スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「栄光のジェイン」23話・24話(最終回)あらすじ

とうとう、このドラマも、今週がラストでした。

視聴率は最終回で20%を越えたようですが、これは、裏の「根深い木」が先週終了したため、でしょうね。
お話的には大きな不満はないものの、ちょっと盛り上がりに欠けるかな?という感じを受けました。
ラストに関するネタバレは、あらすじの後に書きます。

全体の感想は →「なんじゃもんじゃ」の方にありますす

アンケートも準備しました。
ご覧になった方、よかったら、ご参加ください!

     →「栄光のジェインは面白かった?


それでは、あらすじです。
20111229011914_1_rstarlhj.jpg


23話
ジェインとインチョルの登場に、理事会を休憩にして、3人だけになるイヌ父。
その様子を見ていたヨンドから、作戦開始、との連絡が、チュ代理を経てホンジュへと行きます。
会議室ではジェインがイヌ父に、自ら退くことを勧めるのですが、不法直人であろうと脱税であろうと、お前には関係ないと言うイヌ父。
なさったことは認められるのですね?というジェインの問いかけに、コデ商社は私のものだから何をしようと関係ないだろう、と言うと、社員や理事を馬鹿にする発言をします
そして、理事たちを呼び戻すために扉を開けるイヌ父です。
ですが、理事たちの様子が変です。
実は、イヌ父とジェインの会話はスタンバイしていた営業1チームのメンバーが社内放送として流していたのね。
今の話は全社員が聞いた、と言うジェインの声がスピーカーから聞こえて来て事情を知り、驚くイヌ父です。
理事たちも、冷たい目でイヌ父を一瞥すると帰って行きます。
イヌは会長室にいる父のところに行き、もう終わったんだ、堂々と男らしく認めてください、と言っています。
やがて会社を出て行こうとするイヌ父に投げつけられる生卵。
イヌに離れろ、と言う父。
しかしイヌは、父親は自分にそばにいろ、と言った、父の息子だから父を守る、と言って父親を庇いながら出口へと向かいます。
そこにやって来るジェイン母の友人検事。イヌ父に同行を求めます。
ヨングァンを頼んだのに、ここにいる検事に不安を感じたイヌは、そのことを訪ねるのですが、他のメンバーが向かったから大丈夫だ、と言う検事。

一方、営業チームのメンバーが集まり、喜び合っているのですが、ジェインはヨングァンの姿がないことに気付きます。
ジェインを病院に迎えに行った、と聞いて不安になるジェイン。

ヨングァンはその頃、必死で追っ手から逃げています。
しかし、追い詰められ、囲まれてしまうヨングァン!

イヌの元にはインチョルから電話がかかって来ます。
検事をここに来させたのはインチョルだと知ったイヌに、ヨングァンに何があってもお前のせいだ、と言うインチョル。
でも、その話をヨングァン姉が陰で聞いてしまっています。

ヨングァンの方はイヌと連絡を取っていた男も捕まってしまって、警察も途中からヨングァンの足取りを見失ってしまいます。
ヨングァンは隙を見て逃げ、何とかイヌに電話で場所を教えるのですが、また捕まってしまうヨングァン。
警察、イヌ、営業1チームのメンバーもヨングァンのところへと向かっていますが、掴まってしまい、どこかに移送されそうなヨングァン。
ヨングァンは相手の足にしがみつき、食い止めようとするのですが、消火器を振りあげヨングァンを殴りつけようとする男。
そこにようやく警察が到着、一味は逮捕、やって来たイヌも自分を誘拐した男に殴りかかり蹴り飛ばし、背後にいるのは誰だ?と訊くのですが答えない男です。
そこにジェインも到着し、倒れているヨングァンのところに駆けつけます。
理事会のことを聞き、うまくいったと聞いているうちに、意識の遠のいて行くヨングァン。
その中でも涙を流しているジェインの頬をぬぐい、笑っているのが一番かわいいから泣くな、と言うと、意識を完全に失ってしまうヨングァンです。
20111229000046_1.jpg

救急車で病院へと運ばれたヨングァンに付き添い、3か月前に担当した看護師だ、と言い、テキパキと必要な情報を医師に伝えるジェイン。
ヨングァンは手術室へ運ばれて行きます。

一方、逮捕された誘拐の実行犯のことを聞きに検事のところへと行ったイヌは、実行犯が自分の背後にいたのはイヌ父だと自供したと聞きます。
20111228_1325081390_52756900_1.jpg
ショックを受けるイヌ…。
でも、これは前もってインチョルが実行犯との間で取引していたことです。
検事の方は続いてイヌ父の取り調べに当たるのですが、イヌの誘拐の話を聞いて苦しみ始めます。
そして、自分には時間がない、と言いながら倒れてしまうイヌ父。
彼は病院へと運ばれ、イヌも父親が末期の肺がんだと知ります。
医者から、今まで持ったことですら奇跡だ、と言われ、父が求めるまま、家へと父を連れて帰るイヌとイヌ母です。

営業1チームではチュ代理とホンジュが復帰、それを祝うところなのですが、そこに呼ばれてやって来るオ課長。
彼がヨングァンを狙った訳は、たまたま元サラ金の男が聞いていたようです。
オ課長はヨンドを潰すという脅しで動いていたのね。
それを聞いていた元サラ金がずっとヨングァンの回りに注意を払っていた、と言うのが、彼がヨングァンの後をつけていた本当の理由でした。
チーム員に、これからは自分を守るのではなく、信頼してくれ、と言うヨンドです。

インチョルの方は理事たちを抱き込み、代表理事の座につく準備を着々とすすめています。
いまや、何もできないイヌ父は医者も看護婦も近付けようとしない状態。
そんな彼の元をジェインが訪ねます。
そして、治療を最後まで諦めないでください、と言うジェイン。
失くしたものが自分自身や家族、息子よりも大切か?と問うジェインなのですが、会社が人生のすべてだったと言うイヌ父。
ジェインは、それならば、起き上がってもう一度奪ってください、と言います。
そう言いながら、血圧を測り、脈拍を診るジェイン。
そして、おじさんを赦したい、とジェインは言います。
おじさんのためではなく、自分のために赦したいと言い、そうでないとあとあと後悔しそうだから、と言うジェインです。
20111229043321_1_rstarlhj.jpg

ヨングァンの方も、手術を終え、なかなか目を覚まさなかったのですが、ようやく意識を取り戻します。
そばではジェインが居眠りをしています。
ジェインの頭を支えようと手を伸ばし、ジェインの方もヨングァンが意識を取り戻したのを知ります。
ヨングァンはもう一度ホームランを打つ夢を見ていた、と語ります。
だから…と言い掛けるヨングァンなのですが、そこに家族がやって来て、その話はそこまで…。

ヨングァン姉はインチョルのオフィスに忍び込み、インチョルが隠し持っている携帯を手にしています。
そのころ、インチョルはイヌ父のところに来ています。
彼の姿を見て、苦しむイヌ父。薬の方に手を伸ばすのですが、薬瓶をわざと落としてしまうインチョル。
201112290058291001_1.jpg
17歳の時から一度として人と扱われなかったとイヌ父に訴え、一度でも人間として扱ってくれていたらここまでしなかったのに、と言うと、安らかに眠ってください、と部屋を出るインチョル。
入れ違いに部屋に入るイヌとイヌ母。
イヌ父はイヌの手を取り、一瞬たりとも後悔はない、と言いながらも、一つだけ…と言い、ジェイン父と事故に会った時のことを思い出すイヌ父。
夢の中でイヌ父はジェインの父を水中から救い出し、ふたり、笑い合っています…。
201112282320051001_1.jpg
あの時、ジェイン父を救えていたら、結末も違っていたのだろうか、と言って息を引き取るイヌ父。
201112290659311001_1.jpg
号泣するイヌとイヌ母を無視し、ひとり階段を上って行くインチョルです。

24話(最終回)
20111229040309_1_rstarlhj1.jpg
浮浪者のおじいさんと出会ったことで始まった奇跡のことを考えているジェイン。
一つ目の家族を見つけ出すこと、という願いはお母さんと再会してかなった、と、意識のない母親の顔を眺めながら思っています。
ジェインの二つ目の願いはナイチンゲールのような立派なあん看護師になること、でした。
ジェインは来年看護師の国家資格を取る試験に再び挑む、と言い、チームに脱落を伝えます。
イヌはチームの部屋をのぞいただけで、中には入らず去って行きます。
その彼を追って来るヨンド。
最初で最後の忠告だ、と言い、9回2アウト、ゲームはまだ終わっていない、と書かれたボールを手渡すヨンドです。

そして、ジェインの3つ目の願いは…。
ようやく怪我も回復して、退院することになったヨングァンは、ジェイン母の病室を訪れます。
ジェインの姿はなく、眠っているジェイン母に、お身体はどうですか?などと声をかけ、奥様、おばさん、お母さん、などと呼称に困っています。
その時、ジェイン母の手が動きます。そして、目を開けるジェイン母。
ヨングァンです、と言うと、キム運転手の息子さん?と話しかけるジェイン母です。
父のことを覚えてくれていて、と言うヨングァンに、お父さんは家族も同然だったから、と言うジェイン母。
そこにジェインも戻って来て、母が意識を再び取り戻したことを知り、喜びます。
201112282338261001_1.jpg
病室から出るとジェインに、自分がホームランをまた打つことができると思うかと訊くヨングァン。
一生ヨングァン選手のファンだから、もちろんだと言うジェインに、ホームラン王になったらお嫁さんになってくれる?と訊くヨングァン。幼いころと同じセリフです。
20111229_1325085470_85535300_1.jpg
ヨンドからもらったボールを持って病院へとやって来たイヌがちょうど、それを陰で見ています。

ヨングァンは営業1チームへとやって来ると、再び野球をする、と彼も脱落を伝えます。
そんな彼に、ヨンドはチュ代理に手伝うように、と命じています。
これは父の後を引き継ぎ、球団のオーナー代行となったイヌがヨンドに頼んだことだったのね。
野球を離れて長い自分になぜ?と訊くヨンドに、ヨングァンが取り戻さなければいけないのは勘よりも自信だ、と言うイヌ。
チュ代理とヨンド、そしてオ課長が加わって猛特訓です。
なんとヨンドは1シーズンだけ大活躍した選手で、チュ代理は魔球で一時は注目を浴びた選手だったんだそうです。

イヌ、ほんとは嫌だけど、ヨングァンが自分のために命を掛けてくれたから、とヨンドに言っています。
イヌは戻らなくても大丈夫なのか?と訊くヨンドに、まだ宿題が残っているから、と答えるイヌ。
イヌはインチョルのところに行って、インチョルがいた部署に自分がつくことを伝えるイヌ。
お前など、相手にならない、と言うインチョルに、ほんとにそうかな?などと言って出て行くイヌです。

さて、練習を再開したヨングァンですが、体力は不足しており、復帰の道は険しいです。
へとへとになってロッカールームに戻って来たヨングァン、自分のロッカーに鍵のペンダントとともに、必ずホームラン王になって!というジェインのメモがあります。
201112290657371001_12.jpg

そして、9カ月後。
インチョルはコデ商社の代表に選出されます。
ジェインの方は看護師として、初出勤。
初日から遅刻の彼女の前に立つのは以前の看護部長。
またもや、ジェインを目の仇のようにし始める看護部長です。

一方、球団では故障者続出で、2軍のヨングァン、1軍の試合へ控えの選手となって入ることが決まり、試合のチケットを、営業1課の人たちやジェインにプレゼントしています。
チームのみんなは来ているのですが、遅れているジェイン。
ジェインは球場へと向かおうとしたのですが、大勢の負傷者が運ばれて来て、再び職場に戻り、応急処置にあたります。
次々と仕事をこなしているジェインの様子を見守っていた看護師長、仕事が一段落すると、ジェインをほめる言葉を掛けていますよ。
今度こそ球場へ向かおうとするジェインなのですが、病院のロビーのテレビにくぎ付けに!
ヨングァンが9回2アウトの場面で打席に立っています。
20111229040309_1_rstarlhj.jpg
皆が見守る中、期待にこたえ、ホームランを打ちチームの逆転に成功するヨングァンです。
無

頭が痛い、と言いながらも笑顔のイヌ…。
そこにヨングァン姉がやって来ます。
ヨングァン姉はイヌに説得され、決心したのね。
インチョルのオフィスから彼の犯罪に関する書類を持ち出して来たようです。

やがて検事がインチョルを逮捕。
20111229035811_1_rstarlhj.jpg
イヌはジェインの母親と写真を撮ってジェインに送って来ています。
20111229000544_0.jpg
一度は父の愛すら疑ったイヌですが、もう一度愛を信じたいと書き添えています。
そして、倉庫の整理をしているジェインの耳に、幽かなうめき声のような声が…。
ヨングァンと出会った時のような状況です。
倉庫を出て来たジェインの前に現れるヨングァン。
そして、プロポーズ…。
201112290657371001_11.jpg
ジェインの3番目の願いはかなうのでしょうか?

                        



予想通りのハッピーエンドでした。
3番目の夢がかなったかどうかは、ずっと先になってわかることでしょうね。

納得できる結末だったのですが、なんか、少し物足りない…。
もうひとひねりあっても良かったのでは?という印象を受けました。

結果的にはファンタジー的な要素もいまいち生かしきれてなかったようでしたし。
イヌが急激に成長しすぎなんじゃ?とも思いました。

でも、ジェインの前向きな考え方と笑顔がどんどん回りの人たちを変えて行く部分は一番嘘くさくなりそうなところなのに、説得力がありました。
これはパク・ミニョンのキャスティングがとてもよかったんだと思います。

男性二人には全く心を動かされなかった私ですが、ジェインは、けなげで可愛くって、もう、彼女を見るのがドラマを見る楽しみの一つでもありました。

私としては、最後にもう一度、テントのおじいさんに出て来て欲しかったかな?



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。