FC2ブログ

「ラブ・ミッション -スーパースターと結婚せよ!-」12話・13話あらすじ

今回の分から、復帰後のイェスルの登場です。
いまいち面白く感じられなかったのは、あの事件が心に残っているせいかしら?
それとも、ストーリー自体が台展開を目前にいろいろ仕込みをしていると思われる部分が多いからでしょうか。

ちょっと、乗り切れない今週の「ミョンウォル」でした…。

"イェスル事態"はまだまだ尾を引いていて、今週分にもイェスルいじめか?などという話もあるのね。
制作陣は自体がこうなる前にすでにできていた台本だと言っていますし、芸能界引退の危機のエピソードは、このドラマの展開上、当然こうなるだろうという話ですから、これはいくらなんでも、と思うのですが。

それでは、あらすじです。


1314056139_19385511.jpg
12話
ミョンウォルへの告白をテレビで見ていたミョンウォルは満面の笑顔。
ヒボクとオクスンは抱き合って喜びあっています。
リュは…。寂しそうに、おめでとう、と呟いています。
一方、事務所はドラマの出演中止の話やら、CM打ち切りの電話でパニック状態です。
損害賠償って話も出て来ているのね。
カンウは代表に、被害が会社に及ばないよう、最大限のことをする、と言っています。

ミョンウォルはカンウのところにやってきます。
韓流スターでないカンウはイヤかと訊くカンウを受け入れるミョンウォル。
後悔しない?と訊くミョンウォルに、したらどうする?と逆に聞くカンウ。
ミョンウォルに忠誠を誓え、と言っています。
まずは、10センチ以上離れないこと、そして、基本姿勢はカンウの肩に首を凭せ掛けて…。
1314056139_1938552.jpg
愛しているの言葉を正式に、言え、と…。

イナの方は祖父の考えで、倒れた振りをして入院。
最大の被害者の振りをしろ、ということなのね。
でも、韓流スターでなくてもカンウが好きで諦められないと言うイナです。

カンウの父親との思い出の野球ボールを手に取り、そこに書かれているイ・ガンウが本名かと訊くミョンウォル。
カンウは父親がなくなった時の話をします。
カンウのお父さんは交通事故で亡くなったのね。
リュが調べていた考古学者がカンウの父親のようです。
カンウは事故を見ていたのですが、怖くなって隠れていたのね。
自分のせいで父が死んだと思っていたんだ、と言うカンウに、カンウのせいなんかじゃない、と言うミョンウォル。
カンウはそんな風に言ってくれる人はなかった、と言い、事故は単純なひき逃げ事故じゃなかったと話すカンウ。
古文書のために父が死んだんだと言います。

好きな人に告白されて、本当ならば嬉しいはずなのですが、素直には喜べないミョンウォル。
リュからは、任務を放棄するようなことになれば、放っては置かない、と言われています。
そんなことを知らないカンウは、朝からミョンウォルをデートに連れ出します。
ミョンウォルがデートをしたことがないと聞いて、喜んでいるカンウ。
ペアルックの服を買って身につけ、街を歩く二人。
1314056139_193855.jpg
ミョンウォルの悪口を言うファンには、堂々とかばってやるカンウです。

一方、イナはこのまま二人を見守っているはずもなく、ミョンウォンの正体を探ろうと、ミョンウォルの実家に忍び込みます。
調べているところに、記者を連れて入って来るヒボクとオクスン。
隠れるイナなのですが、見つかってしまい、屈辱的な写真を撮られてしまうイナです。

リュの方は考古学者の交通事故の調書を読み、被害者のポケットからトッケビと書かれた紙きれが発見されたことと共に、彼がカンウの父親であることを知ります。
リュはカンウの親のことをイナ祖父に訊くのですが、カンウ自身が父親のことについて口を開かないから分からないと答えるイナ祖父なのね。
ところが、イナ祖父の書斎でカンウの父の交通事故の調書があるのを見つけるリュ。
何でイナ父は知らないふりをしているのかと、疑問に思うリュです。

そして、カンウは芸能界復帰を望む声が強く、ふたたびアメリカ進出の話も出てきます。
それを喜び、ミョンウォルとワインバーに来たカンウなのですが、その店に、イナが祖父とリュと共にやってきます。
同席することになるのですが、イナはリュに対し、好きな女を前にして、などと言うものだから、ようやくミョンウォルもリュの気持ちを知ってしまいます。
ショックを受け、席を立つミョンウォルを追って行くリュ。
気にするな、ミョンウォルが気を使わなければいけないのはカンウだけなのだから、と言うのですが…。

自宅に帰ったイナはリュのパソコンを見て、古文書の画像があるのを見るのね。
カンウがシンガポールで同じ古文書を競り落としたことを聞くリュです。

カンウの方はヒボクとオクスンからせかされたこともあって、プロポーズをしようと準備をしているのね。
ところが、古文書の件を知ったリュは、ミョンウォルがシンガポールで自分が古文書を奪うのを阻止した女だと気付き、呼びだすのね。
手の傷を見せ、それを確認すると、再びカンウのところから古文書を持ち出すようにと命じます。
ところが、そのリュが、今度はイナ祖父の手下たちに拉致されてしまいます。
ミョンウォルにリュをを救いたければ古文書を持って来るように命じるイナ祖父です。

カンウの方はなかなか来ないミョンウォルを待ちわびているのですが、ようやくやって来たミョンウォルは古文書のところに忍び込み、それを持ち出そうと…。
カンウはそれを見て、ショックを受けています。

13話
古文書を隠し持って、そのまま家を抜け出そうとしているミョンウォルに声をかけるカンウ。
ミョンウォルは急に父母に呼ばれて帰らなくっちゃ、と言い訳するのですが、何も言わず、そのまま行かせるカンウです。
ひとりになったカンウはピアノの裏からもう一冊の古文書を出しています。ミョンウォルの持ち出したのは偽物なんでしょうね。
そして、何か理由があるはずだ、と自分に言い聞かせています。

ミョンウォルはイナ祖父に会うと、なぜ、古文書を手に入れたがっているのか聞きたがるのですが、答は得られません。
逆に、愛する人の大切なものだと知りながら、リュのためにこれを持って来たのは何故かと問われるミョンウォルです。
約束は必ず守ってくれるように言い、古文書を渡すミョンウォル。
ところが、イナ祖父はミョンウォルが帰ると部下に、これ以上必要がないから、とリュの抹殺を命じています。
もちろん、ミョンウォルもイナ祖父の言葉を信じ切っている訳ではありませんから、部下をバイクでつけて行きます。
リュの方はイナ祖父の家から連れ出された時に縄をほどき、ちょうど通りがかったイナを人質にして逃げだし、そこに現れたミョンウォルのバイクに飛び乗り脱出成功。
でも、そうとう傷めつけられたようで、また、傷口が開いている様子を見かね、自分の家にかくまうミョンウォルです。
でも、その様子をマンションの前まで来ていたカンウが目撃しているのね。
自分のために何故、そこまで、と訊くリュに、リュは家族同様で、父が泣くな手からは父変わりだと思っていると答えるミョンウォル。
ミョンウォルいとってはそうなんだな、と寂しそうにつぶやくリュです。
そのミョンウォルのところにカンウから電話がかかってきます。
家に帰ったと聞くと、ちょうど良かった、ここに来ている、とドアをガンガンたたくカンウ。
隠れるリュなのですが、家の中に入って来たカンウはミョンウォルを抱きしめ、今日は帰らない、などと言うのね。
そんなのはいや、とカンウを押しのけるミョンウォル。誤解しないで、と言うミョンウォルに何の誤解だ、などと言いつつも帰って行くカンウです。
翌日も、カンウと出かけるミョンウォルなのですが、重ねる手を振り払うカンウ。
古文書がなくなった事を話し、知らないか、などと言うのですが、知らないと答えるミョンウォル。
探せば見つかるだろう、などと言っているカンウです。
そして、今度はイナを呼びだすカンウ。
リュのことを聞き出そうとして呼んだのね。
リュの名前を聞くなり、どうなった?死んだの?などと聞くイナ。
お祖父さんが連れて来たのだけれど、実はその前にシンガポールであった事を話すイナ。
そして、彼も古文書に関心があるみたいだ、と…。
続けて、お祖父さんと何かあったみたい、と言いかけ、やめるイナです。

家に戻ったカンウはショーケースのDVDを見て、ミョンウォルの横にリュの姿があるのを見つけます。
カンウはミョンウォルに電話をかけ、来てくれるように言うのですが、ちょうど、リュが意識を取り戻したところなのね。
今日はいけないと断るミョンウォルには何も言わないものの、説明する最後の機会も潰したんだ、と独り言を言っているカンウです。

翌朝会うと、カンウは以前のように手をつなぎ、オレ専用の携帯だ、とカップル携帯を買い、ネックレスをプレゼントして、と楽しげです。
でも、その裏でマネージャーくんにミョンウォルのことを調べさせているのね。
マネージャーくん、ヒボクとオクスンのところで盗み聞きしたり、荷物を調べたりしているのね。
正体を隠すには穴だらけの二人なんですが、マネージャーくんも勘はとても鈍い方。見当違いのことを考えています。
そして、カンウ自身もヒボクとオクスンに会いに来ます。
そこで、彼らがミョンウォルの父は酒場で働いていた、だなんていうのね。
ミョンウォルからは軍人だったと聞いていますから、ますます怪しむカンウ、調査会社にミョンウォルのことを調べさせることにします。

一方、イナ祖父は古文書がにせものだということを知ります。
ミョンウォルを連れて来ている、などと嘘を言ってリュを呼ぶイナ祖父。
にせものだと聞いたリュは、ミョンウォルがすり替えたはずはない、と言うのですが、その点はイナ祖父も疑っていない様子。
カンウがまだ、本物を持っている、と言い、それを持って来るようにと要求するイナ祖父。
持って来ない場合にはミョンウォルとリュの存在を公表する、と…。

ミョンウォルはカンウの家に来ています。
さっき、ミョンウォルをリュとともに呼んだカンウは二人の関係を問いただし、疑いのまなざしだったのね。
いたたまれずに席を立ったミョンウォル、入りずらそうにしているところにカンウが帰って来て、家へと入れるカンウです。
自分のことを愛しているのかを聞くカンウ。
分からないの、と言うミョンウォルに分からない、と言うカンウ。
愛していると繰り返し言うミョンウォル。何度言えば信じてくれるの?と聞いても信じられないと言うカンウです。
愛しているのに、どうしてこんなに苦しめるんだと言って、ミョンウォルを押し倒すカンウ。
こうしたら信じてくれる、とブラウスのボタンを外すミョンウォルです。
ミョンウォルの言葉を見せてくれ、と言うカンウです。
そこにリュが忍び込んで、それを見てしまいます。床にへたり込むリュ。
201108232312471001_1.jpg

そして、朝。
201108240546221001_1.jpg
ミョンウォルへの疑いを解いた様子のカンウ、ミョンウォルのことを調べさせた書類が郵送されて来るのですが、ゴミ箱に捨ててしまします。
ところが、リュがミョンウォルと話しているのを見てしまうカンウです。

ミョンウォルの方はオクスンから、カンウがミョンウォルの調査を依頼したことを聞くミョンウォル。
慌ててカンウの家に引き返し、書類を探すのですが…。
書類を手に、これを探しに来たのか、と問うカンウ。
全てが嘘で、正体はいったい何だと聞くカンウです。
お願いだから、何者かを言ってくれ、と言うカンウ…。



あらすじでは省いちゃったんですが、イナ、リュのことを好きになって来ている?って感じが…。
人質にされても、後で思い出してときめいている?って感じなのね。
201108240543331001_1.jpg

関連記事

この記事へのコメント

おはようございます♪ - Izarkkia - 2011年08月25日 07:34:42

いつもありがとうございます<(_ _)>

私もイェスルさん脱走事件でこのドラマ~
すっかり見る気が失せてしまい、まだ12、13話見てません^_^;
でも...ベットシーンあったのですか(≧∇≦)
う~んこれは必見かしら?

Izarkkia さん、こんにちは - kirikorori - 2011年08月25日 13:18:30

Izarkkia さんも、やはり、視聴意欲が…。
こういうのって、残念ですよね。

> でも...ベットシーンあったのですか(≧∇≦)
> う~んこれは必見かしら?

これは、ちょっと微妙かも…。
はっきり言って、何か、がっかりな展開の内にそうなっちゃってるんですよね。
こんな場面にも、気持ちが盛り上がらなくって、つらいです。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード