スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「棚ぼたのあなた」37話・38話あらすじ

8話の延長も決まり、ますます好調のこのドラマ、今週のあらすじから外した場面はこれ。
2012070123571990_1_rstararm1.jpg
マクレに頼まれて、マクレにチャットルームの入り方を教えるジョンペ息子。おばあさんと孫のシーンです。
入った途端、先に来ていた人たちから「パンガ」「パンガ」(初めましての略語、日本だと「おはつ」と言うの?私は使ったことないんだけれど…)と言われ、パン家(ガと読む)と言われたと思い、自分の名前がどうしてわかったの?とパニクるおばあさん…。
あとでセグァンにあった時に、セグァンの気持ちが分かった、と言っています…。
2012070123571990_1_rstararm.jpg

メインのストーリーでは、毎週思うのですが、今週も、新たな展開が!と思われる出来事が起こります。

それでは、あらすじです。


37話
ユニに声を掛けられ、絶体絶命のセグァン。
でも、マルスクの顔を隠して何とか逃げ出すセグァンです。
追いかけようとするユニなのですが、グィナムに、彼のお姉さんにキスしているところを見られた後では彼女も気まずいだろう、と言われ、断念。
そして、なぜかユニとグィナムが、そこで、キス…。

逃げ出したセグァンの方は涙を浮かべています。
ユニのことが涙が出るほど怖いセグァンは改めて付き合い続けるのは無理だと思うのですが、ユニに自分のことを好きになってもらえばいい、と諦めないマルスクなのね。
家に戻って来たユニは幸いなことに上機嫌なのですが、今度彼女と食事にでも、などと言われ、またもや固まるセグァン…。

イスクは結局ジェヨンと東大門へと来ています。
そのイスクの手を引っ張り強引に店に引っ張り込む店員。
なれなれしくイスクの手を取る店員に嫉妬心を爆発させたジェヨンと店員の間で喧嘩になっちゃいます。
警察まで来て大騒ぎになるのですが、恋人でもないのに、と店員がジェヨンに言います。
それを聞いて、思わず、恋人じゃないけれど、自分の好きな女だ!と言ってしまうジェヨン。

翌日は昨日のことが恥ずかしく(!)店に出るのをためらうのですが、出ないわけにもいかず出勤するジェヨン。
ところが、イスクはまるで普段と様子が変わりません。
従業員のテヨンに相談してみると、イスクは冗談だと思ったんじゃないか?と言い、正式に告白するようにと勧めます。
一日中、どうやって告白しようかと思って悩むジェヨンなのですが、いくら考えても良い考えは出てきません。
そして、店が終わり、家に帰ろうとするイスクです。
意を決して、昨日の事だけど…と話し始めるジェヨンを遮り、冗談だって、ちゃんとわかっていますから、と言って帰って行くイスク。
ジェヨンはイスクを追いかけて、冗談なんかじゃない、と言います。
そして、この前、イスクのことを愛している人がいると言ったけれど、それは自分の事だ、と、ようやくストレートに自分の気持ちを伝えます。
2012070101503267_1_rstararm.jpg

イルスクのところには、イルスクとユンビンが一緒に車で出かけるところを目にした元夫から電話がかかっていても無視していたのですが、とうとう家の前までやって来ました。
人目を避けるために、車の中で話しているとことん通りがかるユンビン。
隠れるイルスク、そしてユンビンがマンションに入って行くのを見て、誤解する元夫です。
仕方なく、自分がユンビンのマネージャーをしていること、ユンビンがマンションの屋根上部屋に住んでいることを話すイルスクに、養育費も生活費も渡すから、仕事を辞めろと言う元夫。
そんな話す価値もないようなことを!と言う元夫に、自分にとって話す価値もない事と言えば、あなたと暮らした月日だ、と言って帰って行くイルスクです。
残された夫は、自分と結婚していた時から二人は会っていた?などとあらぬ想像をめぐらせています。

そして、番組PDと約束していた記者会見が行われれます。
集まった記者はやる気のなさそうな記者が数人、その上PDの行動も、なんだか怪しい…。
契約書をよく読んでみると記者会見の後は一切問題にしないし、動画も公開しない、という条項があります。
終りかけていた会見場に入り、記者を呼び止め動画を見せようとするのですが、相手にしてくれない記者です。
結局、その記者会見の内容は一切報道されることはありませんでした。

一方、旅行に来ていたチョンエは家のことが頭から完全には離れないものの、妹のボエとスネとたのしい旅行を送っていたのですが、世間知らずな末妹スネのため、お財布を失くしてしまいます。
連絡を受けてやって来たジャンスはもう帰る、という妹たちに、そうするように言うと、自分はチョンエともう一泊する、と言って残ることにします。
2012070101150771_1_rstararm1.jpg
二人で海を眺めながら、今までチョンエにつらく当たって来た日々に心を痛めながら、これからは母親と同じようにチョンエの事も大事にする、と言い、足が動かなくなるまで、たくさん旅行をしよう、などと言うジャンス。
2012070101150771_1_rstararm.jpg

マルスクの方はユニに気に入ってもらおうとより一層のごますりに励みますが、それを不審に思う家族。
鋭いユニはマルスクのセグァンを見る目つきが変だ、もしかして好きなんじゃ?と言うのですが、そんなわけないし、第一婚戚じゃないか、と否定するグィナムです。
ところが、ユニに劣らず、こういうことには鋭いチョンペも怪しく思い始めます。
マルスクは何か目的がないと、人に良くしたりする子じゃない、と言いながらもその理由が分からないでいたジョンペ、ある日、マルスクとセグァンが電話で話している最中に、マルスクの傍からセグァンの傍に異動して、疑いを持ち始めます。
2012070100210483_1_rstararm1.jpg
そして、家庭教師に来たセグァンが席を立った間にマルスクから来たメールを見てしまいます。
2012070100210483_1_rstararm2.jpg
二人が会う約束をしているのを知り、決定的だと思うジョンペ。
マルスクが待つ約束場所へと言って、親たちに話す、と言います。
2012070100210483_1_rstararm.jpg

一方、先日自分を蚊帳の外において自分が長年縁を結んできた女優と自分の会社が契約を交わしたことを知ったユニは女優の所属プロダクションの社長と会います。
でも、変わらない状況に、ユニはその女優が妊娠でキャストを下されそうになった時に社長が自分を訪ねてきたことを思い出した、と言います。
涙を浮かべながら、恩を売るつもりじゃないけれど、自分はその時のその女優がとても立派だと思い、自分の仕事にやりがいを感じたのに…と言って席を立ちます。

一方、グィナムは勤務室にボランティアで面倒を見ている子ジファンが来ているのを見つけます。
スジはグィナムに、ジファンが養子として受け入れてくれる先を見つけるのが難しい事や、心理的な問題を抱えていて、人と目も合わさない、と話しています。
そこに、電話がかかって来て無理やり当直を押し付けられるスジン。
グィナムは困っているスジを見て、ジファンを家へと連れて帰ります。
ジファンにご飯を食べさせているところにぐったりと疲れ果てて帰って来るユニ。
2012070100573388_1_rstararm.jpg
驚いたユニは、自分が今精神的に参っているかもしれないけれど、スジが世話している子にあなたが関わるのは嫌だ、というのですが、グィナムはさらなる爆弾を落とします。
その子、ジファンを養子にしたい、と言い出すグィナムです!
2012070100573388_1_rstararm1.jpg

38話
グィナムが言い出した養子の話を最初は冗談だと思うユニなのですが、そうじゃないことを言い、グィナムの立場で考えてくれるようにと頼むグィナム。
ジファンと自分の幼い頃の姿が重なり、養子の受け入れ先もなく可哀そうだと言うグィナムに私は可哀そうじゃないの?と切り返すユニです。
仕事で仲間外れにされてもがんばっているのだけれど、だれも望んでいないのに縋り付いているようで自分が恥ずかしく思うし、何より、ついつい、これもお腹の子供のせいだと考えてしまうことを話すユニ。
もちろん、ユニの胴衣があってこそできることだし、今すぐどうのこうのと言うわけじゃなく、もう一度考えてくれるようにと言うグィナムです。
それを聞いたユニは、グィナムの気持ちはわかるけれど、養子を迎えると言うことは簡単な事じゃないし、一生責任を持つと言うことだ、とグィナムに言います。
それを聞き、自分のもう一度考えてみる、と言って謝るグィナムです。

マルスクは二人のことを家族に言う、というジョンペを追いかけてジョンペの家まで追いかけてしまいます。
ところが、ジョンペはすでに妻にはその話をしてしまっています。
二人に、必死で口止めをするマルスク。
話をしない代わりにマルスクに階段掃除を押し付ける夫婦ですが、進んで引き受けるマルスクです。

ジェヨンの告白を受けたイスクの方はそのことを考えてなかなか眠れません。
マルスクに、それが自分を好きっていうことかと確認しています。
マルスクは、ふつうはそうだけれど、男によってはあちこちにそんなことを言ってはダメだと簡単にあきらめる奴もいる、と話します。
相手がチョンエの還暦祝いに来た男だと確かめたマルスクは、あの日の調子のよい彼の様子を言って、あの男は女の扱いに慣れている奴じゃないか、と言っています。

翌朝。
養子縁組には反対のユニですが、ジファンのために豪華な朝食に手作りのデザートまで準備しています。
そして、ジファンを連れて家を出るのですが、家の前にはスジが車で来ていて待っています。
それだけでも気分の悪いユニなのに、グィナムに同乗出勤しようか、などと言いだすスジ。
2012070123150160_1_rstararm.jpg
ちょうど、階段のところで一緒になったマルスクが聞いていて、ユニの気持ちを代弁するようにして、話に割入って来ます。
結局その日はスジの車で出勤するグィナム、ユニはマルスクを最寄駅まで送って行くことになります。
車内で自分がいい子だと一生懸命アピールするマルスクです。
私のことをだんだん好きになって来たでしょう?と言うマルスクにあえて何も言わないユニ。
作戦がうまく行っている、と思うマルスクですが、一人になると、あの子がますます嫌いになると独り言を言っているユニです。

ジャンスはチョンエと機嫌よく帰って来たのですが、家に来ていたヤンシルを見ると表情を一変、とたんに不機嫌になり、朝ごはんも食べずにパン屋の方へと出かけてしまいます。
ヤンシルは家を出るとわざわざパン屋に寄って、ジャンスに挨拶をします。
喉と会いたくないと言ったはずだが、と言うジャンスに、図々しいかもしれないけれどこうすることにした、と言うヤンシル。
自分だって本当のことを言えば会わない方が楽なんだけれど、急に行かないようになったら変に思われる、と言い、精いっぱい償いをしようと思っていることを話すヤンシルです。

一方、ユンビンの記者会見の記事は結局一つも出ませんでした。
それでも番組には復帰できることになったんだから、これで良しとしようと言うユンビンと、このままではだめだ、と抗議に行こうとするイルスク。
喧嘩になってしまい、お互い言ってはいけないことまで行ってしまう二人、ユンビンは何も言わず自分の部屋に帰って行きます。
その後、電話を掛けても出ないユンビン…。

レストランに出勤したイスクは昨日の言葉を気にしてひたすらジェヨンを避けています。
ジェヨンはイスクと二人になると、そのことを話すジェヨン。
2012070122581919_1_rstararm.jpg
自分は気軽に誰とでも遊ぶ女じゃない、と言うイスクに、自分はイスクに何かをしてもらおうと思って言ったんじゃなく、自分の気持ちを言っただけだ、と話すジェヨンです。
じゃあ、私はどうすればいいの?と言うイスクに、どうもしなくていい、と言うジェヨン。
そう言われても、他に好きな人がいるし、そっちとの間に解決しないといけないといけない問題があって頭が痛いのに…と言うイスクに、じゃあ忘れろ、そして、ただ自分のことを避けないで、とジェヨンは言います。
自分はそんなにしつっこいタイプじゃないからそれでいい、と言う言葉をまた、額面通りに受け取るイスク。
そうだと思った!と途端に笑顔になって、女性を扱いなれている人だというマルスクの言葉まで言ってしまうイスクです。

ユニの実家の方では、ユニ兄嫁が節電の話でユニ母を怒らせてしまったところに、更年期の症状改善の薬をプレゼントされ、ますます怒ってしまうユニ母。
荷物をまとめて家出です。
結局は行く場所の無いユニ母はユニの家へと来ることになります。

イルスクはユニを訪ね、記者会見のことを相談しています。
2012070200235972_1_rstararm1.jpg
契約書にサインした、と言う話を聞き、契約書に目を通したユニは、一つアイデアがある、と、自分がイルスクの撮った動画をアップすればいい、と言い出します。
迷惑を掛けないかと心配するイルスクに、大丈夫だし、自分もこんなことには黙っていられない、と動画をアップするユニです。
動画はすぐに話題となり、PDからもイルスクに電話がかかって来るのですが、私がアップしたんじゃない、ときっぱり言うイルスク。
結局PDが叱責されることになります。
ユンビンもそのことをイルスクの電話で知り、その後あった二人は抱き合って喜びあいます。
2012070200235972_1_rstararm.jpg

一方、セグァンはジョンペに屋台に誘われています。
何を言われるのかを覚悟して行くセグァン。
やはり、話はマルスクとのことで、マルスクがセグァンが傷つかないようにと、自分たちの口止めをするため階段掃除をしたり果物を持ってきたりして一生懸命だけれど、いつまで続くか分からない、と言うジョンペ。
お互いに傷が深くならないうちに別れるようにと勧められるセグァンです。
そして、家では自分の母親とチョンエが対面して、お互い言葉では文句を言い合わないものの、内面では戦争が起こっている状態を目の当たりにするセグァン。
セグァンは再びマルスクに別れ話を切り出します。
マルスクはユニはだんだん自分のことが好きになって来ていて、もう一息だ、と言うのですが、ユニは一度嫌いだと思ったらずっとそのままだし、ますます嫌っているようだ、と言うセグァンです。
それを聞いたマルスクはプライドも捨ててやって来たけどもう限界だ、と怒って別れようと言うと席を立って行きます。
2012070123352856_1_rstararm1.jpg

ユニの方はイルスクと帰り道一緒になり、動画の顛末の報告を受けています。
そこでマルスクの話になり、イルスクは、マルスクもイスクと一緒で親の愛情を受けられなかった子だ、と言い、その彼女がユニと仲良くなりたいと言ってユニの好きなことを聞いてきた、と話します。
その話を聞いて、ユニの方もマルスクと少し歩み寄ろう、と思い始めたところでマルスクと出会います。
2012070123352856_1_rstararm2.jpg
別れてきた勢いのまま、ユニは私のことを嫌いだろうけれど、私もユニが嫌いだ!と怒りをぶつけてしまうマルスク。
2012070123352856_1_rstararm.jpg
その話を聞いたグィナムは、いままで大目に見ていたけれど、もう我慢の限界だ!とマルスクのところに怒鳴り込みそうな勢いのグィナム。
必死で止めようとするユニですが、止まらないグィナム。
グィナムを止めようとグィナムに覆いかぶさるユニです。




今週のジャンスとチョンエのシーン、良かったなあ…。

ところで、先週の病院のシーンを見てから、ユニが走ったりするとドキドキしてしまいます…。
そして、案外早く始まった養子縁組の話。
考えてみれば、グィナムは養子に行って育った人ですし、このドラマは人間の関係性を立場を変えて掘り下げて行っていますから、当然の成り行きですね。

来週の展開も、とても楽しみです。



関連記事

この記事へのコメント

- nuun - 2012年07月04日 13:59:17

こんにちは~
延長、決まったんですね。
嬉しいけどちょっと複雑です…
CNBLUEのファンなので、日本活動が先送りになるかと^^;
でもドラマはどんどん新しい展開で面白いです~。
マルスクの爆発にはあらあら…でした(ーー;)
せっかくユニが歩み寄ろうかと思いはじめたのに~
ユンビンのハグもドキドキです。
イルスクはもうパニックかも(笑)
そしてイスク達…
韓国のファンの方達も、三姉妹のカップルの中で本当に付き合って欲しい二人だって思ってるそうです^^
これらも楽しみです?

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年07月04日 19:14:36

nuunさん、こんにちは。

> CNBLUEのファンなので、日本活動が先送りになるかと^^;

ああ、そういう心配があるんですね!
でも、韓国と日本は近いので、ドラマに出つつ日本での活動をこなす、と言う道もあるのでは?
誰だったか忘れましたが、確かそんな活動をされていた人がいたと思います。
その場合、そのタレントさんは相当大変ですが、相乗効果でドラマにも関心がもたれることになるかもしれません。
と書きつつ、ファンの方にしてみれば、ハードワークで体を壊さないかしら、なんて心配も出てきますね…。

マルスク、ほんとにタイミングが悪いですよね!
後で後悔するでしょうね!

そして、どのカップルも見どころがたっぷりで、みんな応援したくなっちゃいます。

> 韓国のファンの方達も、三姉妹のカップルの中で本当に付き合って欲しい二人だって思ってるそうです^^

そうなんですか。
一番応援したくなるカップルかもしれませんね。

でも、わたしは一番お似合いじゃなさそうなイルスク×ユンビンカップルが、なぜか一番ドキドキして見ていますv-238

- nuun - 2012年07月04日 19:18:55

急いでコメントしたら間違えちゃいました(汗)
↑の最後~
これからも楽しみです^^
?じゃなくて~(笑)

ワイドショーで3カップルのインタビューも見ましたが、どのカップルも仲良さそうでした^^
イスク達のキスシーンも期待したんですけど・・・(笑)
昔のドラマはよく見てたので、ごめんね愛してるのパロはおかしかったです!
事前に知らなかったので泡キスよりも笑いました^^

- kirikorori - 2012年07月04日 20:34:01

あ、ほんとだ、気づかなかった!

ごめんね愛してる、って、パロディーで見ると、結構強烈でしたね。
実は私、このドラマ、最近再視聴したところで、思いっきりツボでした!

- nuun - 2012年07月05日 00:28:21

こんばんは^^

ごめ愛、再視聴したんですね^^
私は一度見たらあまり見直さないんですが、このドラマは何度も見ました!
当時は確か強い裏番組があって、視聴率は良くなくて…
でも熱狂的なファンも多く、ミサ廃人って言われてましたね。
ムヒョクがなんともカッコ良くて、切なくて~
(>_<)
お母さんとのシーンでは大泣きしてました( ; ; )

イルスクとユンビン~わかります!
もう最後のハグではイルスク、パニックでしょうね^^
自分の憧れのアイドルで、あんなに花美男で~

CN君達の事務所さん…
ドラマがなくても無茶苦茶な綱渡りスケジュールを突っ込むんです(汗)
もちろん身体も心配ですし、飛行機飛ばなかったら穴…なんて心配も…(>_<)

関係のない話が長くてすみません~^^;

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年07月05日 09:54:36

nuunさん、おはようございます。

ごめん、愛してるはカット版で見たのが失敗だったかな?とノーカット版で見たんです。
これもノーカットの方がいいみたい。
最初にノーカット版で見ていたら、私も嵌って廃人になっていたかもしれないのに、って感じでした。
残念なことをしました。

ほんとに主人公に切なくなるドラマですよね。
お母さんとのシーン、私も…。

> もう最後のハグではイルスク、パニックでしょうね^^
> 自分の憧れのアイドルで、あんなに花美男で~

見ている私ですらパニックでしたから、きっとそうでしょうね!

> CN君達の事務所さん…
> ドラマがなくても無茶苦茶な綱渡りスケジュールを突っ込むんです(汗)
> もちろん身体も心配ですし、飛行機飛ばなかったら穴…なんて心配も…(>_<)

そうなんですか!
大事なタレントさん、大事にしていただきたいですね!

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。