スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティーハンター」7話~10話あらすじ

このドラマ、イ・ミノくんがかっこいいんですけど、お話的にも、復讐のために動くアクションのシーンとラブモードの部分のバランスがいいんですよね。
どちらも無理なく楽しめます。

それでは、あらすじです。


201106152224461001_1.jpg
7話
ホテルに一緒にいるユンソンとセヒを見て固まっているナナに隣室の事務官が声をかけます。
本来ナナが訪ねるべき部屋だったのは、こちらだったんですね。
書類を受け取り、誤解したまま行ってしまうナナ。
あとから来たヨンジュも誤解して怒っちゃうのですが、セヒが説明しています。
だけど、不機嫌なままのヨンジュ。
そして、その後、ユンソンがいくら電話しても出ないナナ…。

ユンソンは父に呼ばれて行くのですが、そこに、ヨンジュ達検事がやって来ます。
事件を追うヨンジュ達は、足の悪い男をマークしていて、それがジンピョだと分かり、捜査に来たのね。
ユンソンとシクジュンが姿を隠す中、ジンピョの指紋を採取するヨンジュ達。
でも、ジンピョはそんなことは予想済みで、指紋をカバーする対策をとっています。

家に戻ったユンソンは、ナナに事情を説明しようとするのですが、話を聞かないナナ。
ナナの方はユンソン母と親しくしているようですね。
帰って来る時にユンソン母の店に寄ったのですが、その時、いろいろおかずを持たせてもらっていたのね。
そのおかずの入っていた容器を返しに行くのですが、そこについて行くユンソン。
ところが、ユンソン母は体調が悪いようで、倒れてしまい、彼女を負ぶって家まで送って行くユンソンです。
その姿をジンピョが見ていますよ。
ジンピョはユンソン母のところに会いに行き、息子は元気だ、と伝えるのですが、ユンソンと会わせるつもりはなく、嘘の名前を教えるジンピョです。

さて、ターゲットのヨンハクの三男が、父親を警護しているナナに目をつけたようで、ちょっかいをかけようとするのね。
シクジュンから話を聞くと飛んで来て、ナナを連れ帰るユンソン。
だけど、それで気持ちが収まらない三男はユンソンに怒りを感じているのね。
そして、ユンソンは大統領から頼まれ、仕方なく大統領の娘の家庭教師を引き受けるのですが、家庭教師が終わった後にご飯に誘っても乗って来ないユンソンに腹を立て、クラブに行く大統領の娘。
もちろん、ナナ達警護官も一緒です。
ところが、そこにまた、ヨンハク三男が現われるのね。
ナナにちょっかいをかけているところにやって来るユンソン。
三男はユンソンを外に呼びだし、暴行を加えます。
でも、やられっぱなしのユンソン。
ユンソンはシティーハンターであることがバレないように、弱いふりをしているのですが、今回はその他にも目的があるようです。
ユンソンが一方的に暴行を受けているのを陰からシクジュンが録画しています。

一方、ヨンハクの長男と二男には保険屋に扮したユンソンとシクジュンが会っています。
兵役逃れをした件を問題にして、本当は大丈夫で身体に問題ない、と言うことを言わせ、証明書を提出させるようにと誘導しています。

そして、ヨンハクの長男がアメリカに行くことになり、家族もそろって門の前に出て来るのですが、突然報道陣に囲まれてしまいます。
軍からも人が来ていて、兵役逃れが発覚した、とその場で長男と二男は連れて行かれ、三男は暴行の件で検事に連れて行かれて呆然とするヨンハク。
201106160559151001_1.jpg
それを見てジンピョはユンソンのやり方を批判するのですが、国民の溜飲は下げなくちゃ、と話すユンソン。
ヨンハクの方も3日以内に処理すると言っています。

検察はヨンハクのペーパーカンパニーを突き止め、ヨ家宅捜索。
そして、党内討論会(?)に潜入するジンピョとシクジュン。
シクジュンは首尾よく音声室に入り込むのですが、途中で発覚、逃げだすのが精いっぱいです。
ユンソンの方はヨンハクを気絶させ、連れ出すのですが、ヨンハクがいないことに気付いたナナが追って来ます。
屋上から抜け出そうとしていたユンソンに追いつくナナ。
止まれ、と言い、銃を構えるナナ。
銃は発射され、撃たれるユンソン…。
80702_36130_758.jpg

8話
ナナの銃弾を受けながらも、何とか脱出するユンソン。
ユンソンの方はセヒの動物病院へと忍び込み、自分で肩に撃ちこまれた弾丸を取り出します、がそこにやって来るセヒ。
ユンソンはセヒに、ここで以前の恩を返してくれ、と治療を頼みます。
言われるままに治療をするセヒに、何故、何も訊かないのか、と聞くユンソン。
何か理由があるんでしょう、と受け流すセヒです。
a16df941cbc8fd2a5d9006d1d9da4157.jpg
その状態では家には帰れず、動物病院で一晩を過ごすユンソン。
そんなこととも知らず、ユンソンの外泊に腹を立てているナナです。
それでも、ユンソンの着替えを持って職場に向かうのね。
ところが、ちょうど動物病院から出て来るユンソンを見てしまいます。
ユンソンはしかも、着替えているのね。
セヒはヨンジュが自分の別れた夫であることを話し、ヨンジュの服を貸してくれていたのですが…。
66a1bd750855b2741ebb2e72b8158ce4.jpg
ナナの姿を見て、追いかけるのですが、投げ飛ばされちゃうユンソンです。
誤解だと言っても怒りを解かないナナに自分のことが好き?なんて聞いているユンソン。

ヨンジュの方はシティーハンターの逃走経路をあたるのですが、警察関係だけではなく、コンビニや店などの防犯カメラの映像もみな、ハッキングされて追跡不能になっていることを知ります。
しかも、そのIDは大統領府のものになっているのね。
頭を抱えるヨンジュなのですが、ユンソンが自分の服を着ていることに気付きます。
ユンソンにセヒは不幸な女だから、これ以上…と言うヨンジュに、ヨンジュの方こそ、別れたんだったら、さっさと感情を整理しろと言うユンソンです。

一方、ゴミにまぎれて何とか逃げていたシクジュンも何とか逃げおおせ、ユンソンと再会したものの、二人の今回の失態を叱るジンピョ。
ユンソンに今回の計画からに抜けろと言うジンピョですが、自分の父の仇だ、とやらせてくれるよう、もう一度チャンスをくれるようにと頼みユンソンです。
2度の失敗は赦さないと言い、機会を与えるジンピョです。

ユンソンはナナを事件から遠ざけたいのね。
飲み物に薬を入れて腹痛を起こさせようとするのですが、友人の方が飲んで、トイレから出られない状態に。
大統領の娘を実質一人で守らなければならなくなったナナですが、シクジュンの姿を見かけるのね。
シクジュンはどうやら、ナナの両親の事故の時の目撃者で、最初はナナの両親が被害者だと証言していたのに、加害者だと証言を翻した人物だったようです。
シクジュンを追いかけているうちに、大統領の娘は周りの女の子たちと喧嘩しちゃうのね。
それが動画サイトにも投稿され、ナナは6ヶ月の謹慎処分の受けることになってしまいます。
201106162246441001_1.jpg
気分の塞ぐナナを車で連れ出すユンソン。
ところが途中で雨が降って来て、オープンカーなのに、屋根が閉まらない状態に…。
ずぶぬれの二人はユンソンの家に避難して、服を乾かします。
ワイシャツ1枚のナナの姿に、どっきりのユンソン。思わず、目をそらすしかないです…。
201106162304431001_11.jpg
そんなユンソンの気持ちにも気付かず、ソファーでうたた寝しちゃうナナ。
あんまり可愛くって、くちびるを近づけるのですが、目をさましちゃうナナ。
だけど、ナナ、また、目を閉じて、寝たふり…。
201106162304431001_1.jpg
いい雰囲気、と思っていたら、そこに電話が入ります。ジンピョからなのね。
ナナに、寝ろ、と言って仕事を始めるユンソンです。

ユンソン達の方は復讐の舞台を放送局でのテレビ討論の場としたようです。
テレビ局にシクジュンとともに潜入するユンソン。
討論者たちの背景の画面にヨンハクが不正取引をしている映像を流すことに成功したユンソン達は、ヨンハクを連れ出そうとするのですが、それを警護しているナナ。
ナナは特別に謹慎処分が解かれていたのね。
ナナは銃をユンソンの方に向けるのですが、そこにやって来る検事達。
何とか逃げだそうと、その銃を取り上げ、ナナのこめかみに押しつけるヨンハク。
ヨンハクの突き飛ばされて、吹き抜けの三階の手すりを乗り越えてしまい、落ちかけるナナ。
それを何とか止めようと手を伸ばすユンソンなのですが、肩の傷が開いたのか、血が掌の方へと流れおちてきます。
80808_36255_745.jpg

9話
血を流しながらも、なんとか、ナナを引き上げることのできたシティーハンター=ユンソン。
ナナは銃弾から救ってくれた人でしょう?と訊くのですが、そのまま何も言わず、行ってしまうユンソン。
ヨンハクの方は駐車場まで逃げるのですが、それを阻むジンピョ。
ようやく追いついたユンソンとシクジュンが乗って来た車にヨンハクを乗せ、倉庫に連れて行きます。
ところで、ユンソンはヨンジュと会った時に位置探知機をつけられていたのね。行方を追っているヨンジュ達刑事です。
倉庫に連れて来られたヨンハクは5人の仲間のうちの他の人の名を訊かれ、自分を安全な場所へと移してくれたら名前を教えると言うのね。
仲間を売って自分だけは助かろうとするヨンハクを冷笑するジンピョは銃で脅し、キム・ジュンスクの名を聞き出します。
一方、刑事たちは探知機を頼りに倉庫までやって来て、特殊部隊が周りを取り囲みます。
そして、踏み込むのですが、すでにそこはもぬけの殻で上着が一枚残されているだけです。

ユンソンは催眠ガスを噴射し、ジンピョとヨンハクを眠らせ、連れ去っていたのね。
ヨンハクは救急車に乗せられ、警察の前まで運ばれて来ます。
そして、ストレッチャーに乗せられ、首にはドッグタグを掛けられ、放置されるヨンハク。
すぐに人々が集まって来るのですが、ユンソンはさっさと去っていきます。
ジンピョの方は自宅で目を覚まし、ユンソンの電話を掛けてきます。
自分のやり方を理解してくださいと言うユンソンなのですが、そこにはジンピョに捕まっているシクジュンがいるのね。
ジンピョのところに行くユンソン。
女のために計画を駄目にしたのかと叱責するジンピョに、5人を殺したいと思うけれども、血が血を呼ぶような復讐はやめたいと言うユンソン。
そして、自分の大事な人たちにかまうな、と言って、シクジュンを連れて帰ります。

ナナの方は警察から事情を聞かれているのですが、シティーハンターの目がユンソンの目だったのではないか、と思い始めます。
でも、そこのことは言わないのね。
ユンソンはナナの心配をしつつ、傷口が開いたためでしょうか、倒れてしまいます。
シクジュンがセヒのところに行って、彼女に来てもらうのね。
治療を受け、点滴をしてもらうのですが、ナナのことが心配なユンソン。
ナナからの電話が入るのですが、逆に心配されるユンソンです。
こうしてはいられない、とナナのところへと向かうユンソン。
ナナはユンソンのことが眠れなかったのね。
夜中だというのに外にいるナナに、何時だと思っているんだ、と怒ったかと思うと、突然キスをするユンソン。
image_readtop_2011_398709_1308808261444033.jpg
ナナはコーヒーを作ると言って家に入って行くのですが、その間に帰ってしまうユンソンです。
帰って行くユンソンのところにナナからの電話がかかるのですが、守ってやるから、と呟きつつ、出ないユンソン。

翌朝、すっかり回復するユンソン、シクジュンから、今度のターゲットのキム・ジュンスクの息子がヨンジュだと聞くユンソン。
ジンピョの方もその事実を知り、自分の手で始末するとユンソンに言っています。

ナナの方は銃を奪われた責任を問われ、辞表を書いた上で自宅待機するようにと言い渡されます。

一方、ヨンハクの取り調べが始まるのですが、ヨンハクは怯えていて、はやく拘置所に入れてくれ、と言っている始末。
でも、ギョンワンの首にかかっていたものの持ち主と同じ88年の事件で行方不明になった兵士たちのドッグタグがクビにかけられていたことに関しては、知らない、と口を割る様子はありません。
ヨンジュは大統領に会いに行き、88年の事件を調べさせてくれるようにと頼むのですが、国家機密に関することで自分の一存では決められない、と言いながらも前向きに検討すると言う大統領。

一方、ナナからの電話に出たユンソンなのですが、ナナに変わって電話に出たのはジンピョ。
やって来たユンソンに、ナナを愛しているのかと問うジンピョ。誰も愛するなと言っただろう、と言うジンピョです。
そして、お前のためにナナが死ぬこともあるということを肝に銘じておけ、と言ってジンピョは帰って行きます。
ユンソンは自分の女性関係が複雑で、などと言ってナナを自分から離そうとします。
そして、ナナの家からも出て行くことにして、シクジュンに荷物をまとめてもらうのですが、その時に何か紙状のものを落して行っています。
そして、挨拶をしようと待ちながらソファーで寝てしまうユンソン。
201106230144371001_1.jpg
帰って来たナナはその顔を見て、シティハンターがユンソンではないかとますます強く思うようになり、ほとんど確信しています。
目を覚ましたユンソンはキスのことは忘れろ、お遊びでしたけれど、簡単でつまらなかったと言い、家を出て行きます。

そして、テレビでギョンワンが入院することになり、病院に移された、というニュースが流れるのですが、その場面にジンピョがいるのを見つけたユンソンは直ちにその病院へと向かいます。
でも、ユンソンが到着した時には既にギョンワンは殺されており、同時に警官も2人殺されていることを知るユンソンです。

10話
ユンソンは現場でジンピョを見かけ、そのあとを追いかけます。
そして、現場でユンソンと会っていたヨンジュはその、ユンソンのあとをつけます。
ヨンジュは少し前から、ユンソンがシティーハンターではないか、という疑いを深めていたのね。

ユンソンはジンピョについてジンピョの家に入り、何で殺すんだ、と言うのですが、それが私の方式だ、と言うジンピョ。
警察官まで殺すことはないだろう、と言うユンソンに、21名の殺された仲間を思うと死んでもいい存在だと言うジンピョです。
ユンソンは誰のための復讐だ、と訊くのね。
そして、それは復讐なんかじゃなくて、ジンピョが生き残ったことの罪悪感のためにしているんじゃないかと言うユンソン。
警察官にも家族がいるんだと言います。
そんなユンソンに、自分はいつでもユンソンを殺せるのだと言うジンピョ。
ユンソンはそんなジンピョから自分は逃げず、命を掛けて止めて見せる、と言っています。
ユンソンがジンピョの家から出て来たところで声を掛けるヨンジュ。
ヨンジュはジンピョの家に来たことがありますからね、ジンピョのことを先日は知らないと言っていたのに何故?と訊きます。
ユンソンは友人から投資のことで紹介されて、今日はじめてきたと説明しますが、もちろん納得していないヨンジュは事件の起こった日のユンソンのアリバイを調べさせます
でも、検察の調べではユンソンのアリバイは確実です。
が、どの事件の際にもみな、近くのホテルにいてるのね。やはり疑いを晴らすことができないヨンジュです。

ナナの方はニュースを見て、ユンソンじゃないよね、と呟き、ユンソンが使っていた部屋に入ります。
そこでナナは、ジンピョとユンソンの母親が移っている写真を見つけます。

ナナは謹慎中に以前働いていたコーヒーショップでバイトをしているのですが、そこに現れるユンソン。
ユンソンは自分の荷物を持って出る際にナナのファイルを間違って持って来てしまっていたのね。
それはナナが自分の両親の事故の再調査のために集めていた資料。キム・ジュンスクに関するものばかりなのね。
そのファイルを渡すと事情を聞くユンソン。
ナナの両親が事故に遭ったのはキム・ジュンスクの車が飛び込んできたせいだったのね。
そして、証言者が最初はナナの両親が被害者だと証言してくれていたのに、一日で証言を翻し、ナナの父親の方が加害者と言うことにしてしまっていたのね。
キム・ジュンスクにどうして欲しい、と訊くユンソンに、シティーハンターがヨンジュに彼を引き渡して欲しいと話すナナ。
ところが、その証言者のことを聞くうち、その証言者がシクジュンだと知るユンソン。
ナナは帰ろうとするユンソンを引きとどめ、見つけた写真を渡そうとするのですが、写真を取りに行っている隙に帰ってしまうユンソンです。
ユンソンはシクジュンに直接問いただし、シクジュンがジュンスクに脅されて証言を変えたことを知るのね。

さて、ナナは何とかクビは免れ職場復帰です。
訓練でまた、ユンソンと組むのですが、ユンソンの肩の傷が気になって投げとばせません。
訓練のあと、ユンソンにコーヒーを持って来て、コーヒーの美味しい入れ方を話すナナに、お前はプライドもないのか?と言うユンソン。
それに対し、好きだから…と言うナナ。みじめだけど、自分の感情に忠実にする、と言うナナ。
ナナが自分のそばにいれば危険に陥ると思うユンソンはわざとうっとうしい、なんてナナを傷つける言葉を言って去っていきます。
2011062455069929.jpg
だけどナナ、ひとりになっても好きになることはいいことだ、しっかりしろ、なんて、自分を励ましています。

そんなことがあっても、ユンソンは大統領の娘の家庭教師でナナは彼女の警護官なので、顔を合わさない訳にはいきません。
大統領娘が大学見学にキャンパスにやって来たのですが、そこはジュンスンの運営する大学のようです。
20110624wsdf_130888411389.jpg
学内では学費半額を守れ、との反対集会が行われており、また、大学に勤める人に暴言を浴びせる女子学生の姿が…。
130890489361_20110625.jpg
ジュンスンを落すための糸口になって行くのでしょうかね。

そして、ユンソンはまたもやナナを代理運転に呼び、女の人と見せつけるような事をしています。
ナナは代理運転はしないと言って、連れの女の子はタクシーに乗せて帰らせ、ユンソンに、自分を諦めさせるためだったら、もっと自分が認められるような女を連れて来なさい、そうでないと両親が悲しむ、と言うナナ。
そして、ユンソンの母の写っている写真を返します。

そしてまた、ナナはユンソン母の店に出かけるのですが、そこで倒れてしまうユンソンの母。
ユンソン母は病院に入院することになるのですが、身寄りがないと言っていたユンソン母ですから、自分が保護者だと名乗るナナ。
医師から、ユンソン母が以前に病院に来た時に骨髄性白血病だと分かり、入院をするように言われていたことを知ります。
それを知ったナナはユンソンに母親の入院を伝えます。
そして、家族だと骨髄の型が適合する確率が高いから、と検査を受けるように勧めるのに、ユンソンは自分を捨てた母のために?と断るのね。
でも、憎みながらも恋しがっているじゃない、と言うナナ。
結局ユンソンは病院へと向かうのね。
でも、ユンソンにはヨンジュ達の尾行がついています。そして、ジンピョの部下も病院で様子をうかがい、ジンピョに報告しています。
シティーハンターの血液は検察に保管されているので、ユンソンと一致することが分かればユンソンがシティーハンターであることがバレてしまうのね。
ユンソンの命はユンソンの選択にかかっている、と言うジンピョですが、自分を捨てたにしても母であることには違いなく、死なれてしまったら恨めない、と検査を受けるユンソンです。
ヨンジュは血液採取のサンプルの提出を病院の人の命じ、ユンソンもそれに同意。
ヨンジュはサンプルの分析のため、国家科学捜査院へとサンプルを持って行きます。
ヨンジュの同僚検事はユンソンの尾行を続けるのですが、彼の車の前に飛び出し、関係のない話を持ち出し、ユンソンの尾行をできないようにとするナナ。

ユンソンの方は国科捜へと忍び込み、サンプルのすり替えに成功。
1707981.jpg
でも、ヨンジュとは何度もニアミスしていて、今にも見つかりそうなところ、突然、空き室へと引っ張りこまれるユンソン。
1707981.jpg

彼をヨンジュから隠したのはナナです!





関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。