スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・ミュージカル」13話あらすじ

このドラマ、面白いことは面白いのですが、果たしてミュージカルを舞台にする必要があったのか?という根本的な疑問が…。

もう、長いこと、ミュージカルはそっちのけの展開だと思うんですけど。

それでは、今週のあらすじです。




13話
03623ae80ef11fad8330ce999328e2e0.jpg

ジン母は手術室へと運ばれて行きます。
医者の説明によると、交通事故の方は大したことはなかったのだけれど、転んだ時に頭を打ったことが問題のようです。
ジン母の元々の病気は頭の中の問題らしく、手術できない部位のようで、今回もそこは触ることができなかった、と…。
ジン父はジン母がジンの人生をダメにしたくなかったから知らせなかったのだと言うのですが、納得できないジン。
飛び出して行くジンをラギョンが追うのですが、放っておいてくれ、と行ってしまうジン。

ウンビはソウルへと戻って来ます。
ガンヒに呼び出され、会うウンビ。
ガンヒはジェイにつきっきりのPDソンアが気になっていたのね。
ウンビからは何も聞き出せないガンヒはウンビに、ジェイはミュージカルの作曲家という以上ではなかったの?といっています。
ぼんやりと座ったまま、ジェイのことを思い出すウンビ…。
dd2ee7f137615e2f449d13acebd9f423.jpg

一方、再び「チョンダン洞のクミホ」が舞台にあげられる見込みの出て来たクジャクはジェイに電話をかけるのですが、ジェイは出ません。
そこでジェイの家までやって来るのですが、ソンアが、話をしたらジェイは揺れるし、揺れたジェイが契約破棄なんて事になったら、ジェイの人生は終わりだ、といってジェイに知らせるのを止めます。

ラギョンはジン母の病室で、意識のないジン母に、ジン母のような幸せが羨ましかったし、自分もそんな風に幸せになれると思っていたけれど、もう、分からなくなった、などと話しかけています。

ウンビの方はひとり、クミホの歌を歌っています。
クミホの曲によく似た曲を作ってしまうジェイ…。
二人とも、相手との思い出に浸っています。

入院しているジン母の方は、意識を取り戻します。
ジンのことがちゃんと分かり、ジンに話しかけるジン母。
医者の話によると、なぜ記憶が戻ったのかは分からないし、残された時間はあまりないことは明らかだ、ということなのですが…。
ラギョンは見舞いに行くのですが、ウンビが祖母とともに見舞いに来ているのを見て、声もかけず、そのまま帰ってしまいます。
そして、会社の人たちとミュージカルの舞台のある酒場に行って助監督の歌に慰められているラギョン。
20111209_1323439683_61668900_1.jpg
ジンの母はウンビ祖母に、自分によくしてくれたようにジンこともお願い、と頼んでいます。

そして、ジンと二人になった母親は車いすに乗せてもらい、自販機のコーヒーを飲みに出て来ます。
ジンに、一生懸命にすることと幸せになることは違う、と話すジン母。
結婚も一緒だ、といい、自分のことだけを考え、この人でないと、と思う人と結婚しなさい、という母親です。
そして、幸せになるって約束してくれるように言う母と指切りをするジン。
でも、その後母親の容体は急変し、亡くなってしまいます。

ウンビの方はジェイの家の前に来て、そこで迷っています。
そこに帰ってくるジェイ。
ウンビはジェイに、いつかクミホが舞台に上がるようになったら先生と…と言いかけるのですが、そこにジンからの電話が入ります。
お母さんの訃報です。
話の内容を察したジェイは、そのまま元気で、といって家の中には行ってしまい、ウンビはそちらの方に駆けつけます。
家に戻ったジェイはソンアから数日前にクジャクと会った話を聞きます。
ソンアは苦しいこと、辛いことはみんな自分が代わりにする、と言うのね。
それを聞いて、それも契約のうち?と訊くジェイに、自分が誰よりもジェイのことは分かっている、と再び自分の気持ちを告白し、キスしようとするソンア。
ジェイはイスを拒否すると、ラギョンに電話をかけ、霊安室の場所を聞いています。
20111210_1323454176_04299100_1.jpg
でも、まだ訃報を受けていないラギョンはショックです。
劇団代表からようやく知らせを受け、そちらに向かうラギョンです。

ジンは母の好きだったチョコフォンダンケーキとアメリカーノを目の前にして、ウンビと座っています。
そして、ウンビの手に自分の手を重ね、しばらくこのままでいて、と頼むジン。
20111209_1323440335_37046100_1.jpg
20111209_1323440335_37046100_11.jpg
そこにやって来たラギョン、そしてジェイはその二人を見つけます。
ラギョンはそのまま去っていくのですが、それに気付きながらもそのままにしているウンビ。

でも、家に帰っていたウンビはジェイと一緒です。
気まずい雰囲気の二人。
ジェイはウンビに答えにくかったらうなずくだけでいいから、と言ってジンのことを愛している?と訊くのですが、答えられないウンビ。
そこで、答えやすいことから聞こう、と言って自分と会いたかった?と訊くジン。
うなずくウンビ。
ミュージカルのこととは関係なく、自分のことを思い出していた?という質問にもうなずくウンビです。
そして、再びジンを愛しているのかと訊くジェイ。
ウンビは、そうじゃなくて、ジンの痛みが分かるから、と答えるウンビ。
そうなんだ…と言い、キスをするジェイ。
それを受け入れているウンビです。
20111210_1323451518_92092900_1.jpg



結局、ウンビの気持ちはジェイから離れていなかったのね。
私としては、みんな、新しいカップルになるのがいいんじゃない?と思っていただけに、何だか、ちょっと肩透かしって感じ…。

ジンのお母さんはみんなにお別れの挨拶をするために一時的に正気に戻ったという感じでしたね。


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。