スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚ぼたのあなた(蔓ごとやって来たあなた)9話・10話あらすじ

今週はようやく、カン・ミニョクの演じるユニ弟が本格的に登場、チョンエの末娘のマルスクと絡んできました。
20120326090850_1_rstarlhj.jpg

ストーリーの方はついに…。


それでは、あらすじです。


9話
1657_L_1332737203.jpg
やって来たユニに、子供用のセーターのことを訊こうとするチョンエなのですが、ジャンスの方は驚きながらも冷静に、間違って荷物を開けてしまったことを謝ります。
荷物を持ってユニが帰ると、テリーの家族のことを知りたがるチョンエ。
ジャンスはチョンエに、また期待をさせてはいけないと思ったのか、テリーが養子だと聞いたことは黙っています。
チョンエもまた、マクレにセーターの話をしようとするのですが、思いとどまり、口には出さないでおきます。
でも、やはり気になるチョンエはユニの部屋を訪ねると、血液型を聞いています。
ユニがテリーの血液型がBだと聞いて、自分の家族はみんなA型だ、とがっかり帰って行くチョンエ。

イルスクの方は、ジャンスたち家族に夫が海外に長期出張に行く、と話します。
挨拶もなしに?と言われ、あわてて明日挨拶に来るように、と夫に連絡するイルスク。
家族の誰にも離婚のことは明かしません。
屋上に出て泣いているイルスクの声が不気味で、部屋の外に出てくるのはユンビン。
彼はパック中で白いマスク姿。
イルスクの方も涙で化粧が流れて恐ろしい顔になっています。
お互いの顔を見て驚く二人、お互いに文句を言い合って帰って行きます。

翌朝、ジョギングに向かうテリーを呼び止め、セーターの話を聞くジャンス。
あのセーターがテリーが孤児院にやって来た日にも着ていたものだと聞くと、一緒に、テリーが預けられていた孤児院に行ってくれるようにと頼みます。
でも、チョンエもマクレも何度も期待をしては裏切られ、と傷ついているので、このことは誰にも言わないようにしてくれるようにと言うジャンスです。
そんなこととも知らず、ユニは今まで世話になっていた作家にあいさつに行き、今まで思っていても口に出せなかったことをみんなぶちまけています。
そして、アメリカ行きを聞いた仕事仲間たちが送別会を開いてくれます。
ブランド品のバッグのプレゼントまでもらい、感激のユニ…。

一方、詐欺師の方はヤンシルの家を探し出し、待ち伏せです。
彼はヤンシルの行動が変だ、と言い、ヤンシルは本物の甥を知っているだろう、と言ってヤンシルを不安に陥れています。
話はない、と言って立ち上がるヤンシルに、ちゃんと調べてみようと思う、などと言って脅す詐欺師です。

ユンビンの方はまた、イルスクの娘に会って泣かしてしまいます。
店に入っていたイルスクですが、娘が泣いているのに驚き出てきて、娘がこの前の人がいじめた、と言うのを聞いて、その男の去った方を追いかけていきます。
でも、男の顔を知らないイルスク、探せないでいると、そこにユンビンの姿があります。
彼が娘を泣かしたとは知らない、そして、昨日屋上で会ったのが彼とも知らないイルスクは、大ファンなんです、と言ってサインをもらっています。
この町内に住んでいらっしゃるんですか?と訊くイルスクに、ちょっと立ち寄っただけ、などと答えているユンビンですが…。

一方、イスクの工房にはジェヨンがやって来ています。
これだけしか用意できないので、これで納得してくれるようにと100万ウォンを渡そうとするイスクなのですが、全然納得できない、と突っぱねるジェヨン。
でも、どうやら、金に汚いってわけではなさそうです。
工房の主人が逃げてしまい、自分のあるのはそのお金と自分の作ったこのテーブルだけだ、と言っているテーブル、しかも大きすぎて家にも持って帰れない、というテーブルを譲ってくれ、と言って交渉成立です。
ジェヨンは初恋の人の話などをしているのですが、そこにユニからの電話が入り会いに行くジェヨン。
ユニは投資してくれたけれど、自分はアメリカ留学に行くことになり、抜けることを話すために呼んだのね。
その後、ユニを家の前まで送っていくジュヨン。
アメリカ式に、と言って抱き合って別れの挨拶をする二人なのですが、それをイスクが目撃。
二人が不倫関係、と思ってしまったようです。

マクレのところには長くヨーロッパに出張に行っていたヤンシルの夫(=ジャンスの弟)があいさつに来るのですが、食事も断り、そのまま仕事に行ってしまいます。
彼、相当仕事人間のようで、ここに来るまでの車の中でもずっと仕事の電話をしていて、ヤンシルが話しかけてもほとんど会話になりません。
ヤンシルはそんな彼にさびしそうです。
イルスク夫の方も食事に来たのですが、こちらは出張中はイルスクと娘は頼む、と勝手に話をつけています。
要するに家からも追い出すつもりのようですね。
でも、離婚のことを家族に知られたくないイルスクは反論もできないようです。

ジェヨンと別れたユニが家に帰ろうと2階に上ったところで突然、廊下の電気が消えてしまいます。
手探りで玄関ドアまでたどり着くユニなのですが、なんと、その壁はペンキを塗り替えたところ。
せっかくもらったバッグがペンキだらけになってしまっています。
朝になり、ユニは向かいの家に文句を言いに行くのですが、ペンキがドアにもついてめちゃくちゃだ、と逆に弁償を請求するイスク。
騒ぎを聞きつけ、チョンエとイスクの姉妹もみんな出てきて言い争いになってしまいます。
20120326092847_1_rstarlhj.jpg

そして、翌朝。
テリーは緊急の手術が入り、先に孤児院へと向かうジャンス。
孤児院でテリーの記録を調べてもらったジャンスは、テリーがアンパンが好きだった、という話を聞いてハッとします。
そして、写真を探し出してもらうのですが、テリーはうつむいていてあまりよくは見えないのですが、その姿を見て自分の息子だと確信するジャンスです。
外に出てテリーを待つジャンスのところに、ようやくテリーがやって来ます。
そのテリーの顔を撫ぜ、涙を流して抱きしめるジャンスです。
201232511395245401.jpg

10話
すまなかった、とテリーを抱きしめて涙を流すジャンス。
テリーもおずおずとジャンスの背に手をまわします。
食堂に場所を移した二人、どうして写真を見ただけでわかったんですか?と問うテリーにグィナムの幼いころの写真を見せるジャンスです。
まだ信じられない、と言っているテリー。捨てられたんだと思っていたのに、事実なら、捨てられたんじゃなかったんだ、と言っています。
二人はソウルに戻り、警察に行きます。
警察官も話を聞き、ドラマみたいだ、と驚いています。
幸い、ジャンス側の遺伝子情報はヤンシルが破棄を頼んだものの、警察官の機転でまだ保存されていたようで、遺伝子検査の結果は一両日中に出るようです。
慎重になっているジャンスは結果が出るまでこのことを秘密にしてくれ、と警察官にも頼んでいます。

イルスクの方は屋上に洗濯物を干しに行っていて、娘が屋根上部屋の男にいじめられたと言っていたことを思い出し、話をしようと呼びかけるのですが、出てこないユンビン。
ユンビンは隙を見て逃げ出し、イルスクはまだ、屋根上部屋の住人がユンビンだとは知らないままです。

一方、今日もマクレのご機嫌伺いに来ていたヤンシルは帰り際、ジャンスがテリーと帰ってきたところを見て驚きます。
一緒にいたチョンエに話を聞こうとするのですが、何も知らないチョンエにますます不安を募らせるヤンシルです。
テリーの方は家に戻るとユニを誘い、飲みに行きます。
テリーはユニに、万一の話として、もし、自分に両親が見つかったとしたらどんな人でも受け入れてくれるかと訊きます。
当然でしょう、テリーは自分の問題のある家族を受け入れてくれているじゃない、と答えるユニ。
もしかして見つかったの?と訊くユニに、間もなく明らかになる、と言っているテリーです。
ユニはテリーの両親だったらいい人だと信じている、と言うのですが、向かいの家の住人と知っているテリーの方は不安のようですね。
スタイルが合わないかも、などと言ってみるのですが、自分はドラマのPDとして、人の顔色をうかがいながら仕事をしてきていたのよ、と言っています。
そして、両親が見つかったとしても留学へは行くんでしょう?と訊くユニ。
テリーは他の話をしよう、と言ってその話は避けるのですが、ユニの方はブランドバッグのことで、朝から向かいの家の家族と張り合った話を…。
チョンエの方も同じことをジャンスに話しているのですが、そんな風なことはするな、と心を痛めている様子のジャンスです。

末の娘マルスクは家には勤務先の会議で遅くなる、と嘘をつき、クラブで遊んでいます。
クラブではイベントがあり、女の子が挑戦者の男の子の心拍数を上げることに成功すると、ダイヤのネックレスをもらえる、というものです。
上がらなければ、ネックレスはその挑戦者のものになるのね。
マルスクは次々と成功するのですが、最後の一人となったところで登場する挑戦者はユニの弟のセグァン。
マルスクがいくら頑張っても彼の心拍数は上がらず、ネックレスは彼のものとなります。
司会者がそのネックレスをマルスクに譲るということもできるるけれど、と話を振るのですが、拒否し、そのままステージを下りていくセグァンです。
怒りながらクラブを出て、帰ろうとするマルスクなのですが、なかなかタクシーがつかまりません。
そこにセグァンがやって来て、そこでネックレスをプレゼント、そして、タクシーを止めてくれます。
てっきり一緒に乗って来るものと思ったマルスクですが、そのまま送り出すセグァン。
マルスクはアドレスも訊かないで?とちょっとがっかりした様子です。
しかし、これはどうもセグァンの計略のようです。
その後出てきた一緒に暮らしている友達二人に、1か月以内にひざまずかせてあやませてやる、と宣言しています。

そして翌朝、ユニはふと、グィナムの名前をフルネームで呼ぶとパングィナム(おなら男)となることに気付き大笑い。
それを聞いて、笑うな、と本気で怒ってしまうテリーです。
テリーが出勤した後、ユニのところにはヤンシルが訪ねてきます。
もちろん、昨日のジャンスとテリーのことが気になっているからですね。
ユニは何も聞いていないのですが、それでも、テリーの親が見つかったみたい、と言う話を引き出すジャンス。
ショックを受けて家に帰るなり泣き出しています。
そして、とうとう、待っていた電話がジャンスとテリーのもとにかかってきます。
ジャンスはマクレとチョンエに息子のグィナムが見つかった、と伝えます。
どこにいるの?と立ち上がるチョンエに、向かいの家のお医者さんがグィナムだと言うジャンス。
遺伝子検査もして、100%確実だと言うジャンスの言葉に泣き崩れるチョンエとマクレです。

テリーはユニを病院に呼んでいます。
両親が見つかった、と言うテリーを抱きしめて、よかった、おめでとうと言うユニです。
一緒にあいさつに行こうと言うテリーに、どこにいらっしゃるの?と訊くユニ。
向かいの家、と答えるテリーの言葉が理解できない様子のユニに、向かいの家に住んでいるおじさんとおばさんが自分の両親だ、と話すテリーです。
20120326085008_1_rstarlhj.jpg



驚愕のユニ。
物語は次週から、第2ステージに入りますね。
今までは、単にご近所さんトラブルだったものが、嫁姑、嫁と小姑の問題になりそうです。

ホームドラマの定番家族と、都会派ワーキングウーマンのユニとの対立も本格化しそうで楽しみです。







関連記事

この記事へのコメント

はじめまして^^ - Nuun - 2012年03月31日 13:56:28

はじめましてm(_ _)m
ミニョク見たさに7話からリアルで見てみましたが…
内容が???で、あらすじを探してこちらにお邪魔しました。
一緒に食事してたのでもう家族ってわかったのね~と思ったけど、おばさんって呼んでるし?
最初から読ませて頂いてやっとわかりました^^
これから!!!なんですね~。
面白そうです^^
ありがとうございます。

Re: はじめまして^^ - kirikorori - 2012年03月31日 16:19:59

Nuunさん、はじめまして。

途中からだと、なかなか内容が分かりにくいですよね。
お役にたてて幸いです。

私も、ミニョクを楽しみにしています。
「オレのことスキでしょ。」とはまるで違った役柄のようですね。

これから話が本格的になるところだと思うので、ますます面白くなるといいですね。

- Daphne - 2012年04月05日 10:44:49

とうとう10話まで見ました~。
いやー、来ましたね。予想どうりの展開が。

それにしても、ここからがキム・ナムジュの本領発揮といったところでしょうか。
でも、相手が義理の家族だから、いままでのドラマのようにどーんと啖呵をきるというわけにもいかなさそう・・・。夫も良い人ですが、これから板ばさみになるわけで。
むむ、どんな展開になるのでしょう~。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年04月05日 19:12:56

予想通りのてんかいにしても、面白いものは面白いですね!

> それにしても、ここからがキム・ナムジュの本領発揮といったところでしょうか。
> でも、相手が義理の家族だから、いままでのドラマのようにどーんと啖呵をきるというわけにもいかなさそう・・・。夫も良い人ですが、これから板ばさみになるわけで。
> むむ、どんな展開になるのでしょう~。

あのキム・ナンジュがどう、大家族の嫁を演じるか!
ちゃんと言うべきところでは言い、啖呵だって切るんじゃないか、とわたしは期待しています。

これからがますます楽しみです!

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。