スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「阿娘(アラン)伝説と「アラン使道伝」感想ネタバレ部分

こちらは、「アラン使道伝」の感想のネタバレ部分です。
感想本編、および作品のデータは「なんじゃもんじゃ」の方にあります。
そちらも読んでいただけると嬉しいです。

     →「アラン使道伝」感想

01_20130815235923fde.jpg

阿娘伝説とは
アランは慶尚道密陽の府使(使道)の娘。幼いころ母を亡くし、乳母に育てられた美貌の娘でした。
腹黒い乳母と通引(地方官衙の使者)の悪巧みみより、ある夜、月見に誘い出されたアラン。
彼女を通引が暴行しようとします。
必死で抵抗したものの、最後には剣に刺されて殺され、竹林に捨てられてしまうアラン。
アランの父親の府使は、アランが男と駆け落ちしたと思い、官職を辞職。漢陽の実家に帰ってしまいます。
このことがあって以来、密陽では、新任府使は皆、赴任した最初の夜に謎の死を迎え、そのうちに、誰もがその職に就くことを嫌がるようにになってしまいます。

そんなある日、李上舍と呼ばれる肝の据わった男が密陽府使に志願してやって来ます。
赴任初日の夜に現れたアランの霊魂から、彼女の無念の死を聞いた彼は恨みを晴らしてやることを約束。
彼はすぐアランを殺した男を見つけ出して、処刑、アランの死体も見つけて葬式をしてやり、その後は怨霊が現れることはありませんでした。

こんな話です。

結末のネタバレ感想
何が意外かって、ウノもすでに死んだ身であったとは!
ということは、生者と死者の物語ではなく、死者同士の恋物語だったんですね(汗)
せっかく、生者と死者のラブストーリーをいろいろ考えていたのに、前提が違っていたなんて、ちょっと反則って感じもするんですが、でも、ハッピーエンドなので、まあいいか♪

そして、二人とも一旦は天へと行くわけですが、ウノが再び現世に戻れた訳は、テレビの字幕を見ているだけでは、よく分からなかったと思います。
アランの場合は彼女を殺したのが自分自身だから、すなわち自殺なので、自殺者は天には行けないという決まりになっていて(キリスト教が有名ですが、仏教でもそうですね)元々は地獄にしか行けなかったものを、ウノが自分の命と地獄行きを差し出してチャンスをくれるように願ったため、自らの死の原因が自分だったと知ったアランは正答を出したことになり、ウノの約束に従い地獄行きを免れたのはまだ、分かり易いのですが。

ウノはアランのために、自らの命だけではなく、地獄行きを条件にして、アランにチャンスをくれるようにと願っていたのに、生まれ変わっているんですよね。
天国にいさせてやろうという玉皇上帝の申し出を断って現世に戻ることを望んだのですが、地獄行きの話はどうなったのか、と思いますよね。
地獄に行ったら転生は無理みたいだけど…。

実は、字幕で抜けている部分があるんです。
玉皇上帝と閻魔大王との会話の中で、「犠牲の代価として」玉皇上帝は天に来ることを提案したのね。
これがないと、いつの間にそういう話になったんだよ、と思ってしまいませんか?
結局、ウノは天界ではなく、現世に戻ること(転生)を希望してかなえられたという事のようですね。

で、エピローグです。
ちびアランが、ウノに、どうして忘却の水を飲んじゃったの!?やってられない!って怒っているところ、とってもかわいかったです。
そして、前の姿の二人に成長して…。
でも、私としては19話に出てきた玉皇上帝の見せた夢の中のお母さんとお父さんになったアランとウノの姿が一番よかったなあ。
玉皇上帝が前世ではかなわない、母親との幸せな日々を夢の中でおくらせてやったわけですが、生まれ変わったらきっとこんな姿なんだろう、とつながる感じも良かったです。

それにしても、新しい使道となったトルセとパンウルの間の息子として生まれ変わるなんて、なかなかいい感じでした。
カット版では、このトルセとパンウルのシーンはかなりカットされていたんだと思いますが、オリジナルだと、もっと感じるところもあったのかも。
でも、ちょっとオリジナル版を見た感じでは、二人のシーンがあるために、スピーディーさが失われる感じがしたので、私はカット版でよかったと思っています。

ただ、ムヨンはあれでいいのかしら。
ジュワルが死神になるのは納得のラストですが、ムヨンはヤギに生まれ変わって幸せなんだろうか…。
妹のムリョンと一緒に消滅した方がよくなかったか!?

ところで、オリジナルでのこの妹の名はムヨンなんです。
韓国語では違う文字で発音も違うのですが、日本語にすると一緒になってしまいますからね。そのため名前を変えて単じゃないかと思います。

関連記事

この記事へのコメント

- short - 2013年08月23日 00:39:56

こんばんは、始めまして。
いまさらながら韓国ドラマにハマり始めたビギナーです。
感想拝見して参考にさせていただいていますm(__)m

「アラン使道伝」のラスト、使道が下界に戻ってるのを、なんか納得できなくて。まぁドラマだから深く追求しないでいいか・・と、スルーしていましたが、こちらを拝読して納得しました。
ありがとうございます!(*^_^*)

私のブログの記事中に、こちらをリンクさせていただきました。
事後報告で申し訳ないのですが、ご連絡させていただきます。
お許しいただければと思います。

これからもレビュー楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いします。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年08月23日 07:56:16

shortさん、はじめまして。

> いまさらながら韓国ドラマにハマり始めたビギナーです。

私も、少し前まで、同じようなことを言っていたのに、いつのまにか、どんどん新たな韓ドラファンの方が増えていますね。
ブログをお読みくださっていて、ありがとうございます。

> 「アラン使道伝」のラスト、使道が下界に戻ってるのを、なんか納得できなくて。まぁドラマだから深く追求しないでいいか・・と、スルーしていましたが、こちらを拝読して納得しました。
> ありがとうございます!(*^_^*)

字幕の字数制限のために役がカットされたんだと思うのですが、この一言があるだけですっきりするんですよね。
私も初見の時には聞き逃していて、ノーカット版を見て(これが韓国語だったので)、あそうか!と思ったんですよ。
カット版にもあるシーンだったのに…。

お役にたてて幸いです。

リンクの件、了解しました。
ご丁寧に連絡有難うございます。

こちらの方こそ、今後とも、よろしくお願いいたします♪

- 蘭子 - 2014年03月27日 20:40:04

kirikoroさん、こんばんは。
アラン伝説とラストの生まれ変わる辺りをわかりやすく説明して頂いてありがとうございました。アラン使道伝とっても面白かったです。

私もウノが死んでたなんてビックリでした。
でも子供のウノと玉皇上帝の最初の出会いが唐突にあって、あれは伏線だったのか~とちょっと感心しました。

私としては、報われない愛ゆえに化物になってしまったムリョンや復讐したいが為にウノの前から姿を消した母など、主人公だけではない登場人物の心情が描かれていて満足でした。

ホンリョン氏の女優さんは、背もあまり大きくなさそうなのにすごく迫力があって引き込まれました。
魔王のシン・ミナもよかったけど、威勢のいいアランとか九尾狐の方が好きです。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2014年03月28日 06:24:42

蘭子さん、こんにちは。


> でも子供のウノと玉皇上帝の最初の出会いが唐突にあって、あれは伏線だったのか~とちょっと感心しました。

そうなんですよね。
でも、まさかあの話がそういうことになっているなんて、想像もしていませんでした♪

> 私としては、報われない愛ゆえに化物になってしまったムリョンや復讐したいが為にウノの前から姿を消した母など、主人公だけではない登場人物の心情が描かれていて満足でした。

脇役が生きているドラマでしたね。

> 魔王のシン・ミナもよかったけど、威勢のいいアランとか九尾狐の方が好きです。

同感です!

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。