スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クォン・サンウ主演「野王(야왕)」あらすじ1~4話

SBSの月火ドラマ、全24話予定
yawang13.jpg

演出 チョ・ヨングァン、パク・シヌ
脚本 イ・ヒミョン
パク·イングォン(原作)
クォン・サンウ(ハ・リュ) 、スエ (チュ・ダヘ) 、ユンホ (ペク・ドフン) 、キム・ソンリョン (ペク・ドギョン)

このドラマの全体感想とデータは別ブログにあります。
そちらもお読みいただければ、嬉しいです。

      →クォン・サンウ、スエ主演の「野王」見終りました


それでは、あらすじです。



1話
大統領官邸に令状を持ってやって来る捜査官たち。
大統領夫人の贈賄容疑による家宅捜査です。
大統領夫人と二人対峙する主人公らしき男性。
どうして俺を殺したんだ、と言う彼にピストルを突きつける大統領夫人。やがて銃声がし、現場には血が流れているのですが、どちらが撃たれたのか、分かりません…。

話は12年前に遡ります。
孤児院時代の弟分テクぺの手伝いでサラ金の取り立てに行くハ・リュ。
ところが、家の中には死後時間の経ったと思われる遺体の前に座り込んだままの少女。そして、彼女はそのまま倒れてしまいます。
救急車を呼び病院に連れて行くハ・リュとテクぺ。
ハ・リュはその少女が自分と同じ孤児院にいたダヘだと気付きます。
病院代から葬式代まで出してやるハ・リュ。
7年前にダヘは再婚した母親が迎えに来て、孤児院を出たのですが、その後の暮らしは悲惨だったようです。
養父はダヘに性的関心を持っていたようで、彼から逃げ出し、母と二人で暮らしていたようですね。

ところが、ダヘが母の葬儀を終え、帰って来ると、彼女の住所を調べ上げて、そこに来ている養父。
でも、父親をつけて来たというダヘの義兄(養父の息子)がダヘが義父と顔を合わす前にそれを教え、逃げ出すダヘです。
ダヘの義兄は具体的な内容は分かりませんが、ダヘのために刑務所に入っていたようですね。
ダヘが逃げた後、孤児院時代から知り合いお姉さんのアンシムの作ったおかずを届けに来るハ・リュ。
彼女が出て行ったようなのに、彼女に貸した携帯にも電話がないことを心配しながらも、帰って行くハ・リュです。
ところが、彼の姿をダヘの養父が見ています。
ハ・リュが乗って来た車には、彼の住んでいる乗馬牧場の名が入っているのね。

ダヘの方は、友人の妹の家庭教師をしようと豪邸を訪ねるのですが、友人母が友人に、あんな子を連れて来たらダメ、と彼女に対する悪口を言っているのを聞き、言われる前に出て行くダヘ。
でも、出るときに友人母のダイヤの指輪を持ち出し、生ごみの中に捨てています。
困ったダヘはキャバレーに就職を決めるのですが、彼女が店に入って行くのをテクペが目撃、連絡を受けたハ・リュがお金を叩き返し、ダヘを連れて逃げ出します。
結局、ハ・リュはダヘを連れて帰り、自分の働く乗馬牧場で一緒に暮らすことにします。
いっしょに暮らすアンシムも孤児院時代からの知り合いで、快く受け入れてくれます。
そして、貧しさから抜け出すには勉強しかない、と一生懸命勉強して大学に合格したダヘですが、入学金が払えないダヘは諦めようとします。
それを聞き、何とかしたいハ・リュを自分の勤めるホストバーに連れて行くテクペです。
でも、お金を稼げる仕事ではあるものの、プライドを捨てなければ勤まらない仕事、ハ・リュはそこまではしたくないようです。
そして、ダヘと二人、海辺へ一泊旅行に出かけるハ・リュ。幸せな一時を過ごします。

旅行を終えて牧場に戻って来たハ・リュとダヘ。
職員たちは皆、焼肉パーティーをしているとのメモを見て、そちらに料理を取りに行くハ・リュなのですが、一人残ったダヘの前に現れる養父。
逃げ出すダヘを追いかけてくる養父。
ハ・リュに借りた携帯から電話をかけて助けを求めようとするのですが、養父に取り上げられてしまいます。
ハ・リュの方は、牧場から出かけるときにすれ違った男のことが気になり、途中で車をUターンさせます。
ハ・リュが戻って来て、ダヘを牧場中探しまわるのですが、ようやく見つけたダヘは、その直前に養父を刺して殺してしまっています。

2話
ダヘに替わって自首するというハ・リュに、ハ・リュが行くなら、自分も刑務所に行く、一人にしないで、と言うダヘ。
結局死体を埋める二人です。
でも、ダヘがハリュから借りていた携帯を養父が取り上げてポケットに入れたままなのね…。

ハ・リュはその足で再びホストクラブに向かい、仕事をするからと前金を受け取っています。
そのお金ですぐさま引越しをするつもりなのね。
でも、ダヘにはホストのことは秘密で、ビアホールでの仕事だと説明しています。
牧場に帰ったダヘたちのところに、今度はダヘの義兄がやって来ます。
父がここの住所を持っていた、と言い、来ていないか?と訊く義兄に、来ていない、と答えるダヘ。
義兄はあんな父だけれど自分にとっては実の父だ、と言い、引っ越しをしたら連絡をくれるようにと言って帰って行きます。

バタバタ荷物をまとめ、新しい家に引っ越すダヘとハ・リュ。
ハ・リュはホストクラブに初出勤で屈辱と暴力の洗礼を受けます。

そして、5年後。
ハ・リュとダヘの間には娘が誕生しており、ダヘは大学を卒業、会社の面接です。
ところが、面接に向かう途中、満員の地下鉄内で靴が片方脱げてしまい、その靴を拾えないまま、駅に下りることになってしまいます。
靴を拾ってくれた人がいたのですが、彼は降りられなくて、ダヘの靴を持ったまま、電車は発車してしまいます。
しかたなく裸足で面接を受けたダヘ、ところが、面接を終えた後、会社のロビーで先ほどの男と再び会います。
靴を差し出す男ですが、面接がうまく行かなかったことで八つ当たりして、靴を受け取らないまま帰って行くダヘです。
男はドフン。ダヘが面接を受けた会社のペク会長の息子、ということになっているのですが、出生に秘密があるようです。
どうやら、ドフンは公式的には姉ということになっているドギョンの息子のようです。
ドフンの父親がスポーツをしていた人間のようで、そのことがあって会長はドフンがスポーツをやることに強く反対しているような感じですね。
彼はアイスホッケー選手だったのですが、引退。ところが、留学しろと言う会長に逆らい、会社のアイスホッケー部に入ると言い出しているドフンです。

ダヘの方は面接の結果合格で、会社に通い始めます。
ふたたび会社でドフンを見かけたダヘは、先輩社員の話から、彼が会長の息子と知ります。
ドフンはダヘのことが気になったようで、社員食堂で食事をしているダヘに話しかけてきます。
そして、会社の飲み会。
ダヘが先輩に連れて行かれたのはハ・リュが務めるホストバー。
そこでハ・リュの姿を見て驚くダヘです。

3話
ハ・リュの姿を見てそのままその場を離れるダヘ。
ダヘはテクペ廊下でテクペと顔を合わせ、ハ・リュがホストをしてお金作ってくれていたことを知ります。
でも、自分はここに来なかったことにして欲しい、そうでないとハ・リュの顔を見られない、と口止めし、そのまま家に帰ってしまいます。

翌日会社に出たダヘは昨日のことで上司のチーム長の怒りを買い、すっかり仲間外れにされてしまいまいます。
そんな中、ダヘの忘れた携帯を会社に届けに来たハ・リュ。
ダヘは会社の人に見つからないよう陰に連れて行き、これからは連絡をしてから来るようにと言っています。
ダヘ、ハ・リュの仕事を知ってから、明らかに態度が冷淡になっていますね。
ハ・リュが家に帰って来るとダヘの義弟がやって来ています。
ダヘの行方を知らないか、と言われ、知らない、3年前から連絡が途絶えている、と答えるハ・リュ。

ダヘには仕事での挽回のチャンスが巡って来ます。
チーム長のミスで、ペク会長の娘のドギョンが日本に持って行く契約書の原本を空港まで届けなければいけないのですが、時間的には不可能と思われる状況。
ダヘは先ほどクイックサービス便の人とぶつかったことを思い出し、自分が届けると申し出ます。
飛行機の搭乗時間が迫り、諦めて帰ろうとしていたドギョンのもとにダヘが現れ、無事に日本へと飛び立つドギョンです。

一方、ダヘ義兄がやって来た事に危機感を持ったハ・リュはテクペと組んでテクペのお得意様をだましてお金を作り、会社の近くのオフィステルを用意します。
オフィステルなんて贅沢だと断ろうとするダヘですが、義兄が来たことを聞くと納得、そちらへ1人引っ越して行きます。
ところが、そのオフィステルの隣の部屋には、父である会長と喧嘩して家に入れないドフンが住んでいるのね。
不審者騒ぎがあって再び顔を合わせたダヘとドフンは、お互いに携帯の番号を交換し合います。
ドフンはすでに、ダヘに気があるようです。
翌朝もまた顔を合わせ、名前を教え合う二人です。

ドギョンの方は無事に契約を済ませ韓国に帰って来ます。
ダヘを自分の部屋に呼ぶと、ダヘのおかげで契約できたと礼を言うドギョン。
面接の場でダヘを合格させたのは実は自分だった、と言うドギョンです。
ダヘは生き残る方法を知っていると思った、と言うドギョンに、生き残る方法は知らないけれど、なんとしてでも生き残りたいのだというダヘです。

会社の帰り、スーパーで買い物をしていたダヘはまた、ドフンと出会います。
ダヘに話しかけ、一緒に夕食を食べよう、と提案するドフン。
でも、ドフンはドギョンと食事をする約束をしていたのね。
ドギョンからの電話に、アイスホッケー仲間と食事をするから、と嘘をついて断るのですが、ドギョンもちょうどその時同じスーパーに来ていて、ドフンがダヘと一緒にいるところを見てしまいます。
買い物を終えたドフンとダヘ、ドフンはちょっと取りに行くものがあるから、とダヘを連れて実家に立ち寄ります。
ダヘは玄関先で待っていたのですが、そこにドギョンの叔母が現れ、挨拶を交わします。
家の様子を見ていたダヘに、興味がありそうだけれど、中に入って見る?と誘う叔母に、入ってしまったら住みたくなってしまう、と断るダヘです。
その後、オフィステルのドフンの部屋に行くダヘ。
電話でハ・リュから食事の誘いを受けるのですが、嘘を言って断り、ドフンの作ったパスタを食べるダヘです。
そして、恋人はいる?という問いに、いない、と答えるダヘ…。

ドギョンの方はドフンが自分に嘘をついてダヘと一緒だったことにショックを受けていたのですが、叔母からダヘが家に来たことまで聞いてますますショックを受けます。
ダヘ上司に聞くと、ドフンとダヘは入社前から知り合いだったようだ、と訊き、ますます二人の仲を疑うドギョン。
そして、秘書に調べさせてみると、ダヘがドフンの隣の部屋にドフンが引っ越してから1週間後に引っ越してきた、と知り、すぐさまダヘをクビにします。
突然首を言い渡され、驚くダヘ。
ドギョンのところに行き、クビにした訳を訊こうとするのですが、完全無視で行ってしまうドギョンです。

4話
一方、ドフンが所属していたアイスホッケーチームは突然、会長の命で解散させられることになります。
父に抗議するドフンなのですが、無視する父親を追いかけて行って交通事故に遭ってしまいます。
幸い命には別条なかったのですが、ひざの負傷で日常生活には支障のないものの、選手生命は断たれてしまいます。

ちょうど、その病院にはハ・リュとそっくりな男がやって来ています。
そっくりですが、身なりは良く、ずっとお金はありそうな感じで恋人らしき女性と一緒に父親の見舞いです。
彼の父親は死にかけていたところ、九死に一生を得たようですね。
でも、まだまだ謎の男です。

ダヘの方はドフンが事故に遭ったことも知らず、毎日ドギョンに会おうと会社に来ていたのですが、それを可哀想に思った警備員から、彼女が病院にいることを聞き、そちらに行きます。
クビの理由を訊くダヘに、お前のような、男一人を手玉にとって身分上昇を狙うような女は嫌いだ、と言い放つドギョン。
ダヘに、浅はかだ、と言うドギョンに、浅はかなのはあなただ、言い返すダヘ。

ハ・リュの方は、アンシムから娘がもうすぐ幼稚園だし、と婚姻届を出すように勧められ、ダヘに婚姻届を差し出すのですが、就職にマイナスになる、と破り捨てるダヘ。

一方、ドフンの方は、携帯はドギョンから事故の時に失くしたことにされ、その上退院してみると隣の部屋の住人は変わっています。
人に頼んでダヘの家を調べさせるドフン。
その住所を頼ってやって来ている彼をダヘが見つけ、話をする二人。
ドフンはアメリカに留学をする話をして、そのあと、一緒に行かない?と誘うのですが聞こえないふりのダヘ。
もう一度言って、と言うダヘに、それ以上は言わないものの、ほんとに聞こえなかった?と問い返すドフン。
ダヘの方も聞こえなかった、と言っています。
でも、ドギョンの行動で怒りに火がついているダヘはある決心をしているようです。
ずっと手元に置いていた母親の骨壺を墓所に収め、遠くに行くから、と言い、もし自分のことを見守ってくれているのだったら、ここから先はもう見ないで、と語りかけているダヘ…。
ドフンは一人、アメリカへと旅立っていくのですが、ダヘの方はハ・リュに留学させて、と言い出しています。
悩んだ末に、ホストバーに戻ることにして、ダヘを送り出すハ・リュです。
そして、ドフンの前に現れるダヘ。

1年後、ハ・リュはダヘが休暇の間に戻ってくることを期待し、また、娘もダヘに会いたがっているのですが、ドフンと旅行に行くつもりのダヘ。
そして、また1年が過ぎ、今度はアンシムが癌にかかり、治療費がかさみます。
困ったハ・リュはダヘに、休学してくれるようにと頼むのですが、何とかして、と突っぱねるダヘ。
ハ・リュはしかたなく、体を売ってお金を作ります。
そんな中、ダヘとドフンはすっかり親しくなっていて、ダヘに結婚を申し込むドフンです。




ダヘ、ひどい女のように描かれていますが、性格が極端な人なのね。
私は、恋人がいない、と言ったところではまだ、だますつもりはなく、話し始めると面倒になるからそう答えただけで、ドギョンの仕打ちに傷ついて悪女に変身したのではないかと思っています。

ダヘの実の父親も分からないのですが、彼女、最初の家を出るとき、父親と一緒に写った家族写真を手にしているんですね。
よく顔は確認できなかったのですが、そのうち、この父親が出てくるだろう、と予想しています。

(すいません、思い違いしていて、彼女の父親はなくなっています)

ドフンの母はドギョンで間違いはないようで、残るは父親が誰か?
スポーツ選手だった、というヒントと、ドギョンが昔乗馬の選手だった、ということから考えて、案外乗馬牧場周辺に父親がいるのかも、と思います。

そして、ハ・リュの謎のドッペルゲンガー。
彼もまた、親が分かりませんから、双子と考えるのが自然だと思います。
すると、父親はそっくりさんが訪ねていた病室の男(「メイクイーン」のサン祖父!)だと思われます。

さあ、これからどんな話になるんでしょうね。


関連記事

この記事へのコメント

- つなこ。 - 2013年01月29日 01:11:06

きりころさま、ご無沙汰しております^^
久しぶりにコメント入れさせてもらいますね☆

実はなんじゃもんじゃの方で大きくうなずけることがあったのがコメント入れようと思った一番の理由でして…。
ユノ、彼の演技は…^^;きりころさんがおっしゃるように私も彼のセリフまわしにはちょっと閉口気味で^^;
トンペンでもないですし、彼の演技をちゃんと見たことがなく今回彼の演技を見るのが初だったのですが、その前に「会いたい」でユチョンの演技を見てたこともあり比べちゃダメだと思いつつ…。
ラブコメとかならまだマシでしょうが、この手のドラマはセリフ回し、表情、しぐさなんかがすごく重要な部類だと思うんですよね…。
ほんとこの先どうなるのか…という感じです。

さてさて。おこがましいのですが、ちょっと2,3書かせてもらいますね。

>ダヘの実の父親も分からないのですが、
ダヘの実父は亡くなってると思います。母とともに車内で練炭自殺をし(おそらく生活苦から)、幼いダヘが車外から泣きながら窓ガラスを叩き、通りかかった住民が両親を救い出しました。母は助かったものの父は手遅れだったんでしょう。
「あの時3人一緒に死んでればよかったんだって母さん言ってたよね」的なダヘのセリフもありましたから。
夫だけ死んでしまい、母はダヘを施設に預け、後に再婚相手とともにダヘを迎えに行ったんだと思います。

>この体を売った相手、ハ・リュの最初の客で、昔ダヘが家庭教師をしようと行った家の奥様です
家庭教師先の金持ち奥様とハリュの客は多分別人だと思いますよ^^
服装やメイクだけでなく、顔自体目鼻立ちが違ってたはずです。
金持ち奥様は丸みをおびた柔和な顔つきでハリュの客はあごがシャープ、眉とかもシャープなキツイ性格があらわれてる顔でした^^;

>ハ・リュとそっくりな男がやって来ています。そっくりですが、身なりは良く、ずっとお金はありそうな感じで
父親の担当医師が「チャ弁護士」と呼んでたので彼の職業はおそらく弁護士、名前はチャ・チェウンなのかと。
コジュニ演じる彼女?がチェウンssi(テウンssiまたはジェウンssiかも?)って名前呼んでましたよね^^

で実は私が一番気になってた単語が1話冒頭で出て来た특검という単語。
チョンワデにやってきたハリュに対し、ダヘが特検なんて適当に形式通りに(お役所仕事的に)やればいいじゃない、とかなんとか言うセリフがあって「特検」ってなんだろうって思ってはいたんです。

で4話で「チャ弁護士」って言葉が出て来たとき、ピン!と来て、俄然「特検」の意味が気になってNAVERで調べてみたんです。(それまでは調べるの面倒でスルーしてたんですが)
「特検」…「特別検事制度」の略称。高位公職者の不正、また違法容疑が発見された時、その捜査と起訴を政権の影響を受ける正規検事ではなく、独立した弁護士に担当させる制度。

とありました。(私の訳が間違ってなければ^^;)
で、そこからハリュは双子の(多分)兄or弟であるチャ弁護士のフリをしてるんじゃないかな?と予想してみました。
自分の代わりにダヘによって殺された?兄弟になり変わって復讐してるのかなって。

でもそうするともろ「復活」のエピなんですよねー^^;
ハリュが白と黒のサイコロ持ってるところまで似てるし…。
でも実はこんなこと書きつつ、私、この手のドラマには自分の浅はかな予想を軽く越えて行ってくれる、あっ!と驚く反転のある脚本を期待してしまうので、どうかそうなることを期待してます。

でも主演二人とも私そんなに得意な俳優さんではないので途中挫折するかもしれないんですが…ね^^;
今日の5話、まだ見てないのでとりあえず明日にでも続きを見てみようかなと思ってます。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年01月29日 08:20:15

つなこ。さん、お久しぶりです!

ユノくん、私は3作品目なのですが、いままでは、そう演技力がなくてもいける役だったのですが、今回は…。

> トンペンでもないですし、彼の演技をちゃんと見たことがなく今回彼の演技を見るのが初だったのですが、その前に「会いたい」でユチョンの演技を見てたこともあり比べちゃダメだと思いつつ…。

ユチョン君の演技力は突出しているので、彼と比べてしまうと、他のアイドル出身の人はちょっとつらいと思うんですが…ほんと、そうなんですよね。

> さてさて。おこがましいのですが、ちょっと2,3書かせてもらいますね。

いえいえ、いろいろ思い込みをしていたようで、助かります。7感謝です!
確認して訂正させていただきました(汗)

> >ダヘの実の父親も分からないのですが、
> ダヘの実父は亡くなってると思います。母とともに車内で練炭自殺をし(おそらく生活苦から)、幼いダヘが車外から泣きながら窓ガラスを叩き、通りかかった住民が両親を救い出しました。母は助かったものの父は手遅れだったんでしょう。
> 「あの時3人一緒に死んでればよかったんだって母さん言ってたよね」的なダヘのセリフもありましたから。
> 夫だけ死んでしまい、母はダヘを施設に預け、後に再婚相手とともにダヘを迎えに行ったんだと思います。

あの男の人が養父に見えてしまったのが間違いの元でした。
お父さんが亡くなったことも、ちゃんと言っていましたね。

> >この体を売った相手、ハ・リュの最初の客で、昔ダヘが家庭教師をしようと行った家の奥様です
> 家庭教師先の金持ち奥様とハリュの客は多分別人だと思いますよ^^
> 服装やメイクだけでなく、顔自体目鼻立ちが違ってたはずです。
> 金持ち奥様は丸みをおびた柔和な顔つきでハリュの客はあごがシャープ、眉とかもシャープなキツイ性格があらわれてる顔でした^^;

これもねえ・・・。
もう一度確認したつもりだったのに、何で間違えたんだろう(汗×2)

> 父親の担当医師が「チャ弁護士」と呼んでたので彼の職業はおそらく弁護士、名前はチャ・チェウンなのかと。
> コジュニ演じる彼女?がチェウンssi(テウンssiまたはジェウンssiかも?)って名前呼んでましたよね^^
>
> で実は私が一番気になってた単語が1話冒頭で出て来た특검という単語。
> チョンワデにやってきたハリュに対し、ダヘが特検なんて適当に形式通りに(お役所仕事的に)やればいいじゃない、とかなんとか言うセリフがあって「特検」ってなんだろうって思ってはいたんです。
>
> で4話で「チャ弁護士」って言葉が出て来たとき、ピン!と来て、俄然「特検」の意味が気になってNAVERで調べてみたんです。(それまでは調べるの面倒でスルーしてたんですが)
> 「特検」…「特別検事制度」の略称。高位公職者の不正、また違法容疑が発見された時、その捜査と起訴を政権の影響を受ける正規検事ではなく、独立した弁護士に担当させる制度。
>
> とありました。(私の訳が間違ってなければ^^;)
> で、そこからハリュは双子の(多分)兄or弟であるチャ弁護士のフリをしてるんじゃないかな?と予想してみました。
> 自分の代わりにダヘによって殺された?兄弟になり変わって復讐してるのかなって。

弁護士が特別に任務にあたるんですね!
私は転身したのか、と…。

ところで、この最初の男、名札を確認できました?
私は、確認しようとしたのですが、できなかったんです。
で、ハ・リュ、本人として来たのか、入れ替わっているのかがちょっと判断できなかったんです。

> でもそうするともろ「復活」のエピなんですよねー^^;
> ハリュが白と黒のサイコロ持ってるところまで似てるし…。

そうなんです!
私なんて、ほんの数週間前に「復活」を見直したところなんで、もう、気になって気になって!
しかも、双子の入れ替わりといえばクォン・サンウ、すでに「シンデレラマン」でやっていますしね…。

> でも実はこんなこと書きつつ、私、この手のドラマには自分の浅はかな予想を軽く越えて行ってくれる、あっ!と驚く反転のある脚本を期待してしまうので、どうかそうなることを期待してます。

私も、そこに期待しているんです。
でないと、ちょっとつらいですよね。

> でも主演二人とも私そんなに得意な俳優さんではないので途中挫折するかもしれないんですが…ね^^;
> 今日の5話、まだ見てないのでとりあえず明日にでも続きを見てみようかなと思ってます。

私も、5話、これからです♪

- つなこ。 - 2013年01月29日 13:56:11

きりころさま、こんにちは☆

ユノはドラマ3作目なんですか!それでこの演技力…そ、それは…^^;

>ところで、この最初の男、名札を確認できました?
きりころさんがおっしゃるまで私名札付けてたってまったく!気づきませんでした><;一体何を見てるんだか…><;
で、冒頭のシーンだけ見なおしたんですが、私のモニター画質があまりよくないからかもしれませんが、ぼやけて鮮明には写ってなくて…。
でもあえて制作側の意図としてはっきり映してないような気も…します。

私も復活は大好きなドラマなのでさいころと双子らしき人物が出て来た瞬間あれ~?と^^;

>双子の入れ替わりといえばクォン・サンウ、すでに「シンデレラマン」でやっていますしね
確かにそうでしたね!!私これ実は途中リタイアしたのでこのドラマの存在すっかり忘れてました^^;

あっと驚くストーリー展開に期待しつつ、もうちょっと見てみるつもりです☆

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年01月29日 17:07:02

つなこ。さん、こんにちは

> ユノはドラマ3作目なんですか!それでこの演技力…そ、それは…^^;

彼、その他にも特別出演とかあるようなんですが、あまり成長できる感じのドラマには出てないように思うんですね。
特別才能があればともかく、アイドルを人気があるからと言って、いきなり主役級の役などをやらせるのは、そのあとの活躍を見ていると、返ってよくないような気がします。

> きりころさんがおっしゃるまで私名札付けてたってまったく!気づきませんでした><;一体何を見てるんだか…><;

いやあ、このドラマ、映像部分に伏線となる手がかりがある、なんて記事を読んだばかりに、私なんて変な見方をしてしまって、重要なところを勘違いしまくりで、お恥ずかしい限りです。

名札は私も、

> でもあえて制作側の意図としてはっきり映してないような気も…します。

じゃないかと思ったんです。
でも、画質が悪くて、いまいち自信がなくって…。

> 私も復活は大好きなドラマなのでさいころと双子らしき人物が出て来た瞬間あれ~?と^^;

逆に、ここまで似てくると、そう思わせるのもわざと?などとも思い…。
などと書いていると、なんだか、過度に期待を膨らませている?なんて気もしてきました。
大丈夫か~~。

> あっと驚くストーリー展開に期待しつつ、もうちょっと見てみるつもりです☆

私は、今から5話です。

- みう - 2013年01月30日 15:04:31

kirikororiさま

こんにちは。
私も苦手な2人なんです(;´∩`)
シンデレラマンも見ていませんし、ハ・リュの双子は子供が小さい時に子供がパパだとついて行っていましたね。

体を売った奥様もホストクラブで知り合った女性です。
回想シーンもありましたから。

ただね~!スエが可愛くも綺麗にも見えないんです。
2人から愛される女って設定が・・・
華がないんです。

それと、なぜにさいころが・・・復活でしょう!
って新鮮味が全くないです。
このドラマに対する思いは、どのように話しが動くかの興味だけで、楽しいとは言いづらいですね。

やはり、温かいラブラインがないドラマはきついです。
内縁関係、子供までいて、婚姻届を出さずに破かれたハ・リュはその後も貢ぎ続けているのが愛か執着か、又は子供のためか。

クォン・サンウのモムチャン嫌いなんです。
もう少しすらっとして腹筋が割れているのならまだしも、筋肉隆々で・・・

いまから、6話です。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年01月30日 20:26:14

みうさん、こんにちは。

私もクォン・サンウの腹筋は苦手です。
(って、まずここから…)
韓国では一番人気の腹筋なんですが、ちょっと気持ち悪いですよね。

スエさん、私も昔は苦手な女優さんでした。
でも、だいぶん慣れて、可愛く見えることもあるようになってきました。

> それと、なぜにさいころが・・・復活でしょう!
> って新鮮味が全くないです。

私は、あんまりにも・・・なので逆に期待をしているんですが、深読みしすぎかなあ?

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。