スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黙れ、花美男(イケメン)バンド」5話・6話あらすじ

以前、イ・ミンギの歌うOST1が発表されていましたが、今回はソンジュンの歌「無断横断(무단횡단)」が公開されています


ドラマの場面が出てきますが、順序どおりじゃないし、見てもネタバレになるほど話は分からないと思います。

そして、今週もう一つの話題はこの人の登場。
2012021515204896205_01_594.jpg
キム・イェリムという人で「スーパースターK3」という番組(たぶん歌のオーディション番組だと思うんですけど)出身なんだそう。
彼女、番組HPの人物紹介に取り上げられていますから、これから重要な役を演じることになりそうです。

それでは、あらすじです。



5話
スアの手を引き逃げだすジヒョク、でも、それに気付き、追って来る取り立て屋たち。
ジヒョク達は借りていたバイクにまた乗り、逃げおおせます。
71de00e65502c38dc19d09fd8cdc929b1.jpg
二人の元にはそれぞれの友人から電話がかかるのですが、出ない(というより出られない?)二人です。
ようやく落ち着き、スアを彼女の友人のマンションまで送って行くジヒョク。
マンションの前では心配したスンフンが来ているのですが、何も語らず、そのうち…と言ってマンションの中に入って行くスアです。
ジヒョクの方はメンバーが集まっているビリヤード場へと行きます。
責めるメンバーにビョンイのミューズじゃないか、と言うジヒョク。ですが、後で違う事言うなよ、などと言っているメンバーです。

スアはふたたびスンフンといます。
友だちだったら、言ってくれていても、と言うスンフンに、言ってしまったら本当になりそうで、と言うスア。
みんなの見る目が変わるのが嫌だったし、スンフンも今日一日、かわいそうに思って見ていた、と言うスアです。
でも、屋根上部屋に住んでいたからといって死ぬ?心配ない、元気に暮らしてる、と言うスアなのですが、この言葉はジヒョクに言われた言葉の受け売りですね。
そして、お願いがあるの、といって、自分のために眼球浄化がバトルに出られなかった、と言って、彼らと一緒に練習室を使うのはどう?と話すスア。
少し顔を曇らせ、考えてみる、と言うスンフンは重ねて、まだ危険だから、自分の姉のマンションに行くのはどうかと訊くのですが、後で、必要になった時に頼むわ、と言って断るスア。
バスが来ると、そのまま乗り込んで行きます。
でも、家には帰れないスア、コンビニで、ヘッドホンで音楽を聞いています。
そこにやって来るジヒョク。
何をしているの?と訊かれ、音楽鑑賞、と言うスア、この歌の声を聞いていると、温かい気分になるんだ、と言っています。
このまま一晩中コンビニにいるつもりなのか?と訊かれ、あの人たちが来そうだ、と言うスアを置いて行ってしまおうとするジヒョクなのですが、戻って来ると、家の前にはヤクザはいない、と言い、部屋を変えようと提案します。
71de00e65502c38dc19d09fd8cdc929b.jpg
そのまま部屋を変わって夜を過ごす二人なのですが、スアのことをいろいろ思い出しているジヒョクです。
翌日。
父親に逮捕状が出ていると知られたスアを巡る空気は冷たいですし、ストロベリーフィールズの喧嘩担当ピョジュはさっそく苛めにかかりますが、それを止めるジヒョク。
教室を走って出て行くスアを見かけたスンフンはピョジュに、自分の彼女に手を出すな、と警告します。
20120214100050_1_rstaryth.jpg
トイレで顔を洗っていたところには親友が、いままで友だちなのに知らなくてごめんね、と抱きしめてくれ、それでも、羨ましい、と言って、スンフンが教室で彼女のことを彼女と行ったことを話します。
嬉しいよりも、困った、と言うような表情を見せるスア…。
そして、フェスティバルの本選参加者の発表です。
ストロベリーフィールズは4位、眼球浄化は2位通過です!
練習室バトルの機会を潰してしまったジヒョクはジヒョク大好きサポーターのウギョンに手伝ってもらって、この前騒音でパトカー出動となった練習場に卵ケースを張り付け、防音対策です。
そこにメンバーもやって来て練習開始。
眼球浄化は予選通過の時にギターの問題を指摘されているのですが、幼い妹の世話をしないといけないヒョンスはなかなか大変。
その上、もともと、2ギターだった編成がジヒョクがボーカルに回ったため、今まで以上のレベルを要求される状況ですから。
本選までにはいくらも日がないのですが、それまでにバレンタインデーがある、などと言い出すウギョン、バレンタインデーにはデートしよう!などと言うのですが無視されちゃっています。

一方、姉のところを訪れたスンフンはこの前のCDで自分達の曲の歌を、ガイドボーカルとして歌っているのが眼球浄化のボーカルと訊いて驚いています。
その歌を気に入っているスアの方は、部屋にあったCDプレーヤーにあった曲を聞いて、同じ声だ!と不思議に思っているようですね。
そこに、自分の荷物を取りに来たジヒョクがやって来ます。
慌ててスイッチをオフにするスアなのですが、気になるのね、歌っているのはジヒョクなのかと訊いてしまい、当然だろうと言われ、人の物に触るなと言っただろう、と怒られます。
そんな二人なのですが、ドアをノックする音が!
慌ててスアを隠すジヒョクなのですが、やって来たのはメンバーとウギョンです。
お腹が空いたからラーメンをくれと言う彼らを、ラーメンはないから、と外へと連れ出すジヒョクです。
ほっとして、出て来たスアなのですが、そこに、うんこ!うんこ!と言って、ズボンを下ろしながら戻って来るキーボードのギョンジョン。
スアと顔を合わせて、お互い声をあげて驚き、スアがいることがバレてしまいます。
20120213_1329144456_35124200_1.jpg
仕方なく、事情を説明するジヒョク。ウギョンは明らかに嫉妬していますし、このことが他に知れたら、と心配するメンバーたち…。

再び練習場に戻り、朝まで練習していたジヒョクはどこかに出かけるスアと顔を合わせます。
牛乳配達に行くと言う話から、以前地下道で牛乳を差し出してくれた女の子が彼女?と思うジヒョク。
それを聞いて、あの時は浮浪者かと思っていた、と言うスアです。

そして、学校に到着する眼球浄化を取り囲む女の子の群れ。
バレンタインデーです。
そこを仕切り、ジヒョクへのプレゼントを取り上げるウギョン。
そして、自分のチョコを渡そうと思うウギョンなのですが、さっさと行ってしまうジヒョクです。
教室にはストロベリーフィールズのメンバーが机にチョコを積んでいます。
でも、量的にはかなわないと思ったのか、自分達のところにはレベルに会わせて高級チョコが届くと言うピョンジュ。
ところが、机の中から、つぎつぎと高級チョコを取り出す眼球浄化のメンバーたち…。
バレンタイン対決(?)は眼球浄化の圧勝ですね。
スアのところには待っていた父親の電話が入ります。
いつも通りバイトをして、父親と会うスアなのですが、そこにやって来て、それを見守るスンフン。
父親は自首を決め、その前にスアに会いに来ていたのね。
娘のことを気遣いながらも去って行くスア父。
そして、それを見ていたスンフンがスアを送って行きます。
20120214094112_1_rstaryth1.jpg

ジヒョクの方は練習所で練習していたのですが、連絡のないスア。
家に帰ったんじゃないか、とメンバーが言うのを聞き、慌てて帰って行くジヒョク。
ちょっと待って、と言ってジヒョクにプレゼントを渡そうとするウギョンなのですが、それを待たずに行ってしまうジヒョクです。
取り残されたウギョンに、今年も渡しそびれたな、と言うドラマーのドイル。
控え目な慰めの言葉を掛けているのですが、彼は彼でウギョンに恋愛感情を持っているのかもしれませんね。

一方、ジヒョクが急いで家に帰って来ると、スアの家の前にはヤクザ達が来ています。
そこに、スアからの電話で、ほとんど着いた、と聞くジヒョク。
ジヒョクはスアのことは知らなくて、新しい住人のふりをしようとするのですが、バイクで逃げた奴だ、と気付くヤクザ。
スアが帰って来る姿を見かけ、ヤクザの注意を自分に逸らしつつ逃げだ下ジヒョクはヤクザ達にひどく殴られてしまいます。
20120214_1329145757_19358700_1.jpg
そこでやくざの元に電話が入り、スア父が自主下から撤収しろ、と言われています。
ようやく戻って来たジヒョクの前にスアの姿があるのですが、そこには送って来たスンフンもいて、帰ろうとするスアを引き留め抱きしめ…。

6話
困惑しながらもスンフンに抱きしめられているスア。
それを、ヤクザ達から解放されて戻って来たジヒョンが目撃しています。
20120214094112_1_rstaryth.jpg
スアはスンフンに挨拶して、階段を駆け上って行きます。
家の前まで来るとジヒョクに電話をかけるのですが、発信音が道路の方から聞こえてきます。
見に行ってみると、落ちているジヒョクの携帯。

ジヒョクの方はドイルのビリヤード場に行って、そのまま家には帰りません。
学校でジヒョクに会ったスアは傷だらけのジヒョクの顔を見て、またやくざが来たのかと言うのですが、何も言わないジヒョク。
スアから、昨日落とした携帯を受け取ると、そのまま行ってしまいます。
夜になって、今度はジヒョクのところを訪ねるスア。
もう取り立て屋が来ることはない、とスアは言って、二人はお互いの部屋に持ち込んだ荷物をまとめます。
そんなジヒョクの元にベースのハジンから電話が入ります。
ウギョンが喧嘩しているんだけれど、手に負えない、と聞き仲裁に行くジヒョクです。
ウギョンはジヒョクのことが大好きで、他の女の子たちとトラブルを起こしちゃうのね。
だけど、ジヒョクに仲裁される羽目になり、恥ずかしくて死にそうなウギョン。
自分が高校にも行ってなくて美容室で働いていることも、年上のこともみんなみんな恥ずかしいと言うウギョンに、恥ずかしいと思うことないじゃないか、と言うジヒョク。
ウギョンはそこが問題なのよ、と言っています。
自分はジヒョクにいいところを見せたいのに、ジヒョクは自分にちっともそうは思っていない、と言うウギョンです。
ウギョンはジヒョンが自分に恋愛感情を持ってはいないことを知っていて悲しいようですね。

翌日、学校へと出かけるスア。
すでに父親が自首したことは皆が知っており、ますます周りの視線は冷たいようです。
そんな中、眼球浄化のメンバーがジヒョクとスアのことを屋上部屋カップルなどと言っているのを耳に挟むピョジュ。
体育の授業で体育館にいるスアに、そのことで、スアを二股だ、などとからかいます。
何も言わずに、体育館を出て行くジヒョク。でも、スアは堂々と、自分がスンフンと似合うとは思っていないから気にするな、などと言っています。
スンフンと顔を合わせたジヒョクは、屋上部屋に住むスアが恥ずかしいのか?と問い詰め、手下の管理をきっちりとしろよ、などと警告しています、
201202150757774835_1.jpg
それを聞いたスンフンはふたたびピョジュに、スアに手を出すなと警告、これが最後だ、と言っています。

本選の日が近づき、ギターのヒョンスは学校を休んで猛練習です。
学校では校長が、本選に出るのは1チームにした方がいい、などと言い出すのですが、予選の順位が眼球浄化の方が上なのを聞き、うやむやに…。
学校が終わってからは練習室で今日も練習をする眼球浄化。
家へと帰る途中、バイト帰りのスアから声を掛けられます。
本当のことを全部言ってしまったから、楽になったと言うスア、そして、同じ声のガイドボーカルの話を再び出して、今度はMP3を二人で聞きながら帰ります。
ジヒョクはもちろん、自分が歌っていることに気付くのですが、何も言わずに、音楽を聞きながら帰って行く二人です。

そして、本選の日がやって来ます。
ジヒョクが外に出てみると、メッセージの添えられた牛乳があります。
スアが置いてくれたのね。
会場へと出かける眼球浄化のメンバーなのですが、ヒョンスがまだです。
ヒョンスは妹が病気のようで、病院に連れて行っているようです。
リハーサルが始まっても、連絡のつかないヒョンス。
ようやく妹の方が解決して、会場へと向かうヒョンスはようやく貰った電話に、間もなく着く、と答えています。
時間は迫り、間もなく眼球浄化の順番です。
会場の前まで来たヒョンスなのですが、やって来たバンにぶつかりそうになり、それを避けようとして転倒してしまいます。
病院に行くように言う相手側なのですが、そのまま会場へと向かうヒョンス。
運転手は何かあったら連絡をくれるように、とヒョンスのポケットに名刺を何とか滑り込ませています。
相手側の車には、やはり本選にやって来た少女が乗っていたようです。
ステージでは眼球浄化の出番です。
ダメか、と思ったその時、ヒョンスが現われ、何とか間に合う眼球浄化です。
でも、ヒョンスは指を怪我しているのね。
thumb_k53lq201202131459372161.jpg
それにもかかわらず、見事なリフを聞かせるヒョンスなのですが、ジヒョクが彼が血を流しているのに気付きます。
自分ではやめそうにないヒョンスを抱きとめて演奏をやめさせるジヒョク。
20120215_1329292783_15958400_1.jpg
ようやく諦めたヒョンスに変わり、ジヒョクがヒョンスのパートを弾くのですが…。
結局、これが響いて、優勝はストロベリーフィールズが手にします。
優勝パーティーに繰り出すストロベリーフィールズ。
スンフンはもちろんスアも誘うのですが、行くところがあるから、後で、と言って帰って行くスアです。
帰って行こうとするヒョンスに先ほど事故を起こした車に乗っていた女の子が大丈夫?と声をかけ、ごめん、と言っています。
すまなかったと謝って、何になる?亡くなった友だちに優勝をプレゼントしたかったのに…と言って立ち去るヒョンスです。
20120215091134_1_rstaryth.jpg

スアが家の方へと帰って来ると、ジヒョクが屋根上部屋の屋根に梯子をかけ、上がっているのが見えます。
そちらへと向かうスア。
ジヒョクは、ちょっとでも天に近付きたかったのでしょう、ビョンイが見る世界はどんなんだろう、などと言っています。
降りて来るように言うスアに、お前も上がって来い、と言うジヒョク。
スアは躊躇いながらも、恐る恐る上って来ます。
怖がっているスアに、怖いくせに何で登って来るんだよ、と訊くジヒョクに、ジヒョクが降りてこないから、ジヒョクと一緒にいたいから、と答えるスア。
そのままキスを交わす二人です。
201202151942191.jpg6c253766c277d67e3c76bb6590a36f93.jpg




ジヒョクはいままで、スアはビョンヒのミューズだ、と自分の気持ちを押さえていたようなのですが、抑えきれなくなったようですね。
だけど、切ない気持を抱えている人が、たくさん…。
どの子の気持ちも、胸が痛いな。

主人公たちが若いドラマは、こんな傷ついた心を見てこちらまで胸が痛い気分になれるのが、いいです。



関連記事

この記事へのコメント

- あまりん - 2012年03月11日 17:15:28

ホントまったくです!切ないのいいです!ジヒョクのキスもーたのしみです)^o^(もうすぐ、mネットではじまるんで、早く眼球浄化したいです!ジヒョクもドイルもインフィニティのエルも、早く、会いたくなりました。今日はお休みなので、ブログをバックしながらたのしんでます!では次の7-8話に行きますね。ありがとうございます!

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年03月12日 08:33:06

M-netでの放送、間もなくですね。
眼球浄化、日本で絶対ブレイクすると思います!

私は、M-netの後、早々に地上波公開じゃないかと予想しているんですが、どうでしょうかね?
動いている彼らは写真以上に素敵ですよ!

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。