スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女時代のスヨン登場「第3病院」3話・4話あらすじ

先週は予告編の実の登場だったスヨンが本格的に登場しました。
20120913000346_02.jpg
お茶目ないたずらっ子の役で、演じやすい役だったのかもしれませんが、自然な演技で、とてもかわいかったです!
楽しみですね。

また、回想シーンのスンヒョンの元恋人(?)役を演じているのはこのスヨンの実姉だそうです。
i0913-9a.jpg
チェ・スジンといって、ミュージカル俳優だそうです。



それでは、あらすじに。

3話
父親と顔を合わせたことで、過去のことを思い出すスンヒョン。
その頃のスンヒョンは西洋医で、大事な人が自殺を図って病院に運び込まれている場面です。
i0913-9a1.jpg
懸命に手を尽くそうとしているスンヒョンに、もうだめだ、と諦めるようにっているドゥヒョン。
不治の病の患者にとって、死を選ぶことも一つの道だ、と言っているドゥヒョンです。
i0913-9a2.jpg
その件があってスンヒョンは西洋医を辞めたようです。

一方、ドイツからウィジンが帰国してきます。
2012091315084845_1_rstarssw1.jpg
トランクを手に病院にやって来るウィジン。
2012091315084845_1_rstarssw2.jpg
お茶目ないたずらっ子のようで、最初は間違えてドゥヒョンの部屋の机の下に隠れていて、飛び出すのですが、相手はドゥヒョン。
呆れるドゥヒョンです。
謝りながら逃げて行ったウィジンは今度はスンヒョンの机の下に…。
2642_L_1347445339.jpg
机の下で長く待っていたために足がしびれて立てなくなった彼女の額に鍼を打ってやるスンヒョンです。
2012091315084845_1_rstarssw3.jpg
2012091315084845_1_rstarssw4.jpg
彼女はビオラ奏者でオーケストラのオーディションを受けに来たのね。
スンヒョンのマンションに居候することに決めてやって来ているウィジン、仕方なくカーテンで部屋を仕切って使わせるスンヒョンです。
20120913000346_01.jpg

スンヒョンが「ひそかに鍼を打っているピアノの教授は、その甲斐があって、指が少しずつ動き始めています。
でも、それを見てうらやましくなった同室の患者も鍼の治療を受けたいとドゥヒョンに申し出たことから、スンヒョンがひそかに鍼治療をしていたことがばれてしまいます。
激怒するドヒョンなのですが、主治医のへインは、自分がありのまま、自分の制止を振り切ってスンヒョンが鍼治療をしていることを言えばスンヒョンの責任は免れない、と思い、自分が主治医の判断で許可した、といってドゥヒョンの怒りを一身に浴びます。
201209130158571010_1.jpg

そして、スンヒョンは救急治療室の当直の日です。
そこに運び込まれる精神錯乱に陥っている患者。
彼女はドゥヒョンの担当している、脳神経外科の手術が予定されている患者で、脳内の腫瘍が圧迫して症状を引き起こしているようです。
ドゥヒョンの部下がドゥヒョンを呼ぼうとするのですが手術中。
やっとのことで鎮静剤を打つのですが、患者はますます暴れ、近くに会った刃物を振りかざします。
201209132330121010_1.jpg
それを見たスンヒョンが患者を押さえつけ、刃物を奪うのですが、西洋医たちの制止を振り切り、そのまま患者の状態を見て、鍼を打ちます。
手術を終えてそのことを聞いたドゥヒョンがそこにやって来ると、自分の患者だ、とスンヒョンを外に連れ出し、またもや喧嘩となります。
201209130210211010_1.jpg
女を助けてもやれず病院を逃げ出したくせに、などと言っているドゥヒョンです。

一方、病院のロビーでピアノを演奏しているところを見たウィジィンはスンヒョンから、ボランティアでやっているのだ、と聞き、自分がビオラをロビーで弾く機会を作っています。
20120913000346_0a.jpg
2012091315084845_1_rstarssw.jpg
ロビーで見て初めてウィジンのボランティアを知ったスンヒョンのところに演奏を終えると駆け寄るウィジン。
親しげな二人の様子を見て、恋人かな?と思っているヘインです。
ヘインの方は会心の途中でも、やたらにスンヒョンが気になっているようですね。

そして、ウィジンのオーディション。
突然頭痛を起こすウィジンです。
20120913000346_0.jpg
一方、スンヒョン達韓医チームの回診と西洋医チームの回診が廊下でぶつかります。
一触即発の雰囲気でにらみ合う両チーム。
そこに、ドゥヒョンたちがやはり回診にやって来ます。

4話
廊下でしばらく睨み合っていた韓医チームと西洋医チームでしたが、スンヒョンが道を譲ることで争いは回避します。
ウィジンはオーディションを終え、スンヒョンに合格した、と電話で伝えてきます。

救急室には脳出血で運び込まれた患者がいるのですが、患者は妊娠中で全身にあざがあります。
診察したドゥヒョンは虐待を疑い夫に話を聞くのですが、倒れた時の傷でしょう、と言って言い逃れる夫。
夫は患者が妊娠していたことを知らなかったようで、胎児は諦めないといけないようだ、と言われうろたえています。
そして、ドゥヒョンが行ってしまうと母親のところに大変なことになった、と電話しています。

また、精神錯乱の患者の保護者は、スンヒョンが鍼を打った後、意識が正常に戻った、と手術の前にもう一度鍼を打ってくれるようにと頼みます。
しかし、認めない主治医。
ドゥヒョンもその判断を支持するのですが、再び精神錯乱に陥る患者です。
神憑りとも思える状態に陥った患者はドゥヒョンに向かい、父親がお前を息子と思っていると考えているのか? 父親にとって息子はあいつだけだ、と叫びます。
201209132330121010_11_20120914132152.jpg
しかも、様子を見に来たスンヒョンが病室に入った途端、そこに来た!と言う患者。
スンヒョンが入って来たのを見て、複雑な表情を浮かべるドゥヒョンです。
結局、スンヒョンの鍼治療を受けた患者はやがて目覚め、憑き物が落ちたような顔をして、すっかり治ったみたいだけれど、手術を受けないとダメなの?と西洋医に聞いています。

その日は救急患者が次々に運ばれてくる日で、今度は階段から落ちた、という患者がやって来ます。
少し前に墜落事故で足を骨折したのだけれど、2か月ギブスをはめていても一向に骨がくっつかない、と訴え韓医の治療を希望する患者。
報告を受けたスンヒョンはすぐにはいけない状態で、担当の先生に、他の問題が隠れているのかもしれない、と言い、西洋医学は局所的に診るが、全体的な全身のバランスを見て診ないといけない、と言っています。
患者を診ながら、その言葉を何気なく西洋医学は局所的にしか見ない、などと言ってしまう韓医。
それを隣のベッドの患者を診ていた西洋医の医者が聞き、韓医は巨視的に診てテープを巻いてショーをするのか、韓方なんて呪術だ、とかみつきます。
そして、その騒ぎはつかみ合いの乱闘騒ぎにまで発展してしまいます。
201209132350031010_11.jpg
ところが、その時、抜き打ちで病院を視察に来ていた役人たちが来ていたのね。
病院長たちは騒ぎの報告を受け、役人たちを病院から連れ出そうとしていたのですが、騒ぎが大きくなって役人たちにも知られてしまいます。
201209132350031010_1.jpg
役人たちは、協診病院の存在そのものを考え直さなければならなくなった、と言い始めます。
来年度の予算の組まれるまではあと6カ月、とそれまでに納得できる結果を出せないならば、一般病院に変更する、と言って帰って行きます。

その後、ギブスの患者を診たスンヒョンは、2度も転落事故を起こしたのは問題、と言い、患者が心臓に問題を抱えていることを見てとっています。

乱闘事件の件では当事者たちが呼ばれ、会議が開かれます。
西洋医学は表層しか見ない、と言った韓医の言葉、韓方は呪術だと言った西洋医の言葉が問題となりますが、韓医の言葉がより問題だ、と韓医だけがクビになりそうになります。
ほんとうにそんなことを考えているのか?と訊かれた韓医は、実はスンヒョンの言ったことをそのまま言った、と話したことにより、その場に呼ばれるスンヒョン。

一方、会議中に救急室で緊急事態が発生です。
脳出血で搬送された患者なのですが、病状が悪化。
ヘインが駆けつけるのですが、患者は血を吐いて心肺停止状態になります。
電気ショックを与えるものの鼓動の戻らない患者。
ドゥヒョンも駆けつけるのですが、患者の鼓動は戻りません。

会議に呼ばれたスヒョンは西洋医学について言ったという言葉について聞かれ、否定するどころか、事実をそのまま言ったまでで、そのことはみんな知っていることだろう、と言います。
そして、この件は自分が責任を取って辞表を出す、と言い出すスンヒョンです。




このままスンヒョンが出て行けば、このドラマは成り立ちませんから、そういう事にはならないとは覆うのですが…、
来週はスンヒョンとドゥヒョンの父親のキム・ハユンがどうやら病院へと入って来ることになりそうです。
西洋医側の院長はスンヒョンの履歴書を見ていましたから、スンヒョンもハユンの息子だと知って呼ぶことになるんでしょうかね?
いずれにせよ、西洋医と韓医の対立はスタートラインですから、これから彼らどのように呼吸を合わせることになるのかが描かれることになると思います。

そうそう、医者が誰が誰やら、分かりにくいですが(HPを見ても、主要人物以外のキャストの紹介が無い…)、白いガウンが西洋医チーム、青いガウンが韓医グループですので、それで見分けると、話が分かりやすくなるように思います。

そして、ラブライン。
これも始まっているのかな?という感じ。
でも、明らかなのはヘインがスンヒョンのことを気にしている?ってぐらいですね。

スンヒョンのウィジンに対する態度は妹に対する兄のようだと思えるのですが、どうでしょう?
また、ドゥヒョンはヘインをお気に入りに七えるようですが、もしかして、恋愛感情もあるんでしょうか?

まだまださっぱり分かりませんね。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。