スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『星を取って(별을 따다줘)』あらすじネタバレ部分

こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
ネタバレなしの感想本編は   →こちら。 
をお読みくださいね。
また、15話と最終話は反転させないと読めないようにしていますので、本文部分はクリックしながらお読みください。



(あらすじ続き)

5話
解雇になったパルガン、旅館の宿泊費を稼ごうと、ホステスの仕事をはじめます。もちろん弟妹には秘密。
そこへイングがガンハを連れてやってきます。イングはパルガンの身体に手を伸ばしても、無視するガンハ。そこへジュナもやってくるのね。ガンハにどうして放っておくのかと言うんだけれど、最後まで責任持てないなら、かまうな、と逆に言われてしまうジュナなのね。それでも、パルガンに、そんな商売は辞めろ、と言うのですが、それをジュファンが聞いてしまいます。
ジュファンはパルガンを破滅させては申し訳がない、と兄弟を連れて孤児院に行くと言うのですが、そうはさせないパルガン、ますます必死で頑張ります。会社に復職を願って一日座り込みます。
ジュナはジェヨンに解雇を撤回するように説得しようとするのですが、情で仕事はしないと言われてしまいます。
パルガンはできない家事もがんばるものの、まだまだ。そのくせ、なんかガンハには、いやに強気です。過去の自分をふりかえり、何でガンハなんかに惚れてたんだと、言いだしてます。

6話
パルガンを助ける弟妹。そこに混じるテギュンったら、何だか体操のお兄さんのような…。
家事の腕はなかなか上がりませんが、パルガン、一生懸命です。ジュナの提案でパルガンとその弟妹も朝食のテーブルに共につくことになるんですが、競争するように食べないと自分の食べる分が無くなるという、多人数兄弟育ちの特質が顕著に表れ、家の主人側があっけにとられているうちに空になる皿…。
そして、会社にも戻ったパルガンは以前の顧客に挨拶に行くように言われるのですが、一刻でも早く結果を出したいパルガン、契約を取ろうとするのね。だけど、今までよっぽど仕事をしてなかったんでしょうね。満足な説明ができません。家に戻って庭で練習していると、今度は、近所の人に警察に通報されちゃう。
またまた不機嫌になって、文句を連発するガンハなんですが、ジュナ、それを見て、女の人にそんなにしゃべったのは初めてじゃないか、なんてね。
さて、翌日になって会社に行くと再度ジェヨンから叱責が。落ち込むパルガンですが、地下鉄に乗り込み、乗客に向かい、自分の決意を語り、拍手を受けます。それを見守るジュナ…。ジュナ、彼女が気になりだしたんでしょうかね。

7話
そのパルガンにますます夢中のテギュン、プロポーズですよ! もちろん相手にされませんが。
そして、パラン、夢遊病の気があるんですが、ガンハのベッドにもぐりこんじゃうのね。それも続けて。
それを叱るジュファンからパランをかばうガンハ。少しずつ人間味が出てきました。
が、パラン、やはり寝ぼけて、家の中で花火に火をつけちゃってボヤを起こしてしまいます。幸いガンハが見つけて消し止めますが、すぐに出て行け!と。
ところが、パルガン、ガンハにピンタを食らわします。
 
8話
パラン、手にやけどをしていたのね。それを気にも留めないガンハに反射的に手が出たって感じ。後で謝りに行きますが。
そのころ、ジュファンはインターネット喫茶でバイトしてお金を稼いでいたの。でも、お金を受けとって帰る途中にカツアゲに会ってお金を巻き上げられたばかりか怪我まで負って…。
遅くに家に帰ってきたジュファン、その本当の理由を言わないためにパルガンに怒られ、外へと飛び出します。
それを迎えに行ったのがなんと、ガンハ。ジュファンに本当の訳まで聞きだしているのね。
で、テギュンですが。ジュナとガンハのもくろみに簡単に乗って、お酒を飲んで女の子にプロポーズ、朝まで過ごしちゃって…。
そして、JK生命の会長が自分の携帯の留守電に入っていたパルガンの父からのメッセージを聞いて、孫の存在を知ります。そして、再び倒れ、入院。
そこへ見舞に来たガンハ、保険の仕事でやはり病院に来ていたパルガンが真心をこめて仕事をしているのを目にします。それで心を動かされたのか、パルガンを車に乗せて帰ることに。
ところが、帰路、ガンハに災難の連続…。すっかり風邪をひいてしまいます。だけど、怒りながらも、うれしそうなんですね。
さて、JK生命の会長はガンハに誰にも知られないように孫を探すことを依頼します。でも、イングの妻がすでに手をまわしていて、盗聴されているのね。イングの妻も、このことを知ります。
そして、パルガンの以前住んでいた家を再び訪れる会長。パルガンの行方を知ることができないままに立ち去りますが、ちょうどパルガンがやって来て、再会です。

9話10話
パルガンは会長をガンハ達の家へ連れて行きますが、宿なしの浮浪者と思っているパルガンの弟妹たちは、会長もここで面倒を見ようと言い出します。
断ろうとする会長ですが、説得されて一緒に住むことになります。
そして、パルガンの弟妹たちは会長もいるし、粗大ごみを集めてお金にしようとバスに乗りますが、あわてて降りた時にパランが残ってしまいます。パランはパルガンに連絡を取ろうとするんですが、携帯の電源が入っていないのね。捨てられた、と泣きだすパラン、警察に連れて行かれます。そこでもパルガンに連絡を取ろうとするんですが、ダメなのね。パラン、ガンハに連絡を取ってもらいます。他の兄弟たちも別の警察に行っていたんですが、めでたく合流。パルガンもようやく連絡が取れ、皆で帰ることになるのですが、ガンハ、皆を中華料理店に連れて行っておごってやります。そして、また例によって、ガンハ、災難に遭ってシャツにしみを作っちゃいます。
一方ガンハの家にはジェヨンがやって来て、ジュナが止めるにもかかわらず、夕食の準備を整えます。
そこへ一同が帰ってきます。ショックを受けるジェヨン…。
激しく責めるジェヨンをかる?く受け流すパルガン。ジェヨン、パルガンが家に入りこんでいることもショックなんだけれど、ガンハが変わってきていることにも不安を覚えます。お金を渡してパルガン達を追い出そうとしますが、受け取らないパルガンです。
翌日、ガンハの事務室を訪ねて追い出すように言うジェヨンですが、取り合わないガンハ。
そうそう、火事の一件以来パランは兄弟と足を紐で結びつけあって寝ているんですが、足がしびれちゃうのね。その姿を見たガンハはやめるように言うのね。ガンハの部屋に入っちゃう、というのにも、かまわない、と。訴訟になったら困るから、と言ってますけど…。
会長の方はガンハに孫娘の行方を捜させているんですが、パルガンのお母さんの昔の写真を入手。会長、パルガンのお母さんとは気付かないのね。
そして、会長、ついにテギュンに見つかってしまいます。実の祖父ってことにしますが、テギュン、会長にパルガンとの結婚を承諾してもらおうとゴマ擦り大作戦です。
パルガンに軽くあしらわれても、懲りないテギュン、お店でで歌を歌い、プロポーズ。
そこにはガンハとジュナもいて、ジェヨンもやってきました。
顔色が変わり、思わず立ち上がるガンハ。それを見ているジェヨン…。

11話
パルガンは丁重にお断りして、席を立ちます。ジェヨンはガンハがパルガンに心を奪われているのを明らかに知っている顔。ガンハも好意を持っているのは明らか、って顔ですが、よく分からないのがジュナなんですね。彼も、複雑な顔をしています。
そして、パルガンと兄弟たちは家の大掃除をする、ということになるのですが、またまたパランが事故を起こします。でも、ガンハはそれを受け入れているのね。
そして、パルガンと兄弟たちを連れて食事に行き、兄弟たちの学用品や服を揃えてやるジュナです。
何で、よくしてくれるのか、分からない、というパルガンに、好意を持っているようなことを言うジュナなんですけど、本心なのかなあ? 
一方、アメリカからひとりの女が帰国してガンハに会おうとするのね。ガンハは会おうとしないのだけれど、無理矢理、会いにやってくるのですが、この人、ガンハの実の母親のようです。でも、ジェヨンも、彼女のことを知らないのよね。
彼女、ガンハが5歳の時に男を作って彼を置いて出て行ったようなの。普段は知らんぷりして、困ったときだけガンハを頼ってくる母親なのかしらね。
母親に会って酔っ払って帰宅したガンハ、門前でパルガンに会うと、いきなり抱きつきます…。
一方、パルガンの両親の事故を、実は、前住んでいた家のご近所の知的障害のある青年が見ていて、そのことをずっと言っているんですが、誰にも相手にされてなかったのね。だけど、いつまでもそのことを言い続けるのをその親が不審に思うのね。事実じゃないことをいつまでもいいつけるとは考えられない、ということみたいなの。パルガンと親しい調査部のジャンスがそのことを聞きつけて、ちょっと調べてみよう、ということになります。

12話
抱きついて来たガンハを、何とか振り払って逃げたパルガン、翌朝、ガンハに昨日酒に酔って何かミスをしましたか、といわれても、何も、と答えます。
一方パルガンをあきらめないテギュンは保険の契約してくれる友達を紹介するから、と、ガンハとジュナと飲んでいるところへパルガンを呼び出しますが、そこへ、ジェヨンがやって来て、自分に振り向かないガンハに怒りをぶつけます。ジェヨン、お祖父さんにまでガンハとの間を取り持つように言って、それでも拒絶されたのね。
無言で立ち去るガンハを前に崩れるように座り込むジェヨンを慰めるジュナ。そこで、ジェヨンのためにできるだけのことをやっているところだ、というジュナの言葉を耳に挟んだパルガンはそのまま家へと帰ってしまいます。
そして、パルガンはテギュンにわたしはあなたのおもちゃじゃないし、、一ヶ月以内には何があってもここを出て行く、と言っているのを外で聞いてしまう、ジュナとガンハ。ジュナがガンハにどうするんだ、と聞くのですが、放っておけ、というガンハ。
そして、ジュナがなぜパルガンに良くするのか、分かっていると言います。それに対し、ジュナは初めはその通りだったが、少しずつ、ガンハと関係ないことになってきてた、というジュナです。
そのジュナには、テギュンが自分がやっていることは行く宛ての無い人にちょっかいをかけているみたいに見えるのか、と聞くのですが、ジュナは、自分のことを愛していない相手を一番愛する方法は自分もその相手を愛さないことだ、というのね。それも聞いちゃったパルガンです。
そのジュナ、ジェヨンとの一件を見られたことを知らないので、いつもどおりに、一緒にコーヒーを飲もうと、パルガンを誘うのですが、自分を退屈しのぎにするのは受け入れられない、と言うパルガンです。
一方のガンハは昨日のことをちゃんと謝ります。でも、パルガン、自分がルームサロンで横に座っている子とおんなじだったんだ、ってことはわかってますので、お気になさらずに、なんて。ガンハは、自分はいいやつじゃないけど、そこまでひどい男じゃない、と。でも、記憶にないふりをしてくれたらよかったのにというパルガンに、そんなわけにはいかない、パルガンが気になって仕方がない、というガンハ。パルガンは自分のような変な家政婦が気にかかるのは当然ですが、1か月もたたないうちに出て行くのだから、ご心配をかけても我慢してください、って。
そのガンハの寝室に、再びパランが入って来て寝ちゃってますよ。パラン、ここがすっかりお気に入りなのね。
そして、パルガンの給料日。感謝の気持ちを込めてごちそうを準備しますが、会社の友達にキムチ作りを手伝ってもらうのね。そこで、掃除のおばさんが隠れていた会長と、ばったり! 会長、パルガンの様子を見ているところだから、自分が会長だということは黙っておいてくれ、と口止め。(それにしても、パルガン、自分の勤める会社の社長の顔も知らないなんてね。これまで、ちゃんと仕事してなかったのが丸わかりですね。
さて、夕食の席では親切なガンハですが、ジュナは帰ってこずに、ひとり酒を飲んでいます。
昼間、パルガンによそよそしくされたジュナ(テギュンに言った、愛してくれない相手を愛する云々も、パルガン、テギュンから聞いているの)ガンハに、パルガンにちょっかいをかけるな、と言って、逆に、手を引け、と言われているのね。
一方、ガンハを脅すガンハ母。それだけでは飽き足らず、ジェヨン母のところにまで。昔からの知り合いだったみたいですね。ジェヨン母の結婚にも関与しているみたい。ジェヨン母も脅しますが、もう、効果はないみたいで、追い返されます。が、そこへジェヨンが現れ、彼女がガンハの母だと知ります。
また、パルガンの両親の件は確かなことは分からないが、怪しい、との話が出てきます。
そして、ガンハはパルガンに契約期間の延長を提案します。

