FC2ブログ

ハン・イェスル、エリックの「ラブ・ミッション -スーパースターと結婚せよ!-」11話あらすじ

今週はヒロインのハン・イェスルの撮影拒否、挙句の果てはアメリカに行ってしまい、月曜分の放送が欠番になるという事態になってしまい、大騒動でした。
2011081801001368300117641.jpg
現在(17日午後6時)帰国されたようですが、今後はまだ不透明ですね。
何としてでも彼女の主演で、放送続行して欲しいのですが。
でないと、他の俳優さんたちがかわいそうだと思うな。
特に、兵役を終えて初めてのドラマとなる、エリックとイ・ジヌクはね。
ヒロインが交代となれば、海外輸出も難しくなるんじゃないでしょうか?

ハン・イェスルが視聴者を第一に行動しなかったというのは非常に遺憾ですが、こういう事態が起こるのも韓国のドラマ制作現場の環境の劣悪さがあるからだと思いますし、また、放送が始まった後で視聴者の意見で内容が変わったりすることも、視聴率が悪い場合、いろいろ弊害を生むと思います。
もうちょっといい環境で仕事できるといいのにねえ。

ところで、この騒ぎの背景が、今回放送された11話の内容と、かなり似ているんですよ。
脚本家がハン・イェスル避難を台本に入れた?なんて推測まで生んでいるのですが、それもうなずけてしまうような…。
そういう意図があったか無かったかは、分かりませんが、この台詞を、寝不足で疲れ切った頭で聞かされたら、自分が非難されていると感じてしまうんではないかと思えるものでした。
漏れ聞こえてくる、ハン・イェスルが主張していたという話そのままですからねえ。
でも、ドラマだけを見ると不自然なところはなく、最後の方はヒロイン不在でストーリーは進みましたが、無理矢理と言う感じは受けなかったです。

その話は、まあ、このぐらいにして、今週のあらすじ、行きます。



11話
ドラマのシーンは台本にはない展開だったけれど、大満足の監督。
でも、面白くないのはイナです。
ミョンウォルに、台本通りにしないと駄目じゃない、などと文句を言うのですが、監督はそのまま使うと言うのね。

ミョンウォルに近づき、大丈夫?と声をかけるリュの方に頭を凭せ掛けるミョンウォルです。
マネージャーくんはヒボクとオクスンにミョンウォルの大活躍を報告するのですが、台本から離れて彼女が口にした言葉を聞いて心配になります。
そののち、リュのところに届くメール。
ミョンウォルからのもので、任務を続けなくては駄目ですよね、と書かれています。
191515.jpg
今日は何も考えずにゆっくり休め、と伝えるリュ。
だけど、ここまでだ、とも言うのね。自分達の現実はドラマとは違い、美しい結末なんかはないのだ、これからは涙も裏切りだと見なすと言っています。

カンウの方は、もう、自分の気持ちを自分に偽ることはできなくなっているのね。
イナに会いに行くと、これ以上恋人の振りを続けることはできないと謝るカンウ。
自分の気持ちが本物じゃないことを知っているだろう、と言っても、関係ない、自分を利用しろ、と納得しないイナ。
これ以上はムリだと言うカンウに、ミョンウォルのせいかと訊くイナです。
ぜったいに迷惑をかけないと言うカンウなのですが、思い通りにはさせない、と怒って行ってしまうイナです。
イナは祖父の前でカンウと別れられない!と言って泣くのね。
呼び出されたカンウは、別れようと言ったことを話し、これ以上続ければイナがもっと傷つくことになると言うのですが、今回のことはなかったことにしろと言うイナ祖父です。
出来ない、と言うカンウにミョンウォルのことを持ち出し、新人女優を潰すことなんて、簡単だと言うことはカンウも知っているだろう、と脅しをかけるのね。

ドラマの方はミョンウォルの演技が人気を呼び、彼女が死ななかったことにすれば視聴率も上がる、とプロットを変更。
ミョンウォルは継続して出演することになります。それも主役級になるのね。
でも、そうなればなったで、イナとその祖父が黙っているはずもなく…。
カンウは祖父にミョンウォル潰しを頼もうとしていたイナを止め、イナの言うことは何でも聞くから、ミョンウォルには手を出すな、と申し出ます。
イナはミョンウォルがシンガポールでのコンサート(ショーケース?)の動画にも写っていた、彼女は怪しいと言うのですが、関係ない、と言うカンウ。
それでも、カンウの申し出を了承するイナですが、今と同じ状態では駄目だ、と言うのね。

ミョンウォルは代表と正式に契約を結ぼうとしていたのですが、そこにイナと親しげな姿で現れ、ミョンウォルの家も今すぐ用意するようにと話すカンウ。
イナが嫌がるから、と言い、そんな急でなくても、と言うイナを遮り、今日中に、と言うカンウです。

そのままイナとデートのカンウ。
イナは楽しくて仕方がない様子なのですが、カンウの方は、顔には出さないのですが、楽しいはずもなく…。
帰宅したカンウは既にミョンウォルが出て行ったのを知ります。
でも、家の中にはミョンウォルを思い出すものがあれこれ残っています。
ゴミ箱に物を捨てても、捨てられないものが…。
カンウはミョンウォルが移ったマンションへと出かけるのね。
でも、チャイムを鳴らす手を引っ込め、そのまま帰って行くカンウです。

その一方、ミョンウォルの人気はますます上昇し、今年一番ホットな俳優の1位にも浮上してきます。
191515 (1)1
広告も次々と入り、イナと入れ替わる立場になって来たのね。
面白くないイナです。
ミョンウォルの顔を見ると次々と文句を並べるのですが、そこにいたカンウはイナの肩を持つのね。
外で化粧するように言われたミョンウォルがミナにじろじろ眺められる中化粧をしているのを見かねたリュがスクリーンを立ててくれ、守ってくれます。
191515 (1)

さて、リュはイナ祖父に命じられた古文書の調査の件でひき逃げ事件を調べるのですが、それを目撃した男は、被害者を狙ってわざと事故を起こしたのに、警察にそれを言っても単純なひき逃げ事故として処理されたと話すのね。
そして、手掛かりとして出てくるトッケビと呼ばれる男。
カンウが探しているのもトッケビという男でしたね。
イナ祖父に、そのことを報告するのですが、トッケビの名前を聞いた途端取り乱すイナ祖父。
でも、知らないと言うイナ祖父なのね。
リュは何か知っているのに知らないと言うイナ祖父に疑問を持ち、またイナ祖父の方も調査をリュ一人に任しておけない、と秘書にも調べるように命じています。

一方、ミョンウォルはカンウとの写真撮影です。
191505.jpg
201108170707581001_11.jpg
そこにやって来るイナ。
疲労が溜まっているミョンウォルはめまいを起こしてふらついた拍子にイナの服にコーヒーをこぼしてしまうのね。
高飛車な態度に出るイナに、そんな失礼な態度を受ける筋合いはない、と言っているミョンウォル。
191505 (1)
ところが、カンウはミョンウォルに謝れ、と言うのね。
跪いて謝れと言うカンウに機嫌を直し、これから気をつけろと言ってカンウの腕を取って行ってしまいます。
イナはカンウと食事に行こうとしているのですが、約束を思い出した、と途中で車を止めさせるカンウ。
カンウが向かったのはミョンウォルのマンションです。
ところが、ミョンウォルは家に入る直前でまたふらついていたところをリュが見つけ、家に連れ帰って来ていたのね。
ミョンウォルの部屋から出てくるリュに驚くカンウに、ミョンウォルは眠ったからこのまま帰るように言うリュ。
それでも入ろうとするカンウに、ここで引き返すのがミョンウォルのためになる、と言い、それでも入るなら勝手にしろ、と言い置いて帰ります。
カンウは結局、そのままドアの前ですえ割り込んでいたのね。ミョンウォルへの謝罪の言葉を口にしながら…。
そこに、マネージャーくんと一緒にイナがやってきます。
カンウの姿を見たイナ、赦せない!とその場を立ち去ります。

イナは祖父にミョンウォル潰しを頼んだのね。
次々と仕事を邪魔されるミョンウォルです。
それを知ったカンウはイナ祖父のところにやってきます。
約束を守ってくれないなら、自分も約束を守れない、と全てのことを明らかにすることを話すカンウ。
でも、イナ祖父はこれまでにない、大きなチャンスを与えることを言い、また、それが最後のチャンスだ、とも。
それを蹴って、ミョンウォルと一緒に全てを失うつもりか、と言うイナ祖父です。

イナはミョンウォルのところにやって来ると、カンウの話を伝え、カンウを生かしたかったら、ミョンウォルが身を引け、と言うのね。
カンウはそれ以来、仕事には出て来ていないようです。
そんなカンウのことを知って悩むミョンウォルです。
一方、酔っぱらって帰って来たカンウを捕まえ、いつまでこうしているつもりかと言うリュ。
自分の気持ちが分かっているんだったらはっきりさせろ、そうでないとミョンウォルがつらいと話すリュです。
リュはどうなんだと言うカンウに人によって愛し方は違うと言うリュ、そんな話をする理由を聞かれ、自分にはできないことをカンウだったらできるから、と…。

そうしているところにミョンウォルがいなくなってしまいます。
マンションには置き手紙を残して…。
2011081623135638481_1.jpg
カンウの方はコンサートを前に、姿を現します。
イナ父もそれを知り、自分の提案を受けたんだ、と思いますが、カンウはコンサート前のインタビューで話し始めます。
まずは、自分の本当の父親のことから話し始め、自分の全てが嘘だった、と告白。
イナと恋人関係と言うのも嘘だったと言った後、ミョンウォルの名を何度も口にするカンウ。
そして、ついに、言います。
ハン・ミョンウォルを愛しています、と…。



関連記事

この記事へのコメント

とりあえず - アルメリ - 2011年08月18日 19:03:36

イェスルちゃん、取りあえずドラマ復帰でよかったと言うしかありませんね。
ドラマが盛り上がってきたところだったので、主役交代はやめて~!と思ってました。

韓国のドラマ撮影が過酷だとは知っていますが、最後まで頑張って欲しかった。
続きが見られるのはいいことなんだけど・・・チョット心から楽しめないかも。

チャ・スンウォンさんも「最高の愛」で最後は36時間連続撮影だったと言ってましたね
俳優さんは大変ですね。
でもドラマを楽しみに待っている視聴者のために頑張って欲しいです。

アルメリさん、こんばんは。 - kirikorori - 2011年08月18日 20:11:31

ほんと・・・
とりあえず、ですね。


> 韓国のドラマ撮影が過酷だとは知っていますが、最後まで頑張って欲しかった。
> 続きが見られるのはいいことなんだけど・・・チョット心から楽しめないかも。

私も、そうなんです。
微妙にテンション落ちちゃったんですよね…。

> チャ・スンウォンさんも「最高の愛」で最後は36時間連続撮影だったと言ってましたね
> 俳優さんは大変ですね。

俳優さんの資質の第一は体力ではないかと、このごろつくづく思っています。

> でもドラマを楽しみに待っている視聴者のために頑張って欲しいです。

大変だと思うけれど、頑張っていただきたいですよね。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード