スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤道の男」15話・16話あらすじ

今週になってジウォンの役割がはっきりしてきたように思えます。
こうしてみると、今までメインに出てこなかったのにはストーリーの展開上意味があったんだろうな、と推測しています。
今週も緊張感の漲るストーリーで結末への期待が膨らみます。


それでは、あらすじ。
201205092215391001_11.jpg



15話
ジャンイルに、自分の父はお前の父が殺したのか?と訊くソヌ。
続けて、チン会長じゃないとしたら、お前の父じゃないのか?と言うソヌです。
ジャンイルは口だけになんとか笑みを浮かべ、ソヌ、いったいどうしたんだ!冗談がひどすぎる、と言い、捜査は最善を尽くしている、と言います。
自分にすまないことはないのか?と重ねて聞くソヌですが、いったい何をすまないと!?と言いながら掴み掛るジャンイルを逆にとらえるソヌ。
201205092215391001_1.jpg
俺の体に触れるな!と言ってジャンイルの部屋を出るソヌなのですが、ソヌの目に異変が起こっているようです。
周囲の景色がぼやけて見えるソヌ。
オフィスに帰るとまだ、ジウォンがいます。
大丈夫、と訊くジウォンに、大丈夫だ、帰って、と一度は言うソヌなのですが、手を握って、と言いジウォンの手を取るソヌ。
ジウォンは、もうソヌが一人でつらい思いをしているのはいや、と言い、手紙の差出人を聞きます。
そのうち、と言うソヌに、そのうちっていつ?と訊くジウォン、考えを整理しないといけないから数日待って、と言うソヌです。
ジウォンがソヌの頬にキスして帰ると、ソヌはスミ父に電話を掛けて会う約束をしています。

翌朝病院に出かけるソヌ。
昨日のこともありますが、目が見えなくなる悪夢とひどい頭痛にずっと悩まされていたソヌはジウォンに付き添われて目の検査です。
201205100838161001_1.jpg
問題はないものの、再び衝撃を受けるとまた視力を失うこともあると言われるソヌ。
頭痛のことを医師に話すと、頭痛のために目が影響を受けることもあるし、目のトラブルから頭痛を起こすことも考えられる、と言われています。
その後、オフィスにやって来たスミ父とたわいない話をした後、手紙を発見した、と言ってスミ父の書いた手紙のコピーを見せるソヌ。
自分が書いたことを否定するとそのコピーを破り捨てるスミ父です。
スミ父はソヌのオフィスからスミの作業室へ行くのですが、スミは不在。
絵を見ていたスミ父はジャンイルの殺人未遂現場の一連の絵を見つけてしまいます。
帰宅してきたスミを問い詰めるのですが、想像で描いたと言い張るスミ。
あいつはだめだ!と言うスミ父なのですが、ジャンイルは自分のことを見ているようで可哀想なんだ、と言うスミです。
今でも好きで、手に入りそうなのにうまく行かないんだ、手に入らないんだったら壊したい、などと言うスミ。
父親が今から見たことをソヌに言いに行く、と言うのを必死で止めるスミです。
1336573167_319802.jpg
父親が出て行った後、今度はジャンイルがやって来ます。
どうして嘘をついた?と訊くジャンイル。また呼ぶかもしれない、と言うジャンイルに、じゃあ行かない、と言うスミですが、シカゴに行くというのはどうか?と提案するジャンイル。
お前が信じられない、と言うジャンイルに、良く知っていると言うスミ。
自分に似ているからと言うスミに、再度シカゴに行け、と言うジャンイル。ジャンイルに逆に、お前が行け、と言うスミです。
637716(0)-450499_20864.jpg

ソヌのオフィスの人々はキャンプにやって来ています。
ジウォンは自分が車のフロントガラスに石を投げた日のことをソヌに思い出させます。
あの車が誰のだったか知っている?と訊き、お父さんの車だったんじゃ?と答えるソヌにチン会長の車だったのだと話すジウォン。
チン会長の汚いやり方で父親の会社を奪われたんだ、と言い、その後亡くなった父親の遺言のことを話します。
こうなったのも自分の不徳の致すところでチン会長を恨むな、と会ったと話すジウォン。
今でも石を投げたい気持ちはあるけれど、自分が立派に生きているのも復讐だと思っているんだ、と言うジウォンです。
そして、今日こそ後頭部を殴られた日のことを話して、と言うジウォン。
言葉を濁すソヌに、私の想像する人じゃないといいんだけれど、と言うジウォンです。
やがて、ソヌの方に頭を凭せ掛けて眠ってしまうジウォン。
ソヌは自分の愛する人はみんな去ってしまう、と思うことがある、と言い、ジウォンがそうでないといい、ずっとそばにいて欲しいと言います。
PS12051000001.jpg

一方、ジャンイル父は検察での聞き取り調査です。
ジャンイルはジュノから前もって質問事項を聞きだし、父親に答えるべきことを教え込んで臨んでいます。
201205092253061001_1.jpg
ジャンイルの教えたとおり、そつなく質問に答え、無事に調査を終えるジャンイル父。
その様子はソヌも覗きに来ていたのですが、その後帰って行くジャンイル父には偶然を装い、車で家まで送って行きます。
家を買ったお金のことを訊いたり、15年前の話を持ち出したり、と、ちくちく苦しめるソヌ。
帰って行くソヌなのですが、お土産のブドウの箱の中にスミ父の手紙のコピーを見つけるジャンイルとジャンイル父…。

そのスミ父は酔っぱらってふたたびソヌのオフィスへとやって来ます。
ソヌに死ぬほどの罪を犯した、とひざまずくスミ父に、手紙のことで来られたんでしょう?とソヌ。
スミを止めないといけない…と言うスミ父。
彼は続けて、ジャンイル父がお前の父を殴るところを見た、と言います。
そのまま見ていた?と言うソヌに、恐ろしくて…と言うスミ父。
PS120510000021.jpg
その時に言うべきだった!スミ父も共犯だ!と叫ぶソヌに、ソヌの言うとおりにする、警察に行ってみんな話すと言うと出ていくスミ父です。
覚悟はしていたものの、父親の死の真相を聞きショックを受けるソヌ。
嗚咽するソヌをそっと抱きしめるジウォンです。
PS12051000002.jpg

チン会長の方はソヌが再三、やめとく方がいい、と言っていた投資に手を出して失敗し、ソヌを呼びます。
今までソヌを信じていなかった、と言う会長に、これからも信じない方がいい、と言うソヌ。
要するに、ソヌの力で損益を取り戻そうとして断られた、と言うことなんでしょうね。
ソヌの方は、お見せしたいものが、と言って手紙を見せます。
送って来た人に会った、と言うソヌに、自分も会いたいと余裕を見せるチン会長。
急がないと時効までいくらも日がない、と言うチン会長に、時効のことは気にしていないことを話すソヌ。
ジャンイルは優秀な検事だし、会長も最高の弁護士を用意しているだろうから、と言って、自分はチン会長の一番大事なものを奪うことにしたと話すソヌです。
ふざけてないで帰れ、と言うチン会長に、15年前の父にもこんな風にしたのか?と訊くソヌ。

16話
ジャンイルは家で自分がインタビューを受けているテレビ番組を見ているのですが、手紙のことを気にするジャンイル父。
調書の質問にもうまく答えたし、だれも疑っていない、と言うジャンイル。
ジャンイルは会長の過去について証言した職員に疑問を持ったジュノもうまく丸め込んでいます。
その上、これは成果を上げられなかったのですが、ソヌの会社にも税務調査を入れるように工作して、時効までの時間稼ぎをしているジャンイルです。

オフィスではソヌを励ましたいジウォン、ジャンイルでもチン会長でも私が会う、と言い出しソヌに止められています。
ジウォンに、どうして覚えていることを言わないの?と訊かれたソヌは、本人から謝罪でも弁明でも直接聞きたくて、と答えています。

ジュノの方はスミの証言に疑問を抱いているようです。
ソヌに、スミからソヌ養父が亡くなる前日に会ったということを一度も聞いたことがない、ということを確認しています。
そして、スミの言っている日には金物屋はしまっていたようだと言うジュノ。
スミが錯覚した可能性を言うジュノに、それはありえない、と言い、戻りかけるジュノに、ジャンイルと親しいでしょう?と言って、何かを話している様子のソヌ…。
PS120511000071.jpg

スミはソヌのオフィスに来ると、ロープを買ったのを見たことを話すべきだった、と言います。
それを聞いて、その日はスミは美術大会で済州島に行っていたことを指摘するソヌ。
美術大会に確認も取った、と言うソヌに、日にちを思い違いしたんだ、でも見たのは確かだと言うスミです。
PS12051100007.jpg
どうしてスミがそう言うのか知っている、と言うソヌ。
スミが自分の友達ではないから、と言うソヌです。
でも、友達だったじゃないか、ジャンイルも…と言うソヌ。
再度調査を受けたら本当のことを話してくれるようにと頼むソヌです。

スミ父の方はスミに、目撃したことをソヌに言ったことを話します。
どうしてあんなところを見てしまったのだろう、と言うスミ父。
もう、賽は投げられた、と言うスミ父なのですが、自分はあきらめるから、諦めるまで待って、と跪いて懇願するスミです。
201205102226581001_1.jpg

検察では、スミの話した日にスミが済州島に行っていたことを指摘するジュノに、日を勘違いしたんだろうと言うジャンイル。
でも、友人の父親が翌日死んだと言うのに日を勘違いするだろうか?と疑問を口にする調査官。
嘘をついたとして、その理由は何だろうか?と言うジュノに無言のジャンイルです。
しかし、スミ父娘は再び検察に呼ばれることになります。
でも、当日来ない二人。
スミに懇願されたスミ父ともども海外に逃げ出したスミと父親です。
電話をしても電源を切っているスミたちに会おうと、ジウォンとクムチュルはスミの作業室までやって来ます。
チャイムを鳴らしても応答がなく、門を乗り越え入ろうとするジウォンを不法侵入になるから、と何とか止めるクムチュルの言葉に石を投げ始めるジウォン。
窓が壊れたら警備会社がやって来るからその時に一緒に入れば不法侵入にならない、と…。
でも、そうなる前にやって来るチン会長の娘。
彼女もスミと連絡が取れず、やって来たのね。
彼女は建物の所有者ですから、彼女とともにスミの作業室に入るジウォンたちです。
ジウォンはそこで、スミが隠しておいた殺人未遂の絵を見つけます。
PS12051100010.jpg
ソヌにその一連の絵を動画で撮って送るジウォンです。

チン会長は投資の失敗をごまかすため、とある人物にわいろを贈り、収拾を図っています。
一方のソヌは、事業を始めようとしているチン会長妻と娘から、投資の話を打診されます。
ソヌはブギョン(ジウォンの父親の会社だったものですね)の株を担保にすることを提案、また、一つ条件がある、と、スミの絵を公開することを条件にするソヌに、著作権の問題があるけれどスミと連絡がつかない、と言う娘に、その件で怒る問題には自分がすべて責任をとる、と言うソヌ。
どうしてそこまで?と訊く娘に、絵の主人公が自分だからだ、と言うソヌに、スミは友人をモデルに描いたのね、と疑問も持たず了承する娘です。
20120511093148_1_rstarlhj.jpg

一方、チン会長の不正事件の方はジュノが家宅捜査に入ろう、とするのですが、それを知ったジャンイルは知り合いの判事にジュノが無茶をしようとしている、と止めてくれるようにと頼んでいます。
また、チン会長妻は書類を探すために金庫を開け、スミ父の書いた脅迫状を見つけます。
それが何かは分からないものの、不審に思う会長妻です。

ソヌの方はラジオ番組に出演して、名前は出さなかったもののチン会長の会社について語ったために、新聞記事になり、チン会長の会社の株価は暴落します
証拠隠滅と関係者の口止めを秘書に命じるチン会長。
しかし、ソヌ養父の事件の方は時効を迎えてしまいます。
201205102246541001_11.jpg
201205102246541001_12.jpg
乗り切った、と思ったのでしょうね、ソヌのところにやって来るジャンイル。
201205102246541001_1.jpg
会長も自分の父もそんなことをする理由はないじゃないか、と酒を飲みながら話すジャンイルに、それではジャンイル自身はなぜ、あんなことをしたんだ!?と自分に対する殺人未遂事件のことを話すソヌ。
自分はあの時のことを全部覚えている、と言うソヌです。
このことはジャンイルの口から聞きたかった、と言い、認めたくはないけれど、自分にはまだ、ジャンイルを赦す気持ちがあったことを言うソヌ。
自分に謝れ、と言うソヌに、あくまでも事実を認めずソヌの被害妄想だと言うジャンイル。
疲れた、帰ると言って謝ることをしないジャンイルに復讐することを決心するソヌです。

走り出したソヌを不安に思うジウォンはテジュに、ソヌを止めてくれるように頼むのですが、どんな言葉も彼には通じない、と言うテジュ。
自ら悟る瞬間が来るまで待つしかない、と言うのですが、その瞬間が来るのが遅すぎたら?と言って心配するジウォンです。
ジウォンはジャンイルのところに出向き、ソヌと話して赦しを乞うようにと言うのですが、誰のためにだ、と言い、ソヌには自分一人が被害者のようにふるまうな、と伝えろ、と言うジャンイルです。

時効も過ぎ、帰国するスミと父親。
スミは作業室に入り、殺人未遂の絵がなくなっていることに気付きます。
一方、ジャンイルはテレビの生放送の番組に出演しています。
20120511095704_1_rstarlhj1.jpg
しかし、この出演自体がソヌが番組の資金を提供しての依頼です。その上、ソヌが手をまわし、ジャンイルが視聴者の電話相談に答えるコーナーで質問者となるようにしています。
20120511095704_1_rstarlhj.jpg
15年前の殺人未遂事件の話を持ち出し、その罪が殺人未遂にあたるのかどうかを確認するソヌ。
そして、その男が法曹界にいるとしたら?と問うのですが、法の下では平等だと答えるしかないジャンイル。
自分を襲った友人の名を、言い始めるソヌ。
でも、イ・ジャン・・・まで言ったところで電話は切れてしまいます。
打ちひしがれた様子でスタジオから出ていくジャンイルを心配そうに見ているジウォン。
振り向いたものの、無言で歩き出すジャンイル…。

ジャンイルはソヌのオフィスに行った時の事には続きがあったようです。
ソヌに、お前の思い違いだ、と言って謝ろうともせずに帰ろうとしていたジャンイルの耳に幻聴なのか、ジュノへの電話を掛けているソヌの声が聞こえてきます。
引き返し、これからの計画を教えてくれるとうれしい、と言うジャンイルに、明日、殺人未遂の捜査をジュノに依頼する、と言うソヌ。
そして、チン会長の裏金と株式操作の件はまだ捜査中だ、と言い、国民の気になることを明らかにするべきだろう、お前のお父さんではなくチン会長の事だが、と言うソヌに、無言のジャンイル。
私の提案が気に入らなかったようだな、と言いつつ、ジュノのところに電話をしようとするソヌを見て、お前の父親を殺したのはチン会長だ!お前の父とチン会長が一緒にいるのを自分の父が見た、と言うジャンイル…。
PS12051100001.jpg




最終的にはジウォンが復讐を止めるのかな?という感じになってきましたが、だけど、悪人のしたことはちゃんと償ってほしいですからね。
結局、延長なしで予定通り20回での放送となるようですから、あと、のこりは4回、まだまだチン会長やジャンイル父子を追い詰めるソヌに期待します。
次にソヌの打つ手はどんなものか?

そして、ソヌには再び視力を失う、という可能性も出てきたんですよね。
こちらも心配です。




関連記事

この記事へのコメント

- tamaen - 2012年05月12日 15:27:53

生放送のシーン。
めっちゃ前のめっちゃいました!!!!!!!!!!!!

でも、いろいろバレてきたから、バレる前の、息が止まっちゃう位の緊迫感っていうのかな。
それはなくなって、今はそれとは違った、何て言えばいいのかな?
うーん。言葉が見つからないんですが、
だんだん腹の内がわかってきて、どうでてくるんだ?と警戒しながらも平穏を装いながらビクビクしてる人と、
さぁ、いよいよ!って感じでガンガンいくんだけど、それだけじゃなく不安も抱えてる人?
そんな二人の微妙な神経戦。
ああ。うまく表現できずもどかしい!!!
役者が上手いもんだから、グイグイ引き込まれますね!

ジウォンもようやく活躍の場が出てきたようだし、最終回まであと4話!!!!
楽しみすぎます☆

- しのん - 2012年05月12日 15:59:40

あらすじアップ、ありがとうございます。

15話冒頭でのソヌの切り返しのカッコ良さに惚れ惚れしてしまいました。
でもその後の歪む景色には…。どうしたの?と不安が隠せません。

延長なしが決定してからのスピーディな展開に、画像だけでもドキドキの連続です。
あらすじを読むと、ソヌは何度も何度もジャンイルや会長に謝罪の機会を与えているのですね。でも彼らはそれを受け入れず、決して認めようとしない。
ジャンイルだって憎くてソヌを殴ったわけではないのに、事件後は後悔の連続でお酒を浴びていたのに…。
法曹界にいるにも関わらず、いつの間にか彼の心に良心はいなくなってしまったのですね。

ジウォンの存在がソヌを支えているのがよく分かります。
時々訪れる二人の時間がとても微笑ましくて素敵です。

15話のソヌの慟哭には私も一緒に泣いていました。あのシーンは赤道の男の名シーンになると思います。

- hellosunday - 2012年05月12日 19:15:26

こんにちは。 と

昨日今日で6話連続で観たんですがやっぱり面白いですね
特に4人がブレないところがいいです
ジウォンも一切ジャンイルに向かわなかったですし
スミの狂気的な愛情も凄まじいというか
ジャンイルもスミに媚びるでもなくすべて明かせとか言い放ったりでしびれます

あと4話ですがまだまだ内容的にいろいろありそうですね
まずチン会長がソヌの父親の可能性もありますし
1話のジャンイルが会長を撃とうとしてソヌがかばうという
あそこに繋がっていきそうな感じで テジュが静かなのも気になります
まぁただ最後は悪をスカッと退治してほしいです

でビジネス会話の方はkirikororiさんのあらすじを頼りにして
もう聞き流しちゃってます あらすじUPありがとうございます と

- 菊子 - 2012年05月12日 23:35:16

あらすじアップありがとうございます。15話の途中を見逃してしまったので本当にありがたいです。

前にジソプさんのNGの回数を20回と書いてしまったのですが、読み返してみると10回でした。ははは、20回もNG出したら、大顰蹙ですよね・・・

さてあと4回、単純な復讐劇に終わらないでしょうね。最後までしっかり見届けたいと思います。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年05月13日 06:44:43

tamaenさん、おはようございます。

> 生放送のシーン。
> めっちゃ前のめっちゃいました!!!!!!!!!!!!

ですよね!
わたしも、確かに緊張感の質は変わったように思います。
いままでジャンイル目線で見ていたものが、今回はソヌ寄りと言うか…。

> 役者が上手いもんだから、グイグイ引き込まれますね!

こういうドラマはうまい役者さんでないとこなせませんからね~~。

> ジウォンもようやく活躍の場が出てきたようだし、最終回まであと4話!!!!
> 楽しみすぎます☆

もう、わくわくですね!

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年05月13日 07:10:00

hellosundayさん、おはようございます。

> 特に4人がブレないところがいいです

同感です!
基本と言えば基本なのですが、これができていないドラマが案外多いんですよね!

> ジャンイルもスミに媚びるでもなくすべて明かせとか言い放ったりでしびれます

うんうん。
大概のドラマでは、ここは揺れるところですよね。

> あと4話ですがまだまだ内容的にいろいろありそうですね
> まずチン会長がソヌの父親の可能性もありますし
> 1話のジャンイルが会長を撃とうとしてソヌがかばうという
> あそこに繋がっていきそうな感じで テジュが静かなのも気になります
> まぁただ最後は悪をスカッと退治してほしいです

私はチン会長はテジュの子でない以上、そうなんだろう、と思っているんですが、冒頭のシーンはそれを知る前なのか、あとなのか? 気になります。

チン会長は憎しみに変化していても今でもソヌ母のことを思い続けていますからね。
そのためにチン会長妻がチン会長を助けず、自らのために動いているようですから…。
誤解と知った後の彼がどう変化するのか…。

テジュも、ソヌを復讐の道具には、していない感じなんですが、この後どう出るのか?
あっと驚く展開になるんですかね?

それにしても、冒頭のシーンの映像になかなかつながりませんね。
来週ぐらいでしょうか?
楽しみです。



Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年05月13日 07:11:45

菊子さん、おはようございます。

> 前にジソプさんのNGの回数を20回と書いてしまったのですが、読み返してみると10回でした。ははは、20回もNG出したら、大顰蹙ですよね・・・

そうでしたか!
まあ、そんなこともありますよね。

> さてあと4回、単純な復讐劇に終わらないでしょうね。最後までしっかり見届けたいと思います。

予想がつかなくてますます期待が高まりますね!


Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年05月13日 07:14:27

しのんさん、おはようございます。

> でもその後の歪む景色には…。どうしたの?と不安が隠せません。

目はもう、大丈夫なものと思っていただけに、気になります。

> 延長なしが決定してからのスピーディな展開に、画像だけでもドキドキの連続です。

今週になって、またスピーディーな展開が戻って来て、良かったですよね。

> ジャンイルだって憎くてソヌを殴ったわけではないのに、事件後は後悔の連続でお酒を浴びていたのに…。
> 法曹界にいるにも関わらず、いつの間にか彼の心に良心はいなくなってしまったのですね。

もう、引き返せないところまで来てしまいましたからね~~。

> ジウォンの存在がソヌを支えているのがよく分かります。
> 時々訪れる二人の時間がとても微笑ましくて素敵です。

温かい時間が少しずつ増えて、ラストも殺伐としたものにはならないだろうな、と思えるようになりました。

> 15話のソヌの慟哭には私も一緒に泣いていました。あのシーンは赤道の男の名シーンになると思います。

泣き方一つとっても、多彩で、ほんとに見せてくれますよね!
このドラマ、ほんとに名シーンになる場面がたくさんありますよね!

管理人のみ閲覧できます - - 2013年10月04日 17:47:11

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 15話の感想 - kirikorori - 2013年10月04日 20:42:43

鍵コメさん、こんにちは。

ソヌの慟哭、ほんとに凄かったですね。

> 韓国の方は感情面がすごく激しいんですね。男女とも。

そのあたりは国民性の違いでしょうね。

> 今まで視聴したドラマの中で、ツーショットがまし?(笑 と
> 言うことなのです。

なるほどねえ。
オム・テウンさんは私もラブシーンがイマイチな気がします(笑)
と言うか、あえて見たいと思わない?

鍵コメさんも「怪しい三兄弟」はリタイアですか!
私はお母さんの嫁いびりと子供の差別があまりにもひどくて見続けられなかったのですが、
私もリタイアしました…。

16話も楽しみですね♪

管理人のみ閲覧できます - - 2013年10月07日 17:36:50

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 諸悪の根源は - kirikorori - 2013年10月07日 22:26:58

鍵コメさん、こんにちは

> チン会長が諸悪の根源ですね。

まずは彼ですね。
でも、ジャンイル父のゆがんだ愛情も結構根深いものがありますね。

まだまだどんなどんでん返しがあるか。
気を抜けませんよ♪

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。