スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神々の晩餐」15話・16話あらすじ

2PMのジュノとキム・ソウン。
201203240934231001_1.jpg
なんで?と思われる画像かもしれませんが、実は…。
「彼女作曲家、彼作曲家」という芸能番組があるそうなのですが、その中で、この二人が「神の晩餐」のOSTに挑戦しているそうなんです。
成功すれば、ドラマの中でも聞くことができるんでしょうね。
楽しみです。

それでは、ドラマのあらすじの方に行きます。


15話
ハミルのキノコのことはわざと教えなかったの? ミスだったんでしょう?とインジュに訊くジュニョン。
インジュはわざとそうしたんだ、と答えています。
どうしてそんなことを?と訊くジュニョンに、どうしてなのか、自分でもわからなかった、けれど、分かった、と言うインジュ、そのせいだったんだ、と自分に言い聞かせるように言うインジュです。
(ジュニョンが本物のインジュだったからだ、ということですね。)
ジュニョンは自分を陥れようとして人の命を危険にさらし、アリランを危機に陥れたインジュは料理人としても、アリランの後継者としても資格がない、と言い放ちます。
建物からよろよろと出てきたインジュは、ちょうどやって来たジェハの前で倒れてしまいます。
たまたまそれを見かけたドユンですが、そこにジュニョンがやって来ます。
ジュニョンをそちらに行かせないようにと気を使うドユンなのですが、そんな事とは知らないジュニョンはドユンがふざけている、と思い、また気分を害して行ってしまいます。
父に点滴をしてもらい、回復したインジュは隠し持っていた実の母親の写真を取り出します。
私はインジュだ、と言いながら、その写真を破ろうとするインジュなのですが、破ることはできないインジュです。
20120325102541_1_rstaryth.jpg
一方、三代目はジュニョンを呼んだ席にジェハも呼び、サナレに入ったジュニョンを妹のように守れ、と言うのですが、三代目の意図を察したジェハ。
ジェハはジュニョンに席を外させると、ジュニョンを妹になんてするつもりはない、と逆らうのですが、ジュニョンはアリランのために必要な人だと言う三代目。
インジュがいるじゃないか、と言うジェハなのですが、インジュはだめだ、アリランを滅ぼす、と言う三代目です。
その後、ジュニョン養父の病室へと行き、なんだかんだと世話を焼くジェハ。
インジュ父の方は養父との話の中でジュニョンが実の娘じゃないことを知ります。
娘に会いに行った時のことを思い出しながらも、まさか、とその考えを打ち消すインジュ父です。

さて、ジェハの勤める政府の機関で今度は機内食のコンテストが行われることになります。
そちらから乞われ、参加することになるアリランとサナレ、ソリはジュニョンの新開発メニューで挑むことをドヒに宣言します。
異議を唱えようとするドヒに、ドヒがジュニョンを捨てたのだ、と取り合いません。

インジュの方はジュニョンが本物のインジュかどうか、確認しようとしているのでしょうか、ジュニョンの養父の病室までやって来ています。
電話を掛けながら病室を出てくる養父の声に、以前、インジュのことで電話を掛けてきた男だ、と確信した様子のインジュ、涙を流しています。
そのインジュが帰ろうとエレベーターを待っていたころに、ジュニョンがインジュ父と親しげに上がってきます。
食堂で偶然一緒になって、一緒に病院へと帰って来たのね。
先に立ち去るジュニョンですが、ジュニョンの後姿をいつまでも見守っている父に気付くと、ますますショックのインジュです。
そして、インジュが呼んだのでしょうか、ジュニョンと喫茶店で会っているインジュ。
あなたがアリランに来た事が間違いなのよ、と去るように言うインジュ。
もちろん、その真意を知らないジュニョンは、確かに以前アリランに来た時には何の考えもなく来たので、それは悪かったのかもしれないけれど、今度アリランに帰ったら、インジュにはやられっぱなしにはしない、と言うジュニョンです。
それに対し、母は自分がしたことを知りながらもあなたを追い出したのよ、と言い、ここを離れろ、と重ねて言うインジュです。
インジュは家に帰るとドヒに、自分を機内食コンテストに出場させてくれるようにと頼みます。
ジュニョンとまた対決することを避けさせたいドヒですが、自分は外国でも学んできたので自信がある、とどうしても出たいと言うインジュ。
インジュに自信があること、また、たとえ負けてもそれを認める自信があることを確かめると、ドヒも出場を許可します。
ジュニョンの方は大分完成に近づいているのですが、ソースの味に少し納得がいかないようです。
味見したソリは、ヘソンジャンが合うのではないか、とヒントを出し、ジュニョンも興味を示すようですが、なかなか入手困難な調味料のようです。
インジュの方も機内食に取り掛かるのですが、尋常ではないインジュの様子にやはり参加を止めたいドヒです。

一方、ジュニョン養父は退院することになるのですが、行くところがない、と言い出す彼を自分のマンションに連れて行くことにするジェハです。
図々しい養父の様子を恥ずかしがるジュニョンが気を使わないようにと言葉を掛けるジェハです。
20120325110429_1_rstaryth.jpg
ところで、ジェハがジュニョンの父を自宅に連れて帰ったことはソリにも報告が行きます。
情けない息子!と毒づきながらも、チャンスを作ろうとするソリ。
ジュニョンにヘソンジャンがある家を見つけた、と連絡を入れ、それをドユンにも教えます。
母の言うとおりに動くのは嫌なドユンですが、そちらへと向かうドユン…。
先にジュニョンがつくのですが、家の人は留守、そこにドユンもやって来ます。
お使いできた、と言い訳をするドユン、おなかがすいた、と言い出し、家の畑の野菜をジュニョンに摘ませると料理を作り始めます。
20120325104341_1_rstaryth1.jpg
今度はジュニョンに料理を食べさせることに成功したドユンは留学の話を持ち出すのですが、素敵な話だけれど、現実問題として行けないと言うジュニョン。
韓国料理もまだ学ばないといけないし、おいてはいけない人たちがいると言うジュニョンです。
20120325104341_1_rstaryth.jpg
やがて家の人が帰ってくるのですが、最後のヘソンジャンはアリランに譲ったと話す住人。
ソリの方はもちろん、ヘソンジャンがアリランにあることを知っており、ドヒに、ジュニョンにヘソンジャンを渡すようにと言っています。
悩んだドヒですが、ジュニョンを呼び、ジュニョンにはこれを受け取る資格がある、最善を尽くせ、と言って弟子であることを認めます。
それをきいて涙を流すジュニョンの涙をぬぐってやるドヒです。
gisaimg_20120326203604.jpg
gisaimg1_20120326203632.jpg
インジュの方はようやく会心の出来の料理が出来上がり、それを持ってドヒを捜しに行くのですが、そこで親しげなドヒとジュニョンの姿を見てしまいます。

一方、インジュ父の方はジュニョン養父を呼び出し、もしかしてこの子を見たことはないか?と幼いインジュ(実はジュニョン)の写真を見せます。
201203250720371001_1.jpg

16話
20120326103244_1_rstaryth.jpg
インジュ父に、幼いインジュの写真を見せられ、顔色を変えますが、無言のジュニョン養父。
10年前に電話をしてきたのはあなたじゃないか?と訊かれたジュニョンは口ごもりながらも、違う、と言います。
そんな電話はしていない、と言い、先生のお子さんは行方不明に?などと逆に聞いている養父です。
がっかりして、すいません、思い違いをしたようです、と帰って行くインジュ父です。
養父は10年前にはジュニョンを手放そうと思ったけれど、今では他に頼るところもなく、ジュニョンを手放したくはないようですね。

インジュの方は親しげなドヒとジュニョンの姿を見て、部屋で布団をかぶっています。
そこにドヒがやって来て、自分はアリランのためにすべてをかけてきたけれど、それができないならば無理をしないようにと言います。
それを聞いたインジュは自分はできる、と言い、母が信じてくれないといけないんだと、機内食コンテストをあきらめるつもりがないことを言います。

ジュニョンの方はドヒから受け取ったヘソンジャンを持ってアリランを出てくるのですが、それを待っているドユン。
車で送ろうと言うドユンの申し出を断ろうとするジュヨン、でも、ドユンはヘソンジャンの包みを奪うようにして、さっさと車に向かっていきます。
ジュニョンはからかわれることを覚悟して、自分には好きな人がいるから、私のことを好きにならないで、と言います。
でも、今度は話をそらさず、自分がジュニョンを好きだと認めるドユン。
20120326013753_1_rstaryth.jpg
でも、恥ずかしくなったのか、そうすれば関心を持つ人がいる、などと言うドユン。
嫉妬させようとして?それはインジュ?などと言っているジュニョンですが、そこにジェハの姿が。
嫉妬するジェハに、ジェハが嫉妬しているから気分いい、なんて言って頬にキスするジュニョンです。
20120326005804_1_rstaryth.jpg

ドユンがアリランに戻ってくると、どこかに行こうとしているインジュの姿があります。
車で行こうとしているのですが、精神的にかなり動揺しているようで、車のドアも開けれません。
結局ドユンに頼んで連れて行ってもらうインジュ、向かった先は場末のキャバレーです。
20120326105023_1_rstaryth.jpg
インジュの本当の母親が勤めていた店のようですね。
幼いころの記憶がよみがえり、倒れそうになるインジュを車へと連れて帰るドユン。
インジュは以前に自分の本名を名乗って忘れないで、と言ったことを忘れて、と言います。
たとえ母親が生きていたとしても、本名の自分は死んだ、と話すインジュです。

翌朝、ジェハが出勤した後、家の電話が鳴ります。
三代目からの電話だったのですが、それを取ったのがジュニョンの養父だと知り、激怒する三代目。
インジュを呼ぶと、自分が姑からもらったという指輪を差し出し、選択するのはお前だ、とインジュに言って、ジェハを選ぶならば自分が後押ししようという三代目の申し出を受け、指輪を受け取るインジュです。
ソリの方はサナレに機内食の関係者を呼んで根回しをしようとしています。
その客の前に紹介されるジュニョンなのですが、自分はこの場にいない方がいい、と言い、師匠がこんなことは喜ばない、とドヒが師匠だと話すと部屋を後にするジュニョンです。

インジュの方はソリのところにやって来て、ジュニョンを潰す手伝いをしてほしいと訴えるのですが、今はジュニョンは自分の側の人間だと断るソリ。
でも、インジュのジュニョンがソリ側の人間だというのはソリの考えでジュニョンはどう思っているのか、と言い返しています。
ソリのところから帰るインジュは駐車場でジェハと顔を合わします。
でも、平気そうな顔のジェハに、もう平気になったの?それとも平気な振り?と訊くインジュ。
その両方、と答えるジェハに思わず、指輪のことを話しそうになるのですが、何とか言わずに置くインジュです。

ジュニョンの方はルームメートの店に来ていて、そこで自分あてにハミルからメールが届いているのを見つけます。
狂喜して返信メールを打つジュニョン。ジェハがやって来ても夢中でメールを打っているジュニョンです。
ハミルの方はひとり、韓国を発つつもりのようですね。マネージャーと電話でそんなことを話しています。
インジュの方は生薬の材料を買いに来ていて鉢植えの植物に興味を示します。
店主は、その植物は毒を抜かないことには神経をマヒさせてしまう不思議な薬だとインジュに教えます。
自分をその植物になぞらえてしまうインジュ、それも買って行きます。

ジェハの家には三代目がやって来て、入って来るなり、ジュニョン養父に出て行け、と言っています。
そこに帰ってきたジェハがそれを止めるのですが、ほかに結婚相手がいるという三代目。
ジェハはジュニョンいったん家を出ているように言って、三代目と続けて言い争うのですが、どうしてもジュニョンと別れるように言う三代目。
会い続けるんだったら自分とは一生会わないつもりでいろ、と言う三代目です。
三代目の話は養父からジュニョンにも伝わります。
元気のないジュニョンを見かけ、話しかけるドユンなのですが、話す気分じゃない、と行ってしまうジュニョン。
ドユンはマネージャーに電話を掛けて、ジュニョンに電話を掛けてくれるように頼んだようですね。
マネージャーからかかってきた電話に楽しそうに答えるジュニョンを遠くから見ているドユンです。

自宅に戻ったインジュはソリと電話をしているようです。
どうもソリは、インジュにわざと負けるように要求しているようですね。
それを耳にするドヒ、どういうことかと訊くとインジュは自分のしたことをばらすと言って脅されていることを話します。
ソリはその後、ジュニョンといたところにやって来るジェハ。
ジュニョンを借りると言って、連れ出すジェハです。
公園に行って自転車に乗ったり、子供たちとバスケをしたりしてデートを楽しむ二人です。

ドヒの方はソリに電話を掛け、ソリをアリランに呼びます。
アリランでは理事が集められており、インジュが理事たちの前であいさつをします。
食事が出されるのですが、アリランの秘伝の味噌の味が変わった、という理事。
ドヒはこの味噌は買ったものだといいます。
ソリは偽の天上食本をもとに作った秘伝の味噌をひそかに売りさばいたたようですね。
共同経営は限界だ、と言うドヒです。

デートのジェハとジュニョンの方はジェハが手品を見せています。
そして、最後にジュニョンの手の平に残されたハートの形のスポンジを取ると、そこに現れる指輪。
20120326003816_1_rstaryth2.jpg
20120326003816_1_rstaryth1.jpg
何もできないけれど、辛抱することだけには自信があるから、とジュニョンにプロポーズをするジェハ。
ジュニョンは自分とジェハの共通点を見つけた、我慢強いことだ、と言って微笑んでいます。
20120326003816_1_rstaryth.jpg




16話はドユンの告白があって、ジェハのプロポーズもあったんですが、なんか盛り上がりに欠けていたような気がします。
15話ではドユンがようやく自分の手料理をジュニョンに食べさせることができて、よかったな。
だけど、世界的なシェフの料理はそんな簡単なものでも一味違いそうに思いますし、ジュニョンの舌もめちゃくちゃすごいので、すごい料理だと思いそうなものなのに、通り一遍の美味しいだったので、ちょっと肩すかしのような気が…。
ここでのドユンの料理はとてもおいしそうに見えました!

さて、ジェハはプロポーズしたわけですが、このまますんなりと事が運ぶわけはないし、ジェハ自身が三代目に勝てるだけの力があるとも思えないし…。(汗)

ドユンも一人韓国を発つつもりのようですが、それでは、ストーリー的にもちょっとだし。
来週は大きな変化があるだろう、と予想しています!






関連記事

この記事へのコメント

- hellosunday - 2012年03月27日 07:09:34

こんにちは。 と

いくつか曖昧なところがあって
こちらのあらすじを見てすっきりしました
早いUPありがとうございます

まずドユンの告白の最後の方何言ってるんだろう と
関心を持つ人がいるって 照れ隠しを言ってたんですね
インジュの名前が出てきてたので どう繋いだのか気になってました

あと最後のソリが追い詰められる場面
ニセの味噌の味のことが原因なのはすぐわかりましたが
売っちゃってたとは・・・
ただインジュがヘミルにしたことに比べれば大したことないような と

あとインジュの買った植物は神経系に悪いものなんですね
アレルギーもそうですがインジュの料理人免許は早く剥奪しないと
三代目のいうとおりアリランは滅びますね
娘の責任をとって四代目が辞める流れになりそうな

とにかくドユンを応援しながら観てますがかなりはまってます このドラマ
ジェインの誘いでジュニョンがヘミルに同行するのかどうかとか
来週も気になるところです と

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年03月27日 07:34:29

hellosundayさん、こんにちは

実は…
私も、この2か所、よく聞き取れなかったんですが、、ネットニュースに当該箇所のセリフを書いているところがありまして…。
カンニングして聴き直し、ようやく分かった部分なんです。

> あとインジュの買った植物は神経系に悪いものなんですね
> アレルギーもそうですがインジュの料理人免許は早く剥奪しないと
> 三代目のいうとおりアリランは滅びますね
> 娘の責任をとって四代目が辞める流れになりそうな

今はまだ、インジュは自分を見るような気持ちで植物を見て買ったということで、悪いことは考えていないと思うのですが、インジュがこんなものを持つのは危険ですよね。
絶対に、何かしでかすに違いない…。

> とにかくドユンを応援しながら観てますがかなりはまってます このドラマ
> ジェインの誘いでジュニョンがヘミルに同行するのかどうかとか
> 来週も気になるところです と

私もドユンを応援してみているのですが、今週の印象では、いっそうジュニョン×ドユンのラブラインに進んでいく気配が濃厚になってきたように思います。
来週、ほんとに気になりますね!

- あまりん - 2012年03月27日 08:36:07

いつもありがとうございます!私もhellosandayさんと同じ気持ちですo(^▽^)oドユンも、も少しストレートに、ぶつかってほしいです!出来れば、インジュを、ジェハが、支えてこれ以上悪くならないでほしですが、面白くないから、悪の道をつきすすむんでしょうね(。-_-。)毒の植物どんな風に使うか心配です、ドユンとジュニョンが、ラブラブになれば、私の気持ちは良くなるんですが(^O^)ばれない、嘘はないですから楽しみにしています!次回のup待ってまーす!

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年03月27日 08:44:07

あまりさん、こんにちは

>ドユンも、も少しストレートに、ぶつかってほしいです!

もどかしいですよね!
だけど、この陰で支える姿が後で花開くんだと、信じている私ですv-238

> 出来れば、インジュを、ジェハが、支えてこれ以上悪くならないでほしですが、面白くないから、悪の道をつきすすむんでしょうね(。-_-。

私も同感!
ジェハさえインジュを支えていれば、問題ないと思いつつも…。

インジュも可哀そうな人ですから、何も手にすることができ無いのはちょっとね…。
わたしとしては、気前よく、ジェハを差し上げたいのですが(汗)

>ばれない、嘘はないですから楽しみにしています!

そうなんですよね。
このルールがあるからこそ、ドラマは安心して見ることができます!

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。