FC2ブログ

「キラキラ輝く」37話・38話あらすじ



こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ のなんじゃもんじゃのほうもよろしく。

*メインブログの「キラキラ輝く」のタグをクリックすると、このドラマに関する全記事が読めます。






グムラン、落ちついて来たかと思ったんですが、ますます…ですね。
ちょっと、きついなあ。


それでは、あらすじです。

37話
ジフンは救急車で運ばれて行くのですが、地下室のジョンウォンのところにまでは、その騒ぎは届いて来ません。
最初から一つ一つ、最善を尽くしてやり直すのだと言って、壁塗りを始めるジョンウォン。
そこへやって来るグムラン。
グムランもジフンが倒れたことには気づかないままここへやって来たのね。
グムランはジョンウォンがひどい目に遭っても元気に前向きにやっているのが気にくわないのね。
謝ろうと思って来たけれど、謝りたくなくなった、と話すグムラン。
もしかして、フィルム紛失の件かと訊くジョンウォンですが、そうだと言うのと違うと言うのとどちらの方がジョンウォンの気が楽なんだろう、と言うグムランです。
そして、ジョンウォンを地獄につき落してやる、と言うのね。
どうすればグムランが地獄から這い出ることができるんだろう、と言うジョンウォンには、ジョンウォンを地獄につき落せば、自分は地獄から這い出ることができる、と言うグムランです。
そして、ジョンウォンがスンジュンと別れないとスンジュンの母は両方の親を窮地に追いやることを話すグムランです。
a91370da0b78bde3eb766b508af0ab65.jpg

病室にはナヒとソウ、サンウォンが駆けつけます。まだ、意識が戻らず、医者の診断は特に異常は見られず、強いストレスを受けたためだろう、というものです。

地下から上がって来たグムランは他の社員からジフンが倒れたことを聞き、病院へと駆けつけます。
そんな中、意識を取り戻したジフンはスンジュン一人、病室へ入るように言うのね。
ジフンはスンジュンひとりに気苦労を負わせたことに礼を言い、グムランには自分が知ってしまったことを言わないようにと話します。
こうなったのも自分のせいで、自分は子供のことをまだ、何も知らないから、と言うのね。
続けて、ジョンウォンのことを頼む、と言い、今よりもしっかり守ってやってくれ、とジョンウォンとスンジュンが付き合っていくことを認めます。
だけど、まだ、許したことは二人だけの秘密で、ナヒやグムランには言わないで欲しいと言うジフンです。
20110618_1308399540_25465800_1.jpg

ジョンウォンは会社を出る前にグムランと会ったのに、ジフンが倒れたことは教えてもらえなかったのね。
そのまま、スンジュンの母に再び会いに行きます。
そこで、スンジュンを諦めないとナムボンは長期にわたり刑務所で過ごさなければならなくなると言うスンジュン母。
ジョンウォンは今度は、スンジュンかナムボンかの選択を迫られます。返答の期限は夜の9時までです。
ジョンウォンはナムボンに面会に行き、着替えを差し入れます。
そして、お父さんの言うように、自分は今までナムボンを一度も自分の父親だと思っていなかった、と言うのね。
だけど、今は捨てたくても捨てられない、と話すジョンウォン。
父親を捨ててあの人を選びたいのに、選べない、と泣くジョンウォンです。

会社に戻って来たスンジュンは、ジョンウォンに電話を掛けるのですが、何度かけても繋がらないし、ジョンウォンの方からも電話がありません。
地下室の塗りかけの壁を見て、塗装を完成させるスンジュンです。
そんな彼に、母親のボディーガードから電話が入るのね。
ジョンウォンと母親との間にあったことを知らせてくれたようです。

ジフンの方は病室にグムランだけを残し、二人で夜を送ることにします。
それとなく、育ててくれた両親のことを聞くジフンなのですが、二人とも元気だ、と目のことには触れないグムラン。
ジフンは二人を一度、家に招待しよう、と話すのですが、自分は約束がある、と回避しようとするグムラン。
でも、それじゃあ、グムラン抜きで食事をしよう、と言い出すジフンなのね。
そして、スンジュンのことは気持ちの整理がついたかと訊くジフン。
駄目なものは駄目なんだから、整理をしないといけない、と諭し、また、部署を移動したジョンウォンの代わりに、フィルム事件によって起こったことの事後処理を任せると言うジフンです。

ジョンウォンの方は泣きながら、家へと帰って行っています。
スンジュンとのあれやこれやがとめどなく思いだされるジョンウォン。
でも、約束の時間は迫っています。
ジョンウォンは覚悟を決め、スンジュンの母に電話をかけます。
そして、父を選ぶ、と言いかけたところに現われるスンジュン。
電話を奪うと母親に、ジョンウォンには手を出すなと言っただろう、と言い、自分の方はジョンウォンを選ぶ、と母へ伝えます。
265759_239463_4322.jpg
スンジュンはそうして、検察へと出向きます。
担当検事に、検事とスンジュン母との通話内容が録音されているものを差し出し、法にのっとった原則通りの処理をするようにと要求します。

翌朝、スンジュンの働きが功を奏したようで、警察を出て来るナムボンを豆腐を持って出迎えるジョンウォン。
ジョンウォンとナムボンは少し距離が近づいたように見えます。
その後、会社に出て来たジョンウォンが部屋に入ってみると、やりさしだった壁塗りが綺麗になされており、スンジュンだ!と思い感激するジョンウォン。
そこにスンジュンが現われ、一緒に会社の食堂に行く二人。
食べ始めようとするジョンウォンをとめ、トレーを交換しようと言うスンジュン。
訳が分からなくって拒否するジョンウォンですが、強引にトレーを入れ替えるスンジュン。
トレーには指輪が…。
もしかしてこれは?と問うジョンウォン。プロポーズかと重ねて聞くジョンウォン。
呆れるジョンウォンに、跪いてプロポーズしろとでも?と言うスンジュンに、自分と結婚したくないの?と言うジョンウォンです。
社員がいっぱいいる食堂でためらうスンジュンですが、結局跪きプロポーズするスンジュン。
20110620_1308553058_32944900_1.jpg
もちろんジョンウォンも受諾します。

38話
社員もスンジュンが跪いていることに気付くのですが、何か、ジョンウォンに悪いことをして謝罪しているのでは、などと話しています。
そんな中、スンイ一人がプロポーズの姿勢だ、と言うのですが、一笑に付されるのね。
周りの目に気付いたスンジュンとジョンウォンも思わず、何か探しものをしているふりをして誤魔化します。

ジフンは退院して家に戻ってきます。
出迎える元編集長のウンジョンは、自分のことでショックを与えてしまって、と謝るのですが、社長と呼びかけるウンジョンにお父さんと呼びなさいと言うジフン。
そして、ナヒにはグォニャンとナムボン夫婦とジョンウォンを家に招待することを話します。
嫌がるナヒに、お金ではなく、子どもを守ろうと話すジフンなのですが、ナヒには何の事だかわかっていない様子です。

グムランの方はジフンとの話を思い出し、グォニャンに電話して、ジフンから家に呼ぶように言われたけれど、断って欲しいと頼むのね。
それを受け、ジフンの家に電話を掛けるグォニャン。
断ろうとするのですが、ジフンから話があると言われ、行かない訳にはいかなくなります。

ジョンウォンは元のチームの人たちの前で話をするのですが、ジョンウォンの指にある指輪を目ざとく見つける女子社員。
聞かれたジョンウォンはプロポーズを受けた、と報告するのですが、相手がスンジュンだということは、まだ、秘密のようですね。
ソンイがまた一人、スンジュンじゃないか、なんて言っているのですが、やはり、他の人には、ありえない!と相手にされていません。
でも、グムランはスンジュンだと知っていますからね、すぐさま地下のジョンウォンの事務室へやってきます。
何で、父が倒れたことを教えてくれなかったの?と問うジョンウォンに私が娘だからだ、と言い、ジョンウォンが行っていたら、ジフンのそばで過ごすのもジョンウォンになっていた、と答えるグムラン。
ジョンウォンはそれを聞いて、おかげでナムボンを救うことに全力を注げて良かった、と言い、実質、自分と父を救ってくれたのはスンジュンだけれど、と言うのね。
グムランがプロポーズのことを確認すると自分の夫になる人にこれ以上まとわりつかないでと言うジョンウォン。
ジョンォンはグムランのは愛情ではないと言い、執着だと言います。そして、自分には勝てない、と言うのね。
なぜなら、自分はグムランとは争っていないから、と話すジョンウォンです。
それを聞いて、ジョンウォンに平手打ちを食らわすグムラン。ジョンウォンの方も叩き返します。
ジョンウォンをめちゃくちゃにしてやる、と言うグムランに、自分の前にグムランの方が駄目になってしまいそうだ、と心配するジョンウォンなのね。

一方、ウンジョンはジフンには受け入れられたものの、ナヒは嫁として認めるつもりはないのね。
子どもが生まれるまではここにいてもいいけれど、子どもが生まれたら、子どもを連れて出ていくなり、子を置いて出ていくなりしろ、と言っています。
年齢のせいですか?と訊くウンジョンですが、孤児だということも気に入らないというナヒ。
出版社の社員としては応援したけれど、嫁となると話が違うというナヒなのね。
でも、ウンジョンは負けていません。
ナヒの方が考えを変えることが家族の平和を守ることになると言うウンジョンなのね。
そして、このウンジョン、サンウォンの方も教育し始めているようですよ。

グムランの方はもう、止められない状態になってしまっているようです。
スンジュンの母を訪ねると、自分の株式を差し出し、何でも命じられるままにするから、ジョンウォンとスンジュンの結婚を止めさせてくれるようにと頼みます。
それを受け、サンウォンの持っている契約書をすり替えるようにと命じるスンジュン母です。
20110620_1308516748_52785000_1.jpg

グムランと入れ替わりに、スンジュン母の家にやって来たのは、スンジュンとジョンウォンです。
(グムラン、車で帰る途中二人を見つけ、アクセルを踏み込み、事故の一歩手前なんてこともやっています)
母とはもう縁を切る、と言っているスンジュンなのですが、ジョンウォンはそうはさせたくないのね。
家にやって来ると、ずうずうしく食事をお願いするジョンウォンです。
ところが、意外なことに笑みを浮かべてジョンウォンにも食事を出すスンジュン母。
そして、スンジュン母がスンジュンのために作っているおかずを食べさせるのを満足そうに見守っています。
スンジュン母は何を考えているんでしょね。
グムランのせいで、すぐにひどい目に遭うことを考え、ほくそ笑んでいるのか?
それとも、グムランは利用するだけ利用して、捨てるつもりなのか…。

グムランの方は、家に帰るとサンウォンの部屋にお酒を持って行きます。
ところが、サンウォンは不在です。
サンウォンに電話を掛け、しばらく帰って来そうにないことを確認すると、書類を探しまわるグムランです。
ところが、ウンジョンが物音に気付くのね。
サンウォンが帰って来たのに、鍵を掛けて自分から逃げている、と思ったウンジョンは鍵を持って来させます。
グムランは急いでお酒を飲むと酔っ払いの振りをして、誤魔化し、すり替えた書類を持ち出すことに成功します。

そして、翌日。
グォニャン達がジフンの家へと招待された日なのね。
ナムボンは久しぶりに髭も剃り、パリッとしたスーツを着用です。
ジョンウォンはお土産の準備をしているグォニャンに指輪を見せて、プロポーズを受けたことを報告しています。
喜ぶグォニャンですが、スンジュンのお母さんが反対していると聞き、怒りを表すグォニャンです。

迎えるジフンの家では、ウンジョンがお手伝いをしようと台所にやって来るのですが、客が来るまで2階から降りて来ないことが助けになる、と降りて来ないようにと言うナヒです。
そして、グォニャン達が到着。挨拶を交わしています。

さて、ジフンは何を話すすつもりなのでしょうか?




それにしても、スンジュンのプロポーズには笑ってしまいました。
いかにも彼らしいプロポーズなんですけど…。




関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード