スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「烏鵲橋の兄弟たち」49話・50話あらすじ

このドラマの22日の視聴率は大幅な下落だったのですが、23日は旧暦の正月。
韓国ではお正月を故郷で迎える習慣がありますから、土日はUターンラッシュですからね。
この時期、韓服でのご挨拶、というのがあちこちで話題になりますが、このドラマの俳優さんではヨン・ウジンが記事になっていました。
201201181355581119_1.jpg

さて、今週のあらすじです。




49話
2642_L_1327134197.jpg
生きて帰って来た、と言うイノ。
ジェハと一緒に空港へと向かい、父との再会を果たすチャウンです。
それを陰から眺め、そのまま立ち去る署長の姿があります。
イノはチャウンがオジャッキョ農場で世話になっていることを知ると、そこに行こうとするのですが、今日は自分のマンションで休んだ方がいいと止めるジェハ。
遠慮しようとするイノに、テヒから言われたから、と言って納得させるジェハです。

テヒの方も同僚から、イノが生還したことを聞いてショックを受けています。
イノが生きていたことはチャウンにとっては良いことなのですが、テヒにとっては、これ以上チャウンと付き合う訳にはいかなくなったことを意味します…。
そして、チャウン父娘のところに向かうのですが、マンションの前で待っているジェハ。
テヒが提案してこちらに案内したことにして口裏を合わせます。
テヒに会ったチャウン父は大喜びで、何の屈託もなく、握手を求め、チャウンの相手として、とりあえず合格だ、などと言っています。
握手は断らないものの、顔をこわばらせているテヒ。
20120121223933_1_rstarlhj.jpg
20120121223933_1_rstarlhj2.jpg
一人になると泣くテヒです。
20120121223933_1_rstarlhj1.jpg
家に戻ると、イノの帰国のことは話さず、チャウンは仕事で徹夜だ、と説明しています。
そして、何があっても来週までにチャウンと別れると話すテヒです。

見合いの場から手を取りあってテピルと逃げたヨウォルですが、自分達は婚戚関係だ、とテピルに言っています。
でも、結婚するわけじゃなし、と言っているテピル。
(韓国では二人の結婚は法的には可能だけれど、できるならば避けたい関係でかなり嫌がられる間柄だと思います)
納得するヨウォルですが、今回は私の言うとおりにして、と言って、スヨン両親とテボムの待つ家へと行きます。
ヨウォルは見合いが嫌でお芝居をした、と言うのですが、今こうしているのがお芝居でしょう?と言うスヨン母です。
20120121221105_1_rstarlhj.jpg


翌日、テヒはマンションの前でイノを待ちます。
そして、一人で出て来たイノに、みんな知っているから農場には来ないでくれ、と言うテヒ。
20120122013500_1_rstarlhj.jpg
話が分からないイノは、分かるように言うようにと言うのですが、そのまま行ってしまうテヒです。
イノの方はチャウンから、自分の渡した時計をテヒの署の署長が賄賂にしたため、チャウンがあらぬ疑いを掛けられたことを知り、署長に会いに行きます。
昔、確かに便宜を図ってもらったが、あんまりではないか、と文句を言うのですが、あのひき逃げ事件の被害者はチャンシク弟で、しかも死亡したと話す署長。
イノはひき逃げをしたことしか知らなかったようで、大きなショックを受けます。
自分は何も記憶がないのに、人を殺していたとは…と口走るイノに、口だけはしっかり閉じておけ、と言う署長です。
201201220240451001_1.jpg
一方、ミスクの店にはハナの父親が訪ねて来ます。
ハナに一度会うかと訊くミスクに、いまさら何の資格があって…と言っている義兄。
彼は実は再婚することになったのでハナの戸籍を整理したいと思って来たのだと言って帰ります。
その話を聞いていたテシクはミスクにミスクほどの母親はいない、と後押ししてます。
20120122015129_1_rstarlhj.jpg
ミスクは自分の戸籍に入れることはいいのだけれど、自分が結婚すると、また戸籍を変えることになる、と言うミスク。
ハナの姓が変わるのが心配、とテシクにどう思うかと訊くミスクに、さあ…と答えるテシクです。

テヒの元にはペアリングが仕上がった、との知らせが入り、受け取りに行き、警察の体育館でひとり、指輪を見ています。
そこにチャウンがやって来て、テヒがペアリングを用意しているのに気付きます。
チャウンに気付いたテヒは急いで指輪を隠し、チャウンを旅行に誘っています。
他にしたいことはないかと訊くテヒに、いろいろとやりたいことを話すチャウンなのですが、指輪は渡そうとしないテヒ。
チャウンはしびれを切らし、くれないの?と催促。言われるままにチャウンの指に嵌めてやります。
そのチャウンから、イノと農場で会う約束をした、と聞くテヒ、チャウンを連れて行きます。

イノは先に来て、家の前で待っていたのですが、そこに出てくるお祖母さん。
その姿を見るなり、跪いて赦しを乞うイノ。
そこにチャンシクとポクチャも出て来ます。
チャンシクはイノ父を見るなり、ついて来い、とイノを倉庫に連れて行きます。
なんで帰って来たんだ?と言うチャンシクに、知らなかったんだ、と言うイノ。
怒りを収められないチャンシクは、弟を殺した殺人者だ、と言ってイノに殴りかかっているところにチャウンが…。
201201220726041001_1.jpg

50話
テヒもチャウンの後について来るのですが、チャウンは既にチャンシクが父親に向かい、弟を殺した殺人者だと言っているのを聞いてしまっています。
20120122224004_1_rstarlhj.jpg
どういうこと? 何の話?と恐る恐る聞くチャウンですが、すまない、チャウン、と言うイノ。
テヒの実のお父さんは…お父さんが…と言って泣くイノ。
二度と現われるなと言って家に帰るチャンシクですが、そこではポクチャがおばあさんに一体どういうことか、と問い詰められて困っています。
誤魔化すこともできず、イノがテヒ実父をひき逃げした犯人だと明かすチャンシク。
お祖母さんはショックを受けて倒れてしまいます。

倉庫に残っていたチャウンはテヒに、知っていたの?いつ知ったの?と問いかけるのですが、目をそらすテヒ。
そこに救急車のサイレンが聞こえて来て母屋の方へと向かうテヒとイノ父娘。
そのまま病院へと向かうテヒ達、チャウンとイノもタクシーで付いて行きます。
でも、病院には入らず、外で様子をただ窺っている父娘です。
やがて、テピルとテシクも病院にやって来て、チャウンの姿に気付くテピル。
テピルから、そのことを聞いたテヒは外に駆け出し、遠いところからチャウンの姿を眺め、ジェハに電話で頼みごとをしています。
テヒからお電話を受け、チャウン達を迎えに来たジェハなのですが、その場を動かないチャウン。
上着やマフラーを再出すジェハなのですが、受け取らず、父はまだやみ上がりだから、と言って父のことを頼むチャウンです。
ジェハはイノを車に乗せますが、二人もそのままその場に残っています。
テヒはこの様子をずっと見守っていたのですが、やがてチャウンも彼の姿に気付きます。
しばらく、ただ見つめあっていた二人なのですが、テヒは病院へと戻って行きます。
病室にはテヒもやって来て、テヒの実父とイノとのことを聞く兄弟たちです。
チャウンのことも心配なポクチャは病院の前まで出て行き、お祖母さんが目を覚ます前にチャウンが倒れてしまう、と自分のしていたマフラーを巻いてやり、コーヒーを差し出しますます。
お祖母さんはきっと目覚める、と言って戻って行くポクチャです。
でも、ポクチャが行ってしまうとマフラーを外し、そのまま立ち続けるチャウン。
20120122225835_1_rstarlhj.jpg

そのまま朝になり、ようやく目覚める祖母、その知らせはジェハにも伝えられ、間もなく祖母は退院します。
それを見届け、チャウン達も帰って行きます。

さて、ミスクから結婚をほのめかされたテシクは店に来て、店をやめる、と言い出しました。
ミスクはテシクが逃げ出した、と思って怒っているのですが、仕事を終えたミスクにメールが届きます。
短いメールの2通目までは別れ話と思うミスクなのですが、3通目のメールには「愛してる」の文字が…。
ミスクのトラックのヘッドライトがまるでスポットライトのようにテシクの姿をとらえます。
ギターの弾き語りで歌い、プロポーズするテシクです。
20120123020749_1_rstarlhj.jpg
20120123020749_1_rstarlhj1.jpg

テボムとスヨンは会社の人たちを呼んで新居のお披露目です。
張り切って準備をするのはスヨンの母。
テボムとスヨンは会社の人たちの前でも、もはやアツアツぶりを隠しません。
そこには本部長もいて、複雑な表情をしているのですが、その場に居残ったスヨンの母は酔っぱらって、彼に、ヨウォルにもう一度会って…などと頼んでいます。
20120123_1327245879_83357000_1.jpg

お祖母さんの方は家に戻ってくるなり、イノを呼べ、と言い出しています。
呼ばれるままに、やって来たイノは再度ひざまずき、おばあさんに赦しを乞います。
この農場は自分の息子の命の代価か?と訊くおばあさんに、知らなかった、と言い、殺してくれと言うイノ。
当然殺してやらなければ、とイノに向かう祖母を止める家族。
祖母はまた、倒れてしまいます。
今度は幸い大事にはならず、布団に寝かされ、落ちつく祖母。
辛そうに、テヒもこのことを知っているのか、と訊く祖母に、彼も自分でこのことを知ったようです、と答えるチャンシクです。

チャンシクはチャウンの荷物をまとめると、チャウンと会います。
20120123022632_1_rstarlhj.jpg
おばあさんまで知った以上、これ以上農場にはいられない、と話すチャンシク。
そして、イノとは二度と会いたくないことを伝え、テヒとのことを言いにくそうに口にします。
全部聞かないうちに話の分かったチャウンは、自分の口から、テヒとは別れる、と言い出し、チャンシクが自分のことを孤児とまで言って反対した訳が分かった、と言います。
自分を守ろうとしてくれたんだと分かる、ありがとうございました、一生忘れません、と言い別れのあいさつをするチャウンです。

チャウンはオフィスに荷物を運び、携帯を取り出します。
しばらく迷った末に電話をかけ、テヒに、話があるから明日の夜会おう、と言っているチャウン。
チャウンの話が何かが分かっているテヒ、そうしよう、卒業写真を取ろうか、と…。
201201222109281001_1.jpg




チャウンの父、自分が犯人だ、と認めていますが、事故当時の記憶がないようですね。
先週分にも、イノが運転していたという証拠はない、と言っているところがありましたし、たぶん、本当はイノがおこした事故じゃないんでしょうね。
イノ父はお坊ちゃん育ちで人に利用されやすい性格のようですし、署長がいろいろと悪じえを働かしていますからね。
署長が自分の罪をイノになすりつけているに違いない、と思って見ています。

それにしても、テヒとチャウンは悲しい展開になって来ましたね。
その分スヨンとテボムがアツアツぶりを見せていますけれど…。

このあたりのバランスの良さも、このドラマの魅力だと思います。


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。