FC2ブログ

「キラキラ輝く」35話・36話あらすじ




こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ のなんじゃもんじゃのほうもよろしく。

*メインブログの「キラキラ輝く」のタグをクリックすると、このドラマに関する全記事が読めます。





やっぱり、元編集長のウンジョンは…。
彼女、サンウォンにとって救いの女神となりそうな存在なのですが、ナヒもサンウォンもそうは思っていないようですね。

それでは、あらすじです。


無題2
35話
ジョンウォンとスンジュンへの、ジフンの祝福の言葉を聞いて、一人席を離れ、自室に閉じこもるグムラン。
でも、スンジュンは話しておくべきことがある、とジフンと書斎へと入ります。
残されたジョンウォンはナヒに、祝福までは望まないけれど、反対はしないでと言うのね。
ナヒはスンジュンの母がグムランを結婚相手にと考えていることを言い、スンジュン母に勝てると思っているの?と難色を示します。
そして、スンジュン母の財産のためかと言うナヒ…。

スンジュンの方は、自分の母のことをジフンに話します。
それを聞くと態度を一変させるジフン。
ジョンウォンはやれない、と言い、今日聞いた話は聞かなかったことにする、と言うジフンです。
ジョンウォンを必ず守りますから、と言うスンジュンですが、もはやジフンの態度は変わりません。
リビングに出て来たジフンはジョンウォンにも、スンジュンとは駄目だ、別れろと話します。
でも、出来ないと言うジョンウォン。親は選べないじゃないですか、と言うジョンウォンです。

一方、部下からスンジュンがジョンウォンと一緒にジフンの家へと行ったと報告を受けたスンジュン母はすぐさまグムランを呼びます。
グムランから、ジフンが自分のことが原因で、スンジュンとジョンウォンのことに反対した、と聞いたスンジュン母は激怒。
サンウォンの株式は、ナヒが何を担保に持ってこようと、渡さないと宣言。
続いてグムランにジフンか自分かのどちらかを選択しろと迫るスンジュン母です。

スンジュンはジョンウォンを送って行きます。
もちろん、二人の気持ちは変わりません。
そして、スンジュンは辞表は受理していないから、出勤するように言うのね。
他の人の悪意があったにしても、最終チェックをしなかったのは自分のミスだと言うジョンウォンに、辞表を出すことが責任をとることではないと話すスンジュン。
ネット書店を展開する新規の部署への移転を言い渡します。
そんなことを言っているところに、買い物帰りのグォニャンがやってきます。
ジョンウォンにウェディングドレス姿が見たいと話すグォニャンに必ず見せると約束するスンジュンです。
家に帰ってみると、テランの初恋ジュンスが海産物を持って来ています。
スンジュンとジョンウォンが付き合っていると聞くとお義兄さん!と呼びだすジュンス。
ジュンス、本気でミランのことが好きだったの???ですが…。

ナヒの方はサンウォンに、株式が渡った先がスンジュンの母だと言うことを教え、何としてでもジフンに知られる前に取り戻すと言っています。
そして、このことが分かった今となってはジフンが会社をスンジュンに渡すということは考え直すだろう、と話し、サンウォンにとってはチャンスだと言うのね。
ところが、その話をたまたまソウが聞いてしまいます。
どういうことだと話に割り込んで来るソウ…。
ナヒはジフンが事実を知れば倒れてしまう、と口止めをしています。

そして、翌朝。
ジョンウォンは今日もスンジュンの母のところに行くつもりでお弁当を作っているのですが、作ったお稲荷さんをテボムにも持って行くのね。
近づいた試験の激励に来たのね。
今までと変わらず、気楽にやって行こう、と言うジョンジュウォンの言葉に、心中複雑なテボム…。

一方、出かけようとしているサンウォンは自分の家のベルを押そうとしていた元編集長のウンジョンを見かけます。
ジョンウォンは留守だけれど、と言うサンウォンに父母の在宅を聞くウンジョン。
201106112137571001_1.jpg
ナヒは在宅だと聞き、家に上がる元編集長。
ナヒにおなかの赤ちゃんの父親のことを聞かれ、本人も知らないのだけれど、実はサンウォンが父親だと話すウンジョンです。

ジョンウォンはスンジュンの母の家へとやって来たのですが、スンジュンもやって来るのね。
その姿を見たスンジュン母はナムボンに仕掛けた罠を発動させる時だ、と行動を開始します。
ジョンウォンのところにはナムボンが賭博場にいるとの知らせ。
ジョンウォンが賭博場にいるところに警察に踏み込ませようとしているのね。
ジョンウォンも逮捕させようと言うことなのでしょうか?
ジョンウォンが賭博場につくと、その知らせはスンジュン母に伝えられます。
警察に連絡するように命じるスンジュン母なのですが、それより前に警察に電話をするジョンウォン!
その通報を聞いてやって来る警察にナムボンは捕まってしまいます。

36話
ジョンウォンの通報で警察へと連れて行かれるナムボン。
でも、ナムボンが留置場にいざ、収監されてしまうと、どうしていいか分からなくなるジョンウォン。
誰かに助けて欲しいのですが、スンジュンにもテボムにも電話を掛けられません。
結局グムランに電話を掛けるのね。
二人でナムボンに面会するのですが、ナムボンはジョンウォンが自分を裏切ったと思い、ジョンウォンが自分の子だなんて恐ろしい、と言っています。
ジョンウォンは今、ナムボンを賭博から足を洗わせないと駄目だ、と思ってしたことなのですが…。
ナムボンに赦しを乞いながらも、自分のしたことは間違っていなかったと思うと言うジョンウォン。
父親だという気持ちがあればこんな仕打ちはできないはずだ、と言い、ジョンウォンに顔も見たくない、出て行け、と言うナムボンです。
グムランはジョンウォンの姿が自分の昔の姿と重なるのね。
ジョンウォンを食堂に連れて行くと、ご飯を食べさせようとするグムランです。
無題

元編集長のウンジョン方は、ちゃっかりキッチンで肉を食べています。
そんなウンジョンにサンウォンの子だという証拠でもあるのかと言うナヒ。
自分でも、ずうずうしいと思うけれど、必死の思いでやって来たことを話し、遺伝子検査でもしますかと言うウンジョン。
やがて、ジフンも帰宅し、サンウォンも…。
超音波写真を見せ、隠れて自分一人で産むつもりだったけれど、どうしても、子供に家族を与えてやりたくなって、ずうずうしく訪ねて来た、と話すウンジョン。
自分を嫁として、子どもとともに受け入れてくれるようにと頼むウンジョンです。
ウンジョンが高齢であることを侮辱するように言うナヒ。
でも、ジフンは家に入れ、とウンジョンに言い、ナヒに、嫁の出産準備をするようにと命じます。
サンウォンはウンジョンと二人になると、何度か寝たのは事実だけれど、酔った勢いでなんて言うのね。
201106130004231001_1.jpg
ウンジョン、平手打ちを食らわせます。

帰宅したジョンウォンは勉強中のテボムと食堂で遭遇。
ちょうど、賭博罪のことを勉強していたテボムに話を聞くのね。
検事の心を動かすことが大事だと言うテボムです。

グムランの方はスンジェに会って高価な腕時計をプレゼントしています。
スンジェから先輩検事への口添えを頼むのですが、出来ないと言うスンジェ。
それより、スンジュン母に頼めと言うスンジェの話を受け、スンジェの母に会いに行くグムランです。
ところがそこで、それがスンジュン母の仕組んだ事だと知るグムラン。
スンジュン母はグムランの株式を渡すようにと持ちかけるのね。
ここでジフンではなく自分を選択するなら、一石二鳥だと、再び選択を迫るスンジュン母です。

そして翌朝。
トランクを持ってやって来たウンジョンと始めて顔を合わすソウ。
初めは普通に会話をする二人ですが、叔父と甥の妻、と分かり、とたんにぎこちなくなるウンジョンとソウです。
201106122135411001_1.jpg
(そうとう年齢差-24歳差?-がある二人ですが、親族間の順位の方が優先される韓国では、ソウが目上となるのでウンジョンの方が敬語を使う立場なのね)

ジョンウォンの方はスンジュンの説得を受け出社して来ます。
スンジュンは突然どこかに行ったきり何も話さないジョンウォンのことが心配で二人になれる機会を作り、話を聞こうとします。
ジョンウォンの方も話しかけるのですが、朝からする話じゃない、と仕事が終わってから話すと言うのね。
事務室の方に向かう時にジフンと顔を合わす二人。
ぎこちない挨拶を交わすとスンジュンは一人、社長室へと向かいます。
ジョンウォンをインターネット書店展開の業務を行う部署へ異動させることを伝えた後、良心と秤にかけても、やはりジョンウォンを諦めることはできないと言うスンジュン。
どうしても自分の妻としたいと話し、許しを乞うスンジュンです。

グムランの方は相変わらず、自分から罪を明らかにする考えはない様子です。
それを見かねたスンジュンはグムランをベランダに呼びだします。
グムランに辞表を返し、破るなり、社長に直接渡すなりするようにと言うスンジュン。
まだ、グムランのことを信頼していると言い、二人に赦しを乞うよう、ふたたび説得するスンジュンなのですが、辞表を破り捨てるグムラン。
ところが、その会話をやはりベランダに出ていたジフンが聞いてしまっています。
それに気付かないまま、スンジュンさえ黙っていてくれたら、ジョンウォンも私もジフンも誰も傷つかない、と言って行ってしまうグムラン。
ジフンは二人の会話から、ジョンウォンを陥れたのがグムランだと気付くのね。
ショックのあまり倒れてしまうジフンです。
201106122149321001_1.jpg




スンジュン母の罠に、思いがけない反応を見せたジョンウォン。
このジョンウォンだったら、スンジュン母に対抗できると思えるんですよね。
どんなふうにスンジュン母と戦うのか、とても楽しみです。


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード