スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の晩餐」21話・22話あらすじ

今週はソン・ユリの演じるジュニョンが大変身。
本心を心の奥に隠し、つらいジュニョンです…。
dinner_photo120413190458imbcdrama4.jpg

だけど、このドラマはそばに守ってくれるドユンがいて、彼がしっかりしているので大丈夫そう。
これがジェハだったら、とてもつらくて見ていられない状況になりそう…。


21話
ジェハはインジュに本当の名前は何だと聞くのですが、私はハ・インジュで、コ・ジュニョンはただコ・ジュニョンだと言うインジュ。
でも、何があったんだ、と訊かれ、入れ替わったいきさつをジェハに語ったようです。
入れ替わった当時のことを、嬉しかった、と言い、それまで旅館やキャバレーのホステスさんたちの部屋を転々としていたことを話すインジュ。
20120415095223_1_rstaryth.jpg
それがインジュの部屋に連れて行かれ、これがみんな自分のものだと言われたことを話すインジュです。
インジュはもう、大人になったじゃないか、と言い、主人がいるのに知らんぷりをするのか?と訊くジェハに、ジュニョンも大人になった、と言うインジュ。
インジュはこのことを知っているのか?と訊くのですが、首を横に振るジェハ。このまま知らないふりをするようにと頼むインジュです。
そんなインジュに今幸せかと訊くジェハ。
今、一番不幸なのは、ジュニョンでもドヒでもなく、インジュだと言うジェハ。
立ち去りかけるジェハに、私は幸せだと言うインジュです。

ジュニョンに自分がソリの息子だと明かしたドユンは、ソリはジュニョンを利用してアリランを潰そうとしている、と話すのですが、まるで信じないジュニョン。
冗談だとしか思わないジュニョンに、そんなことを言うんだったら聞かなかったことにしろ、と怒り出すドユンに、頭が割れそう、と言って帰ろうとするジュニョン。引き留めようとするのですが、そのまま帰るジュニョンです。

ジュニョンとジェハはお互い、電話機を見つめながらも電話を掛けないままにしています。
翌日、キッチンに立つジュニョンですが、まだ恐怖感は去らないままのようです。
そこに三代目からの電話が入り、アリランへと行くジュニョン。
三代目はジュニョンの体のことを気遣い、いろいろ準備してくれています。
小さいころのインジュはどんな子だったの?と訊き、心の中で私がインジュです、覚えてなくてすいません、と謝るジュニョンです。
帰る途中、幼いころジェハに歌ってもらった歌を思い出すジュニョン。
ジェハがやって来て、その歌を歌っていたのね。
涙を流し、思い出したことを話すジュニョンです。
幼いころとこんなに変わっていないのに、どうして気づかなかったんだろう、と言うジェハ、そこにドヒがやって来て顔を合わすジュニョンです。
自分のことを話そうとするジュニョンなのですが、それを止めるジェハ。
ジェハはジュニョンと二人になると、ドヒが娘を失ったことは覚えてなくて、彼女にとって娘は今そばにいるインジュだけなのだと説明します。
そんなこととも知らず、一晩中、お母さんに会ったら、と寝ないで考えていた、と悲しがるジュニョン。
ジェハはアメリカにいるお兄さんのことを教え、話してみるかと言うのですが、今はまだ、私もインジュも時間が必要、と待ってくれるように言うジュニョンです。

ソリの方はジェハの上司である長官を巻き込み、自分がアリランの共同経営者となることで投資を集める案を出しています。
長官は共同経営の話をドヒにします。
難色を示すドヒなのですが、投資を受けられなければアリランは破たんしてしまいます。
理事たちの根回しも済んでいてドヒにはどうすることもできません。

ジュニョンの方はソリから共同経営の計画書を見せられ、アリランへとソリの代理で入るように言われています。
断ろうとするジュニョンなのですが、アリランを生かすためによく考えろと言うソリ。
一方でソリは秘書を通じて共同経営の話を流布させ、アリランが断れない状況を作っています。
話を知ったインジュは話が違う、とソリのところへ乗り込んでいます。
ジュニョンを追い出すのは利用できるだけ利用して、ドヒにひざまずかせ、自分の前から永遠に消し去ってしまってからだ、と言っているのですが、部屋の前にジュニョンがやって来て、その話を聞いてしまいます。
怒りを覚え、部屋に入って行こうとするジュニョンですが、ドユンがそれを止めます。
これで自分の話を信じるだろう、と言うドユンです。

ソリとの話を終えたインジュはキッチンスタジオに入り込み、ジュニョンのカバンを探っています。
ジュニョンのペンダントを探していたんでしょうね。
インジュを見るとどうしてそんなに私が憎いの?と、自分が本物のインジュだと気づいたことには触れないジュニョン。
そして、インジュの頭から水をぶっかけ、宣戦布告です。
201204150725131001_1.jpg

ジェハの方も、アリランの共同経営の話を聞き、三代目と話していたドヒのところに駆けつけます。
役立たず!と叱責する三代目に対し、前もって知っていたとしてもソリは止められなかった、と言うドヒです。
ドヒの部屋から出てきたジェハを見ると、母に自分のことを言ったのかと思い、詰め寄るインジュ。
部屋に行ったのは共同経営の件でだ、何も覚えていないドヒにジュニョンのことは言えない、と話すジェハです。
インジュは、ソリの言うように変化が必要なのかも、などと開き直っています。
ソリが不幸に見えると言い、早く決めろ、と言うジェハです。
それを聞き、ジュニョンがインジュだとなると困るのはジェハだと言うインジュ。
二人のインジュは愛せない、と言うインジュです。
その後、ジュニョンがアリランへ行くと知るとジュニョンに会いに行くジェハ。
止めろと言うジェハですが、そこにいたドユンが俺が行けと言ったと言い、ジュニョンを連れて行こうとしているジェハを止めます。
ジュニョンは、ソリを止めるにはこれしか方法がない、母親が駄目にされそうなのに、どうして放っておける?と言うのですが、ジュニョンを無理やり連れて行こうとするジェハ。
ドユンがそれを見て止めようとするんですが、すると、行くと言い出し、ジェハと行ってしまうジュニョンです。
ドユンはまた、ジュニョンに食べてもらおうと食事の準備をしていたのですが…。

ドユンはソリに、自分もジュニョンと一緒にアリランに戻ると言っています。
今度はソリの息子として行く、と言っているドユンです。
ジェハはジュニョンを海辺に連れて行くと、とりあえずは島に戻るようにと言いますが、私はこのままでいい、これ以上逃げるところはない、と言うジュニョン。
自分が解決するから、それまで待っていろと言うのですが、自分でやると言うジュニョンの言葉を聞き、木に血が出るまで拳をぶつけるジェハです。
自分勝手だと言われてもいい、ジュニョンをアリランに送れない、結婚しよう、と言い出すジェハ。
教会へとジュニョンを連れて行き、祭壇の前でジュニョンとの結婚を許してください、と神に祈り、ジュニョンに手を差し出すのですが、その手を掴めないジュニョン。
201204150723051001_1.jpg
625197(0)-m544572_28626.jpg
こんなことをしては永遠にインジュには戻れないと言い、本当に私の手を取ることを望むのかと言うジュニョンです。
涙を浮かべるジェハ。
教会を出ると、ジェハの手の手当てをしてやるジュニョン。
痛いでしょう?と聞かれ、痛くて息もできない、と以前ジュニョンがジェハに気持ちを打ち明けた時の言葉を口にして、こんなに苦しかったんだなあ、と言うジェハです。
インジュや! ハ・インジュ、と名を呼ぶジェハ。
でも、少し席を離したすきにジュニョンは立ち去り、指輪が残されています。
涙を流すジェハ…。

22話
指輪を残し、ジュニョンはひとり、バスで帰路につきます。
戻って来るとキッチンに立ち、涙を流しながら料理をするジュニョン。
心が決まったからでしょうか?手の動きに不自由は感じさせません。
それを陰から見守るドユンの姿があります。

サナレの料理人として腕を振るうジュニョン。
ソリもよく知るお得意様がジュニョンをテーブルに呼び、料理のことを聞きます。
ジュニョンが師匠に教えてもらった、と言うのを聞いて、師匠とはソリのこと?と訊く客。
そこにソリが近づいてきます。
ジュニョンは笑顔で、はいそうです、と答えています。
dinner_photo120412161127imbcdrama4.jpg
ソリの側の人間だと言うことを印象付けているんでしょうね。
その後、ソリの部屋に行くジュニョン。
ジェハのことを訊かれると、別れた、と答え、息子さんと一緒にアリランに入りたい、と言うジュニョンです。
自分のことをみんな嫌っているので、一人でも味方が欲しいと言うジュニョンの申し出を認めるソリです。
代表として入るならば服装をちゃんとしなくちゃ、とドユンとともにデパートに出かけるソリ。
20120416083153_1_rstaryth.jpg
ドユンも、では自分も、と自分用の服を大量買いします。
ソリの方も、今までやってなかったんだから構わない、とドユンのするままにさせています。
ドユンがジュニョンの荷物持ちをしてジュニョン家に向かうのですが、自分は父母とアリランの事しか考えない、と言うジュニョン。
ジュニョンは力持ちだよな、と言って持っていた荷物をジュニョンに渡し、ジュニョンは仕事上のパートナーだ、と言うドユン。
一緒に働く女とは恋愛しないんだ、と言って帰って行くドユンです。
その様子を陰で見守っているのはジェハです。
家に帰って行くジュニョンの背中をそっと見守っています。

ドユンは車に戻ると、ハミルとしてジュニョンにもらったブレスレットを、しばらく見つめているのですが、やがて、物入れにしまいます。
そこに乗り込んでくるジェハ。
ジェハはドユンを酒に誘うと、ドユンにジュニョンを助けてもらうしかないつらい胸の内を打ち明けます。
でも、ドユンはいずれにせよソリの息子で、ジュニョンはいずれ本来の場所に戻るんだ、と警告を発しています。
そんなジェハに、自分とジェハの差は何だかわかるか?と問うドユン。
ジェハはいろんなことを考えすぎるんだと言うドユンです。
そして、インジュの正体を教えるドユン。
ジェハは、自分はつらい人のことは放っておけないおせっかいなんだ、と言って先に席を立ちます。
その後も一人酒を飲み、酔っぱらって三代目のところに行くジェハ。
三代目に、ジュニョンが何かしても怒らないでやってくれ、と言って眠り込みます。

ソリの方は、ジュニョンたちのことを完全に信じているわけではありません。
二人とも心変わりするのが早すぎる、とソリは言い、秘書に、二人がアリランに入っても見守るように、と指示を出しています。

そして、翌日。
ジュニョンとドユンを連れてアリランへと乗り込むソリ。
dinner_photo120413185941imbcdrama0.jpg
出てきたドヒとインジュ、三代目に、ジュニョンを自分の代理人だと紹介し、ドユンを自分の息子だ、と話しています。
驚くアリランの人々。
ジュニョンは職員たちの前であいさつをした後、厨房で料理長と対立。
201204160719331001_11.jpg
201204160719331001_1.jpg
ドヒはジュニョンを止めようとするのですが、共同経営者としての立場を強調してドヒとまた対立することになってしまいます。
ドヒはジュニョンに出て行け、と言うのですが、アリランを救うつもりなのだと言うジュニョンです。
それを見て、笑顔のソリ。

アリランに作られたジュニョンの部屋に入って来たジュニョンに水を差し出すドユン。
まだ始まってもいないのに、そんな顔をしてどうすると力づけると、ソリの性格からして、まだ自分たちを信じているわけじゃないし、だれがスパイかもわからないから注意するようにと言うドユンです。
部屋から出てきたドユンと会うと、嫌味を言うインジュ。
そのあとジュニョンの部屋にずかずか入って来て勝手にソファーに腰掛けるインジュ。
ジュニョンの本心を知りたがるインジュに、本心が何かは分からないけれど、食べ物で人に害を与えるような人は追い出す、と言うジュニョンです。

ジェハのところには三代目が電話を掛けてきて、知っているんだろう?何かわけがあるんだろう、と訊いてくるのですが、何も知らないと言って電話を切ってしまうジェハ。
長官のところに行くと、自分をアリランの担当にしてくれるように頼み、認められます。

ジュニョンは部屋にこもり仕事をしていたようなのですが、ドユンが夜食を届けに行ってみるとソファーで転寝しています。
上着を掛けてやり、髪をかき揚げ、靴を脱がすと明かりを消して部屋を出ていくドユン。
20120416080900_1_rstaryth.jpg
目覚めて上着に気付いたジュニョンは変えそうと外に出てドユンを捜します。

明かりがついているのに気づいて覗いてみるとインジュとともに新たなスープ作りをしているドヒがいます。
ようやく新しいスープが完成したようで、抱き合って喜ぶドヒとインジュ。
ジュニョンの姿に気付くとさっそく盗みに来たの?などと言うドヒ。
信じてはくれないだろうけれど、何も見ていない、と言い、何かあったら自分の責任になるんだから、そんな間抜けなまねはしないんでご心配なくと憎まれ口とも取れることを口にするジュニョンです。
そこを出て、ぼんやりと歩くジュニョンを見かけ、声をかけるドユン。
上着を返していると、そこにインジュ父が帰ってきます。
ドユンが席を外すと雰囲気が変わった、とジュニョンに声をかける父。
本当に代理人としてやって来たんだな、と言う塗装しなければよかったのに、と言う父。
そして、そんな子じゃないと思っていたのに、自分が見込み違いをしていたようだ、と言って立ち去ってしまいます。
父が行ってしまうと戻ってくるドユン。
ジュニョンはおなかがすいた、と言って一緒にご飯を食べに行きます。
カラ元気を出してしゃべるジュニョン…。

ジェハの方はソリのところにやって来て、公式任務できたことを伝えると、アリランのイメージを損なえば一方的に契約を破棄できることを言っています。
そこにジュニョンがやって来ます。
ジェハが用は終わったから、と帰ると、ジュニョンに、ほんとにクールに別れたのね、と言うソリ。
ソリはアリランの職員たちの反発がひどいことを話題にするのですが、これぐらいの反発は予想していたことで、時間がたてば収まると言うジュニョンです。
ところが、そんな時間はない、と職員を削減するように言うソリ。
ジュニョンは考えてみます、とその場を辞すのですが、ソリはその情報をアリランの内部に流してジュニョンがせざるを得ないように動いています。
サナレから出てくると待っているジェハ。
自分もアリランに行く用があるから、と言ってジュニョンを車に乗せます。
ジュニョンにまだまだ縋り付くか、兄として気持ちを整理するか、すっぱりと忘れてしまうか、分からない、と言うジェハ。
その分からないのが、自分の答えだ、と言うジェハです。
アリランにつくと待っているドユン。
職員解雇の話はすでに職員に伝わっていることを話し、今は行かない方が、と言うドユンなのですが、ぶつからないことには始まらない、とそちらへと向かうジュニョンです。
解雇対象となっているのはちょっとした横流しなどをした二人の料理人なのですが、それを指摘するジュニョン。
野菜くずをぶっかける料理人に、後片付けはちゃんとしておくようにと言っているとドヒがやって来ます。
l_2012041602000605900157161.jpg
すべて自分が見逃したことだから職員には手を出さないようにと言うドヒに、検討してみると答え、ひるまないジュニョンです。

ジュニョンはもちろん職員を解雇になんかしたくないのですが、話は簡単ではありません。
それを通せばそれを知りつつ目を瞑ったドヒが出ていくことになってしまいます。
アリランでは過去にそんなことがあって2代目はそのために出ていくことになったようです。

そんなこととも知らず、職員の解雇を知ったドヒはジュニョンに平手打ちを食らわせるのですが、怒りをぶつけた後は私の意図に従ってください、と言うジュニョン。
2012416721612615.jpg
そこにソリがやって来て、ドヒとジュニョンの料理対決を提案します。
自分が勝てば今日のことはなかったことにするのか?と問うドヒに、もちろん、と答えるソリ。
やってみよう、と言うドヒです。
201204160723361001_1.jpg




ジェハはインジュの方へと行きそうな感じに思えます。
インジュの痛みを分かってしまったら、放ってはおけないような気がします。

ジュニョンとは幼馴染だとはいえ、インジュとは高校生の時から今までの時間もありますしね。
ジュニョンの方は懐かしさと恋を錯覚したともとれるような状況ですし…。

私はドユン派なので、まったく構わないんですけど!

関連記事

この記事へのコメント

- namu - 2012年04月17日 00:00:40

こんばんは!
早くにUPしていただき ありがとうございます。
毎回 ドキドキ感が増していきます。

一つ いつも残念なのが ドユンの作った料理をジュニョンが食べられない状況になることです。
何時になったら 食べられるのでしょうか?
やはり ドユンの料理をジュニョンが食べるということは 重要な鍵なんでしょうか~

- cumasj - 2012年04月17日 02:02:16

今週もあらすじありがとうございます!!

ジュニョンが大変身でしたね~
ジュニョンとドヒの対決がどうなるのかも気になります><

ジェハはインジュに戻ってくれますかね??
私も断然ドユン派なので、全然構わない、むしろ大歓迎なのですが…笑
ドユンとジュニョンの今後も気になりますし、他にもいろいろ…
また来週が楽しみです♪

- あまりん - 2012年04月17日 08:07:05

お久しぶりです! 忙しくてナカナカ コメントかけませんでしたが、いつも見させていただいてました! ホントにドユンの料理いつになったらジュニョンは食べられるのでしょう? ドユン悲しいね(。-_-。)

ジェハが、早くインジュに戻って支えてあげればいいのに、 私もドユン派なのでジェハには、イラっとしてしまいます。
ジュニョンもお兄さんに、会えればいいのに、これからなんですかね?
どこかで、絡んでほしな! ドユンloveです♪───O(≧∇≦)O────♪
次回のup楽しみにしてます!
ありがとうございます!

- kirikorori - 2012年04月17日 10:09:30

namuさん、cumasjさん、あまりんさん、こんにちは!
まとめレスで失礼します。

このドラマ、定番のシチュエーションが多いんですが、ドキドキわくわくさせられますね。
定番の良さを生かしたドラマと言うことになるのでしょうか。

ドユンは、ジュニョンに料理を食べさせることに失敗続きですが、1度は食べさせることに成功しているんですよ。
15話で調味料探しに田舎に行ったときに食べています。
でも、今回、ドユンは自分の作った料理をソリに味見されないように気をまわしていたと思うんですが、これって、味で実力がバレるからだと思ったんですね。
だけど、ソリ以上に味覚の鋭敏なジュニョンは食べたにも関わらず、ばれた様子がなくって…。
実は、ここはちょっとなぜ?と思っています。
食べていなかったら、味見してハミルの正体がドユンだと気づくって展開も考えられるんですが…。

cumasjさんもあまりんさんも、ジェハがインジュに戻ることを歓迎されているようですが、ストーリーの展開上でも、説得力があるように思うんですよ。

だけど、ドラマを見ていての楽しみは、視聴者が思いもつかなかったような展開ということもあるので、これからどうなるのか?楽しみに見守りたいと思います!

管理人のみ閲覧できます - - 2012年04月18日 04:27:44

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年04月18日 07:36:35

鍵コメさん、こんにちは。

スカパーはソン・ユリさんが日本でも人気の人ですから、あまり待たされることはないでしょうね。
あと数カ月で見られることになるでしょうね。


>思わぬ展開あればいいのですがジェハのことではないように…と、思ってしまいます!

どうなんでしょうね?
起こってほしくないこともありますが、先が気になるのはやはり、楽しみです。
来週が待ち遠しいです!

管理人のみ閲覧できます - - 2012年04月19日 22:28:56

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年04月20日 14:58:47

鍵コメさん、こんにちは。

> でも、どうしても ジェハがガンモと重なってしまいます。
> 全然違うんですけど(>_<)
> ガンモのイメージが、定着し過ぎたからでしょうか?
> ガンモの、お父さんも出演されてますから尚更かな?

「アクシデントカップル」の彼ですね。
私はこのドラマでは、そうでもないんですが、登場人物が被ると、やっぱりそんなことがあります。

> 来週は、お兄ちゃんが出てかますね。こちらは、雪の女王のテウンの親友を演じられた方ですよね?
> 今後の、展開がたのしみです。

チン・テヒョンさんですね!
私は彼が「雪の女王」に出ていたのはまるで忘れていました。
「天使の誘惑」や「白い嘘」に出ている方ですね。
この人もなかなか演技派なので、楽しみです。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。