スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」47話・48話あらすじ

今週はついにテヒがチャウンの父親の事件のことを知ってしまいました。
149440_122025_5714_20120117135025.jpg
20120115092119_1_rstarlhj.jpg

しばらくはこんな姿も見られなくなるかも?

それでは、あらすじです。



47話
元見合い相手からククスを育てる自信がないと言われたテシク、家に戻るとククスがうたた寝をしています。
布団に連れて行き、そばにあったククスの日記を読むテシク。
お父さんにもおばあさんたちにも高校をするんだ、と書かれた日記に、ククスが生まれて来たことが一番の親孝行だ、と書き入れるテシクです。
そして、ミスクのところい行くのですが、ドアを開けてくれないミスクです。

テボムの方はスヨンを家まで送って来ています。
別れがたい雰囲気はあるものの、何も言えず、そのまま帰って行こうとするテボム。
ところが、彼を呼び止め、もう、諦めるの?これで終わり?と訊くスヨン。
テボムもキスで返します。
20120115000143_1_rstarlhj.jpg
重荷になるかと思って言い出せなかった、と言ったテボムは続けて、縋りついてもいい?そばにいてもいい?と…。
それを聞いて、行かないで、と言ってテボムにキスするスヨン。テボムもキスを返します。
201201150818321001_1.jpg
そのまま、一つの寝台で夜を過ごす二人です。
583671(0)-457508_50151_20120117152136.jpg
赤ん坊の胎名のチャゴムの由来を聞くスヨンに、チャ・スヨン感謝している、の略だ、と答えるテボム。
そして、渡し損ねていた結婚指輪をスヨンに渡すテボムです。

翌朝。
農場ではチャウンの作った、ポクチャの誕生日祝いの料理が並んだ朝食です。
味の方は……のようですが。
そこでお祖母さん、家族写真を取りに行こう、と言い出します。
チャンシクの顔を見て、遠慮しようとするチャウンですが、おばあさんが言うんだから一緒に行こうと誘うチャンシク。

一方、スヨンの家ではスヨン母がパジャマ姿のテボムと出くわしてびっくり。
テボムとスヨンは再びスヨン両親に結婚の許しをお願いするのですが、今度は父親の方が許さない、と態度を硬化させています。

ジェハの方は面談書類にあったパク・イノという名の人物を調べさせ、それがチャウンの父親であることを確認しています。
ジェハはチャウンの作業室に出向くのですが、何も知らず、チャンシクとポクチャの意向で農場を売らなければならなくなった、と話すチャウン。
裏の事情が分かっているジェハは、すんなりと受け入れ、来月また話そう、と言い、チャウンに何か辛いことが起こったら、自分に話してくれるようにと言っています。

テヒの方は同僚と、チャウン父の運転手だった男と再度会っています。
運転手の不利になるようなことはしない、という話を聞いて、USBを差し出す運転手。
中の映像には、賄賂に使われた高級腕時計を警察署長が受け取っているところが写っています。
署長が握り潰せないよう、先に公表しようと話しあうテヒと同僚です。
201201142120321001_11.jpg

テシクは見合い相手に再度会いに行き、自分はククスの父親だ、と見合い相手のやり直そうという話を断り、ミスクのところにやって来ます。
最初は相手をしないミスクなのですが、見合い相手のことはきっちり整理して来たことを話し、そうしている間もミスクに会いたかったと話すテシク。
201201150013181001_1.jpg
ミスクも心を開いて行きます。
そんなミスクに、怒りが解けたら食事に行こう、と誘い、その時につけてくれたらうれしい、と和解の贈り物のカチューシャを(今度はミスクのために買った)を差し出すテシクです。

お祖母さんの言いだした写真撮影です。
農場の家族のほか、テボムはスヨンを連れて来て参加、そしてチャウンもカメラに収まります。
家族の写真を取り終えると、自分一人の写真も撮って欲しいと言い出すお祖母さん。
最近、お祖父さんが2回も夢に現れたから、と遺影を撮っておくことを話すお祖母さんです。
そして、テヒとチャウンも春に結婚、という話をまた持ち出すお祖母さんです。
重なる祖母の言葉に春の結婚をOKするテヒとチャウンです。
でも、二人を結婚はさせたくないチャンシクとポクチャ、ポクチャは家に帰るとチャウンの部屋へと話しに来ます。
ポクチャはチャンシクが嫁として認めるつもりになったわけじゃない、と3年間は結婚させるつもりはないし、テシクが先だと言っています。
ところが、そこに祖母がやって来て、またもや困った状況になってしまうポクチャです。

一方、警察では署長がテヒを呼び出しています。
そして、賄賂の件を握りつぶすように言う署長。
そして、そうしなければ、テヒの実父のひき逃げ犯がチャウンの父だと明かす、と脅す署長です。
201201150720191001_1.jpg
そんな署長の言葉は信じない、と言うテヒですが、元刑事に訊いてみろという署長。
テヒはその足で元刑事の店を訪ねるのですが、そこには一足先にジェハがひき逃げ犯のことを確かめに来ています。
犯人はチャウンの父かと訊いているジェハ。
そこに血相を変えたテヒもやって来て、問い詰められた元刑事はそうだ、と認めます。
20120115094329_1_rstarlhj.jpg

48話
嘘だ、と言うテヒに、遺留品があったし、チャウン父のアリバイもなかった、と言う元刑事。
そこまでの証拠があって逮捕に至らないはずがない、と言うテヒに、遺留品が盗難にあったと話す元刑事です。
あまりのショックに、ふらふらになっているテヒ。
後をついて歩いていたジェハが倒れそういなるテヒを支えますが、ついて来るな、と言って追い返してしまいます。

テボムとスヨンの方はスヨン両親の家に呼ばれています。
スヨンが受け入れることにしたので、自分達ももう一度受け入れることにする、と言うスヨン母ですが、まだ許したわけじゃない、と言っている父。
そして、テボムとウィスキーの飲み比べになり、すっかり酔っぱらったお父さん、自分に不利になることを、ぺらぺらと…。
スヨン母の方はテボムに、ヨウォルの見合い相手にいい人はいないか?と訊いています。
ひとり、いい人がいる、と紹介することを約束するテボムです。

チャウンは帰って来ないテヒを心配して電話をかけるのですが、出ないテヒ。
テヒは元刑事の店に引き返すのですが、もう閉まっていて、誰もいません。
そのまま朝まで待っているテヒです。
朝になりやって来た元刑事に、再び事件のことを聞くテヒ。
イノが運転していたとなぜ言える?と訊くテヒに、イノがいつも乗っていた車だと答える元刑事。
確認していないのになぜ100%確かだと言えるのか、ちゃんと調べていないだろう、と言うテヒに、びっしりと書き込まれた手帳を見せる元刑事です。
それを見ても、署長に金でももらったんじゃないか?と言うテヒ。
元刑事は事件が打ち切りになるように割り入って来たのが彼だし、遺留品の紛失も彼の仕業じゃないのかと疑っていることを話す元刑事。
イノの友人だから、と話す元刑事なのですが、信じないテヒです。
そして、元刑事の口から、チャンシクもこのことを知っており、テヒに口止めしていたと知るテヒです。

ヨウォルはスヨン母から持ち出された話を断り切れず、見合いの席へと出かけます。
テボムが連れて来たのは本部長です。
本部長の方は見合いの席だとは知らされずに来たようです。
少し離れた席にはスヨン母も変装(?)して、様子をうかがっています。
本部長にヨウォルを紹介すると、そのまま席を立ち、二人にするテボム。
ところが、そこにテピルがやって来ます。
20120116010256_1_rstarlhj1.jpg
ヨウォルのことが好きなので、ここから連れ出したい、と言い、ダメかと訊くテピルに、いいえ、と答えるヨウォル。
テピルはヨウォルの手を引き駆け出します。
そこに、テピルの姿を見かけ、何事かと戻って来たテボム。本部長にひっぱたかれます。
テボムとスヨン母は二人を追いかけるのですが、荷物の影に隠れている二人。
テボムとスヨン母は二人は絶対に認められない、と言うことで意見が一致しているのですが、愛情を確認し合うテピルとヨウォル。
キスを交わしています。
20120116010256_1_rstarlhj.jpg
201201152134091001_1.jpg

ミスクの方はすっかり機嫌を直し、貰ったカチューシャをしています。
ミスクを食事に誘うテシクなのですが、店の従業員から、実はミスクが店の社長だと知り、プライドが傷ついてしまうテシクです。
食事の間も不機嫌で、会計も自分がしようとするのですが、カードが停止になっています。
ますますプライドの傷つくテシク。
でも、もう、ミスクのことが大好きなテシク、さっさと行ってしまうミスクを追い掛け、肩に手を回したりしています。

一方、チャウンは昨日から連絡の取れないテヒを心配して、警察までやって来ます。
チャウンの姿を見かけ、慌てて隠れるテヒ。
そこにチャウンからの電話が入って来ます。
今度は電話に出ると、何もなかったかと確認するテヒ。
何もない、と知ると外に出ている、と言って電話を切るテヒです。
201201160732311001_11.jpg

ポクチャはアヒル舎で泣きながら、ある決心をしたようです。
チャンシクに、他に方法がない、と子供たちに話をしよう、と言い出します。
チャンシクも同意するのですが、ポクチャはチャウンには言えない、と言うのね。
別れることになるだけでも辛いだろうに、お父さんがひき逃げ犯だなんて…とテヒに話すように言います。
チャンシクは自分が伝えよう、と警察署の近くの店にテヒを呼び出します。
ひき逃げ犯の話をしようとするチャンシクなのですが、チャンシクが話しだす前に、話は聞いた、と言いつつ、100%確かではないと言うテヒ。
そんな彼に、テヒの気持ちは分かるが、元刑事の話は間違いないと思うと言うチャンシク。
その証拠は農場を10年も無用で貸してくれていた事だ、と言うチャンシクです。
そのチャンシクの前に、涙を流しながら、チャウンは悪くないので許してください、結婚に至らなくてもいいから、と跪くテヒ。
201201160732311001_1.jpg
自分は実の父など顔も知らないけれど、チャウンなしでは生きて行けない、と言うテヒです。
そんな彼を殴り、テヒ父は自分の弟だと言い、何があっても認められないと言うチャンシク。
なおも縋るテヒなのですが、それならばチャウンに知らせるしかない、と言われ、引き下がるしかないテヒです。

ポクチャの方はお弁当を作ってチャウンのオフィスを訪ねています。
昨日は言い過ぎた、と言うポクチャに、ポクチャの言うことはもっともでお父さんに認めてもらえるように頑張ると言うチャウンに心の痛いポクチャ。
ポクチャが帰ると事情を知っているジェハが様子を見に来ます。
でも、まだ何も知らないチャウン、何もない、と言っていますが、そこに電話がかかって来ます。
見知らぬ番号の電話に出るチャウンなのですが、そこから流れて来たのはチャウン父、イノの声です!
20120116021501_1_rstarlhj.jpg




チャウン父が連絡して来ましたが、このまますんなりとチャウン父の潔白が証明されると言うことにはなりそうにはありませんね。
これからの、テヒの活躍に期待したいです

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。