FC2ブログ

「きらきら光る」51話・52話あらすじ

こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ のなんじゃもんじゃのほうもよろしく。





このドラマもいよいよ来週には結末を迎えます。
今週はようやく、事態は収拾に向かいましたが、まだまだこれからですね。

今週になって最後の重要人物となるらしい役でユン・ヒソクの登場です。
「90日、愛する時間」のヒロイン夫や「マイスウィートソウル」でヒロイン幼なじみを演じた人です。


それでは、あらすじです。


201108062057181001_11.jpg
51話
山中の穴の中で目を覚ますジョンウォン。
驚くものの、状況を理解すると、原本は自分の手にあるのだ、と自分に言い聞かせ、落ちついて闇金業者に対応します。
こんな深い穴を一人で掘るなんて、と感嘆してみたり、涼しいから、ここに来れば、なんて言ってみたり…。
闇金業者は土をかけたりして、ますます脅しをかけますが、そんなところでジョンウォンの携帯が鳴るのね。
グムランからですが、電話を切ってしまう闇金業者。その隙に男の靴を脱がせて、靴なしに下山するのは大変だ、などと言うジョンウォンです。
201108062057181001_1.jpg

グムランの方は家の前でスンジュン母の元用心棒のガンスと出会います。
ジョンウォンの事を心配してスンジュンが寄こしたのね。
グムランが電話をしたけれど出なかったと聞き、もう一度かけてみるようにと言うガンス。
再び鳴りだした携帯を闇金業者は放り投げるのですが、その拍子にスイッチが入ったようで、グムランの声がします。
それを聞いたジョンウォンは素早く拉致されたことを伝えます。
電話で報告をを受け、呆然とするスンジュン。
でも、上手く場所を伝えることができたのね。グムランが以前に埋められそうになったところのようです。
すぐさまそちらに向かい、逃げようとする闇金業者を捕まえるガンス。
グムランはジョンウォンの元に駆けつけますが、ジョンウォン、穴から出ようと足がかりを作っているところ。
グムランの差し伸べる手に捕まって脱出すると、本当にありがとう、と心からの感謝を伝えるジョンウォンです。
グムランの方はそれを聞いて、本当にごめん、自分が悪かった、とこちらも心からの謝罪をするのね。

スンジュンは母親に、先日の犯人が捕まった、と言って、一緒に警察へと連れて行きます。
警察の方は母親は呼んでいない、と言うのですが、スンジュンが母は自首しに来た、と言うのね。
そこへ、闇金業者を連れてガンスがやってきます。
201108070820421001_1.jpg
知らない人だとしらを切ろうとするスンジュン母。
そこにジョンウォンも入って来ます。
ところが、拉致じゃない、この人はお義母さんになる人だと言い、一緒に家へと帰るジョンウォンです。

一方、グムランはその後すぐ、契約書の原本をナヒに渡しているのね。
原本を手に警察へとやってきているナヒです。
グムランはジフンのところへとやって来ています。
ジフンは、赦しを乞うグムランを赦すと、グォニャンに尽くすように言い、また、出版社に戻るようにと言います。
辞表を出したと言うグムランに、責任はそんな風に取るものじゃない、と言い、自分の人生が見えない時には他の人の人生を見て学ぶんだ、と本から学ぶように勧めるジフンです。
そんな時、ウンジョンは陣痛が始まります。
サンウォンと共に病院へとついて行く二人、そして、赤ちゃんの誕生です。

スンジュン母の方は家に帰って来て不貞腐れたように寝ています。
水を持って来るジョンウォンなのですが、コップを投げつけるスンジュン母。
ジョンウォンは指を怪我してしまいます。
それでもめげず、ビビンバを作ったから、と言って食卓で待つジョンウォン。
でも、現われない母にしびれを切らし、食べ始めるジョンウォンです。
そこに薬を持ってやって来るスンジュン。
そして帰るようにと言うのですが、お母さんの部屋に泊って行くというジョンウォンです。
スンジュンは母の部屋へと入り、誰かが訴える前に自首するように勧めるのですが、100回訴えても100回抜け出すと言う母。
そして、グムランが来るから、いっしょにご飯を食べるように言う母です。
ジョンウォンに帰れと言う母なのですが、ジョンウォンは自分も一緒にご飯を食べると言い張っています。
そして、約束を守ってくれると信じていると言うジョンウォンに、じゃあ、今度はジョンウォンの手で訴えろと言うスンジュン母です。
そこにやって来るグムラン。
母親はもう、信じられる人はグムランだけだ、と言っています。
顔を合わすジョンウォンとグムラン。
グムランはアンネの日記、私も読んでみようかと思うんだけど、と言い、ぜったい読め、と答えるジョンウォン。
その短いやり取りで、グムランの意図を感じ、ジョンウォンは安心したようです。
そのまま母の部屋へと入って行くグムラン。
やって来たグムランに、ジョンウォンが持っている原本を盗むように言うスンジュン母。
ところが、もう、ナヒの手に渡った事を伝えるグムラン。
そして、指輪を返し、ジョンウォンの気に入らないかもしれないけれど、ジョンウォンに渡すようにと言うグムランです。
なぜかを問うスンジュン母に、もう嫌になったとグムラン。
スンジュン母の嫁になるより、母親になりたいと言い、自分の子供にはスンジュンのような目に遭わせたくないからと答えるグムランです。
続けて、お母さんのおかげで自分が母になる大事な人間だと気付いたと言うグムランなのね。
それならば小切手は置いて行け、と言うスンジュン母に慰謝料のつもりだった、帰して欲しかったら盗難届を出すようにと言うグムランに苦虫をかみつぶしたような顔をするスンジュン母です。

一方、自分が目の見えなくなった時に備え、ノートにいろいろ書いているグォニャン。
そこにやって来たテランがそれを見て、裏金の帳簿?なんて言うのね。
そうだと誤魔化すグォニャンですが、そのノートを見たがるテラン。
とうとう取り上げて中を見るのね。テランにも、失明することを知らせるグォニャンです。
でもまだ、テラン夫とミランは知らないのね。
明るく親孝行旅行のパンフレットなどを見せています。

ジョンウォンは宣言した通り、家に泊るのね。
スンジュンに着替えの服を借りに行くのですが、やはり冷淡なスンジュン…。
さすがにちょっとこたえるジョンウォンですが、母の部屋に入ると寝ている母に布団を被せ、眼鏡を外してやるジョンウォンなのね。

そして朝。
朝食準備をしているジョンウォンを見つけ、追い出そうとしているスンジュンなのですが、そこにやって来る刑事たち。
詐欺の容疑で警察まで同行するように言う刑事ですが、スンジュン母は余裕の笑顔。
何も言わないスンジュンに代わり、誤解だ、と抵抗しようとするジョンウォンなのね。
そのころ、スンジュン母の財産を隠した倉庫からは火の手が挙がっています。火事で次々と中の物が燃えて行っています…。

52話
スンジュン母を連れて行こうとする警察を邪魔しようとするジョンウォンなのですが、スンジュンは一緒に行こう、と母を促します。
警察で顔を合わせたナヒに、刑務所に行くことはない、拘置所からもすぐに出られる、と余裕の表情を見せるスンジュン母です。
母を置いて部屋を出たスンジュンに、母を訴えた事を謝るナヒ。
スンジュンはナヒがしなければ自分がそうしていたから、と、すまなく思わないように言います。
続けて、ジョンウォンの事を心配するナヒに、心配なさるようなこと(=結婚)はないと言い、出版社のことについては辞表を書いて来たことを話します。
そこにやって来るジョンウォン。
ナヒを見つけると、誤解だったと言って訴訟を取り下げてくれるように頼むジョンウォンなのですが…。
ナヒはサンウォンたちに息子が生まれた事を話し、ここにいても何もできないから、病院に一緒に行こうと言うのですが、病院には明日行く、と言って動かないジョンウォンです。

拘置所に入っても自信満々な顔をしていたスンジュン母ですが、テレビのニュースで火事の事を知り、さすがに取り乱します。
そのころ、スンジュン母のいではスンジュンがガンスと共に、母の仕事用の机を片付けています。

一方、グォニャンの目のことは家族がみんな知ることになったのね。
そのことを聞いてまず、自分の心配をし、恥ずかしいだなんて言うミランをたしなめるグムラン。
だけど、失明を知って真っ先に逃げ出したのはグムランじゃないか、と喧嘩になるのね。
そんなところに帰って来たジョンぅウォンが家に入る前に、散歩に連れ出すテボム。
家族がグォニャンの目の事を知った事を伝えます。
どっちみち、知らないといけないから、むしろ良かったというジョンウォン。
そんな彼女に来年の夏、告白してもいいか?などと訊いているテボム…。
1312728293531.jpg
家に戻ったジョンウォンは、みんなに、母の失明に皆がどう備えるべきかを話すのですが、一日中誰かがそばについていないと、と言う話を聞いて怒りだすテラン。
他の人は働きに行っているので、結局は自分にしろと言うことじゃないか、と言うのね。
自分はしない、他の人で何とかしろと言い、この家を出て行くと言い始めます。
そのテランの言葉に、逆に怒りを爆発させるのが、テランの夫です。
出て行くんだったら一人出て行け、と言う夫に、テランは娘を連れて出て行くと言うのね。
これを聞いた夫は離婚を口にして、また、娘を置いて行け、と争いになってしまいます。
そこに帰って来たグォニャンとナムボン。
しばらく呆然と立っていたのですが、ミランが彼らが帰って来たのに気付きます。
テランはさすがに決まりが悪い様子なのですが、ナムボンは子供たちに怒りをぶつけ、みんな必要ないから出て行け! グォニャンは自分が守ると言うのね。
それを聞いていたグォニャン、子供には迷惑をかけたくない、とどこか田舎で二人で暮らそう、なんて言っています。

翌朝、会社に来てスンジュンの辞表を見つけるジフン。
そして、グムランもジョンウォンと共に久しぶりの出社です。
でも、入り口で立ち止まるグムラン。
ジョンウォンにどんな本がいい本なのかを聞くのね。
ジョンウォンの、自分は自分の子供がその本を読むことを考えて本を作るという言葉を聞くと、心を決め、自分の部署へと向かっていきます。
ジョンジョンの方はネット書店が順調なのね。
喜んでいるのですが、ふと、新入社員が食べている飴に目を止めます。
事務所にあった、と言う社員の話でスンジュンだ!と気付いたジョンウォン。
201108080721571001_1.jpg
ジフンの部屋へ行ってスンジュンが辞表を出したことを知ります。
席に戻ってみると、スンジュンが最後に削って行ったと思われる鉛筆…。
電話をかけるのですが、繋がりません。
スンジュンは携帯も解約するつもりなのね。ジョンウォンの電話と知りつつ電源を切り、業者に引き渡しています。

スンジュン母は検事に便宜を図ってもらおうとするのですが、法に従い原則通りにする、と言う検事。
スンジュンが以前、かけあった検事ですね。
そこにスンジュンがやってきます。
火事はお前がしたんだろう、と言う母に、何のこと?と答えるスンジュン。
だけど、あの倉庫にはガンスが忍び込んでいましたからね…。
そして、冷蔵庫にあった秘密帳簿は自分が持っている、と話します。
あれが公になれば母親は一生出て来られなくなるから、と母親の運命は自分が握っている事を話すのね。
自分はいい息子になるから、罪を償い出て来るようにと話すスンジュンです。

一方、グムランのところにはグムランが担当することになった本の作者がやって来ています。
すでに知恵の森で何冊か出版している人で、今までジョンウォンが担当していた人なのね。
ジョンウォンが移動になったと聞いても、ジョンウォンじゃなきゃいやだ、と言っているかと思うと、ジョンウォンがプロポーズを受けてくれたら…なんて言い出す男。
20110808_094921961047_0.jpg
グムランが彼をジョンウォンのところに連れて行くと、男は指輪を受け取ってくれ、とジョンウォンの手を取ります。
びっくりしているグムランなのですが、男が指にはめたのは指輪型のキャンディー。
元気のないジョンウォンを元気づけている様子の男です。

そして、ジョンウォンは再びスンジュンの携帯に電話をかけ、スンジュンが携帯も解約してしまったことを知ります。
仕事を終えるとスンジュン母の家に駆けつけ、ベルを何度も鳴らすのですが、誰も出て来ません…。

そのあとスンジュンはどこか地方へと行くようで、バッグ一つを持ってトラックに乗り込んでいます。
20110807_1312721776_24475800_1.jpg
ジョンウォンの方はテボムと一緒に思いっきり辛いちゃんぽんを食べさせる店に来て、一番辛いちゃんぽんを頼むのね。
驚いて理由を尋ねるテボムに、泣くために、忘れるために、と話すジョンウォン。
スンジュンがどこかに行ってしまった、と言い、赦せない、と言っているジョンウォンです。

トラックに乗っているスンジュンは手が鞄に触れた時にジョンウォンの声が録音されたぬいぐるみのスイッチが入るのね。
自分を残してどこかに行ってしまったら赦さない、戻って来て、と言うジョンウォンの言葉が流れてきます…。




残りあと2話でどこかに去って行こうとしているスンジュン…。
ドラマの性格上、二人のタブラインもハッピーエンドだと予想しているんですが、どうなるんでしょうね?
来週、どういうラストを迎えるのか、楽しみです。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード