スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポセイドン」あらすじ11話・12話

今週はソヌのお父さんの登場です。
1319465510883.jpg
確認取れなかったのですが、チェ・イルファさんでは?

それでは、あらすじです。


11話
チョンギルの死にショックを受けたスユン。
結局はチョンギルもチェ・ヒゴンの犠牲となったんじゃないかと思うのね。
そんな彼女に、確かなことはヒゴンに会ってどうしてそんなことをしたのかを聞かなきゃならないという事だ、と言うソヌです。

現場検証が行われている事務所に戻るスユンとソヌ。
ソヌは血痕から、チョンギルがここにたどり着いてからの行動を推理します。
その結果、この場所はたまたまたどり着いた場所ではなく、以前からフクサ会の事務所として使われていたことを話すソヌです。
そして、鑑識課に話を聞きに行くのですが、チョンギルを撃った人物は最初から、チョンギルを殺すつもりだった、と聞くソヌとスユン。
しかし、薬莢もなく、フクサ会に繋がるどんな手掛かりも残されていないのね。

上層部の会議では、チョンギル脱走の責任を問われ、ジュミンに待機命令が下されます。
でも、局長は自分が責任をとるから、とあくまで捜査の手を止めないよう、ジョンニョルに言っています。
ソヌとスユンは手掛かりを求め、チョンギルの育った脱北者憩いの家(孤児院と書いていましたけれど、大人の支援もしているので変更です)へと足を向けます。
院長に話を聞くのですが、チョンギルについての有力な手掛かりは見つかりません。
でも、先日彼らが助けた兄妹はすっかり元気になっています。
彼らを連れて行った食堂のおかみはやはり脱北者で、彼女から、理事が自分たちを助けてくれたおかげで助かったし、他にも助けられた人は多いという話を聞くのね。

チョンギルの死で手づまりになってしまった9課ですが、ソヌの群山の友人から、例の工場に関する情報がある、と連絡が入り、そちらへ向かうソヌ。
彼は一人で行こうとするのですが、自分も行く、と同行するスユンです。
20111024_1319464669_33533900_1.jpg
彼は工場が近々大量の自動車オイルの密輸出をする、という話をします。
そして、その荷物が最終的に届くのはラオスだと言っています。
9課の会議でその情報を話すソヌ。
ヘロイン原料の輸出だということは間違いないだろうという結論になります。

一方、チャンギルの暗殺者がチャンギルを処理した、と報告している相手が今回は確実になります。
やはり、憩いの家の理事ですね。
でも、チェ会長にもお伝えするように、と指示していますから、チェ・ヒゴンではなさそうです。
また、この話の前に、ソヌとスユンを始末するべきではないかと暗殺者は話しているのですが、こちらはドクスが先だ、という話になっていますね。
20111025170724_1_rstarjsj.jpg

そして、ソヌはテソンの計らいで、避けていた父親と会うことになるのね。
父に自分が海洋警察官になった訳を話し、非難します。
母が死んだ時、父親は知らぬふりをしていたけれど、その時、最後まであきらめずに母親を探してくれたのが海洋警察の人たちだったのね。

そして、密輸出の方に動きがあるようです。
9課は出動。特攻隊も支援し、出航しようとする船を完全に封じ込めています。
現場で船に荷物を運び始めたのを確認すると飛び出す9課。関係者をみな確保。
荷物の中の液体をその場で調べた鑑識官はそれがヘロインの材料であることを確認します。
25220588.jpg
密輸出を食い止め、ほっとする間もなく、ソヌに送られて来たメールは情報を探ってくれた友人からのものです。
開けてみると、縛られ血だらけに姿で横たわっている友人の姿が写っています!
それを見て、一人行こうとするソヌをスユンが制止し、ソヌの車に乗り込み、一緒に行動することにします。

12話
ソヌの車に一緒に乗り込んだスユンは友人のジアに電話して、ソヌ友人の携帯の位置を調べてもらっています。
たどり着いた場所は友人が働く店のすぐそば。
やがて友人の携帯も見つかります。
これからどうするつもりかと聞くスユンに、彼が拉致されたとあれば自分に関連があるはず、と染色工場へ潜入すると話すソヌです。
これは海洋警察ではなく自分の仕事だ、と車に身分証を置いて出て行きソヌの後をスユンも追います。
急いでこんなことして、かえって事態を悪くすることになったらどうするのよ、と思いとどまるように説得するスユンなのですが、どんどん建物の中へと入って行くソヌです。
でも、そんなことをしているうちに、用心棒のような男たちに見つかってしまう二人。
逃げだしますが、やがて囲まれ、争いになってしまいます。
20111026062349_1_rstarjsj.jpg

一方、急にどこかに行ってしまったソヌとスユンを心配する他の9課のメンバー。
電話をしても切ってしまって出ない二人なのね。
ジョンニョルは、ソヌの所在を知ろうとジアに依頼に行ったことから、ソヌの友人が拉致された話を聞くことになります。
大勢の男たちに囲まれ、圧倒的に劣勢に置かれていたソヌとスユンのところに現れる9課と他の警察。
ジョンニョルはソヌの顔を見るなり、平手打ちです。
もちろん、名目なしに工場に踏み込むことはできませんから、正式の手続きをして来たようですね。
工場内の証拠物の押収を始める警察です。
秘書を連れた社長も駆けつけるのですが、社長は憩いの家の理事ではありませんし、秘書も見知らぬ人です。
不審に思ったスユンは押収した社員名簿を見て、前に工場を訪れた時に追い返した男を探すのですが、何度探しても彼は見つかりません。
そのことをソヌにも伝えるスユンです。
工場の社長も取り調べるのですが、フクサ会の名を出しても、それは何だ?としか言わず、それ以上の追及は無理のようですね。

ソヌの方はジョンニョルに、スユンを捜査チームから外して欲しい、と話しています。
理由を来たれ、ただ、スユンが傷つくのが嫌だから、と答えているソヌなのね。
20111026071107_1_rstarjsj1.jpg

家に戻って来たソヌとスユンは屋上でしばらく、喧嘩のようなふざけ合いをしているのですが、スユンにも、捜査チームから事務職に代わらないかと言い出すソヌ。
20111026071107_1_rstarjsj.jpg
危険な仕事で、スユンが傷つくのが嫌なんだと言うソヌです。
スユンはもし、自分がフクサ会に拉致されたら?と聞くのですが、海洋警察をやめると答えるソヌ。
自分の手で必ず探し出すと言うソヌになんだかいい雰囲気になって来た二人、唇が近づきて行きます…。
201110252306211001_11.jpg
が、お邪魔虫のテソンがやって来て、キスは未遂に…。
201110252306211001_1.jpg

拉致の話はジョンニョルからジュミンにも伝えられたのですが、ピストルを手に、一人行動を起こし始めるジュミン。
とある建物の前から、3時間以内に連絡がなければ携帯の追跡をしてくれ、とのメールを残し、建物の中へと入って行きます。
暗殺者の家(?)のようで、この地下にソヌ友人が閉じ込められているのね。
20111026083126_1_rstarjsj1.jpg
家の中の電話を手に取り、り台あるボタンを押し、相手が受話器をとったのを確認すると戻すジュミン。
そして階段を上がって行くジュミンなのですが、暗殺者が戻って来ます。
すぐさま侵入者の存在に気付く暗殺者。

一方、ジュミンのメールを受け取ったジョンニョルは、ソヌを家の前まで呼び出し、彼を連れてそちらへと向かいます。
去っていく車を見て、ジョンニョルの車だと気付き、その後ろ姿を見ているスユン…。




スユンが心配だったら、あの潜入はないよなあ…なんて思っちゃうんですが、そんなことを言っているとお話にはならないか…。

最近、私は案外アクションものが結構好きかも、って思い始めています。
たいがいのアクションものは、何だかんだ言いながらも、たいがい楽しく見られるんですよね~~。

関連記事

この記事へのコメント

No title - maron - 2011年10月28日 11:04:32

パリの恋人から始まった中毒
10年になる韓ドラファンです(o^o^o)

・・・がっ
文書表現が下手なので『良かった、感動した』位しか書けないだろう私
あなたのレビューを読んで『そうそう!そうだよねぇ~』って共感しながら読んでいます

とっても分かりやすく見やすいです♪

上手に書けませんが応援しています!(^^)!






maronさん、はじめまして! - kirikorori - 2011年10月28日 12:34:46

応援してくださって、ありがとうございます。

韓ドラファン歴10年ですかv-290
わたしは5年ちょっとなので、古いドラマをあまり知らないんです…。
また、いろいろ教えてください!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


管理人のみ閲覧できます - - 2013年10月08日 11:33:59

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 11話 - kirikorori - 2013年10月08日 12:13:17

鍵コメさん、こんにちは。

> ここまで・・・・
> 私はあまり面白くないように思うのです(笑

そうですか…それは残念ですね。

> イ・ソンジェさんがいい味だしています。

このドラマでは、なんといっても彼がいいですね♪

「怪しい家政婦」私も見ていますが、日本版の良さは長谷川博己だったんだなあ、と韓国版を見つつ思います。
イ・ソンジェさん、いい役者さんなんですが、このドラマでは彼から出てくる父親の匂いが邪魔しているようで…。
このドラマは、家族のバラバラ感が重要だと思うんですが、イ・ソンジェさん、存在だけで家族がまとまっているように感じられてしまうんですよ。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。