スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「栄光のジェイン」5話・6話あらすじ

今週になっても、まだまだドロドロになりそうな要素が出て来ているんですけれど、あまり重苦しくはないのね。
純粋にストーリーを追う楽しみがあります。

次はどうなるの?と、ひたすら好奇心を刺激されています。

それでは、あらすじです。




5話
20111027043113_1_rstarlhj.jpg

ジェインがヨングァンのファンになったのは高校時代のある日の出来事がきっかけでした。
孤児院から高校に通っていたジェインにとって、看護学校に進学する、というのは無理だと園長先生に諭されていたのね。
その時、たまたまテレビでやっていた、野球中継のバッターボックスに立っていたのがヨングァン。
ジェインは自分の人生の選択を彼のホームランにかけたのね。
その時、ヨングァンは見事に逆転ホームランを打ち、それを見たジェインも自分の夢を諦めることなく、看護の道へと進んだようです。
ところで、ジェインは幼い頃にヨングァンからもらったホームランボールをまだ持っているのね。

イヌの方は新聞にイヌの引退が一斉に報じられています。
従兄のインチョルのところに怒鳴りこみに行くのですが、会長=イヌ父に直接話に行って説得しろと言われてしまうイヌです。
そのイヌと、荷物の整理に来たヨングァンが顔を合わせるのね。
喧嘩になり、殴りあっているところに一人の女がやってきます。
27221541.jpg

一度は病院に戻ったジェインですが、そこで看護師長から、ヨングァンがジェインに、と託した手紙を見せられ、病院で恋愛しているのか?とまたもや叱責。
そして、反抗しないと覚書を書け、と迫ります。
でも、ジャインは看護師長の話は上の空で、見せられた手紙の中の「もう一度会いたい」という一文に目が釘付けになっています。
重ねて、覚書を書かないとクビだ、と言う看護師長に、じゃあ、辞めます、とその場で辞表を書いて、ヨングァン達家族のところにやって来ていたのね。

ジェインの申し出を受けたヨングァン家族の方は、妹はともかく反対。それをなだめるお祖母さん。
ヨングァンは自分の命を救ってくれた上に、こんお金を受け取るなんてできない、と怒って金策に出かけます。
肝心のヨングァン母はヨングァン父が最後にいかけた「ジェインを本来の場所に…」という言葉を何度も思い出しています。
話が中途までしかなかったために、ジェインを娘として受け入れるようにと言ったと考えているのね。
朝になって無愛想な言い方ですが、ジェインを受け入れることを決めたことを伝える母です。

ヨングァンは家にも戻らず就職先を探すのですが、高卒がネックとなり、どこも門前払い。
友人たちに借金を申し込むのですが、すべて空振りです。
2軍監督はお金を作ってくれるのですが、野球で得たことを忘れるな、という彼の言葉に、結局野球は自分に傷しか残してくれなかった、と言い、受け取らずに帰ってしまうヨングァンです。
行き詰ったヨングァンが胸ポケットから取り出すのは一通の封筒。
女に渡された、コデ商社の入社願書です。
ヨングァンとイヌの前に現れた女は、以前ちらっと出ていましたが、ホ・ヨンドの部下。
チャ・ホンジュという名で、実はヨングァンとは高校の同窓のようです。
就職したいヨングァンですが、コデ商社じゃなければ喜んで行くところだけれど、コデ商社だけは嫌だと思っているヨングァンです。

イヌの方は父親に負け、引退せざるを得ないことになります。
適性に合わない時には選手に戻りたいと言うイヌに激怒する父。
父はイヌに向けて陶器の壺を投げつけます。
ところが、それを体を張って防いだのがインチョル。腕に怪我を負ったようです。
201110262254061001_11.jpg
201110262254061001_12.jpg
201110262254061001_13.jpg
201110262254061001_14.jpg
この父、最初からインチョルが止めることを知っていたのね。
彼はインチョルを便利に利用するために置いているつもりのようです。

一方、ジェインの就職もなかなか上手くいきません。
ジェインのことが嫌いな看護師長が病院での再就職を妨害しているのね。
20111027_1319672575_02014800_1.jpg
ジェイン、ひとまずはバイトをしよう、とレストラン?でのバイトを決めました。
ところが、慣れない場所で道に迷ってしまうジェイン。
そんなところにヨングァンからの電話が入るのね。
話を聞いたヨングァンは、そこから一歩も動くな、と行って迎えに行きます。

そのジェインの行方はインチョルが部下に探させていたのですが、見つけたのね。
ヨングァンが到着する前にジェインを拉致する男達です。
遅れて現場に到着したヨングァンはそこにジェインの携帯が落ちているのを見つけ、警察へ駆け込みます。
20111027051205_1_rstarlhj.jpg
初めはあまり相手にしていなかった警察ですが、防犯カメラにジェインが拉致する姿を認めると直ちに動き始めます。

インチョルの方は会長からの電話には出ません。
彼を探せ、と会長は別の部下に命じています。
捕まったジェインの方は隙を見て逃げだすのですが、最終的にインチョルと相対することになってしまいました。
絶体絶命の危機に、助けて、と心で叫ぶジェイン。
その声が届いたのでしょうか? 病室で長らく意識のないままだったジェインの母が目を覚まします。
1319675630653.jpg

6話
インチョルはジェインの肩を掴むのですが、ふらふらしたかと思うと、そのまま倒れてしまいます。
ジェインはそんな彼を連れて逃げだすのね。
そして、車の陰に隠れ、救急車を呼びます。
その救急車に乗り、自分も病院へと行くジェインです。

一方、ジェインの母が目覚めたと、イヌ父に連絡が行きます。
ジェイン母のところに駆けつけるイヌ父。
ジェイン母は目覚めたと行っても意識を取り戻した、とまでは言えないようです。
イヌ父の前で、ただ、ジェインが帰って来た、と繰り返すだけのジェイン母。
回復の可能性を聞くイヌ父に、医師は目を覚ましただけでも奇跡と言えるようなことなので、それ以上のことは何も言えないと伝えています。

病院に着いたインチョルはそこで目覚め、そばにジェインがいるのを見つけます。
何で逃げなかった?と聞くインチョルに怪我がひどくって、と言うジェイン。
ジェインはどうやら、インチョルが男たちを指図したとは夢にも思っていなくて、インチョルも男たちに追われていた、と思い込んでいるようですね。
保護者を呼ばなくちゃ、と保護者の連絡先を聞くジェインなのですが、そんな人はいないと言うインチョル。
じつは、イヌ父が壺をぶつけた後、イヌ母にインチョルを捨てゴマとしてしか考えていないことを話しているのを聞いてしまっていたのね。

救急車を呼んだ時にジェインは自分の名前を名乗ったのね。
そのことから、連絡が警察に行き、病院へと駆けつけるヨングァンです。
ジェインを探し、保護者、兄だ、と名乗っているヨングァンを見かけ、そんな風に自分に言ってくれる人がいると言うことに感激するジェインは嬉しくて涙を流します。
20111028045246_1_rstarlhj.jpg
そして、そのうち声をあげて泣き始めるジェインです。
遅くに帰宅したジェインに小言を言うヨングァンの母。門限は10時だと言っています。
相変わらず口調はきついのですが、ジェインのことを心配しているようすも見てとれるヨングァン母です。

インチョルは退院の時、ジェインが自分の保護者として署名していたことを知ります。
そして、帰り際に、一人でそんなに我慢しちゃだめだ、とインチョルのことを心配して言っていたことを思い出すのね。

一方、コデ商社の入社願書の締め切りはあと二日となりました。
多くの志願者が応募してきているのですが、イヌもヨングァンもまだ願書を出しに来ていません。
イヌは会社にやって来て、退団の記者会見です。
そのあと、廊下でヨンドとぶつかるのですが、無礼な態度。
ヨンドはイヌに最低の評価をつけてくりに出すのね。
それを聞いてくってかかって来るイヌに、願書を出せ、と言ってイヌの暴力を防ぐどころか、相手を押しのけて行ってしまいます。

ジェインの方はさっそくバイトを始めています。
でも、ドジなんですね。ミスの連発です。
その姿を陰から見ていたヨングァンですが…。
父の墓所にやって来て、自分がジェインに対してできることが何もない、と呟いています。
ヨングァンはまだ、コデ商社の願書を捨てきれずにいたのね。
それをとりだし、出願するのはプライドが…などと言っているヨングァン。
そこへやって来たヨンドが願書を取り上げ、口に入れてしまいます。
ヨンドはプライドなんてクソだ!と言い、ヨングァンはいつも、逃したものばかり惜しがっている、と…。
一度靴に入れた願書をヨングァンに返すと去るヨンド。
怒って追い掛けて来るヨングァンに、これが最後のチャンスだ、と言い、新たな願書を渡すヨンドです。
1319743048_221934.jpg

ジェインの方は、今度は客の服にジュースをこぼしてしまい、客とトラブルに。
クリーニングを渡すと言っても、これは高い服で…と引き下がらない客。
そこにインチョルがやって来るのね。
客に買い替えろ、とお金を渡し返すインチョルです。
インチョルはジェインにお礼をしに来た、と言うのね。
そんなつもりでしたんじゃない、と固辞し、逆に、客に払ったお金を返す、と言うジェイン。
インチョルは、今度は頼みたい仕事がある、と話ます。
患者の世話と聞き、専門のところに頼むようにと言うジェインなのですが、2ヶ月で1000万の仕事と聞き心が動くジェインです。
ところが、話を聞くと、その患者とはイヌなのね!
イヌじゃなかったら即答で受けるのに、と悩むジェインです。
返事を保留にしたまま、イヌか1千万かと悩みながら帰るジェイン。
一方、ヨングァンも、プライドかこーで商社か、と悩みながら帰って来ていて、店の前で出会う二人です。
ジェインの門限まであと1時間ある、と店に入り、ピビンククスをふるまうヨングァン。
20111028055002_1_rstarlhj.jpg
ピビンククスを食べて帰って来た二人はヨングァン母がおばあさんに、店のためにあと1千万いると話しているのを部屋の外で偶然聞いてしまいます。
子ども達には秘密にしてくれるようにとおばあさんに行っているのを聞き、そのままその場を離れる二人ですが、ヨングァンは願書に記入し始め、ジェインはインチョルの仕事を受ける電話をかけています。

イヌの方は酔っぱらった彼を車に乗せるイヌ母。
家に帰ったらまた父親に殴られる、とマンションの方へと連れて行くのですが、そこで待っているイヌ父。
イヌの顔を見ると殴るイヌ父に、どうして自分を苦しめるんだと問うイヌ。
インチョルを見てインチョルの半分でもやって見せろと言う父にインチョルにさせればいいじゃないかと言うイヌです。
でも、情けなくてもイヌは自分の唯一の血筋なんだ、とイヌを諦めないイヌ父です。

インチョルはバスローブを着てワインを手に、ジェインを味方につければいいんだ、と自らの計画を語っています。
そして、最後の切り札としてお前がいる、と言っているその相手は
201110281617111.jpg
ヨングァンの姉。
二人はそういう仲なのね…。

そして、朝です。
ソファーで寝ているイヌですが、しつこく鳴り続けるインターホン。
開けてみるとそこに立っているのはジェインです。
20111027_1319725642_44179100_1.jpg

ヨングァンの方はコデ商社にやって来て願書を出し、そのことはホンジュからヨンドに連絡が入ります。
そろそろ始めようか、と言うヨンドです。




ヨングァンの姉がインチョルと付き合っているとはね!
ますます複雑になりそうな人間模様です。

来週の予告ではイヌとジェインのキスシーンが!
ジェインの石じゃなさそうだったし、イヌにとって、キスなんて日常茶飯事のことなんですけどね、どういう事情なんでしょう?
と、来週も楽しみです!


関連記事

この記事へのコメント

入り組んできましたね、更に。 - よっち - 2011年10月28日 21:45:38

今回もずっとドキドキハラハラしながらの視聴でした。
次が気になってしかたがないです。一週間先が待ち遠しい(笑)。
インチョル、ずっと視ていて何だかかわいそうになってきました。
いつも意味ありげで、とげのある視線だなぁと感じていたんですが、彼は、「今は」イヌ父のために働いているけれど、最初からイヌ父の後姿を見る視線が怖いですよね。感情が分かりにくい表情だとは思うんですが、そこはかとない悪意を感じます。イヌ父を突き落とす隙を探っているというか・・・。
それから、ヨングァン姉にはびっくりしました。
ジェインに対してキャンキャンうるさく吼えるだけのヨングァン妹と違って、いつも何を考えているのかが分かりにくい人だなぁと何となく怖かったんですが、インチョルにとっての「切り札」って何なんでしょうね。すごく気になります。

ジェイン自身の記憶が戻るきっかけとなるのは何なんでしょう。記憶を失った頃の関係者たちが出揃い始めましたが、まだその気配もありませんよね。
ともあれ、今後がとても楽しみです。

よっちさん、おはようございます - kirikorori - 2011年10月29日 07:16:24

インチョルとイヌ父の間にも、何か深い事情がありそうですね。
インチョルには父母がいない感じなんですが、それに関わっている?なんて想像もできますね。

インチョルも可哀想だし、イヌもかわいそう…。

ヨングァン姉は彼の家では異質な存在って感じがありましたが、まさか、こんな形で関わってくるなんて…。
「切り札」やっぱり気になりますよね。
このドラマ、次々と気になるところを出して来て、なかなか見せ方の上手いドラマだと思います。

わたしも、次が楽しみで楽しみで!
このまま失速しないで続いて欲しいです。
(最近、そういう傾向のものが多かったので)

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。