと近づいて行きます。
テサンの方も家に着き、入ったところでマンソクの死体を発見します。
死体を見て取り乱すテサンなのですが、その背後に近づく人影があります。
2013081606481546_1_rstarkja.jpg
イルソンの殺し屋です。
殺し屋がテサンに襲い掛かろうとしたその時、ドアのすぐ外で携帯の音が聞こえます。
スンウの携帯が鳴ったのね。
殺し屋は慌てて手を引っ込め、テサンはドアを勢いよく当てて飛び出してきます。
お互い、顔を見合せるテサンとスンウ…。
2013081606481546_1_rstarkja1.jpg




またもや。テサンが濡れ衣を着せられそうな状況ですね。
デジカメはマンソク彼女の手に渡ったんですが、彼女のことをテサンは知っているのかしら?

そして、最終的にはイネがテサンに対する誤解を解くことになると思うんですが、彼女はどのように知ることになるんでしょうね?

早く続きが見たいです!

関連記事

この記事へのコメント

- ごん - 2013年08月17日 15:54:24

こんにちわ^^

テサンとことん追い詰められていきますね。
イネとの誤解を解いても元に戻ることはできないですよね。たぶん
このまま一人ではちょっと寂しすぎる。

前処理入ってしまうと引き返せないんですよね。
例えば骨髄ドナーが気が変わったとかしたら・・・
恐ろしや。。。
予想に違わずめちゃ早い展開で、その上豪華キャスト!
主君よりおもろいと思うのだけど、視聴率悪いですよね。
でも 作家の方のセンスを信じて続きに期待!!!

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年08月17日 22:32:31

ごんさん、こんにちは

> イネとの誤解を解いても元に戻ることはできないですよね。たぶん

私もそう思います。
だけど、この脚本家さんですからね。もしかしたら、なんて気もします。

> このまま一人ではちょっと寂しすぎる。

娘に父親として名乗ることはきっとできると思うので、ひとりじゃない、と思うんですけどね。

骨髄移植

> 例えば骨髄ドナーが気が変わったとかしたら・・・
> 恐ろしや。。。

ほんと、怖いですよね。

> 予想に違わずめちゃ早い展開で、その上豪華キャスト!
> 主君よりおもろいと思うのだけど、視聴率悪いですよね。
> でも 作家の方のセンスを信じて続きに期待!!!

私は「主君の太陽」も、今週になって面白くなってきました。
でも、全然別のジャンルですからね。
もう少し視聴率をとれてもいいと思うんですけれど…。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。