スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いとしのソヨン」41話・42話あらすじ

週末の50話程度のドラマは視聴率が良いと延長されるのが普通なんですね。
ところが、このドラマは視聴率がいいのにもかかわらず延長の話が出ないのが不思議でしたが数日前のニュースで、ようやく判明。
脚本家の体調を理由に延長しないことが正式に決定したようです。
脚本家さんのお身体は心配ですが、ドラマは延長しない方がまとまりがいい事がほとんどなので、その意味では喜ばしいニュースです。

さて、今週からはチョ・ドンヒョクの登場です。
2013020223400123_1_rstararm2.jpg

恋のライバル役?って感じなんですが、どういう展開になるのでしょう。

そして、この前からホジョン父が養成所で同室になっている子たちですが、彼らを演じているのはNewUsという新人グループで日本でも活動しているようです。 →ジャパンオフィシャルのツィッター

それでは、あらすじです。


41話
裁判所の前で落ち合ったソヨンとウジェは、淡々と離婚申請書を出します。
2013020221524111_1_rstararm1.jpg
気分を訊かれたソヨンは、今までごめんなさい、と謝り、私のことはさっさと忘れて元気に暮らして、と答えます。
食事に誘うウジェと一緒にご飯を食べるソヨンです。
2013020221524111_1_rstararm.jpg
離婚届けも出したし、今住んでいるところを教えて欲しい、と言うウジェに、家をプレゼントしてやろうとでも言うの?と言うソヨン。
できればそうしたい、と答えるウジェに、慰謝料をもらう立場じゃない、と言うソヨンです。
残っている荷物を送るから、と言うウジェにも、人を頼んで取りに行かせるから、とあくまでも住所を教えようとしないソヨン。
ウジェもそうしたければそうしろ、とそれ以上はきかず、互いに元気で、と声を掛け合って別れる二人です。
ウジェはようやく気持ちの整理がついたのか、結婚指輪を外します。

ウジェが会社に出勤するとソヌが来ています。
ウジェの会社での業務を他の人と替わろうと思う、と言うソヌに、ソヌほど有能な人はいないから、と淡々と話すウジェを見て、驚いているソヌです。

ソヨンは今までできなかったことを片っ端からしているようです。
美容院に行き、初めてのパーマをかけて髪を短くするソヨン。
201302022026241710_11.jpg
201302022026241710_1.jpg
そのあと、ソヨンはソンジェと会います。
失望したでしょう、と訊くソヨンに、一度も連絡せずにこんな決定を下すなんて!と答えるソンジェ。
まだ、ソヨンのことをお義姉さん、と呼ぶソンジェに、自分はソンジェの家族を騙した人間で、もう、義姉じゃない、と言い、先生と呼ぶように言います。
でも、先生もふさわしくない、そんな資格ない、と自分で言い出すソヨン。
そして、あなたが心配すべきなのは私じゃなく、お母さんだと言うソヨン。ソンジェのお母さんは私以上につらいだろうと言うソヨンです。
生母の事も聞こうとするソヨンですが、ソヨン自身がもう他人と言ったじゃないか、とさえぎるソンジェ。
ソヨンは、もう連絡はしないで、と言い置いて去って行きます。
2013020222135238_1_rstararm.jpg

ミギョンの方は相変わらず仲間外れにされています。
同僚たちとの間を取り持とうとするサンウですが、庇えばサンウまで攻撃される状態です。
そんなミギョンに以前と変わらず厳しい要求を出すギョンホ。
看護師に、ミギョンは誰だかわかっているんですか?と言われ、3年目のレジデントだ、と答えているギョンホです。

仕事を終え、家の戻って来たウジェを家族が待ち構えています。
ウジェは裁判所に書類を提出してきたことを報告、ミギョンと二人になると、こんなことになってごめん、と謝ります。
でも、ミギョンの方も今ではすっかり冷静になっており、ソヨンのことがなくても自分たちは別れていた、と言います。
そして、自分とサンウが付き合っていたことは最後までソヨンには秘密にしておいてくれと言うミギョンです。

ソヨンの方は新しい家にヨニを呼んでいます。
ソヨンに、どうして食器をみんなひとり分ずつ買ったのかと訊くヨニに、友達がいなくって、友達を呼ぶ時のことを考えなかったと答えるソヨン。
ソヨンはヨニに、引っ越し祝い兼離婚のパーティーなんだ、と言って書類を裁判所に提出してきたことをヨニに知らせています。
あまりにも早い決定に驚くヨニに、ウジンは自分と似た人なんだ、と言い、ダメだと思ったら戻ることはしない人なんだ、と言っているソヨンです。
そして、ヨニにお金を差し出し、これで借金を返して、と言うソヨンなのですが、受け取れないと言うヨニ。
スカウト料と考えて、と言うソヨンなのですが、いざという時のお金として残しておくべきだ、と言うヨニですが、これからしばらく事務所が軌道に乗るまであまりお給料も払えないと思うから、などと言うソヨンです。

翌朝、ウジェと父が出勤しようと家を出ると家の前にソヨンの車が止まっています。
ソヨンが返しに来たのね。車のキーと一緒に結婚指輪も添えられています…。
ソヨンらしい行動だ、と言い、そこまですることはないから帰してやれ、と言うウジェ父ですが、この方が気が楽なんでしょう、と言ってこのまま受け取ろうと言うウジェです。

サンウの方はホジョンにもソヨンのことをちゃんと話そうと外食に誘います。
でも、サンウから話があると言われ、別れ話だと思い込んでいるホジョン…。

病院に出勤したサンウはミギョンからソヨン達が離婚書類を裁判所に提出したことを聞きます。
自分がソヌに話したせいでとすまながるミギョンに、二人が別れたのはミギョンのせいじゃないし、自分もウジェにソヨンと別れてくれるように言ったんだと話すサンウです。
そんなサンウの元にソヨンからの電話があり、会おうと言ってきます。
今日はホジョンと食事に行くから明日、と約束をして電話を切るソヨン。

夜になり、ホジョンと約束の店へと出かけるサンウ。
ホジョンは寒いのに店にも入らず入り口にいます。
別れ話だと思っているから、すんなり入れなかったのね。
メニューを頼む段になっても、最後の食事になる、とますます自分の妄想に入り込んでいくホジョン、たまらなくなって涙を浮かべ、席を立ちます。
追いかけてきたサンウに、泣きながら、サンウがどうして自分と結婚したのか、どうしてミギョンと別れたのか、そして今サンウがどれぐらい後悔しているのか、みんな分かっている、と言うホジョン。
こんなに早く別れるんだったら結婚していなかったのに、自分との結婚が無駄になってしまったと泣くホジョンです。
それを聞いたサンウ、どうしてそんな風に考えるの?とホジョンを抱きしめます。
選択をしたことが運命だと思うと言っただろう?と言うサンウです。
2013020223332540_1_rstararm.jpg

一方、ソヨンはサンウたちの留守を知って父の元を訪ねて来ています。
2013020223381696_1_rstararm.jpg
新しい家に飾られたサンウとホジョンの結婚写真をじっと眺めるソヨン。
ソヨンは父に、自分が父親を死んだことにしたことをまず、謝ります。
人としてやってはいけなかったことだ、と言うソヨンに、もう済んだことだ、と言う父。
それよりも、とウジェとの仲直りを願う父に、すでに離婚書類を提出したことを話すソヨン。
でも、父のせいではなく、父のことが分かる前から二人の間で決めていたことだと言うソヨンです。
あんないい人はいないから、つまらないプライドなんか捨てて思い直せ、と言う父に怒り出すソヨン。
お父さんが彼の何を知っているの!?と言い、お父さんが知っているウジェがウジェのすべてじゃない、私の方が彼のことをずっとよく知っていると言い出すソヨンです。
そして、これ以上わたしの人生に関わらないでと言ったでしょう!と言ってソヨンは家を飛び出して行きます。

家を出たところでちょうど帰って来たサンウとホジョンと顔を合せてしまうソヨン。
ホジョンを避けるようにして、そのまま走り去るソヨンです。
追いかけてきたサンウに、サンウは変わったと言うけれど、自分にとって父は3年前とは変わらないんだ、と言うソヨン。
サンウは、ソヨンの気持ちはわかるから待っているけれど、変ったお父さんの姿を見せられないのが残念だと言います。
いっしょに暮らそうと言うサンウに、ホジョンとは顔を合せられない、と言い、自分は今のように自分がソヨンという一人の人間として生きられるのがいい、と言うソヨンです。
そんなソヨンに、戻ってきたらいつでも父は受け入れるつもりだと言い、ソヨンを行かせるサンウです。

ウジェの母の方は、また、早朝からドラムの練習です。
再びマジシャンに会って心慰められるウジェ母、今度はコンサートのチケットをプレゼントされています。
ところが、どうもこのマジシャン、変です。
今回また会ったのも意図的な感じがしますし、彼女の心を慰めたカードも仕掛けがあり、最初からウジェ母に言う言葉は決まっていた感じです。

ソンジェの方はユン元秘書を呼び出しています。
ソンジェから連絡が来て喜ぶユン元秘書ですが、ソンジェは元秘書のことをはお母さんとも呼べないし母とも思えない、と言います。
ユン元秘書の立場ではつらいことは分かるけれど、私の立場で言うならそばにいる母がお母さんなんだと言うソンジェ。
そして、今まで僕のために生きて来て僕の幸せだけを願って来たと言っていたでしょう?と言い、僕の隙だと言うんだったらソウルを離れてくれと言うソンジェです。
傍にいる母の立場から見ると、ユン元秘書が近くにいることは耐え難い事で、そんな母を見るのは自分もつらいと言うソンジェ。
そして、それでも自分を生んでくれたことに感謝の気持ちを伝え、もっとしっかりした大人になったら訪ねていくと話すソンジェです。

一方ソヨンは新事務所をオープンです。
ビルの他の事務所に手分けして挨拶に行くソヨンとヨニ。
ソヨンは階下の撮影スタジオに、立ち入り禁止の表示があるのにも気づかず入って行ってカメラマンに怒られてしまいます。
2013020223400123_1_rstararm1.jpg
挨拶の餅だけ置いて早々に退散するソヨンでしたが、その後、花を持ってソヨンの事務所を訪ねてくる、先ほどのカメラマン。
頭がいいと思っていたのに、記憶力はあまりよくないみたいだ、と言い出す男にソヨンはあっけにとられています。
彼、昔ソヨンが高校時代、付合ってくれと言いに来た子ソンテなのね。そして、サンウが恋人のふりをして追い払った、と言うことがありました。
再会を喜ぶソンテと握手を交わすソヨン。
2013020215072732_1_rstarkmm.jpg
そこに、自分の分の餅を配り終えたヨニが戻って来ます。
ヨニの方は彼がすぐにわかります。
と言うのはヨニは彼と大学でも一緒だったのね。再会を喜び合います。
2013020223400123_1_rstararm.jpg
彼が戻って行くと、お互いの人脈を使い、顧客を獲得しよう、と提案するヨニですが、ゆっくりやって行こうといったじゃない、と最初の方針を思い出させるソヨン。
そんな事務所に花を持ってウジェが訪ねてきます。

42話
事務所にやって来たウジェを見て、席を外すウジェ。
何をしに来たの?と言うソヨンに、開業祝に来たとウジェは言います。
なおも何かを言おうとするソヨンですが、そこに事務所を訪ねてきた客がやって来て、そのまま帰るウジェです。
高齢者の無料法律相談の行事の仕事を依頼する客、どうしてこの事務所に?と訊くソヨンに、この建物に用があって…と説明して帰る客です。
ソヨンはどうしてウジェにこの事務所が分かったんだろう?と言うのですが、同窓生の集まりにも出たし、などとヨニが言っているところに前にいた弁護士事務所の所長も開業祝にやって来て、納得するソヨンです。

一方、近くの店に買い物に来たソヨン父はそこにあった新聞にビーナスの名前を見つけ、それを読みます。
ウジェ母が多額の寄付をした話なのですが、そこに、彼女の娘としてミギョンの名前も病院名とともに出ています。
52787232.jpg
ミギョンとサンウが別れた訳を知るソヨン父です。
ちょうど帰って来たサンウにそのことを確認するソヨン父。
サンウもミギョンがウジェの妹であることを認めます。
ソヨンがそのことを知っているのかを気にするソヨン父に、ソヨンは知らないことを話しますが、ホジョンは知っていることを言います。
自分のせいで…と自らを責める父に、お父さんのせいじゃないから、謝らないでくれと言うサンウ。
でも、ショックのあまり、そのまま布団に入ってしまう父です。

そして、高齢者の無料法律相談の行事の日の朝。
会場に行く準備をしてし、担当者を待っているソヨンのところにウジェが現れます。
ウジェがソヨンと会う機会を作ろうとして人に頼んでソヨンと契約させたのね。
信じられない…と呟くソヨンに、私はかっこいいと思うんだけど、と声をかけるヨニ。
契約が成立している以上断れないソヨンを自分の車に乗せて連れて行くウジェです。
ウジェはソヨンの話を聞きだそうとして来たんじゃなくて、自分に弁明の機会がなかったのが悔しくて来たんだ、と言っています。
でも、そう言いながらも、今日の行事の資料を渡し、仕事の邪魔はしない、と言ってただ送って行っただけ。
そして、送るだけ送って帰って行くウジェです。
ウジェが帰ってしまうと、なんだか残念そうにも見えるソヨン…。
でも、予定通り、相談をこなすソヨンです。
ところが、全ての予定をこなし、帰る準備をしようとしていたところに、予約もなく現れる現れる老女。
係りの人が帰そうとするのですが、相談を受ける、と言ってとどめるソヨン。
結果的に、時間をオーバーしたことがウジェには幸いとなりました。
ウジェはソヨンを迎えに行こうと思っていたのだけれど、少し遅れてしまい、予定通りだったら間に合わないところだったのね。
迷惑がるソヨンを何とか車に乗せたものの、話を聞こうとしないソヨン。
ウジェは、着くまで目を瞑っていてもいいから、と言い、レストランへと連れて行きます。
お昼も海苔巻しか食べてないそうじゃないか、と言ってレストランに連れて行くことに成功するウジェ。
でも、注文を取る段になると、一番時間がかからないものを注文するソヨンです。
それでも、ウジェの粘り勝ちで、話を聞いてもらえる時間を持つウジェ。
ウジェが過去が人間を作ると思う、と話し始めるとまた、警戒するソヨンですが、自分の話だ、と言って話し続けるウジェ。
2013020322063080_1_rstararm.jpg
自分が独断的な父の元に育ち、父母も不仲な中、自分もいつの間にか独断的な人間になっていた、とウジェは言います。
それだから、ソヨンのお父さんのことが分かった時も、自分の考えばかりだった、と言うウジェ。
ソヨンにどんな事情があったのかを考えないで、ソヨンのことを知らないまま、自分の知っているソヨンがしてはいけないことだと考えたのだと話すウジェです。
でも、全部は話してしまわないで、今日はここまで、と言って車で送って行くウジェです。

ウジェはソヨンを送るとソヨンの父に会いに行きます。
現れたウジェを見て驚くソヨン父に、この前はちゃんとあいさつもできなかった、と言い、ソヨンのお父さんと知っていたのに知らないふりをしてすまなかった、と謝るウジェ。
離婚のことを話し出すソヨン父に、お父さんに話を聞き、どうしてソヨンがそういう選択をしたのか分かったけれど、同時に、ソヨンが自分と一緒に暮らせないことも分かった、と言うウジェ。
そんなプライドを捨てられない人間にしてしまったのは私だ、と言うソヨン父に、今日はそんなことを聞こうと来たんじゃない、と言うウジェ。
ウジェは、ソヨンとの結婚は失敗に終わったけれど、ソヨンとのことは終わっていないと思っている、と言います。
2013020322523877_1_rstararm.jpg

一方、ミギョンの方は相変わらず、仲間外れにされて落ち込んでいるのですが、そこにやって来るギョンホ。
以前と変わらず、きついことを言うギョンホに、どうして私にだけ厳しいことを言うのかを訊くミギョン。
ギョンホが、自分の知るミギョンはそんな人間じゃなかった、と答えるのを聞き、病院に来て初めて会ったんじゃないんですか?と訊くミギョンですが、果たしてそうかな?などと言って去って行くギョンホです。

ウジェ母の方はマジシャンにもらったコンサートのチケットを思い出し、ソンジェを誘おうかとソンジェの部屋の前まで行くのですが、ソンジェが生母と会う約束をしているのを聞き、そのまま引き返します。
マジシャンにご主人と一緒に、と言われたのを思い出し、ウジェ父も誘ってみるのですが、いつものように相手にもされないウジェ母…。
ホジョンの母も誘ってみるのですが断られ、仕方なく、一人でコンサートへと出かけます。
コンサートが終わり、場内の明かりがついたところで、マジシャンが一人で来ているのを見つけ、話しかけるウジェ母。
二人で立って食べる焼肉屋へと出かけます。
またもや、自分の孤独な心を分かってくれる、と思うウジェ母でしたが、すでに

ソンジェと会ったユン元秘書の方は今日一日だけ、自分がしたかったことをしてくれる?と頼んでいます。
二人で映画を見たあと、食事に誘うソンジェ。
元秘書は家に食べに来てくれないか、と誘います。
家に行ってみると、すでにごちそうが準備されています。
わかめスープもあります。
一度ソンジェのわかめスープを作りたかった、と言う元秘書です。
そして、ソンジェのそばにいたために、自分はソンジェの母だと思い違いしていた、と言う元秘書、ソウルを離れることを話します。
自分が孤児院で育ったため、ソンジェ父に託せばソンジェが幸せになると思ってしまったことを話し、これからは自分も自分の人生を幸せに生きると言う元秘書です。
2013020323520737_1_rstararm.jpg

翌朝、家族に隠れ、わかめスープを作っているウジェ。
ソヨンとサンウの誕生日なのね。
作ったわかめスープをソヨンの家に届けに行くウジェなのですが、ソヨンはいません。
ソヨンの家も調べたようですね。
もう出勤したのかな?と思っているウジェなのですが、ビーズ手芸の習い事に行っていたソヨン。
家に帰って来るときにウジェとすれ違いになってしまいます。

ホジョンの方はサンウ父とサンウのためのわかめスープを作りながら、サンウの出生届が遅れた訳をサンウ父に聞いています。
産まれた時にソヨンは命が危ない状態だったのね。それでソヨンの出生届が遅くなり、また、元気だったサンウの出生届を先に出してしまうとソヨンが死んじゃうような気がして出せなかったことを話すサンウ父です。
サンウとホジョンは夕食はホジョンの実家で食べる予定にしているのですが、ホジョン父からホジョン母には全く連絡がありません。
それでも、初めて娘の夫の誕生日を祝う時ぐらい帰って来るだろう、と思っているホジョン母ですが、行けないことを病院のサンウに伝えに来るホジョン父。
ホジョン父は初めて自分がしたいことをして稼いだ金だ、と言って現金をサンウにプレゼントしています。
2013020323535392_1_rstararm1.jpg

夜になり、ホジョン母のところにサンウとホジョンがやって来ます。
ホジョン父がサンウのところにやって来たことを聞き、とうとうホジョン父が家出していることを話してしまうホジョン母です。

ソヨンの方は、サンウからわかめスープは飲んだ?という電話を受け、自分の誕生日だったことに気付きます。
ヨニとたんじょうびのはなしをしているところにソンテがやって来て、ヨニと二人、ソヨンの誕生日を祝うことにして、ソヨンを連れ出します。
2013020323535392_1_rstararm.jpg
出て行った後に事務所を訪れ、また、わかめスープを渡し損ねるウジェ…。

ソンテはソヨンをスタジオにあった友達デザイナーの服から赤い服を選び、着替えさせ、クラブに連れ出します。
2964_L_1359893271.jpg
初めての経験に戸惑うソヨンですが、ソンテは会場の人たちにマイクでソヨンの誕生日を祝ってやってくれ、と言い会場のみんなに祝福されるソヨン。楽しくなって、笑顔も見せるソヨンです。

ウジェの方はソヨンが帰って来るのを待ってずっとマンションの前に車を止めて待っています。
でも、なかなかソヨンは帰って来ず、間もなく日付が変わりそうになってしまいます。
家の前にプレゼントを置いて雇用、と車を降りたウジェ。
ところが、その前にソンテと一緒に帰って来たソヨンの姿が…。
2013020323462686_1_rstararm1.jpg
楽しそうに笑顔を見せるソヨン。
2013020323462686_1_rstararm.jpg
ソヨンの方もウジェに気付きます。
ソヨンの方へと歩み出すウジェ…。




ウジェ、一日中ソヨンを探していて、やっと会えたと思ったら、他の男に笑いかけているソヨン…。
誰よりもソヨンを笑顔にしてやりたいと思っている人だから、ショックでしょうね。
別れてからいい感じだったウジェとソヨンですが、来週はどうなっちゃうんでしょうか?

また、今週はミギョンとギョンホは病院で出会う前に会っていることがほぼ確実になりました。
実は番組HPに書かれていて私は最初から分かっていたんですが、今週の話でミギョンの初恋の人の話を思い出すべきところなんでしょうね。
ミギョンは名前も知らないし、顔も覚えていない、と言っていましたから…。
こういう事を最初にHPを見て知ってしまうのはがっかりなのですが、韓国の場合、最初に書かれていたこととまるで違う関係になったりすることもあるのが救いです。
実は、今週のソンテの登場も、最初の人物紹介に書かれていた内容が中止になって彼を登場させたのかな?などと思える展開になっています。

ところで、ソヨンの無料法律相談の最後にやって来たおばあさんなのですが、パン・ヒョジョンさんなんですね。
「華麗なる遺産」に出てくるおばあさんです。
単なる今回限りの特別出演なのか、それとも、ソヨンが弁護士として活躍するきっかけになるのか…。
そのあたりも楽しみです。

関連記事

この記事へのコメント

- つなこ。 - 2013年02月07日 01:24:09

kirikororiさん、こんばんは^^
見たい!見なきゃ!と思いつつ、野暮用で忙しく、10話で止まったままだったソヨン、この1週間で一気見してようやく現放送分まで追いつきました!いざ見始めると面白くて止まらず、あっという間に追いついちゃいました^^
(ドラマ見てない間もちょこちょこあらすじは韓国記事やこちらでチェックしてはいたんですが)
kirikororiさんもおっしゃってましたが途中、ウジェがソヨンの秘密を知ってからの冷戦、こう着状態が続く辺りは、一気見したからよかったものの、毎週あの調子だったら確かに見続けるの辛かったかも…という気がします^^;

ソンジェ役のイジョンシンも最初の方に比べたら今の方がすごく演技が上手になってて、成長の過程とでもいうのでしょうか?それが見てとれました。

ウジェ母はお嬢様育ちで世間知らずの役ではありますが、すごく心根の優しい人ですよね。ここ数話は彼女の演技に泣かされてます。
ソンジェのときといい、今回のソヨンのときといい、誕生日を気にしてあげて。
そもそもソヨンを呼び出したときも、ソヨンが信じられないからというのももちろんですが、このまま家にいてカンギボムに辛い目にあわされる前に出て行きなさい、と最後までソヨンを心配する気持ちも忘れませんでしたし。

ソヨンは離婚して一人になってからとりあえず片っ端からいろんなことをやってみてますね。
私も最終的にはウジェと元さやになるだろうなとは思ってるんですが、でも今のようなようやくいろんなしがらみから解放された生活もソヨンには必要だからどのように終わらせるのかな、と気になります。

実は私、途中、ウジェのキャラが苦手でした。ソヨンをすごく信用してたのはわかるんですが、自分が作り上げた「決して嘘をつかない完璧なソヨン」のイメージを愛している気がして。偶像崇拝に近い感じとでもいうのか…。
それが今はありのままの「人間スヨン」の姿を見て、もう一度ソヨンと向き合おうとしていますよね。
ウジェ本人も言ってましたが、独断的だった自分、自分の勝手なものさしでソヨンを見ていたことにようやく気付いたからこそ、新たな関係を築こうとしている。
今のウジェはすごく素敵だなあと思います。

>今週のソンテの登場も、最初の人物紹介に書かれていた内容が中止になって
あ、そうだったんですね!これは知りませんでした!!
ミギョンとギョンホは私もドラマ開始当初にHPで人物紹介を見ていてある程度把握してたんですが(1話か2話あたりでミギョンがなぜ医者を目指すことになったか、そのきっかけを話すエピソードもありましたよね^^)、ソンテの方は全然分からなかったです。

>ソヨンの無料法律相談の最後にやって来たおばあさんなのですが、パン・ヒョジョンさんなんですね。「華麗なる遺産」に出てくるおばあさんです。
単なる今回限りの特別出演なのか、それとも、ソヨンが弁護士として活躍するきっかけになるのか

個人的にはソヨンがこのおばあさんの孫の弁護を担当するんじゃないかな?と思います。やたら詳しく事情を話してましたし、何か孫が事件で誰かをかばってるんじゃないかな?とも思えるようなエピソードでしたし…。
(学年で常にベスト5に入る成績の高校生の孫がある日、酒を飲んで、鍵が付いてた車に乗って二人を轢いて監獄に入ったとかなんとか…。でも事件について一切口をつぐんでるとかでしたよね?うろ覚えですが…^^;)

華麗なる遺産の脚本家さんの作品ですし、パンヒョジョンさんカメオで出るかなと思ってましたが49日に続きやはりソヨンでも出てきましたね!
パンヒョジョンさんとパクヘジンが並んでくれると「空くらい地くらい」なのになーと思ったり。パンヒョジョンさんとパクヘジンを最初に見たドラマがこれなんです。ちなみにハンヒョジュもこのドラマが初でした。

前半部分ではソンジェがソヨンと台本練習するときの台本が華麗なる遺産の脚本でファン、ウンソン、ジュンセ、スンミの名前とセリフが出てきて懐かしいな~と思いました(笑)。
今回ウジェ母に1億寄付の記事を書きたいと電話を掛けて来た記者の名前は「マヘリ」で。こちらは検事プリンセスの主人公の名前でニヤリとしましたし^^

ソンジェの台本リーディング、一番多く使われてたのは「優しい男」だったような…。マルとウンギのセリフが頻繁に出てきてて。ソヨン前半放送時期が優しい男とかぶる時期だったからかな?と思いました。
あと、たまたま最近ネットで映画「建築学概論」を見てて。台本リーディングシーン、ソンジェのオーディションで「建築学概論」のセリフもたくさん出てきてちょうど見た直後だったのでおっ!と思いました。
ちなみにソンジェの言ってたセリフはチョジョンソクのセリフでした♪

- みう - 2013年02月07日 06:17:30

おはようございます、kirikororiさん(*^-^)ノ

昨日書き込みしたら、消えてしまって・・・(;´∩`)
ウジェにライバル出現?
ウジェが頑張っていますが、私も元さやになると・・・
ミギョンの初恋の相手はギョンホですね。
後妻に何を言われようと堂々としていて、キャラが好きです。

何だか、ソヨンの服装が明るくなってきましたね。
髪形は長い方が若く見え・・・(-"-;)

マジシャン、、、怪しいですね~!
タロットカードがみな同じ柄でしたから・・・

ヨニとの友情、ヨニの家にお世話になるのに、お客さんとちゃんと扱われてソヨンはベッドで寝ていますよね。

あのおばあさんは特別出演ではなく、何か実は大きな力やコネを持っているとか(笑)

延長なしの決定少しさびしい気もしますが、延長すると内容がとんでもないことになることがあるので、脚本家の方は体調が治りますように、でも延長なしで嬉しいです。

そろそろ、チョ・インソンのドラマが始まらないかなぁって気になっています。

- みう - 2013年02月07日 07:54:32

チョインソンのドラマ、13日からですね^^

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年02月07日 08:33:39

つなこ。さん、おはようございます。

> kirikororiさんもおっしゃってましたが途中、ウジェがソヨンの秘密を知ってからの冷戦、こう着状態が続く辺りは、一気見したからよかったものの、毎週あの調子だったら確かに見続けるの辛かったかも…という気がします^^;

> ソンジェ役のイジョンシンも最初の方に比べたら今の方がすごく演技が上手になってて、成長の過程とでもいうのでしょうか?それが見てとれました。

こういう部分は一気見がいいですね。

> ウジェ母はお嬢様育ちで世間知らずの役ではありますが、すごく心根の優しい人ですよね。ここ数話は彼女の演技に泣かされてます。

同感です。彼女もギボムといい関係を築いてほしいですね。
ギボムって、必要以上に自分の心を隠すところがあるのが問題なんですよね。

> 実は私、途中、ウジェのキャラが苦手でした。ソヨンをすごく信用してたのはわかるんですが、自分が作り上げた「決して嘘をつかない完璧なソヨン」のイメージを愛している気がして。偶像崇拝に近い感じとでもいうのか…。

そうでしたね。
最初は評判の良かったウジェも、途中でその問題点があらわになり、そしてその克服、と納得できる描かれ方をしているんですよね。

> ミギョンとギョンホは私もドラマ開始当初にHPで人物紹介を見ていてある程度把握してたんですが(1話か2話あたりでミギョンがなぜ医者を目指すことになったか、そのきっかけを話すエピソードもありましたよね^^)、ソンテの方は全然分からなかったです。

別の人の人物紹介欄に、ソヨンに片思い、と書かれていたんですよ。

> 個人的にはソヨンがこのおばあさんの孫の弁護を担当するんじゃないかな?と思います。やたら詳しく事情を話してましたし、何か孫が事件で誰かをかばってるんじゃないかな?とも思えるようなエピソードでしたし…。
> (学年で常にベスト5に入る成績の高校生の孫がある日、酒を飲んで、鍵が付いてた車に乗って二人を轢いて監獄に入ったとかなんとか…。でも事件について一切口をつぐんでるとかでしたよね?うろ覚えですが…^^;)
>
> 華麗なる遺産の脚本家さんの作品ですし、パンヒョジョンさんカメオで出るかなと思ってましたが49日に続きやはりソヨンでも出てきましたね!
> パンヒョジョンさんとパクヘジンが並んでくれると「空くらい地くらい」なのになーと思ったり。パンヒョジョンさんとパクヘジンを最初に見たドラマがこれなんです。ちなみにハンヒョジュもこのドラマが初でした。

私も、1回限りにしては事件の内容が細かいな、と思っていました。
そして、どうやらこの事件、実際にあった事件を下敷きにしているんじゃないかと言う話もあるんです。
そのモデルになった人というのはその事件をきっかけにすっかり道を誤り、数年後に自殺するという痛ましい結末を迎えたんだそうです。

台詞のところでは、これは何?と思って楽しいですね。
マ・ヘリは私も思わずニヤッとしました。
「建築概論」は見ていないので分からなかったのですが、タイトルから心惹かれるものを感じている映画です。
この映画のセリフだったんですね!

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年02月07日 08:39:42

みうさん、おはようございます。

> 昨日書き込みしたら、消えてしまって・・・(;´∩`)

それはショックですね…。

> 何だか、ソヨンの服装が明るくなってきましたね。

今までずっと色目を押さえた服だったので、効果的に見えますね。

> ヨニとの友情、ヨニの家にお世話になるのに、お客さんとちゃんと扱われてソヨンはベッドで寝ていますよね。

そうなんですよね。
最初はソヨンが酷い状態でやって来たのでベッドなのかと思っていましたが、その後もそのままでしたね。

> あのおばあさんは特別出演ではなく、何か実は大きな力やコネを持っているとか(笑)

次回が楽しみですね。

> そろそろ、チョ・インソンのドラマが始まらないかなぁって気になっています。

そうそう、来週スタート、こちらも楽しみですね。

- つなこ。 - 2013年02月07日 20:19:20

kirikororiさま、こんばんは☆

>どうやらこの事件、実際にあった事件を下敷きにしているんじゃないかと言う話もあるんです。
そのモデルになった人というのはその事件をきっかけにすっかり道を誤り、数年後に自殺するという痛ましい結末を迎えたんだそうです。

そうなんですか!!それはなんて哀しい結末なんでしょう…。
ドラマ内の事件がもし実際の事件をベースにしてるとしたらますますドラマの方でこの事件が扱われそうな気もしますね。

>最初は評判の良かったウジェも、途中でその問題点があらわになり、そしてその克服、と納得できる描かれ方をしているんですよね。

ウジェは自信にあふれている人でリーダーシップもあって責任感も強い、そんな性格ですが、裏を返せば自分の考えが正しいと思っていて、強引な部分がありましたものね。
ウジェの良い部分が悪い方へと作用してしまって、でもそのことに本人が気付き、克服して行こうとしているその姿勢が今後ソヨンにも徐々に伝わっていくのでは…と思います^^

建築学概論、堅いタイトルと違って初恋の甘酸っぱさ、切なさを描いた映画なんですが私は結構面白く見れました^^
オムテウンの演技は言わずもがな、なんですが、ドラマではうーん…と閉口することが多かったハンガインとスジも映画ではなかなか良かったです。
ドラマと違って120分程度の現代劇だとなんとか見れる演技力なのかも…と思いました^^;

- kirikorori - 2013年02月08日 00:51:54

つなこ。さん、こんばんは。

> ドラマ内の事件がもし実際の事件をベースにしてるとしたらますますドラマの方でこの事件が扱われそうな気もしますね。

どんどん期待が膨らんでいます…。

> ウジェの良い部分が悪い方へと作用してしまって、でもそのことに本人が気付き、克服して行こうとしているその姿勢が今後ソヨンにも徐々に伝わっていくのでは…と思います^^

私もそう思います!

建築学概論、ますます見たくなりました!

> オムテウンの演技は言わずもがな、なんですが、ドラマではうーん…と閉口することが多かったハンガインとスジも映画ではなかなか良かったです。
> ドラマと違って120分程度の現代劇だとなんとか見れる演技力なのかも…と思いました^^;

あの、失礼ながら大根と悪名の高い…(以下自粛)
映画だと、撮影の方も、ドラマに比べ時間的にも余裕がありますからね。

それにしてもこの頃のドラマ、演技力のない女優さんの割合がかなり高くなっているようで、ちょっと心配です。

- keiko129 - 2013年02月10日 16:21:30

こんにちは。初めまして。
私は韓国語ができないので、日本のKBSで見ているのですが、3話にしてすでにはまってしまい、こちらのお部屋をみつけて、一気見させていただきました。 
最初は、棚ぼたの後続なのでそのまま録画、くらいの気持ちで1話2話は見てすぐ消してしまっていたのですが、イ・サンユンさんのかっこよさにやられてしまいました。
今週のお話、楽しみにしていますので、またお邪魔させてください。
ありがとうございます。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年02月10日 18:42:53

keiko129さん、はじめまして。
あらすじをお読みくださって、ありがとうございます。

このドラマ、視聴率が高いのも納得のドラマですね。

> 最初は、棚ぼたの後続なのでそのまま録画、くらいの気持ちで1話2話は見てすぐ消してしまっていたのですが、イ・サンユンさんのかっこよさにやられてしまいました。

私も、棚ぼたの後、あまり期待もなく、ただ、習慣のようになっていて見始めたのですが、いまではこのドラマの面白さにはもう、驚くばかりです。

サンユンさんも、ウジェが大きな経験を経てますます素敵な男になって、サンユンさん自身もますます魅力的に見えています。


> 今週のお話、楽しみにしていますので、またお邪魔させてください。

こちらの方こそ、楽しみにしていてくださっていて、ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

- naminami - 2013年06月22日 21:20:42

kirikorori 様

いつも、あらすじ楽しく読ませてもらっています。
KBSワールドで視聴していますので、kirikorori 様が視聴されてから
大分日にちがたってしまっていますが・・・・^^;
身近に、いとしのソヨンを見ている人がいないので、このドラマのよさを語り合える人がおらず
さみしい思いをしている時に,ここにたどり着きました。

KBSワールドの放送を見た後、ここに来てあらすじとコメントを拝見し、再放送を見ています。
そうすることで一回目に気付かなかったところに気付くことができて、何倍も楽しむことができます。
時々、我慢ができず、次回のあらすじを読んでしまう事もありましたが、いよいよクライマックスなので、
1週間ぐっと我慢しています。

もうすぐ、43話の放送がはじまります。
他の男性と楽しそうにしているソヨンを前に、ウジェが何と言うのか!?

本当に楽しみです。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年06月22日 23:53:43

naminamiさん、こんにちは。

KBSワールドでは43話ですか!
いよいよ大詰めですね。

> KBSワールドの放送を見た後、ここに来てあらすじとコメントを拝見し、再放送を見ています。

そんな風にお読みくださっているんですね。
楽しんでいただいているようで、とてもうれしいです。

> 他の男性と楽しそうにしているソヨンを前に、ウジェが何と言うのか!?

ソヨンが生き生きした表情をし始めた時期ですね。
この後のお話も、どうぞ、楽しんでくださいね。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。