13話
とりあえず3カ月の延長が決まりましたが、ずうずうしくもお給料のアップを要求するパルガン。なんと、それにもOkしましたよ!ガンハは。
その話を聞いて、自分のためにガンハがしてくれたとおめでたくも思いこむテギュンと複雑な表情のジュナです。
そして、翌日のお昼ご飯、パルガンを誘いますが、顧客と約束があると断るのね。でも、パルガンの顧客というのはジュナの知り合いの紹介で、パルガンが来ていることを教えます。そして、パルガンはジュナの知り合いの頼みで、ホームページに載せるための写真を撮るためのウェディングドレスを着ているのね。知り合いはジュナの反応が知りたかったみたい。ジュナは、やっぱりちょっとぼっとしてる感じ?
そして、再び昼食に誘うんですが、断われるのね。で、ジュナ、どうして自分を避けるのか、って聞くの。
それに対してパルガン、ジュナが突然自分によくしてくれるようになったか気付いたって言うのね。テギュンに言った好きな人が自分のことが好きでないなら、自分もその人のことを好きじゃないようにするのが一番の愛情だ、と言ったことを持ち出して、それはお兄さんのためなんだと。婉曲的に、ジュナがジェヨンのことを以前からずっと好きだということを、お兄さんとジェヨンに隠していて、その気持ちを整理できないからだ、ということを言っているのね。そして、ガンハがパルガンに良くしてくれるようになったことは同情だと分かっているから心配ないとね。
それを聞いて、怒りだすジュナですが、その後、最初はその通りだったが、今では違うとパルガンに言うジュナ。
ところで、ジュナはずっとジェヨンを好きだということをばれたら死のうと思っていたほどの秘密にしていたんですが、どうしてそこまで?と思いますよね。のちのち、分かってきますが。
そして、ジュナはテギュンにも、自分にもパルガンが女に見える、と言い出しました。
一方、パルガンの元にジョンスから電話がかかって来たのを横で会長が偶然聞いて、会長がいて、パルガンの父母の事故が単純な事故じゃないかもしれないということを知るのね。突然家に帰る会長ですが、どうもイングの妻を疑っているようです。そして、会社でジェヨンは、ふたたびガンハの元を訪れたガンハ生母を見つけ、話を聞き出すのね。ガンハ母に金を出して、ガンハのアキレス腱(=ガンハの母がジュナとは違うことをジュナに知られたくないのね)?を聞いたジェヨンはそれを黙っている代わりに結婚しろ、と要求します。
さて、一方、パルガンの部屋に再びやって来た会長はアルバムを見ていて、探している人の写真を見つけます。二人の女の人が子供を抱いているんですけど、会長、パルガンをパルガン継父の実の子だと思っているんでしょうね。もう一人の女の人が探している女の人だと思ったようです。
そして、ジョンスはトラックの運転手を探し出しますが、知らない、と言う運転手です。
ところで、ガンハにとってはジュナが一番大事な人なのね。秘密を守るためには結婚するしかなく、結婚に突っ走るジェヨンを止められません。
でも、苦しいのね。お酒に酔って、パルガンに抱きつき、パルガンのために、もう一度、初めから人生を生きようと思ったのに…、と。
(ここでは、何でガンハがそんなに必死でジュナと母親が違うことを知られたくないのか良く分かりませんが、あとあと、彼らの家庭の様子が出てきて、それも理解できるようになります)

14話
でも、すぐに正気に戻ったガンハは、謝り、もうこんなことは二度とないだろうから、と。
その後、わかめスープを部屋に持ってきたパルガンに、何で5年間も思っていたのが自分だったのかと聞き、パルガンがその瞬間、運命を感じたと言う言葉に、ただただ、すまない、というガンハです。部屋を出たパルガンは涙ぐんでいます。
ジェヨンは父母の前で結婚の話をし、ジュナには義弟と呼び始め、家での食事に招待します。
その上、パルガンを食事に誘うジュナに、あんな義妹はいやだ、と言うの。ジュナは言い返しますけどね。
父母の事件の方はトラックの運転手が突然引っ越したことを不審だというジョンス。
一方おじいさんはパルガンに写真に写っている人のことを聞き、母親と一緒に写っている人の行方を3000ウォンのお金を出すから捜してくれるように頼むのね。おじいさんは息子の嫁が彼女だと思い込んでいますから。
一方のガンハは酔って喧嘩をしてけがをします。
初めは傷の手当てを拒否するガンハでしたが、乗せられて、手当てを受けます。パルガンが怒らせるようなことばかりして怒らせるのですが、次第に元気を取り戻すガンハ。それをドアの外でジュナが聞いて、複雑な表情です。
その後、ガンハの部屋で寝ることにしたパランが、一晩中ガンハの傷に息を吹きかけてあげるのね。
翌朝、パランにお礼をしようとしますが、パランの希望は遊園地。きょうだいを連れて出かけるガンハです。
もちろん、ジェヨンとの約束はすっかり忘れています。ジェヨンのお母さんはごちそうを用意してるんですけどね。
いつまでもやって来ないガンハに電話をかけるジェヨンですが、電源を切っているのね。ジュナに連絡すると、ジュナは病院にっている、と、嘘を。ジェヨンはガンハに家に来て、ガンハの帰りを待ち続けるのですが、そこに帰って来たガンハとパルガンきょうだい。パルガンは結婚の話を持ち出し、パルガンにブーケを受け取って、と。

15話
結婚の話にショックを受けるパルガン。今は違うけど、5年も片思いしていた人だからショックなんだと自分に言い聞かせるのね。
翌朝はジュナが朝ご飯を作ってくれる。で、子供たちの学校初日なので送ってくれて、パランとナミを保育園に預けてくれて。パランは小学校入学なので数日だけだけど。それを複雑な表情で見るガンハです。
そして、ますます結婚に突っ走るジェヨン。ガンハはアメリカにしばらく行かせてくれるよう、イングに頼みます。
でも、ジェヨンは6カ月のその期間も与えてくれない。ジュナを同席させて脅しをかけ、ガンハは結婚すればいいんだろう、と捨て台詞を吐いて行ってしまいます。でも、それを見ても、今回はジュナは慰めてくれません。泣いているジェヨンを見ても心が痛まない、と。そして、パルガンとお酒を飲みに行き、ジェヨンの涙に心が動かなくなった自分の心情を打ち明けますが、パルガンはそれほど悲しみが大きいのだ、と。
その時、ガンハがやって来たのを見ると、パルガンを抱きしめ、どうして分かってくれないか、と。
パルガンが去った後、ガンハはお前がより残酷になって行くのが心配だと言うのね。
ジュナはその前に、お母さんに兄のものはとるな、と言われていたのでジェヨンに告白できなかった、と言っていますからね。ジュナの気持ちはどうなんだろう…。
そして、パルガンはガンハの結婚後のことを考え出したのね。会長に電話して、どうしてもお金がいるから、お母さんの友達の消息を何とか思い出す、と申し出ます。
一方の、結婚しないといけなくなったガンハはパランがそばにいるとつらいのね。一緒のベッドで寝ることを拒否し出します。そして、夢遊病なら病院に行け、と言うの。そして、ジュナとパルガンが病院に行くのですが、パランが行方不明になります。
そして、パランはガンハに電話をかけたのね。迷子は言い訳で、ガンハに他の人と結婚しないで、ということを言いたかったらしい…。

16話
パラン、結婚は愛する人とするものだ、と言い、ガンハがパルガンを愛しているのは”感じる”らしい。そして、パルガンがガンハを愛しているのは、パルガンがナミに、一番大きい星をガンハの干し、と言っていたのを聞いて、確かだと言うのね。お母さんが、おとうさんにそういうことをしていて、愛しする人が出てきたら、そうしなさい、と言っていたのを聞いているの。
そして、ウェディングドレスの店に置いてきぼりにされたジェヨン、ガンハの家に来るのですが、パルガンに味方するジュナにショック。
ジュナは生まれて初めて、こんなに怒れるんだ、と思い、パルガンが再びこんな酷い目に会わないようにしようと決心した、とパルガンに言うのね。
帰って来たガンハにパルガンが弟を使ってガンハを振り回す、というのを聞いて、何でお前と結婚するのがこんなにいやだと思うか、と言い、うんざりだ、と怒りを爆発させます。
ジュナはパランに、これからは自分のところに電話しておいで、と言うのだけれど、パランはお姉さんと結婚するのはガンハだ、と言い、ジュナにも「大きい星」の話をします。
そして、ガンハはジュナを誘って外に出ます。
ガンハは自分が家を出るからパルガンとの契約をお前が延長しろ、と言うのね。で、パルガンのために出ていくのかと聞けばジュナのためだ、と答えるガンハ。そして、パルガンへの気持ちは本気なのかを確認します。
ところで、この二人の関係のねじれはお母さんに起因しているみたいな感じですね。おかあさん(ガンハにとっては育ての母)の意向によって、ガンハは特別扱いで、ジュナはガンハに服従する形になっているみたい。ジュナにお前を愛している、と言い、お前のものをたくさん奪ったことがすまない、と。
一方のパルガンの弟妹たちはガンハが結婚したら、ジェヨンと住むことになるのか、と心配するのですが、パルガンはその前に何としてもお金を作ってこの家を出ていくと話します。
そして、パルガンの父母の事件の方は、トラックの運転手がジュンスの尾行をまいたことを、証拠のようなものだと話している時にジュナが通りがかり、両親の事故の疑惑のことを知ります。
そして、パルガンから話を聞きているところをジェヨンが目撃。パルガンが嫌いだしあんな人のことを好きだなんて許せない、というジェヨンに、友達の関係もここまでだ、と言うジュナです。
一方のトラックの運転手は尾行されたことをイング妻に話し、東海近くに住む人をパルガンの父母のように始末するようにとの命令を受けています。
そして、パルガンはスーパーで突然会長の探していた人の手掛かりを思い出し、東海行きのバスに飛び盛ります。そして、東海の市場で住所を聞き出し、雪降る山道を訪ねていきます。
そして、別ルートで探していたガンハの元にも電話が入り、会長と一緒に訪ねることになります。
ところで、イング妻はイングの兄の命日の席でイングが本心から、せめてイングの兄に子供でもいればという言葉を聞いたからか、運転手に実行をストップするように言い、自分がそちらへ直接出向くと伝えます。
そして、パルガンのお母さんの友達の所に最初に着いたのはトラックの運転手。イング妻は殺すのをやめたようですね。大金を渡し、中国へと出国させるようです。そして、イング妻、帰路でガンハに目撃されます。
パルガンは連れていたナミの体調が悪くなるのね。病院にあずかってもらって、翌朝聞いた住所を訪れます。でも、彼女はもう、発った後なのね。そして、そこにやってきた会長とガンハ。パルガンはここで初めておじいさんが自分の勤める会社の会長だということを知ります。

17話
おじいさんが自分の勤める会社の社長だと知って、背信感を感じるパルガン。
なんとか、誤解を解こうとするガンハですが、パルガンは自分の思いに気付いてしまいましたから、その言葉も耳に入らず、ガンハの家で暮らし続けるのがつらくてどうしようもないのね。
そのまま、弟妹を連れて家を出ます。掃除のおばさんの家にお世話になるのね。会社もやめて、食堂で働き始めます。初めは子連れで断りかけた店主ですが、パルガンの働きぶりを見て、見直します。
おじいさんはパルガンが家を出たことを聞いてショックで倒れてしまいます。
おじいさん、ガンハに頼んでパルガンを連れて来てくれるように頼みます。
パルガンはすぐにもとのおじいさんとの付き合い方に戻りますが、家を用意しようとするおじいさんの提案は断ります。そんな風にすると、昔のどうしようもない状態に戻っちゃうからって。
そして、おじいさんの前で言いたい放題に言い争うパルガンとガンハを嬉しそうに眺める社長です。
そして、イングとその妻、ジェヨンがやってきますが、パルガンを無料病院を任せようとしていた男の子供だと紹介し、実の孫と同等だと考えるように、と。会長、彼女を相続人の一人にするつもりなのね。
パルガン達を掃除のおばさんのアパートに送って行くガンハですが、ジュナが待っているのね。その姿を見ると、そのまま戻るガンハです。
ジュナはパルガンと話をするのね。初めて兄のものを奪いたいと思った、と。そして、自分がジェヨンを忘れたように、パルガンも忘れてくれたら、というのですが、パルガンはボロボロ涙をこぼしながら、どうして(ガンハのことが)忘れられるの、と…。

18話
こんな気持ちでジュナを受け入れることはできないじゃないですか、というパルガンですが、それでも、ジュナはパルガンと弟妹を助けます。
ジュナとガンハは母親の愛情をめぐって、わだかまりがあったのね。だから、ガンハは異母兄弟ってことをあんなに必死で隠そうとするんだ。
ジェヨンがパルガンの元にやって来て、相続人になるなんて、どうやってお祖父さんに取り入ったの?なんて、また怒りを爆発させ、パルガン、自分が会長の遺言で相続人となったことを知るのね。
その足で会長のところへ乗り込み、相続人から外してくれるように頼みます。おじいさん、パルガンに言われて、遺言状を書き変えますが、以前の内容とは変えるようです。そして、その内容を家族に知られないようにするのね。
そして、仕事の方ではどうもあやしい感じの顧客の契約を取るんですが、何だかやくざの親分?って感じの人なのね。のちのち何か問題になりそうな感じです。
そんな時、ナミの調子が悪く病院に行ったところ、深刻な状態なのね。急激に悪化して死にいたることもある病気。
治療法としては移植しかないのですが、血の繋がらないパルガンとは適合しないのね。
何とかナミの親兄弟を探そうとうするパルガンです。
そして、ガンハの約婚式前夜のガンハは思いを断ち切れなくて、今日一日、とパルガンが住んでいるアパートの前でぼんやりとしています。
そこへ、パルガンがナミを連れて、タクシーに乗ってどこかへ行くのを見かけます。あとをつけるガンハ。
が、パルガンが向かったのは孤児院なのね。ナミが孤児院にやって来た当時のことを知る人に会いに来たの。
でも、ガンハはパルガンがナミを孤児院に預けに来た、と誤解するのね。
そこで初めてガンハはナミの病気のこと、きょうだいがみんな養子だということを知ります。(ここでも、パルガンは自分は実の子だと言っていますから、ガンハは当然、父親とも血がつながっていると思っているままです)
そんな中、ナミの容体がますます悪化します。ガンハは二人を病院に連れて行きますが、パルガンを放ってはおけないのね。一晩中、助けとなってくれそうな人に連絡を取りながら、彼女のそばについていて、翌日の約婚式もすっぽかしてしまいます。
約婚式が中止になった後、ジュナとジェヨンが病院にやってきます。
ガンハはジュナにパルガンを任せ、ジェヨンに自分でも分からず、こうなってしまった、と言い、このまま結婚式を挙げよう、と言います。それに不満を言うジェヨンに、愛する女は諦められても弟は諦められないから、と言っているところを、ジュナが耳にしてしまいます。

19話
病院でガンハとジェヨンが言い争うのを聞いていたジュナ。でも、ジュナ、ガンハと異母兄弟ということは、ずっと前から知っていたのね。それを聞いても、ガンハは、パルガンのそばに会長を寄こし、自分は去っていきます。
いままでずっとジュナのものを奪ってきた、とガンハは思っているのね。ジュナからパルガンを奪わないため、ジェヨンと結婚しようとするガンハですが、さすがにジェヨン、断ります。
そして、ジュナはアメリカへ行こうとしています。なぜだと言うガンハに、自分もお兄さんを愛しているし、お兄さんの人生を台無しにする弟にはなりたくない、というジュナです。(ガンハがパルガンへの気持ちに正直になることでことでジュナもアメリカ行きをやめることになるんだけどね)
一方、中国へ行ったパルガン母の友達が送還されたのを知り、会長はガンハと警察署へ会いに行きますが、彼女、おじいさんの息子のことは知らないと言うのね。念のため、彼女の息子の遺伝子検査をすることにするものの、がっかりした会長、また倒れてしまいます。そして、病院のパルガンの元へと行くようガンハに伝える会長です。
ガンハはパルガンの元へともどり、もう、どこにも行かない、と。パランが、パルガンのことを愛しているんでしょ?と聞いても、うん、と答えるガンハです。
そして、ジェヨンとジュナは再びいい関係になりますし、(それ以上になりそう?)パルガンとジェヨンも和解します。
他方、トラック運転手を追っていたジャンスは、運転手がイング妻と接触しているのを見て、パルガンに伝えるのですが、その場にはガンハもいるのね。
ガンハはパルガン母の友達のところに行った時にイング妻を見かけたことを、また、パルガン父母の事件にも関わりがありそうだ、ということを会長に報告します。
さて、パルガン母の友達の子と会長の遺伝子検査の結果は、当然のことながら、血縁関係になく、また、そこのことはイングの妻も知るのね。
ところが、ナミのドナー探しのために検査をしているのがイング妻の弟なのね。会長とパルガンに血縁関係があることをイング妻に教えます。
そして、ジェヨンを心配しているふりをして、ガンハにパルガンを連れてアメリカに行くように頼むイング妻です。
ナミの方はあちらこちらドナーを探していたのですが、ついに見つかり、手術となります。


最終話
手術ですっかり元気を取り戻したナミ、退院、となり、ガンハ達の家に戻ってきます。
パルガンはジュナのことがあるからお祖母さんのところに行こうとするのですが、ガンハにジュナが何でもないふりをしているんだから、こちらの気にしないようなふるまうべきだ、とね。
そして、ガンハはパルガンにプロポーズするんですが。忙しいと断られるのね。何の取り柄もない今のままじゃ一生、ガンハに頭が上がらないってことなのね。保険の方で認められてから、(保険のクイーン?になれたら)ということのようです。
さて、会長の方はパルガン母の友達から、パルガンがパルガンのお父さんの実子でないことを初めて聞くのね。パルガンこそが孫、と、気付きますが、調べてみないと、と、遺伝子検査をすることにします。
そのことを弟から聞いたイング妻は誤魔化すように言うんだけど、断られるのね。イング妻はふたたびトラック運転手を呼び、仕事を頼みます。
そして、先日契約したヤクザの親分みたいな男なんですが、どうやら、保険金詐欺みたいなのね。怪しいと思ったパルガン、ジャンスに調査を依頼しますが、それが邪魔な親分、パルガンを脅すのですが、屈しないのね。そのことを知ったトラック運転手はヤクザと組んでパルガンを始末しようとします。
そして、パルガン、帰路に拉致されるんですが、そこを目撃したガンハも一緒に連れて行かれます。
一方、ジェヨンが母の様子がおかしいことに気付きます。母親の手の中にある携帯を覗き込むとガムテープで口をふさがれたパルガンが映っています。すぐさま、ジュナと連絡を取り、救出に向かうのね。
そこで活躍するのがGPS。ジュナが子供たちがどこにいても分かるように、と贈った時にパルガンにも一つ持たせていたのね。危機一髪で警察がやって来て、救出されます。

そして、1年後。結婚式。といっても、ジャンスと、パルガンをずっと助けてくれて来た友達の、ね。(二人の話は端折りましたが)
ブーケを受け取ってしまったパルガンはあわてて、トス! ジェヨンが受けましたよ。
何だか、ジェヨンとジュナ、すっかり仲良くなっているんですけど…(涙)
そして、パルガン達は広い家に住んでいるようですね。以前住んでいた家かな?
パルガンはおじいさんの実の孫とみとめられていますが、相続権の放棄の覚書にサインをするのね。
ジェヨンもすでに放棄しているみたいです。自分でそれ以上に稼ぐからもったいなくないって言ってます。
とはいえ、パルガン、保険の仕事を頑張っていますが目標が大きいですからね。なかなか結婚できません。
ところが、ある日、家の前に捨て子が!
ポラの登場(名前まだないけど、虹色兄弟ですから、次に加わる家族は紫=ポラ、なの)です。
パルガン、なんとここでガンハにプロポーズしましたよ。
ポラを養子縁組するため、ですね!

虹が7色そろって、ハッピーエンドです。

関連記事

この記事へのコメント

はじめまして - hamayu - 2010年03月18日 08:58:32

終わってしまって、さみしいのですが、私にとって久しぶりに笑顔で余韻を楽しめる作品でした。
最後は、詰め込み・はや足で思わず笑ってしまう(笑う所じゃないけど)シーンが多々ありましたが...(笑)
それでも最後はhappyな気分にしてくれました。
別のブログで韓国内で話題に上らない作品だったという厳しいコメントもあり少し残念です。それでも私は、楽しめたので星4個です。
私は、あなたの感想を読むとほっとします。どの作品に対しても暖かさを感じるので、厳しい感想もありますが、そこにも優しさ(作品を作る人達への愛情・敬意)を忘れない配慮を感じます。
これからも、あなたの感想を楽しみにしています。
ご自愛下さいませ。

hanayuさん、はじめまして! - kirikorori - 2010年03月18日 16:03:46

ブログを読みに来てくださって、ありがとうございます。

納得のいくハッピーエンドの作品は気持ちがいいですね。

>別のブログで韓国内で話題に上らない作品だった

確かに、ニュースなどでは無視されていた感じもありましたが、視聴率も悪くはなかったようなんですけどねぇ・・・。

わたしの感想は、わたしがおもしろく思えなくても、これからドラマをみようとしている人のじゃまにはならないようにしよう、と心がけているんですよ。
(いつも、実行できているわけではありませんが)
同じドラマを見ても、受け取り方はさまざまですからね。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします!

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。