FC2ブログ

「ボスを守れ」11話・12話あらすじ

このドラマ、好評を受けて2回延長、全18話になることが決まったようですが、視聴率は、少し下落傾向。
少し中だるみ、かな?

日本ではの放送はKNTVとDATVが放送することが決まったようで、どちらも11月のスタートのようです。
2局がほぼ同時に初放送と言うのは珍しいんではないでしょうか?
それだけ人気ってことなのかしら?
とても注目されているドラマのようですね。

それでは、今週のあらすじです。




11話
13.jpg
ウンソルの住む世界に自分が行く、と言うジホンに対し、自分が自分らの住む世界を変えると割り込むムウォン。
二人はまた、喧嘩になりそうになります。
それを見て、ウンソルはジホンに蹴りを入れ、こちらの世界に来るのは勝手だけど、自分のところに来たら殺す!と言うウンソル。
続いて、ジホンにも殴りかかりそうになるのですが、手をひっこめるウンソル。
11_20110909210529.jpg
12.jpg
態度をはっきりさせない自分が一番悪い、と言って自分の頭を殴るウンソルです。
このままだと、とんでもないことをしでかしそうだから、帰ってくれ、と言って一人家に入って行くウンソルなのね。
残されたジホンはムウォンに話をしようと言うのですが、拒否するムウォン。
ジホンはムウォンの買収の件で投資しようと思う、と言い出すのね。
こちらも何でもかんでも投資を受けたりはしない、と突っぱねるムウォンに、契約したくなるような条件を持って行くと言うジホンです。
そして、休戦しよう、とジホンは言います。
だけど、これからは、慰めて欲しい時には自分を呼べ、慰めてやる、と言ってムウォンを抱きしめるジボン…。

家に帰ると、母親に先に何かしたというのはどういうこと?と話を聞こうとするのね。
スパイのことは認める母ですが、ジホン父にはバレているはずがないと言う母。
でも、ジホン父は何か感づいているようだと言うムウォンの話に不安になった母親は裏切り者の常務に電話をかけます。
でも、バレていたら自分が無事なはずがない、と言う常務です。

お祖母さんはジホン父にムウォン母を助けてやれ、と言われるのですが、向こうが先にジホンを後継者にさせないようにし始めた、と言い、おばあさんは自分の味方じゃなかったのか、と言うのね。
ジホンだけが孫じゃない、と機嫌を損ねるおばあさんの肩を揉み、機嫌をとるジホン父です。

翌日、ムウォンはジホン父のところに謝りに行くのですが、再び対立し、対抗策として訴訟の準備を始めます。
一方、ウンソルを呼び出し一緒に食事をするジホン父はウンソルに、家族になる身だから、とウンソルを認めたことを話し、ただし、条件がある、とジホンに経験に関心を持たせて欲しい、と。
そして留学の話を持ち出すジホン父。
留学と共に身元をクリーニングしよう、と言うのね。お父さんもクリーニングできるといいのだが、なんて言うジホン父です。
ウンソルはお父さんはもちろん、自分のクリーニングも嫌だと正直に言うウンソル。私は汚いですか?とね。
ジホン父の方はジホンが経営権を得られるように支えろ、とも命じています。
ウンソルの方は秘書室からの移動を願い出ます。

ジホンの方はアルバイト先のコーヒーショップで厄介な客に文句を言われているアルバイトに割り込みます。
責任者を呼べ、と言う客に、ここでは自分が一番偉い、と言ってスマートフォンで検索してみろと言うジホン。
バイト君が検索してみると、彼の写真入りに記事がヒット!驚くバイト君。
それを見た客も急にしおらしくなってしまい、あやまっています。

店にやって来たウンソルと公園に行き、コーヒーショップで働きながら学校に通う学生たちの奨学金制度の話をするウンソルの顔をまじまじと見つめるジホン。
何でそんなまじまじと見るの、と顔を隠すウンソルに、ムウォンと約束したことがあるんだけど、反則しないと、と額にキスするジホンです。
274699_254055_1125.jpg
でも、そこでストップをかけるウンソル。
整理しないと、と言っています。
その言葉を聞き、店に帰ると舞い上がっているジホンです。

そして、おばあさんは再び家族を集め、食事会です。
おばあさんは自分がムウォン母に投資することにしたと言い、ジホン父にも投資するように言い、ジホンにも言います。
もうしてるよ、と言っているジホン。
ちょっとだけ、ですが、と言っているムウォン。
おばあさんは続けてムウォンにも訴訟を取り下げるように言います。
そして、万一またこのような事があれば、自分は放ってはおかないし、自分にはまだまだ影響力があると言うおばあさん。
正々堂々と戦え、と話し、和解するように言います。

そして、買収発表の記者懇談会でスピーチをするムウォンです。
これが好意的に受け入れられ、投資話もどんどん進んでいるようです。
一方、コーヒーショップにやって来て、アルバイトから会社に望むことの意見を求めるジホン。
ナヨンもジホンの企画に力を貸しています。

そして、いよいよ発表の日。準備を整えるジホンです。
ウンソルは努力した分、きっとうまく行くと言って励まし、ジホンは人の視線になれなくちゃ、と、しばらくウンソルの顔を見たのち会場へと入って行きます。
壇上に立つジホンですが、なかなか言葉が出ないジホン。
父親が他の人に説明させよう、と思い始めた時、ようやく話し始めるジホン。
いざ話し始めると、まったく堂々とした話しぶりで、拍手を受けるジホンです。
201055.jpg
ウンソルは会場の前で様子をうかがっていたのね。笑顔を浮かべています。
やがて会場から出て来たジホンとハイタッチするウンソル。
抱き合って喜びあう二人です。
その二人の様子を寂しそうに見るムウォン…。
kaigiseikou.jpg
そのムウォンはウンソルが配置替え願いを出したことを知るのね。
ジホンの方も、父から新しい秘書の話が出て、ウンソルの移動の話を初めて知ります。

ウンソルはムウォンに電話をかけて呼び出します。
何と言っていいか、言葉もない、と言いながらもお断りを言うウンソル。
でも、自分のために秘書室を辞めるの止せと言うムウォン。
自分に申し訳ないと思うんだったら、何でもないふりでもしてくれと言うムウォンです。
自分はウンソルが言い出す前にウンソルの気持ちには気づいていたし、今の状態は予想していた事だと言うムウォン。
そうなった後、どうすればいいか何度となく考え、友だちにでもなれたら、と思ったと言います。
だけど、すぐに友達になるのは無理なのは分かっているから、ふりだけでもしてくれるようにと言うムウォン。

ムウォンに送られ帰って来たウンソルは、正直なところ、何が正しいのか分からないけれど、さっきのことをもう一度考えてみると約束するウンソル。
そのまま帰ろうとするムウォンですが、立ち止まり、これぐらいは大丈夫でしょう?と言い、ウンソルを抱きしめます。
20110908_1315410984_55608300_1.jpg
その二人の様子をジホンが見ているのね。
201109080110151001_1.jpg

12話
ウンソルを抱きしめると車に乗り、帰って行くムウォン。
ジホンはそれを黙って見守っているのね。
201109090724571001_1.jpg
ムウォンが行ってしまうのを見送り、そこで初めてジホンに気付くウンソルです。
ムウォンにはっきり断ったの?と言うジホンに、無言でうなずくウンソル。
何しに来たの?と訊くウンソルに、用があって、と言うジホン。
用の一つ目はウンソルに、移動願いは取り下げろ、と言うことで、二つ目は。
ずっとウンソルを待っていて、お腹がペコペコだから、ご飯食べさせてよ、と言っています。

ムウォンの方はいくらも進まないうちに車を止め、ぼんやりとしています。
その前に、タクシーで帰宅して来たナユンがふらふら歩いていたかと思うと、転びかけているのね。
そこにいるのはムウォンだと気付いたナユンは無理やり車に乗り込んで来ます。
疲れているから、降りろ、と言うムウォンなのですが、一人自分のことを話し、一杯付き合えと言うナユン。
疲れているから、と繰り返すムウォンに、何かあったの?と訊くナユンですが、降りろ!と声を荒げるムウォンです。
さすがに車を降りようとするナユンですが、声を荒げたことを謝るムウォン。
ナユンにではなく、自分に対して腹を立てているんだ、と言います。
行かないで、と縋りつけばよかったかも、と言うムウォンです。
そんな時には、良い方法がある、とミョンランとウンソルに教えてもらったように歌を歌い始めるナユンです。
そして、二人でカラオケに行くのね。
だけど、一人で騒いでいるナユンなんですけど…。
でも、そのうち、自分の辛い気持ちを歌に託して熱唱し出すムウォンです。
09201657.jpg

ジホンの方はミョンランと3人でご飯を食べた後、帰って行こうとしているのですが、経営権のことをどう考えているのか聞くウンソル。
自分は平和主義者だから、争うのは嫌だ、とやはり経営権には興味がないと言うジホンです。
じゃあ、何をしたいの?と訊くウンソルに、ウンソルの生きてる世界で生きたいと言うジホン。
何をして暮らして行くと言うの?と訊き返すウンソルです。
そんなウンソルに、これからはムウォンにも良くしてやるんだ、と言っているジホンなのですが、そこに電話が入ります。

ムウォン、カラオケでまた、いくらも飲んでいないのに寝ちゃっています。
deisui.jpg
そんな彼を放っておいて一人熱唱し続けているナユンなんですけれど…。
迎えに来たジホン、帰りの車の中でもたれかかって来るムウォンに肩を貸してやりながら、ごめん、と呟いています。
20110909_1315518462_89993800_1.jpg
ウンソルと帰宅したナユンの方は、ウンソルに小さないじわるを連発、ミョンランに追い出されかけます。

翌日、出勤時のエレベーターでジホン父と一緒になるジホンとウンソル。
ジホン父にウンソル一人が呼ばれ、ジフンは今まで働いていたコーヒーショップにミョンランと出かけます。
ミョンランをバイトとして入れるように店員たちに言っているんですが、店員達はジホンのことがありますからね。
ミョンランもひょっとして、会長の子? だけど娘はいなかったはずだから隠し子?なんて噂をしあっています。

ウンソルがジホン父に呼ばれて向かった先はデパートです。
ウンソルの良家の嫁化作戦がはじまっているんですね。
ウンソルにいろんな服を試着させながら、上機嫌のジホン父です。
ところが、その様子をナヨン母が目にするのね。
ムウォン母に会うと、このままでは引き下がれない!と言っているナユン母です。
一方、ムウォン母のところには裏切り者の専務からの連絡が入り、書類を受け取りに行くムウォン母。
常務はバレる事を恐れ、夜も眠れないらしく、ひどい顔をしています。
もし万一、会長が自分に何かしたら、責任取ってくれなくちゃ駄目だとムウォン母に念を押す裏切り者の常務です。

一方、買収の資金の件でおばあさんと正式に契約を結ぶムウォン。
仕事が終わるとムウォンにデートしよう、と言って連れ出すお祖母さんです。
おばあさんと散歩しながら、ウンソルとのデートを思い出すムウォン。
ムウォンはお祖母さんに、自分が自分達の世界を変えると言ったのはウンソルが自分のところに来れば、という意味ではなかった、と話します。
ウンソルが他の人のところに行っても、自分はウンソルが楽に暮らしていけるようにしたいと言うムウォン。
それを聞いて、満足そうな笑顔を見せ、その気持ちを忘れないで欲しいと言るお祖母さんです。

デパートのジホン父はウンソルに、ジホンが経営権に関心を持つようになったかと訊くのですが、本人が望まないのに…とウンソル。
何としてでもその気にさせろと言うと、そこで別れる二人です。
一人会社に戻ったウンソルはムウォンと顔を合わせます。
普通に接するウンソルに、こんな風に何でもない顔をしてくれてほっとしたと言うムウォン。
でも、トイレでジホンと顔を合わせたムウォンは、やっぱり駄目だ、簡単にジホンに渡せない、と言い出すムウォン。
前もって言っておいたから、反則じゃないからな、と言うムウォンに殴りかかるジホン。
喧嘩になりかけるのですが、他の人が入って来て、仲良いふりをする二人です。

ナユンの方は母に呼ばれ、会います。
ウンソルのことをこのままにはしておけない、と言う母親に、母親がウンソルに手を出したら自分の方が黙ってはおかないと言うナユンなのね。
そして、仕事の件でムウォンと会うナユン。
仕事の話の合間に、昨日はウンソルに復讐してやった!なんて話しかけるナユンなのですが、仕事の話に戻すムウォン。
何を言っても仕事の話しかしないムウォンに、気分転換させてあげようと思ったのに、と言うナユン。
ムウォンは自分がナユンに振られた時にウンソルに慰められたことを思い出し、態度を軟化させるムウォンです。
そんな時、ミョンランの姿を見つけたナユン、ミョンランはジホンとウンソルのところに行くところだったのね。
二人も合流し、その上、キム秘書も呼ばれ、6人でサムギョプサルパーティー。
274800_254252_3333.jpg
乾杯しよう、と言うことになるのですが、ムウォンの杯にはコーラが…。
その上に焼酎を足そうとするムウォンなのですが、みんなが必死に止めていますよ!

そして、翌朝。
ジホンに呼び刺されたウンソルは本格的な嫁教育です。
フラワーアレンジメントにチェロ、テーブルマナーと続けっさまに一日過ごし、帰ろうとしているところでムウォンと会います。
そこはムウォンの母のホテルで、母に会いに来ていたのね。
お茶を飲みながら、少し話す二人です。

そして会社に戻り、会長室へと行くウンソル。
ジホン父は少し気分が悪くなったようで、外に出ていてウンソルと会い、先に部屋に入っているように言われ入るウンソル。
会長秘書も薬を準備しに行こうと席を外していて無人だったのですが、そこには書類が広げられています。
会社の不正に関する、機密書類のようなのですが、それを見て、思わず読み始めるウンソル。
そこに秘書がやって来て、何でもない、何も知らないことにするように、と言っているところに戻ってくる会長です。


一方、ムウォン母もナヨン母とジホンの裏金の資料を見ています。裏切り者の常務の持ち出したものですよね。
ムウォン母はおばあさんに言われているからと思って入るのですが、ナヨン母にあおられているのね…。



関連記事

この記事へのコメント

こんばんは - miho - 2011年09月09日 21:47:25

今KNTVのツイッター見てたら、「ボスを守れ」
11月からKNTVにて放送だそうです。
KNTVめっちゃ凄いですね・・・全部持って行く~~
でもKNTVはCM入らないし(違ったらスミマセン)多分
カットシーンも無いように思います。
秋は日本でも放送予定から目が離せませんね!

mihoさん、こんばんは - kirikorori - 2011年09月09日 23:13:10

「ボスを守れ」KNTVもDATVもやるんですね。

私の勝手な想像では、最近、後発のDATVが若い人向きのドラマを重点的に獲得して、台頭してきて、KNTVが反撃して、と視聴者獲得を競っている?なんて想像をしているんですが…。

>でもKNTVはCM入らないし(違ったらスミマセン)多分
カットシーンも無いように思います。

やはり、有料のちゃんねるは、それなりのメリットがありますよね。

おはようございます - アルメリ - 2011年09月10日 07:18:19

最初の頃のスピード感がなくなったのは延長のせいでしょうか?
ウンソルも妙におとなしくなってしまって・・・
ジホン父と洋服を選ぶシーンもいらなかったんじゃ?

このドラマはキャラクターがみんな可愛くて、好感は持てるのですが、
ラブストーリーが弱い感じがしてしまうのは私だけでしょうか。

ウンソルがきっぱりとジホンに好きだと告白していないうちに、
父が認めてしまって嫁扱いって・・・すっきりしない。
男としてか子供のようにかわからないって言っただけでは?

No title - miho - 2011年09月10日 12:11:45

おはようございます
確かにDATVは若い人の放送してますね・・・
ヨン様のチャンネルと聞きましたが・・・
視聴者の取り合いですね、
でも二つとも高いから、私はムリです。
しかし、今は韓流凄いブームですね。
第何次ブームでしょうか?
若い子に行ってるのかな?
「ボスを守れ」はDATVでも放送なんですね。

アルメリさん、こんにちは - kirikorori - 2011年09月10日 12:45:11

> 最初の頃のスピード感がなくなったのは延長のせいでしょうか?

私はもしかして、もっと根本的なところに問題があるかも?なんて思っています。
いい人ストーリーの難しさ?

> このドラマはキャラクターがみんな可愛くて、好感は持てるのですが、
> ラブストーリーが弱い感じがしてしまうのは私だけでしょうか。

前半を引っ張って来たのは個々のキャラの魅力だと思うんですが、この頃になるとちょっと飽きが来ますよね。
その上、ジホンは成長過程なので、最初のことのようなむちゃくちゃな姿はできない訳ですし。
そこで、ラブストーリーの部分が盛り上がれば緊張感が持続できるんですが、私もラブストーリーが弱いと思うんですよね。

新たなステージに上がったのにもかかわらず、ぐっと来る部分がない…。
その上、いい人ストーリーだから、親たちも、適当な悪さはするけれど、迫力はないんですよね。
マクチャンドラマがいいとは思わないけれど、やはり、盛り上がりがないと退屈に感じてしまいます。

> ウンソルも妙におとなしくなってしまって・・・

ここも、このまま嫁扱いに我慢するはずはないと思うんですが、そのまま次週まで持ち越さないで、いつもの歯切れのいい啖呵を聞きたいですよね。

> ウンソルがきっぱりとジホンに好きだと告白していないうちに、
> 父が認めてしまって嫁扱いって・・・すっきりしない。

ムウォンの方は整理しましたが、ジホンに対してはまだ、態度を決めてないですよね。

ジホン父の性格からして先走るのは分かるけれど、ウンソルはここで、ちょっと待って!とさっさと言わないといけませんよね。
受け入れている訳ではないのは分かるけれど、リアクションがあいまい過ぎだと思います。

ちょっとした中だるみにすぎないことを期待して来週を楽しみにしていますv-238


mihoさん、こんにちは - kirikorori - 2011年09月10日 12:53:29

> ヨン様のチャンネルと聞きましたが・・・

そうなんですか?
どういうことなんでしょう…。

> でも二つとも高いから、私はムリです。

見たい物をみんな見られればいいのですが、このドラマはこちら、あのドラマはあちら、といろんなところでやっているので、なかなか難しいですよね。

> しかし、今は韓流凄いブームですね。
> 第何次ブームでしょうか?
> 若い子に行ってるのかな?

若い人のファンは確実に増えているようですね。
コメントを読んいても、20代前半の俳優さんをオッパと呼ばれている人が結構いらして、思わず、年代差を感じてしまいます…。


No title - aya - 2011年09月10日 13:40:45

私は、主要人物の誰にも感情移入しにくいのが下降傾向の原因じゃないかな~と思います。ちょっと辛口に言えば、皆な~んか中途半端なんですよね。。
だから、ラブストーリーにしても、会社の利権争いにしても、イマイチ盛り上がりに欠けるというか。。「いい人ストーリー」がここにきて首を締めているんじゃないかと、私も思います。
会社の利権争いはまだまだどうなるか分かりませんが、ラブストーリーに関してはホント弱いですね。
10話のラスト、ムウォンの言葉に感動して涙を流したという視聴者の声もあったらしいのに、あのウンソルの返しはないんじゃないかと思っちゃいました^^;
それがウンソルというキャラ、ということなのかもしれませんが、せっかくの盛り上がりをへし折られたような気分になっちゃいましたよ(笑)
そもそも、ここまでムウォンに脈がないんなら、最初からムウォン→ウンソルはなくてもよかったんじゃないかな~と思いますね~。
私はジェジュンのファンなので楽しく観れてますが、そうじゃない方が中だるみとおっしゃるのも分かる気がします。

ayaさん、こんばんは - kirikorori - 2011年09月10日 18:45:38

> 私は、主要人物の誰にも感情移入しにくいのが下降傾向の原因じゃないかな~と思います。ちょっと辛口に言えば、皆な~んか中途半端なんですよね。。

なるほど! そうですよね。

> 10話のラスト、ムウォンの言葉に感動して涙を流したという視聴者の声もあったらしいのに、あのウンソルの返しはないんじゃないかと思っちゃいました^^;

そうそう!
せっかく先週末では盛り上がったのにね!
キャラは分かるけど、わたしも、気持ちが置き去りにされました。
ウンソルの気持ちがもう少し分かるように描かれていたらいいんですけどねえ…。

> そもそも、ここまでムウォンに脈がないんなら、最初からムウォン→ウンソルはなくてもよかったんじゃないかな~と思いますね~。
> 私はジェジュンのファンなので楽しく観れてますが、そうじゃない方が中だるみとおっしゃるのも分かる気がします。

ここに関しては、私はジュジュンのファンって訳ではないのですが、二人の男のどっちを選ぼうか、と充分楽しませてもらったので、OKです!
でも、ムウォンをウンソルが切っちゃったら、その楽しみも無くなっちゃったんですね…。

どの部分でもいいので、ともかく盛り上がりを希望!です。

kirikoroさん、こんばんは~。 - Daphne - 2011年09月14日 22:08:50

こんばんは。私も今、『ボスを守れ』見てます。
最初の方は、とにかくゲラゲラ笑いっぱなしで、パンチのあるドラマだなぁなんて、楽しく見てました。(でも、本当は裏の『姫の男』の方にどっぷりハマってます)
12話でジェジュンがカラオケで熱唱してましたが、個人的にとても好きなソン・シギョンの『君は感動だった』を歌っていて、また、本家と同じぐらい上手に歌っているのを見て、「そっか~、演技もうまいと思ったけど、この人の本職、歌手なんだよな~」なんて再確認でした。
このドラマ11話、12話あたりから、なんか落ち着いたカンジになっちゃいましたが、またラストまでに、ひと波乱、ふた波乱ありそうで楽しみです。
kirikoroさんの『ボスを守れ』の記事、いつもスピーディーなリリースで、感心しきりです。また、読ませてもらうのを楽しみにしています。

Daphneさん、こんばんは。 - kirikorori - 2011年09月14日 22:24:41

Daphneさんもご覧になっているんですね!

>この人の本職、歌手なんだよな~」なんて再確認でした。

私もです。
こういうときって、思わず、さすが!と言いたくなりますね。
この曲ソン・シギョンの曲でしたか。
わたし、K-POPには疎いので、彼の曲は1曲しか知りません…。

> このドラマ11話、12話あたりから、なんか落ち着いたカンジになっちゃいましたが、またラストまでに、ひと波乱、ふた波乱ありそうで楽しみです。

そうなんですよね!
ここで終る訳はない!と私も期待しています。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード