スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファッション王」11話・12話あらすじ

ファッションというものは、場所によってかっこいい、の基準が大きく変わるものですし、韓国と日本のファッションセンスは非常に違う、と言うのも理解できるのですが、時たま、ついて行けなくなります…。
3eea84efed8e7c3f8d1de53d57837222.jpg

もっと言えば、ユリ、時代の先端を行くガールズグループの人なんですが、彼女、あんまり洋服が映えないんですね。
田舎くさい、と思ってしまうのは私の趣味が違うからだけでしょうか…。
(ファンの方、すいません)


それはともかく、あらすじです。


11話
ガヨンを連れ出そうとしていたジェヒョクと帰って来たヨンゴルは殴り合いになります。
ジェヒョクはガヨンに、もう一度訊く、と言い、自分と一緒に来るか、こいつのところに居続けるのかを問います。
ガヨンはいつから出勤すればいいの?と聞き、明日から、と答えるジェヒョク。
ガヨンの答えに驚くヨンゴルなのですが、ヨンゴルを無視して、そうする、じゃあ明日会社で、とジェヒョクに言うガヨンです。
それを聞き、今一緒にここから出て行こう、と言うジェヒョクの誘いを断るガヨンなのですが、それを聞き、出て行け、と言うヨンゴル。
ガヨンは、アンナの呼び出しに出て行ったヨンゴルのことで、心が痛くて出て行こうと荷物をまとめていたのですが、それを見て、荷物もまとめているし、とガヨンの荷物を工場の前に放り出すヨンゴルです。
ジェヒョクはガヨンの手を引っ張って外へと出ていきます。
でも、やはり、ガヨンをそのまま行かせられないヨンゴルは追いかけて行って、どこに行くんだ!?本当に行くのか!?とガヨンに言っています。
1335187697_310482.jpg
それを聞き、ジェヒョクに軽く頭を下げると工場の中へと入ってしまうガヨン。
仕方なく帰るヨンゴルです。

翌日、ジェヒョクは秘書からヨンゴルがスニと手を組み、50億の投資を受けたことを聞いています。
しかもマイケルも出資していて、スニとヨンゴルとマイケルの持ち分が6:3:1だという話を知るジェヒョク。
ジェヒョクはさっそく手を打ったようで、スニの貸付金の限度額が減額されてしまいます。
誰の差し金かをすぐに察したスニはジェヒョクのところに行っています。
どうすればいいのかを訊くスニに、ヨンゴルとの仕事から手を引くように言うジェヒョク。
スニは、それには2つ方法がある、と言い、先日の件でガヨンを訴えるか、100億で自分の持ち分を買い取るかだ、と話します。
ジェヒョクはメールでガヨンを呼び出すと、酒を勧めます。
会いたかった、と言い、男が一番みじめな事は何か知っているか?こんな風にすぐそばにいるのに手に入れられないことに心が痛いんだと言うジェヒョク。
そして、自分の手に入らないんだったら他の人の手にも入らないようにする、ガヨンをヨンゴルの傍には置いておけない、とジェヒョクは言います。
そして、ガヨンの告訴をまた考えていることを言い、告訴か、明日出勤するか、と選択を迫り、明日出勤しないと終わりだ、と言うジェヒョクです。
201204240425261119_1.jpg

その頃ヨンゴルはワンピースをデザインして制作しています。
20120424014028_1_rstarkja1.jpg
ガヨンが帰って来ると作りかけの服を隠し、どこに行っていたのかと訊くヨンゴル。
友達と会ってた、と言ってそのまま横になるガヨン。
ガヨンは何度もジェヒョクに電話を掛けるのですが、出ないジェヒョク。
そのまま疲れて眠ってしまったガヨンの靴を脱がせてやり、ワンピースを仕上げ、カードを書くヨンゴルです。
下書きに、誕生日おめでとう、の後、永遠の妹、と書いては消し、恋人、と書いては消し、マドンナ、と書いては消すヨンゴル…。
201204240432311112_1.jpg
そして、ガヨンの作った服のネームタッグがガヨンの名前のものに替わっているのを見るヨンゴルです。

翌朝、包丁の音に目を覚ますガヨン。
ヨンゴルが朝食を作っています。わかめスープもあります。
20120424014028_1_rstarkja.jpg
誕生日おめでとう、と言って食事を勧めるヨンゴルに、食べながら涙を流すガヨン。
誕生日にわかめスープを食べるの初めてだ、と言っています。
そして、服のプレゼント。これからは誕生日のたびにわかめスープを作ってやると言うヨンゴルです。
カードを見ると、悩んだ部分は幸運のマスコットになっています。
201204240432311112_11.jpg
試着を勧めるヨンゴルの言葉のままに服を着てみるガヨンですが、行くところがある、とあわてて出ていくガヨンです。
出かけた先はジェヒョクの先ですが、働くつもりで来たのではないようです。
連絡がつかず、来いと言われたから来たけれど、これは違うと思う、と断るガヨンなのですが、そんな言葉に耳も630106_35351_102.jpg
貸さず、強引にデザイン室長にガヨンを連れて行かせ、仕事をさせるジェヒョクです。
彼女の登場に、またもや傷つくのがアンナです。
トイレで二人になると、ヨンゴルの妻のようにふるまいながら、なぜ来た? 大企業の息子に欲が出ないわけないよね、と言うアンナ。
それを聞いたガヨン、アンナ自身がそうなのかと訊くと、当然じゃないと答えるアンナです。
PS12042400005.jpg
一方、ヨンゴルはガヨンに電話をしようとするのですが、携帯を置いて行っているガヨン。
それを見ていてガヨンが何度もジェヒョクに電話を掛けていたのを知り、メールを見てこの前友達と会っていた、と言っていたのは実はジェヒョクと会っていたのだと知るヨンゴルです。
ジェヒョクの会社に行き、そこで仕事をしているガヨンを見るヨンゴルです。
ヨンゴルはジェヒョクのオフィスに行くと、友人たちといるジェヒョクに、アンナとは何の関係もない、と言い、それを口実に自分の女子職員に手を出すな、と言うヨンゴル。
アンナのことは確かに以前かっこいい、と思ったけれども、振られた、と言い、自分は自分から去っていく女は追いかけない、と言い、アンナには結婚しようと言ったんじゃないのか?それなのにほかの女に手を出すのか?と言うヨンゴルです。
でも、ジェヒョクの方はすでに新たな動きを仕掛けています。
帰って行くヨンゴルのもとに検察からの電話がかかってきます。

12話
仕事を終え、工場に帰ってきたガヨンはそこで初めて、ヨンゴルがジェヒョクの会社に訴えられたことを知ります。
告訴は前のものとは違い、ヨンゴルがアンナを脅してデザインを盗んだ、ということになっているようです。
ジェヒョクに電話を掛けるガヨンなのですが、また、無視をするジェヒョク。
ガヨンはジェヒョクのマンションのロビーでジェヒョクを待ち、帰って来た彼に、これはだめじゃないですか、しろと言うことはしたじゃないですか、と言うガヨンなのですが、取り合わないジェヒョクです。
そこで引き下がれないガヨンは、部屋に入って行くジェヒョクについて無理やり入って行きます。
どうしてヨンゴルを苦しめるのかと問うガヨンに、これは自分とヨンゴルの問題だ、と答えるジェヒョク。
会社に来いと言ったのはガヨンにチャンスをやっただけで、いやなら明日から来なくてもいいと言うジェヒョクです。
ガヨンは、このままでは引き下がれない、取り下げてくれるまでここを動かない、とソファーにしがみついて抵抗しています。
1335273429_311211.jpg

ガヨンがジェヒョクについて行くのは、取り調べを終えたヨンゴルがロビーにやって来ていて見ています。
でも、いつまでたっても出てこないガヨンに、諦めて帰って行くヨンゴル。

ガヨンの方はそのままソファーで眠ってしまいます。
布団をかけてやりそのままにしているジェヒョクですが、そのガヨンの携帯にヨンゴルからの電話がかかってきます。
20120425093957_1_rstarkja.jpg
その電話に出て、ガヨンは寝ている、と言って切ってしまい、着信履歴も消してしまうジェヒョク。

翌朝、まだ粘り続けているガヨンですが、そこにジェヒョクの母がやって来ます。
ジェヒョクの頬をはたき、自分のボディーガードにガヨンを追い出させようとする母なのですが、それを阻み、ボディーガードに殴りかかるジェヒョク。
人のことに関わらないで、と言うジェヒョクの〈人の〉という言葉に怒りながらいったんは部屋を出ていくジェヒョク母です。
ガヨンは告訴を中止してくれれば出勤する、と言うのですが、取り合わないジェヒョクです。

会社に出てきたジェヒョクのところにはヨンゴルがやって来ます。
何をしているんだ、と言うヨンゴルに、ガヨンは自ら自分のところに来て、俺のことを好きだと言った、と言うのですが鼻で笑うヨンゴル。
でも、お前の言うように従業員の未来を心配するんであれば、行かせてやるべきなんじゃないか?と言い、お前はどっちにしても終わりだと言うジェヒョクです。
望むことは何だ、と訊くヨンゴルに、ヨンゴルの持ち株を渡せ、と言うジェヒョクです。
ヨンゴルが帰って行くと母が来ています。
ガヨンも一緒に出勤したのか?と問い呼べと言う母に、ガヨンは辞めた、と答えるジェヒョク。
そこに、ジェヒョク母に呼ばれたアンナがやって来ます。
ジェヒョク母はガヨンのことは悔しくないの?と言って、あなたの男はあなたが管理しろ、と言い渡します。
そこにデザイン室長がやって来て、ガヨンが出社してこないわけをジェヒョクに訊いています。
アンナが自分のオフィスに戻るとヨンゴルが来ています。
昨日取り調べを受けたんだって?と訊くアンナに、すまないと言うヨンゴル。
どうしてあなたが、と言い、逆にヨンゴルに謝るアンナに、自分はアンナが自分にすまないと思っているだろうと思ってきたんだ、と言って帰ります。

スニの方はジェヒョクが買収の話に乗るだろう、と待っているのですが、店にやって来たジェヒョクはスニに、買収はしないことにした、と言って帰って行きます。
予定が狂ったスニは、アンナに告訴のことを電話で話しています。

ヨンゴルは工場に戻って来ると、途方に暮れている従業員たちに、俺が誰だ!と言って自信を覗かせています。
アンナはヨンゴルを食事に誘うと、自分にできることはないかと問うのですが、それには事が大きくなり過ぎた、と言い、このことは自分に任せろ、と言うヨンゴル。
アンナは続いてガヨンのことを話題にします。
ガヨンが1日出勤しただけで辞めただなんて、いったい何を考えてるの?出勤はヨンゴルの差し金かと訊くアンナ。
否定するヨンゴルに、ガヨンがジェヒョク母と一悶着あった話をしてガヨンを止めて、などと言っているアンナなのですが、その時ヨンゴルの携帯にマイケルからの電話が入ります。
電話の内容を訊くアンナに、マイケルが投資者を紹介してくれるという話をするヨンゴル。
その話をジェヒョクが付けたスパイも横で聞いてジェヒョクに報告しています。

工場に戻って来たヨンゴルはガヨンに、何でジェヒョクのところに行ったんだ!?と言うのですが、1日行っただけ、と答えるガヨン。
一日出勤して一日寝て、などと言うヨンゴル。
誤解されそうで言わなかった、と言うガヨンに、ガヨンが誤解を受けるようなことをするべきじゃないだろう、と言うヨンゴルです。
告訴を出さないように出社して、告訴を取り下げてもらおうとへばりついていたんだ、と言うガヨンに、俺を間抜けにするな、と怒るヨンゴル。
自分を口実にして会っていないで俺抜きで堂々と会え、などと言うヨンゴルです。
そして、ジェヒョクの会社に行きたいんだったら自分は止めない、と言って、ヨンゴルは社長室に入ってしまいます。

翌朝、ご飯を作ってヨンゴルを待つガヨンなのですが、客が来るかもしれないから用意するように言って、ご飯には手も付けずに出かけてしまうヨンゴル。
彼はサラ金の手下の友達に高価なスーツを買わせ、何やら企んでいる様子。
ジェヒョクのところには秘書から、ヨンゴルがマイケルの紹介で投資話が持ち上がっていることの報告を受けています。
そこにヨンゴル自身がやって来て、アメリカから投資者がやって来るので空港へ迎えに行くところだ、と言い、告訴するんだったらするようにと余裕の笑顔を見せて去って行きます。
スニの方は資金繰りがどうにもつかず、ヨンゴルの工場へと乗り込んできます。
するとそこにはアメリカからの投資者という男が来ていて工場を見学しています。
20120425093155_1_rstarkja.jpg
でも、投資者という男はサラ金の友人だし、秘書は従業員が演じています。
201204250423111114_1.jpg
スニを社長室に招き入れ、客を送るから、と席を立つヨンゴル。
そこにはまだ、サインされていない投資の契約書が残されており、そこには1000万ドルの文字が…。
もちろん偽物ですよね。
そうとも知らず、にこにこしながら帰って行くスニです。

ジェヒョクのオフィスには父である会長がやって来ていて、ヨンゴルのところにはマイケルの紹介した投資話が来ていることを彼も知っていることを話し、告訴で脅そうと、脅しが効くのは資金があまりない場合だけだ、と言い、方法を変えるように言っています。
ヨンゴルの方はジェヒョクの住む部屋のあるマンションを見学に来て、ガヨンのために同じマンションの1室を契約しています。
そこにジェヒョクからの呼び出しです。
ヨンゴルが行くと、自分が負けた、と言って、50億の投資を申し出るのですが、条件にガヨンを自分のところに送れ、と言っているジェヒョク。
それを聞いて、いくら金が好きでもガヨンを送るとでもいうのか、と席を立つヨンゴルです。

ヨンゴルが工場に戻ると、一人で酒を飲んでいるガヨンの姿があります。
話をしよう、と言って、盃の酒を飲み干すとヨンゴルに渡し、ヨンゴルの言った、出ていきたかったら出て行け、と言う言葉を考えてみた、と言うガヨン。
ジェヒョクの会社に行ってみたら、設備もいいし、学ぶところも多い、と言って行こうと思うと伝えるガヨンです。
201204242324775382_1.jpg
ジェヒョクがガヨンの名前でブランドを作ると言ったのか?ジェヒョクの言葉を信じるのか?と言うヨンゴルなのですが、部屋を借りなくちゃならないので、今まで稼いだお金を清算してくれるようにと言うガヨンです、
俺とお前は最後まで一緒にやるんじゃなかったのか、と言うヨンゴルの言葉に何も答えないガヨン。
ヨンゴルは涙を流しながら、好きにしろ、と言ってその場を去って行きます。




12話の最後のガヨンの選択は、何か裏があるんでしょうか?

もしそうでないにしても、ガヨンはちょっとヨンゴルのことを信用しなさすぎなのではないかしら?
下手に自分一人で動くより、ヨンゴルと相談した方がずっとうまく行きそうなのにね。

まあ、そう言ってしまえばドラマの見どころがなくなってしまうのですが…。





関連記事

この記事へのコメント

- tamaen - 2012年04月27日 03:56:33

冒頭のコメント、同感です。笑

そして、ガヨンって、何考えてるかちょっとわからない。。。
ヨンゴルも、ガヨンに向かって一直線ってわけでもないし、
ひとり先走って空周りしてるのはジェヒョクだけで、
アンナは、結構割り切ってる感じもあるし、出番もちょと減ってるし。。。

どーなっちゃうのぉぉぉぉぉぉぉ?!

成り上がりの話として落ち着くのか、
それとも、ラブスーとーリーとして落ち着くのか。。。

やっぱ、成り上がりの話・・・なのかな?

そして、今週は、11話のジェヒョクが控訴するってあたりとか、イラっとしちゃって大変でした。
ジェヒョクって、たまにみせる表情から、本当はいい子なんだろうなと思うんですけど、やっぱり腹立ちますーーーーー。

ついでに、ジェヒョクオンマが、あまり社長らしくないというか、すごみが足りないなと今回感じました。(ジェヒョク家に来ちゃうシーン)
スニが気持ち悪いほど独特の雰囲気を持ってるので、ちょっとかすんじゃいますよね。
ジェヒョクオンマは『君は僕の運命』の、おっちょこちょいなわがままなアジュンマ役が似合うと思いました。

来週も楽しみですね!

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年04月27日 13:47:22

tamaenさん、こんにちは。

> 冒頭のコメント、同感です。笑

やはり、私だけの感想ではなかったのね。
ちょっと、安心。

> そして、ガヨンって、何考えてるかちょっとわからない。。。
> ヨンゴルも、ガヨンに向かって一直線ってわけでもないし、
> ひとり先走って空周りしてるのはジェヒョクだけで、
> アンナは、結構割り切ってる感じもあるし、出番もちょと減ってるし。。。
>
> どーなっちゃうのぉぉぉぉぉぉぉ?!

このドラマはわざと、主人公たちの気持ちをよく分からないように作られていると思うんですが、それが効果的ではないように感じます。
それにしても、このラブラインはどうなっちゃうの???って感じですよね。

> 成り上がりの話として落ち着くのか、
> それとも、ラブスーとーリーとして落ち着くのか。。。
>
> やっぱ、成り上がりの話・・・なのかな?

この二つの要素が今のところ邪魔し合っているとしか感じられません(涙)

> そして、今週は、11話のジェヒョクが控訴するってあたりとか、イラっとしちゃって大変でした。
> ジェヒョクって、たまにみせる表情から、本当はいい子なんだろうなと思うんですけど、やっぱり腹立ちますーーーーー。

ジェヒョクはどんどん狂って行っている感じですよね。
私は彼、これからもっと狂うと予想しています。
でも、凄みとかがあるわけじゃなく、ただの邪魔な人にしか思えないのが残念なところ…。
ほんと、いらいらしますよね。

> ついでに、ジェヒョクオンマが、あまり社長らしくないというか、すごみが足りないなと今回感じました。(ジェヒョク家に来ちゃうシーン)
> スニが気持ち悪いほど独特の雰囲気を持ってるので、ちょっとかすんじゃいますよね。
> ジェヒョクオンマは『君は僕の運命』の、おっちょこちょいなわがままなアジュンマ役が似合うと思いました。

彼女、かなり頭にくるお母さん役もよく演じられていて、彼女自身、そういう役も演じられる役者さんだと思うんですよ。
このドラマでは、脚本に問題があるんじゃないかな?
ガヨン虐めに疲れちゃって、アンナに丸投げだなんて、出かけた悪女オーラも引っこんじゃうって感じじゃないですか?
でも、男性主人公母があんまり頑張るドラマはしんどいので、これぐらいで充分です…。

このドラマ、私の場合、どこに向かっているのか、いまいち分からないのが逆に、次への展開への興味を掻き立てられています。
来週はいったいどうなるんでしょうね?

初めまして - まりも - 2012年04月30日 21:22:34

初めまして、翻訳ありがとうございます。ずっと観れなくて昨日の再放送で観れたのですが、ただでさえハングルだけでは分からなかったのに途中の何話も見逃してしまったので早すぎるストーリー展開についていけてませんでした。なんとか今夜の放映に間に合った(笑)これからも宜しくお願いします。

Re: 初めまして - kirikorori - 2012年04月30日 23:00:29

まりもさん、はじめまして。
こちらの方こそよろしくお願いいたします。

このドラマ、はなしが意外なところにコロコロ転がって行きますからね~~。
見逃すと、なかなか頭の中でつながりにくいかも。

さて、今週はどうなるのか?
楽しみですね。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。