FC2ブログ

キム・ソナ、イ・ドンウクの「女の香り」1話~4話あらすじ

先週、新しい週末ドラマの紹介で少し触れましたが、このドラマ、面白くなりそうなので、あらすじも書くことにしました。

ドラマの初めの方に海外ロケのシーンを持ってくることが多いのですが、このドラマでは沖縄です。
たいがいのドラマでは、まだ主人公たちが仲良くなっていない段階で無理矢理ロマンチックなシーンを持って来ている感じがして不自然な事が多いのですが、このドラマはなかなか自然にとりいれられていると思います。

そして、驚いたのは、4回に出て来たこの人。分かります?
2011073101002627100225341.jpg
20110731010026271002253411.jpg
私は、すぐにはわかんなかったんですが キム・グァンギュさんだったんですね。
普段の姿はこんな人。
200810111246181001_1.jpg
カツラは偉大だ…。
でも、髪があるとあまり個性は感じないので、役者としてはハゲが武器になっている人なんですね。

それでは、あらすじ行きます。



出演者
キム・ソナ(イ・ヨンジェ)、イ・ドンウク (カン・ジウク)オム・ギジュン(チェ・ウンソク)、ソ・ヒョリム(イム・セギョン)、ナムグン・ウォン(イム・ジョンヒ)、シン・ジス(ヤン・ヒジュ)

1話
旅行会社ラインツアーの手配チームの平社員イ・ヨンジェは34歳。
なんだか、部長に、皆のミスを都合よくかぶせられる立場のようですね。
お得意様の希望の車を借りるため探しまわるのですが、その車が何と、自分の会社の前に止まり、その車を運転していた男が会社の人間だと知ります。
その男がカン・ジウク。
社長の息子で、今日から本社の戦略企画本部長として赴任することになります。
かっこいい彼の姿にほれぼれとするヨンジェ。
ところが彼女、タクシーに乗っていて軽い接触事故に会うのですが、その検査のために行った病院で腫瘍が発見され、組織検査を受けるよう言われます。
彼女を診断した医師はチェ・ウンソクと言ってヨンジェの小学校時代の同級生のようです。
ヨンジェは親しげに話しかけるのですが、他人のふりをしたがるウンソク。
ヨンジェ、ウンソクがウンチを漏らしたことをネタにした愛称で未だに呼びかけていますから…。

さて、ヨンジェは会社の超VIPのテナー歌手の接待をするのですが、つぎつぎに起こるアクシデント。
そして、彼の指輪がなくなったと言って怒って公演もしないで帰るVIP。
その彼女を泥棒だと決めつけ、激怒するのはイム・セギョン。
彼女、カン・ジウクの政略結婚の相手なのね。ソジングループという財閥家の末娘です。
セギョンはヨンジェの言うことには全く耳を傾けず、平手打ちです。

その後、なんとか病院に駆け込み組織検査を受けるヨンジェ。
でも、結果は最悪です。
胆のう癌の末期で、余命はケースバイケースと言うものの、教科書的には6ヶ月…。
呆然とするヨンジェです。
201107240759581001_1.jpg

翌日会社に行くと、自分が盗んだわけでもないのに、セギョンに謝るように言われるヨンジェ。
耐えかねたヨンジェは部長の顔に辞表を叩きつけます。

2話
部屋を出たヨンジェはセギョンを見かけ、呼びとめます。
そして、セギョンに平手打ちを喰らわせ去っていくヨンジェです。
セギョンはジウクの父に彼女をクビにするように頼むのですが、もちろん、ヨンジェは辞表を出した後で地団太を踏むセギョンです。

このセギョン、愛する男の仲を父親の手により引き裂かれ、彼に被害が及ばないようにとジウクの結婚も承諾したようなのですが、この相手の男と言うのがとんでもない悪党だったようです。
彼、セギョンとの写真をネタにセギョン父から大金をゆすっていたのね。
父親はそんな男と娘が知るのが不憫で教えていなかったのですが、会社に来ていた男と会ってしまったため、父親が事実を話し、ショックを受けます。
お酒を飲みに行ってそこにジウクを呼ぶのですが、思い通りには動かないジウク。
セギョンはお金で自分の思い通りに動く男を呼ぶのですが、彼に代理運転代だとお金を渡し去っていくジウクです。

ヨンジェの方は父を早くに亡くしたために母一人子一人なのね。
贅沢もせず、小金をためて生きて来ていたのですが、このまま死ぬのはあまりにも惜しい、と思い始めます。
そして、父もやはり癌で亡くなっているのね。
母親の性格を知っているから、ヨンジェは母にも打ち明けられないまま、父の墓に自分の気持ちをぶつけています。
そして、満期を迎えた定期預金。
ヨンジェは沖縄への海外旅行を決めます。
綺麗な服も買って、キレにお化粧もして出かける、人生最初で最後になるであろう海外旅行…。
チケットを取ろうとすると、エコノミーは満席で翌日まで待たねばなりません。
初めはそれまで待とうと思うヨンジェなのですが、思いなおし、ファーストクラスで出発です。
その上、ホテルはホテル側のダブルブッキングでランクアップした部屋に泊れることになるヨンジェ。
そのダブルブッキングで先に部屋に入っていた男と顔を合わすヨンジェなんですが、どうも、この男、やくざのようですね。

素敵な旅に素敵な宿! この上男がいれば言うことないのに、と思うヨンジェなのですが、そこに現われるジウク!
彼を見つけると、隠れながら、彼の後をつけ始めるヨンジェです。
269840_246182_249.jpg
ところが、ヨットに乗り込んだジウクをつけて行ったヨンジェに、いきなり、ミス・リー?と声をかけるジウク。
驚きながらも、はい、と答えるヨンジェ。
その時ヨットが揺れて、転びそうになるヨンジェを抱きかかえる形になるジウクです。

3話
もちろん、ジウクは人違いをしているのね。
観光課の手配したガイドと間違えてたようです。
やがて、そのことに気付くヨンジェなのですが、そのまま誤解されたままにしておくヨンジェ。
あちこちを案内するヨンジェに、最初は観光ポイントをチェックするだけで済まそうとしていたジウクですが、何でも自分でやってみて初めて、旅行商品も開発できると言うヨンジェの言葉に納得するジウク。
そうは言っても、なかなか乗りきれないジウクですが、それでも何だか、二人の観光名所巡りはデートのような雰囲気になって来ます。
201107302233251001_1.jpg
ところが、ジウクがスリに財布を掏られるのね。
現金とカードしか入っていないと言って追わなくてもいいと言うジウクなのですが(汗)追い掛けて行くヨンジェ。
釣られてジウクも追いかけることになります。
ところが、そこで撮り逃がしそうになったところに、ヨンジェとホテルの部屋をダブルブッキングされた客を見かけ、捕まえてくれるように頼むヨンジェ。
おかげで無事に財布を取り戻すことができます。
こうして一日の日程を楽しく終えた二人なのですが、ホテルに戻ったところに来ている本物のミス・リー…。
結局ばれちゃうんですが、ヨンジェの方からわざと近付いてきた訳ではなく、最初に誤解したのは自分の方だと気付いたジウクは特に咎めることはしないものの、翌日は正規のガイドと行動することになり、そこで別れる二人です。

一人で部屋に戻ったヨンジェは眠れなくて散歩に出ます。
チャペルでは、結婚式の準備をしているカップルがいます。
それを、スリを捕まえてくれたヤクザが見ているのね。
声をかけるヨンジェなのですが、そのまま無言で行ってしまうヤクザです。
そのままプールサイドへと来たヨンジェはそこでジウクと偶然また会います。
ヨンジェはジウクに、明日は昨日みたいな態度で見て回らないようにとアドバイスをするのね。
その旅行は生まれて初めての旅行の人もいれば、死ぬ前の最後の旅行になる人もいるかもしれないと言うヨンジェです。

翌朝、ジウクはホテルのロビーで正規のガイドのミス・リーと待ち合わせるのですが、彼女、ダイビングスポットに行くと言うのに、濃い化粧。
自分はもちろん潜らない、と言う彼女ですが、そこに通りがかるヨンジェ。
ジウクは彼女を呼び止め、ヨンジェの方が面白そうだ、と、その日もヨンジェにガイドをお願いすることにします。
仕事とはいえ、すごく楽しくて、こんな日が来るとは夢にも思わなかった、と話すヨンジェ。
こんな日ってどんな日?と訪ねるジウクに自分が誰だとか、何をして生きているだとかをみんな忘れてしまう、そんな日だ、と答えるヨンジェ。

そして、昨日のチャペルのそばを通りがかるのですが、中では結婚式が行われていて、外には昨日のやくざの姿が…。涙を流しています。
そんなところに、昨日のスリが親分らを連れてやって来ます。
それを見かけたヨンジェは昨日のやくざを探しに来たんだ、とジウクを連れ、ヤクザに知らせに行きます。
ここで暴れるわけにはいかない、と逃げだすヤクザですが、ジウクとヨンジェもその一味のように思われていて、逃げざるを得ない状態になっちゃうのね。
何とか船に乗り込み、逃げ切る3人です。
ヤクザの昔の知り合いの家に行き、ホテルに戻れない二人もそこに泊ることになるのですが、一部屋しかない、と言われ、しかも蒲団は一組み…。
まあ、上下の蒲団を一枚ずつ分け合って使うのですが。
201107302259381001_1.jpg
ところで、25年前に彼らを追いかけて来た組に所属する男が死んでいたのね。
事故だったのですが、ヨンジェ達と逃げたやくざが殺したと組の親分は思っていて、東京へと逃げざるを得なくなったようです。
でも、娘の結婚式で帰って来ていたのね…。

一方、ヨンジェに余命宣告をしたウンソクはヨンジェにだけ冷淡なわけではなさそうです。病院でも人情味にかける医者として有名なようですね。
抗癌剤で延命していた患者が抗癌剤の効果がなくなった途端に抗癌剤の打ち切りを言い、お金なら出すから続けてくれと言う家族の話にも耳を傾けません。
そんなやり取りを聞いてしまった患者本人が倒れて亡くなってしまうのね。
患者が倒れたことと、抗癌剤の打ち切りは関係がないのですが、そういう経緯ですから、遺族は誤解してしまい、ウンソクは困った立場に立たされています。
そして、彼は先輩医師からヨンジェに新薬を使って治療するように説得するように言われているのですが、看護師から何度連絡させても出ないヨンジュ。
看護師はウンソクから余命宣告を受けたヨンジェがウンソクの事と思われる恨み事を聞いていて患者の身を案じています…。、

朝になり、散歩に出たヨンジェは夢に見た景色の場所を見つけます。
この場所を探そうとやって来たんだと言うヨンジェ。
にわか雨にあってはしゃぎ、幼い頃の話をして、ヨンジェは父がすでに亡くなったことを、ジウクは母がなくなっていることを話し、急速に親しみを感じ始めているようです。
ビールの早飲み大会に出て優勝して記念品のネックレスをもらうヨンジェ。
上手くつけられないヨンジェに代わり、ジウクがつけてくれます。
そして、楽しい時間を送った二人なのですが、ホテルに戻って来ると、そこにジウクの婚約者のセギョンが来ています。
ジウクの父親と話していて、ジウクが出張に行ったと聞いたセギョンがやって来たのね。
一緒にいる女が自分を平手打ちにした女だと気付き、腹を立てている様子のセギョン、あんた何!といきなり怒鳴っています。
201107312215571001_1.jpg

4話
セギョンはジウクが出張を言い訳にして下っ端社員を連れて旅行している、と思ったのね。
それを聞いていて、ヨンジェが初めて社員だったと知ったジウクはまた、ヨンジェが自分の事を知った上で誘惑しようと近づいて来た?と誤解します。
それを聞いたセギョンは盗んだ指輪を売って変身してジウクに近付いたのね、とまたもや指輪の事を持ち出し、決めつけています。
偶然会ったと言うヨンジェですが、自分でも信じてもらえないような話だ、と思うのね。
楽しいご旅行を、と言って去っていきます。
海岸を歩いているとタンゴを踊る老夫婦?と思われる人影。
それを見ているヨンジェなのですが、誘われて、自らも踊ります。
2011073101002615000223851.jpg
踊りながら、愛する人に出会って長生きしたい、そして母を見守り、結婚して子供も産みたい、と泣くヨンジェです。
翌日帰国するヨンジェなのですが、記念品にもらったネックレスを忘れて行くのね。
ジウクがチェックアウトしようとしているところに持って来て、会う機会があるならば渡してくれるようにと頼まれるジウクです。
最初は断ろうとするのですが、思いなおしてそれを持って帰るジウクなのね。
ヨンジェの方は家に戻ってみると、洗いものはそのまま洗い桶に溜まっているし、生ゴミを捨てる箱は蓋が開いたまま…。
ヨンジェは自分が逝った後の母親が心配でたまりません。
そんなヨンジェの元にジウクから電話がかかり会いに行くヨンジェ。
PS11080100004.jpg
ネックレスを渡すと、ヨンジェに、沖縄で出会ったときとはまるで違う、と言うジウク。
自分好みにだと思う恰好をして近づいて来たのか、とそして、そのために指輪を盗ったのか、と…。
ヨンジェはこの姿が自分の本当の姿で、沖縄ではまるで違う姿をしていたのには理由があるからだ、と言うものの、理由については言いません。
そして、自分にとって職場はとても大事なもので長く務めたかったのだ話すヨンジェ。
そんな疑いをかけられるような事をする訳がないと言うと席を立つヨンジェです。
ところが、店を出たところで腹痛を起こし、倒れてしまうのね。
ジウクに病院まで運ばれるのですが、保護者の方?とウンソクに訊かれ、関係ない人だと、病気の事を知られたくないヨンジェは追い返すようにして帰します。
せっかく連れて来たのに、と邪慳に扱われ、気分を害しているジウクです。
ところで、ヨンジェの腹痛は、検査の結果…便秘だったみたい(汗)
でも、倒れた時には本当に不安になったヨンジェ、退院時には、抗がん治療を受けることに同意します。
そして、ノートに死ぬまでにすることをリストにして書くヨンジェ。
20110731_1312122494_66583700_11.jpg
母を一日一回笑わせること、自分を苦しめた奴らに復讐、食べたい物も着たい物も我慢をしない、タンゴを習うこと、そして…。
全ての事を愛する人と共にすること、最後には愛する人の胸で目を閉じる、と…。

さっそく、タンゴ教室に行ってみるヨンジェなのですが、そこで、皆のあこがれの先生を見て、驚きます。
会社で一緒に働いていたユン課長なのね。
カツラをかぶって大変身です。
ユン課長、このことは秘密に、なんて口止めをしています。

ジウクの方はヨンジェの元同僚たちを食事に連れて行き、ヨンジェの事を聞くのですが、何もかもヨンジェに押しつけていた部長はヨンジェの悪口ばかり。
だけど、実は、こうしている間も、チームでは、ヨンジェでなければ解決できない問題を抱えているのね。
あんなに言いたい放題言っていた部長も何とかヨンジェの力を借りたいようです。
ヨンジェの友だちのヘウォンに電話をさせてヨンジェを呼び出すのね。
助けてくれという部長に辞めた会社の心配までしている余裕がないと言うヨンジェ。
お金を出すから、という部長に、百万でも嫌だ、と言い、膝ますいて謝りでもしたら別だけれど、私はすごく忙しいのだと言います。
それをジウクが聞いていたのね。
美容院に行く暇があるのに?と嫌みを言った上に、話を誤解して、結局は金かと言うジウク。
話をよく聞いていらっしゃらなかったようですが、先に謝ってくれるようにと言ったのだ、と言ってそのまま帰るヨンジェです。
ジウクは部長に、昨日はヨンジェの事を何の役にも立たない下っ端社員だと言ったのに話がおかしい、と全ての資料を持って来るようにと命じます。

一方、セギョンはヨンジェが気に入らないのね。
指輪を失くした件でヨンジェ個人を相手に訴訟を起こすつもりのようです。その額なんと三億です!

ジウクはヨンジェならば説得できるという人に会いに行っているのね。
そして、何でヨンジェならばOK出来るのかを聞いているジウクです。

部長の方は意地でも謝りたくはなかったのですが、仕事上やむを得ず、謝罪に来ます。
でも、その場の口先だけでの謝罪では納得できないヨンジェ、会社に共に行きき、チーム員の前で尻文字で名前を書かせようとするのね。
20110731_1312122494_66583700_1.jpg
彼女なりの復讐なのね…。
ところが、そこにジウクがやってきます。
そこで、これ幸いに、ヨンジェがとんでもない要求をして来る、と訴えるのですが、そのとんでもない要求を聞かなければならないようだ、と言うジウクです。



涙もろい人は、もう、泣いているんでしょうね。
私は、まだまだです。

死ぬまでにやっておく20の事…。
30代だとそうだろうなあ、と思います。
まだまだこれから、と思っている時に死の宣告を受けるのは辛いだろうな、と思います。

結局このドラマも「私の期限は49日」と同様生の意味を問い直すドラマになる感じですね。


関連記事

この記事へのコメント

次が早く見たいです! - erimari - 2011年08月04日 08:37:07

お久しぶりです。
帰ってきた イ ドンウクのドラマ!~そして、大好きなラブストーリーなので
すごく楽しみにしていました。
キム ソナは好きな女優さんではないけれど この内容を上手く演じるには
美人すぎる女優よりも適役かもしれませんね。とてもいい感じです!

これから どんどんせつない内容になりそうですけど・・
楽しみです!
あらすじも楽しみにしています。よろしくお願いします!

erimariさん、お久しぶりです - kirikorori - 2011年08月04日 13:55:44

このドラマ、いい感じで始まりましたね。

イ・ドンウクさんは「パートナー」での彼の演技がとてもよかったので、とても楽しみです。
キム・ソナさん、彼女のユーモラスな部分が、重くなりがちなストーリーを和らげてくれそうで、やっぱり敵役なのかな、と思います。
このヒロイン、もうすでに、いろんな顔を見せてくれていますけれど、演じるのが難しそうな役ですね。

> これから どんどんせつない内容になりそうですけど・・

切なくなりますよね~~。
でも、前向きな、いい話になりそうで、期待しています。

また、よろしくお願いします!

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード