スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「棚ぼたのあなた」41話・42話あらすじ

視聴率40%越えは時間の問題だと思われていたこのドラマ、ついに超えましたね。
韓国で大人気のドラマでも、日本人にはいまいち共感できないものもあるのですが、このドラマは日本でも大人気間違いなしだと思います。
母親と妻との間に挟まれ苦労されている日本の男の方にも有益なドラマではないでしょうか?

さて、今週の特別出演はミニョク君と同じくC.N.BLUEのイ・ジョンシン。
2012071522592159_1_rstararm2.jpg

マルスクと紹介されて会った男の役で、セグァンを演じるミニョクと火花を散らすシーンも…。


それでは、今週のあらすじです。



41話
ユニの兄と兄嫁が迎えに来て、家に帰ることにするユニ母。
家の前まで出てきたところにチョンエとマルスクがやって来て、しばし冷戦を展開するユニ母とチョンエです。
そうしているところに、ジファンを負ぶって帰って来るユニ。
背中の子がユニに、お母さん、と言うのを聞いて驚く一同です。
グィナムが帰宅するとジャンスやマクレを交え、事情を説明します。
マクレは自分の部屋にグィナムを呼んでヤンシルの家で見つけた写真を見せます。
最初から、こんな風にぐちゃぐちゃになっていたのか?と訊くマクレに、そうだと答えて話を合わせるグィナムです。
自分たちの家に帰ると、ユニは自分はリビングで寝る、と言います。
ベッドにはジファンが寝ていますから、一緒に寝るのを避けようとしているんですね。
情が移るのを警戒しているようです。
グィナムには再度、養子のことで希望を持たないで、と言うユニです。
2012071501364148_1_rstararm1.jpg

翌朝、ジャンスが子供も一緒にユニの家族を呼んで朝食を食べよう、と言いだし、マルスクがユニの家に伝えに行きます。
身だしなみをきちんと整え、伝えに行くマルスク。
でも、友達として仲良くして行こうと言うセグァンに、好きな女と自分の姉が怖くて別れた男と友達になんてなれない、と言うマルスクです。
ユニたちも出かけ、グィナム実家で皆で朝食の卓を囲みます。
年長者は子供を見てグィナムの幼い頃を思い出し、イルスクの娘とジファンは子供同士、お互いに意識している様子です。
ジファンはお母さんと一緒のイスク娘が羨ましいのでしょうかね?
2012071501364148_1_rstararm.jpg
その席でイルスク、今日はユンビンの本選があり、視聴者の投票があるから、みんな投票して、と頼むのですが、夫が反対しているんだからマネージャーの仕事は考えないと、と諭すマクレです。
それを聞いていたユニ、イルスクと二人になると、よりを戻す気がないんだったらそろそろ話したほうがいいんじゃないか?などと言うのですが、そこにマクレがやって来たため、あわてて話をごまかし、その話はそれっきりになってしまいます。
マクレの方はユニと二人になると、失くした時の写真の状態をユニにも聞きます。
きれいな状態だった、と答えるユニに、不審そうな顔をするマクレ…。

その後、出勤等で出かけて、チョンエが一人になったところにやって来るチョンエの妹のスネとボエ。
ボエは止めようとするのですが、腹が立つことはぶちまけないと気がすまないスネ、チョンエにイルスクの離婚のことを伝えます。
詳しいことを聞こうとするチョンエなのですが、そういうことはイルスクから聞いた方が…などと止めているボエ。
そこに帰って来たジャンスには何も言わず、妹たちに帰れと言って帰すと寝込んでしまうチョンエです。
チョンエは話が聞きたくてイルスクに何度も電話を掛けるのですが、ユンビンの本番があるイルスクは電話を切っています。
マネージャーをやりながら自信を取り戻しているイルスクは楽屋で男性たちに取り巻かれ、楽しそうに笑っています。
それを見て、複雑な表情を浮かべているユンビン。
イルスクの傍にいた男がイルスクが結婚しているのかどうかを聞いてくると、割り込むユンビン。
イルスクは結婚して子供もいて、その子供と自分が親しい、などと、なぜか自慢げに話しているユンビンです。
そして、本戦が始まり、ユンビンは見事優勝します。

ジェヨンの方は体はすっかり良くなったのですが、従業員のテヨンがまたもやジェヨンのために一肌脱ぎます。
ジェヨンをまだ熱が下がらないことにさせるとイスクにお粥を届けさせます。
その話を聞いたジェヨンは掃除をし、服を着替えてイスクを待つのですが、病人のふりをしないと!とはたと気づき、パジャマに着替え、使い捨てカイロで頭を温めて…。
2012071500483828_1_rstararm1.jpg
すっかり騙され、お粥まで食べさせてやるイスクです。
2012071500483828_1_rstararm.jpg
そのうち寝入ってしまうジェヨン。
イスクは自分のプレゼントしたぬいぐるみを押してみて、初めてアイラブユー!としゃべることに気付きます。
そして、そのまま眠ってしまうイスク…。

ユニの方は脚本家のところに行った際に、息子のジャングンを俳優にする夢を見始めたジョンペ夫妻のために、ジャングンをドラマにもう一度出してくれるようにと頼んでいます。
それにしても、ジャングン、お勉強はちっともダメなのに、台本は一度読んだら覚えてしまうという特技があるようですね。
先日、PDをユニがなだめ、何とか事なきを得たユニの会社の社長はユニが戻って来ると、見え透いたごますりを始めます。
嫌味を言いながらも自分の働きやすいように希望を出すユニです。
その後、ヤンシルと会うユニ。
ユニは写真のことをおばあさんに聞かれたことを話し、うまくごまかすようにと言います。
どうしてユニが自分を庇うようなことをするのかと問うヤンシルに、夫と義父が望むから、と答えるユニ。

そして、家に戻ったユニ、グィナムも帰っていたのですが、グィナムの電話に酔っぱらったスジからの電話です。
仕方なくスジを迎えに行くグィナム。
歩けないスジを車に乗せようとしているとユニがやって来て、その上マルスクも通りがかり、一緒に車に乗ります。
酔っぱらってしまい、自分の家も教えられないスジ、ユニとグィナムが仕方がないから自分たちの家に連れて行こう、と話し合っているのを聞いてダメ!と言い出すマルスク。
マルスク、こんなセクシーで女狐みたいな女をセグァンの傍に置きたくないのね。
思わず、自分の部屋に留めると言って連れて帰っています。

イスクの方はそのまま夜になるまで寝てしまっていたようで、目を覚まし、あわてて帰ろうとします。
ジェヨンも目を覚まし、引き留めようとしたとたんに、イスクが膝の上に乗る形になってしまいます。
お互いにハッとした表情…。
2012071501542856_1_rstararm.jpg
イスクはあわてて家を出るのですが、動機が止まりません。

チョンエの家にはようやくイルスクが帰って来ます。
チョンエは離婚したんだって!?と言うと、いきなりイルスクをぶちます。
チョンエはイルスクがユンビンと浮気をして離婚した、と思ったようです。
泣きながら、自分は何とか離婚を避けようとしたけれど、どうしようもなかった、と言って、親を失望させたくなくて黙っていたことを話すイルスク。
2012071500232595_1_rstararm.jpg
そこに、イスクとマルスクもやって来て、元夫が社長と浮気をしていた話を聞かせ、チョンエも事実を知ります。
元夫に怒りが込み上げてくるチョンエ。あの男を何とか破滅させてやりたい!とチョンエが言っているのを聞き、本当にやる気がありますか?と聞いているユニです。

翌日、チョンエはイルスク元夫に電話を掛けます。
離婚のことは聞いた、イルスクのせいで…などと言うチョンエに、何の警戒心も抱かずに約束のコーヒーショップでチョンエを待つ元夫です。
ところがそこに、怖い顔をしたチョンエ、続いてスネとボエ、イスクとマルスクにユニまでがやって来て、元夫を取り囲みます!
2012071522391720_1_rstararm1.jpg

42話
1657_L_1342134936.jpg
イルスクの家族(それも女ばっかり!)に囲まれ、とっちめられるイルスク元夫。
元夫はイルスクを最初納得させようとした時のように、生活のための浮気の話を始めるのですが、もちろんそんな話が通るわけもなく…。
その上、社長と一緒になったのはお金のためなので、お金を貯めたらイルスクとやり直すつもり、なんて言うのですが、そこにユニから連絡を受けた社長までがやって来ます。
チョンエは元夫に、結婚の許しをもらいに来た時に、お金持ちには出来なくても、イルスクのことを幸せにすると約束したじゃないか、と言って平手打ちを食らわせます。
2012071522391720_1_rstararm.jpg

その後、レストランに向かうイスク、途中でギュヒョンに呼び止められます。
彼はイスクの就職先を見つけてきたのね。
イスクの履歴書まで準備しています。
イスクはもともと家具を作りたかったじゃないか、と言い、直接家具を作る仕事じゃないけれど、家具の会社だから、と言っています。
そして、イスクが今のレストランにいるのが嫌だと言うギュヒョンです。

チョンエと一緒に車で帰って来たユニは、チョンエが不機嫌そうに話もしないことが気にかかっています。
家に戻るとそのことをグィナムに話すのですが、そこにいたセグァンはマルスクが紹介された男と会いに行った、と聞いて気が気ではありません。
姉のせいで~などと、ユニたちにはよく分からない文句を言うセグァン。
2012071501141737_1_rstararm.jpg

マルスクに間違い電話を装い電話を掛けて見るのですが、すげなく切られてしまうセグァンです。
2012071522592159_1_rstararm1.jpg
ユニが疲れて眠ってしまったのを見ると台所にあったキムチの容器を返しに行くという口実でチョンエの家を訪ねるのですが、マルスクが帰ってきた様子はありません。

イスクの方はレストランでの仕事が終わり、帰ろうとするのですが、送って行くジェヨン。
ところが、車の中で履歴書の入った封筒を落としてしまうイスクです。
それを見つけてショックのジェヨン…。
2012071601410370_1_rstararm1.jpg
イスクの方は落としたことにも気づかず、ギュヒョンに断りの電話を入れています。
2012071601410370_1_rstararm2.jpg
ギュヒョンは、ジェヨンがイスクのことが好きなことを言って辞めて欲しいというのですが、知っているけれど続けると言っているイスクです。

ユンビンの方はイルスクの家で大騒動が起こっているのも知らず、電話がつながらないのを忙しいからかな?などと思っています。
そして、昔貰ったファンレターを見ていたのですが、その中にイルスクの書いたものがあるのを見て、微笑んでいます。

セグァンの方はなかなか帰ってこないマルスクが気になって仕方がありません。
家の前に出て見ると、マルスクが見栄えの良い男に送られて帰って来ます。
二人の前に現れるセグァンですが、兄嫁の弟だと紹介するマルスク。
男の方はマルスクの彼氏だ、と名乗っています。
それに反応するセグァンに、今日が付合い始めて1日目、と言っている男…。
2012071600544_0.jpg

翌日、チョンエの家ではグィナムの家族やヤンシル達も呼んでみんなで夕食を取ることになります。
寝込んでいたイルスクも起きてきて手伝いだすのですが、ユニが手伝いに来ないことに腹を立てるチョンエ。
仕事の電話で忙しくしているユニのところに来て手伝うように言っています。
言われるままに手伝うユニなのですが、いちいち文句をつけるチョンエ。
チョンエはイルスクの離婚のことがつらいのに、どこに怒りをぶつけていいのか分からず、ユニに対してぶつけているようですね。
2012071523232795_1_rstararm2.jpg
でも、これにはユニも耐えきれなくなってしまいます。
チョンエは今までグィナムを育てたわけでもなくて何の資格があって、と思うと言えなかったんだけれど、嫁に言うことは言う、と言うチョンエ。
そして、イルスクのことを知っていながら話さなかったことに怒りをぶちまけます。
ユニを厳しく責めるチョンエにユニもとうとう堪えかね、私の方だって一生懸命努力しているのに…と泣き出します。
2012071523232795_1_rstararm.jpg
二人の様子を見かねたグィナムはそこに入って行くと、ユニを責めるようにしてユニを連れ出します。
2012071523232795_1_rstararm1.jpg
もちろん、ユニのことを責めているわけではなく、ユニを救出したんですね。
車の中で眠ってしまったユニが起きてみると、結婚前の恋人時代によく来ていた郊外のコーヒーショップの前です。
ユニが最近つらい、チョンエのことが酷いと思うし、憎いと言うユニの言葉を否定せず、ただ同調するグィナム…。
一しきりユニが言いたいことを言ってしまうと肩に手をまわし、コーヒーショップへと入って行く二人です。

イスクの方は翌日、ジェヨンの態度がそっけないことが気になります。
何でだろう、と思っているところに、ジェヨンはイスクが履歴書を渡し、昨日車に落として行ったことを言います。
2012071601410370_1_rstararm3.jpg
イスクは断ったことを言おうとするのですが、話も聞かず、良かった、いつまで来るのか前もって行っておいてくれるとうれしい、などと言うと立ち去るジェヨンです。
2012071601410370_1_rstararm.jpg

セグァンの方はマルスクのことが放ってはおけなくなっています。
2012071522592159_1_rstararm3.jpg
ふたたびマルスクと会って、また言い争いになるのですが、その横を通り過ぎるユニとグィナム。
PS12071600010.jpg
二人がなんで一緒なんだろう、と思いながらも通り過ぎるのですが、ユニの頭の中には今までのセグァンとマルスクの言動が次々に浮かび上がって来ます。
車を戻せ!とグィナムに言うユニ。
2012071522592159_1_rstararm.jpg
ユニはついに気づいたようですね。




ついに家族が知るところのなってしまったイルスクの離婚。
チョンエがユニに八つ当たりしちゃうところ、理不尽だけれど、人間って、こういう行動に出るものなんですよね。
それが分かったうえで、母親の味方をしつつユニを連れ出すグィナム、なかなか見事ですね。

そして、マルスクとセグァンの力関係が変わったと思う間もなく、どうやらユニに二人のことがバレた様子。
さて、次週はセグァンはどのようにユニと対決するのでしょうか?
これからセグァンの成長していく姿に期待しましょう!

関連記事

この記事へのコメント

- コグマ - 2012年07月17日 22:24:29

kirikororiさん、こんにちは。
棚ぼたのあなた、ついに視聴率40%を超えたんですね。
このストーリー展開だったら、納得です。

今回は、チョンエとイルスクのやりとりに涙し、ジェヨンの相変わらずの幼稚さに笑わせてもらいました。
セグァンのうろたえぶりもおかしかったです。 彼はユニをはじめ、気の強い女性に振り回されるキャラのほうが合っているような・・・(^_^;)

ジョンペとオク夫婦の会話もよかったですね~。 ジョンペ家族には癒されています。

そうそう、チョンエとユニ母マニの本音と建前トーク、最高ですよね。


 

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年07月18日 05:32:02

コグマさん、こんにちは。

今週も笑いあり、涙ありでしたね。

> セグァンのうろたえぶりもおかしかったです。 彼はユニをはじめ、気の強い女性に振り回されるキャラのほうが合っているような・・・(^_^;)


確かに…。
このドラマ、どのキャラも立っていていいんですよね。
こういうドラマに出ると、新人の俳優さんたちも、大きく成長するんだろうな、と思います。

> ジョンペとオク夫婦の会話もよかったですね~。 ジョンペ家族には癒されています。

この夫婦もいい夫婦ですよね。
深い信頼と愛情で支え合っている夫婦って、みんな素敵に見えます。
だけど、オクにはお母さんの愛も受け取る機会があればいいのに、と思います。
ジョンペ、もうひと頑張りしてくれるかしら?

> そうそう、チョンエとユニ母マニの本音と建前トーク、最高ですよね。

演出もうまいですよね!

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。