FC2ブログ

キム・ヒョンジュとキム・ソックンの「きらきら光る」53話・54話(最終回)あらすじ

こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ のなんじゃもんじゃのほうもよろしく。

*メインブログの「キラキラ輝く」のタグをクリックすると、このドラマに関する全記事が読めます。
全体のネタバレなしの感想と私の個人的な評価もそちらにあります。


アンケートも用意しました。
ご覧になった方に参加していただけると、嬉しいです。

    →「キラキラ光る」は面白かった?




それでは最後の週のあらすじです。 53話
ジョンウォンの言葉を聞いてしばらくは無言だったスンジュンですが、車を戻すように頼むのね。
グォニャンの食堂の前までやって来るスンジュンです。
でも、入っては行けないでいるのね。
窓にジョンウォンの影が映っているのを見て、電話をかけるのですが、出ないジョンウォン…。
その時、ジョンウォンの元にテボムががやって来て、ジョンウォンを連れ出します。
二人の姿を見て、慌てて隠れるスンジュンです。
花火をあげて慰めるテボム、ジョンウォンにキスするのね。
新しい愛でジョンウォンの傷を消してあげるというテボム…。
それを見ていたスンジュンはそのまま去って行きます。
271917_249461_1526.jpg

そんな時、裁判所から届く通知。
ナヒとグムランの間の親子関係の存在を認めるという知らせなのね。
でも、どちらの親ももう、そんなことはどうでもよくなっています。
ナヒはその知らせを受け、自分が娘たちにどんなにひどいことをしたのか、と後悔の言葉を口にしています。
そして、戸籍の整理についてはグムランとジョンウォンに任されることになります。

グムランはジョンウォンにスンジュンを探そうと言うのですが、仕事を一生懸命する、と言うジョンウォン。
ところが、高価な絵や本やお金を寄付してもらった、と言う養護施設の人の話をテレビでやっているのを見たジョンウォンは、それと一緒に送られた本とその段ボールを見て、スンジュンのやった事だ、と気付きます。
20110813_1313239953_21056800_1.jpg
顧客名簿を調べ、その住所を訪ねるのですが、スンジュンはもう、旅立った後です。
落胆するジョンウォンなのね。

一方、テランはまた、グォニャンと喧嘩になってしまいます。
テランはグォニャンが自分やジョンウォンがあげた化粧品は使わず、彼女たちの捨てた化粧品の残りを使う母を見て、もどかしいのね。
お母さんはどうして、そんな最悪な人生を送るのかと言うテランに、自分の人生は最悪じゃないと言うグォニャン。
娘たちがいて、グムランも帰って来て、人生最高だ、と話すグォニャンです。

早朝になって食堂に出てみると、ナムボンが準備をしようとしているのを見つけるテラン。
そこに、ジョンウォンとグムランもやってきます。
グソニヤンの失明に備え、みんなで食堂を引き継ごう、と話すのですが、お客さんが離れるのでは?との不安もあるのね。
そこでテランが、母がノートをつけてたことを思い出します。
これで大丈夫、と安心するとともに、ジョンウォンとグムランはこのノートを本にしたら?と思いつきます。
会社に出るとグムランのノートを書籍化する話を具体的に進めます。
屋上でグムランとジョンウォンの二人になると、戸籍整理の話になります。
これまで通りのファン・グムランがいい、と言うグムランにジョンウォンもハン・ジョンウォンがいい、と言って戸籍はそのままにすることを決める二人です。
そして、グムランに、自分が今、とても辛いんだと言うジョンウォン。
抱きしめて、と頼みます。
しばらくためらったのち、ジョンウォンろ抱きしめるグムラン。
互いにファイティング!と言って励まし合っています。

一方、スンジュンの母の元にはジョンウォンが通っているようです。
何も言わない母に、ジョンウォンが一方的に話している、という感じなのね。
ジョンウォンが、スンジュンのいるところを知らないかと訊いても答えないスンジュン母なのですが、実は彼女のところに手紙が来ているようです。
そして季節は冬になっています。
スンジュン母に、結局ウェディングドレス姿をグォニャンに見せてあげられなかったことでスンジュンへの恨み事を言うジョンウォン。
他の男にプロポーズされた、と言い、受けちゃおうか、なんてことも言っているジョンウォン。
お母さんもスンジュンも自分を受け入れようと思ってくれていないのに…と言うジョンウォンです。

そして、6カ月後。
グォニャンは杖をついていますが、元気に街を歩いています。
スンジュン母は出所です。
ジョンウォンは豆腐を持って待っています。
スンジュン母はジョンウォンの差し出す豆腐を受け取り、食べるのね。
だけど、あたりに視線を走らせるスンジュン母…。
スンジュンが来てくれることを期待していたのね。
でも、スンジュンは姿を現しません。
ジョンウォンはスンジュン母に一緒に帰りましょう、と言って腕をとるのですが、それを振り払う母!
でも、スンジュン母はその手でスンジュンから届いた手紙の束を取り出し、ジョンウォンに渡すのね。
そして、スンジュンを連れて来るようにと言うスンジュン母です。

54話(最終回)
スンジュンからの手紙を渡すと、そのまま一人タクシーに乗り込んで行ってしまおうとするスンジュン母なのですが、それを追って一緒に乗り込むジョンウォン。
家につくと、スンジュン母の髪を染めてやるジョンウォンです。
約束だったのね。
髪を染めながら、スンジュンの手紙を読み上げ、母に語りかけるジョンウォン。
スンジュンは海に近い場所で学生を教えているようですね。

グムランの方は担当している本の作者ナム・ソンウに振り回されています。
でも、その中で、だいぶん親しくなってきているようですね。
相変わらず、ふざけてばかりいるソンウですが…。

一方、グォニャンの本の方は完成間近のようで、食堂で写真撮影です。
家族の助けの中で満面の笑みを浮かべているグォニャンです。
そこに、スールを着込んだテボムがやってきます。
ジョンウォンが断ったにもかかわらず、まだ諦めていないようです。
20110814_1313324485_90419600_1.jpg
そんな彼に、スンジュンのいるところが分かったと話すジョンウォン。
捕まえに江華島行くんだ、と言うジョンウォンに、スンジュンが断ってもダメなのかと確認するテボム。
ごめんなさいを言うジョンウォンなのですが、スンジュンのいる近くで移動法律相談所を開催するのに行くと言うテボム。
ジョンウォンの愛も自分の愛もそこで仕上げだ、といって一緒に行くテボムなのね。
そこで、元グムランの婚約者のスンジェに会うのですが、彼、お金持ちと結婚が叶ったようで、あいも変わらず、の様子です。

そして、一人、スンジュンのいる学校(フリースクール?)を訪ねるジョンウォン。
ところが、スンジュンのことが好きな女子学生がここにいない、などと嘘を教えるのね。
でも、その時流れて来るジョンウォンの歌声。
ぬいぐるみに録音したものですね。
それを聞いて、女子学生に何で嘘をつくの、と言っているところに、スンジュンをトラックに乗せて行った人が現われます。
ここの校長先生なのでしょうか。
彼から、スンジュンのいるところを聞いたジョンウォンは海辺へとやってきます。
スンジュンは泥だらけになって生徒たちと貝掘りをしているのですが、そこへ泥に埋まるのも気にかけず、近づいて行くジョンウォン。
ジョンウォンは泥をスンジュンに賭けて怒ったかと思うと、私に会いたかったでしょう?と言います。
私が探さなかったら、自分から探しに来たでしょう、と言うジョンウォンの言葉にうなずくスンジュン。
ジョンウォンはスンジュンに駆け寄って抱きしめます。
スンジュンも今度はスンジュンの背にしっかりと手を回します。
5c9d085612ec129d3569ee8acb51b64b.jpg

サンウォンとウンジョンの息子はだいぶん大きくなっています。
サンウォンがやはり家事をしているようで、ウンジョンは編集長として会社に復帰したようです。
仕事が忙しく、結婚式も出張で出席できないって言っていますよ。
さて、出版社にやって来たウンジョンはチーム員達に、私は売れない本は作らないのだ、と言うのですが、社員達は本は商品じゃない、などと、スンジュンが以前に言っていた言葉を口にしています。
そして、ナム・ソンウの本は出版されたようですね。
ジョンウォンが販促のために、彼を放送局の番組に出すように言うのですが、頭を抱えている担当者のグムラン…。
そして、グムランとジョンウォンは以前グムランが働いていた書店にグォニャンの本の販売促進のために出かけています。
昔の後輩を見かけ、話すグムラン。
後輩は今では資格も得て、一段と仕事に励んでいる様子。
そんな彼女に、キラキラ光ってる、と言うグムランですが、後輩は自分にはグムランが輝いて見えていたというのね。
そこへやって来るジョンウォン。
ブランドを身に纏っていると輝いて見えると後輩が言うのですが、彼女が光っているのはブランド物を身につけていたからじゃなかったんだ、と言って微笑むグムラン。
201108142128451001_1.jpg

そして、スンジュンとジョンウォンの結婚式です。
06f9fb57d486ac3fb512cd9c74b12c32.jpg
スンジュン母の家の庭が会場です。
蝋燭の点火はグムランを支えるようにして、寄り添い一緒に点火するナヒ。
ソウはちゃっかりとソンイの手を取っていますし、グムランの肩には眠ったふりをしたナム・ソンウが頭を凭せ掛けていますよ。
すっかり親しくなっているのね。
13133309654631
新婦の入場ではジョンウォンは両方の父の手を取り、3人で入場です。
1313330965463.jpg
ジョンウォンはきれいでしょう、と言うグォニャンに、本当にきれい、と言うナヒ。
二人の母は育ててくれて、産んでくれてありがとう、と互いに感謝の言葉を口にして、手を取り合っています。
そして、祝歌はテボムが歌い、ブーケはグムランが受け取ります。
201108142144301001_1.jpg

さて、二人の新婚旅行の行き先は…。
スンジュンの学校なのね。
芋掘りをする新婚夫婦。
ナムボムとグォニャンもやってきているのですが、グォニャンは芋掘りの名手のようです。
感嘆する学生に、目が見えなくても、身体全体で見えるんだ、と言っているグォニャンです。

そこにグムランもやって来ました。
スンジュンとナムボンは今後のことを話しています。
スンジュンはもちろん、途中で仕事を放り投げるような人ではありませんから、この学校にしばらく残るようですが、そのあとは出版社に戻って来る考えのようです。
それまでは、ジョンウォンとは週末婚の状態になるみたいですね。
そして、ナムボンを風呂に行こうと誘うスンジュン。

少し離れたところでは、グォニャンがジョンウォンとグムランと共に楽しそうにトランポリンをしています。
20110814114126_khj_1.jpg


         完




スンジュン母があまりに凄くてどうなる事かと思ったのですが、みんながみんな幸せで、ハッピーな結末でした。
特に、ドラマとして、そうならなければ困ったことになっちゃうのですが、ジョンウォンもグムランもキラキラ光っていられてよかった!
グムランの恋はまだこれからっていう感じですが、始まっていますよね。ブーケも受け取ったし。
最後に無理矢理誰かとハッピーエンドにするのでは?と危惧したのですが、納得できる程度の次の恋でした。

サンウォンとウンジョンも結局、サンウォンは専業主夫でウンジョンが外で働くことになったのね。
こういう選択があるのもいいなと思います。

それにしても、スンジュンとジョンウォンらしい「新婚旅行」でしたね!

ふつう、50話ぐらいの家族もののドラマでは、ドラマの中盤あたりでヒロインが結婚し、その後苦労することになるのですが、ジョンウォンは問題を全部解決して結婚にたどりつきましたね。
その分、嫁対姑ではなく、人間同士の戦いとなって、さわやかでした。
何があっても諦めないジョンウォン、やはり、パワーがありましたね。
50話を越える長さは、長くも感じられるのですが、彼女の楽天的な戦法を絵空事ではなく思わせるためには必要な話数だったと思います。
そのパワーが周りの人たちをみんな幸せにするという、このドラマの主題も気持ちの良いものでした。








関連記事

この記事へのコメント

- とっこさん - 2012年12月30日 00:03:55

kirikoroさん、お久しぶりです。

見終わりました。

いちおう恋愛がからんでいますがラヴストーリーではないし、家族愛のホームドラマでもない。枠をこえてましたね。人間賛歌といったものをジョンウォンを通じて感じました。

キム・ソックンが『千秋大后』に出ていた人だと、だいぶたって気づきました。『千秋』は、ちゃんと見たわけではないのですが、彼のことは覚えていました。千秋大后を踏み台に自分の夢へと突き進むはずが、いつしか千秋大后を愛しているといった設定でしたが、どこかうさんくさい(笑)印象で嫌いでした。このドラマでは、うってかわって、まじめで誠実な人を演じてましたね。彼は、時代劇がメインの人ですか。時代劇は独特のふしまわしがあって、それにあわせて、少し、首を振る人がいますが、ソックン、このドラマでも、長台詞のところ、時代劇みたいになってませんでしたか(笑)?あと、居候の法学生が、めがねをとったらイケメンでびっくりしました。

よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。

Re: タイトルなし - kirikorori - 2012年12月30日 12:45:57

とっこさん、お久しぶりです。

>人間賛歌といったものをジョンウォンを通じて感じました。

そうでしたね。
ドロドロになりそうな要素が満載なのに、そこにブレがなかったのがいいところだったと思います。

>時代劇は独特のふしまわしがあって、それにあわせて、少し、首を振る人がいますが、ソックン、このドラマでも、長台詞のところ、時代劇みたいになってませんでしたか(笑)?

わあ、よくご覧になっているんですね!
私はまるで気づいていませんでした。
機会があったら、そのシーンチェックしてみたいです。

キム・ソックンの出演作はほとんど現代もののようですね。
私は「幸せな女」「トマト」「シークレットカップル」などでお目にかかっています。

今年も残すところ、あとわずかになりましたね。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

よいお年を!

- イグアス - 2013年01月01日 15:45:23

明けましておめでとうございます。
さっそくこちらへご挨拶にまいりました。

kirikororiさま、今年もお世話になります、よろしくお願いします。
きらきら‥最後までぐ、ぐっと引っ張られました良かったーー

ずーっと前「トマト」を見てハマり、ソックンが気になり‥‥
あれから十数年ーーはたして彼は??歳月の流れを感じましたが
スマートで端正なお顔、今風ではないかもしれませんがオトコマエです。 
トマトの時は良かったーー清潔感、好青年、、、

トマトの文字になつかしく「おっ!!」と反応してしまいました。

ちょっと嬉しかった‥
今年もkirikororiさまに期待して応援致します。

お元気でご活躍されますように!!!(^^)!





Re: タイトルなし - kirikorori - 2013年01月01日 18:36:11

イグアスさん、明けましておめでとうございます。

私は「トマト」の時は、あんまり印象になかったんですが、「きらきら」を見た後、ちょうど同じころの「青春の罠」の彼を発見!
余りにも若くて華奢な彼にびっくりしました。
イ・ジョンウォンがあんまり印象が変わってなかっただけに、いっそう驚きました。

> スマートで端正なお顔、今風ではないかもしれませんがオトコマエです。 
> トマトの時は良かったーー清潔感、好青年、、、

いかにも好青年って感じですよね。
私はもうちょっと色気がある方が好みなのですが…。
でも、「きらきら光る」は彼の個性の光るドラマでしたね。

昨年はありがとうございました。
どうぞ、今年も、よろしくお願いいたします。

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード