FC2ブログ

「キラキラ輝く」27話・28話あらすじ



こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ のなんじゃもんじゃのほうもよろしく。

*メインブログの「キラキラ輝く」のタグをクリックすると、このドラマに関する全記事が読めます。




6d8bd2c8c7dfa27b85f2ac9ee41fcbc91.jpg
(ジョンウォンがテボムと話しているとスンジュンの表情はだいたいこんなの…)

少し前から、動きの怪しかったスンジュン母、どんどんとその本性を現して、モンスター化して来ましたね。
一時は沈静化しつつあったグムランも、またもや悪女化して来ましたし、このまま二人で組んで、最強となるのでしょうか。



それでは、あらすじです。 27話
ジョンウォンはテボムに赤ちゃんと同じ部屋を使わせてもらう許可を取ります。
テボムは赤ん坊の面倒を自分が見る、と言うのですが、テボムの試験が終わるまでは自分が見ると言うジョンウォン。
誰かが夢をかなえる時にそばにいられるのは素敵だと言っているジョンウォンです。
ところが、グォニャンが出て来て、帰れ!と言って門の外に追い出し、鍵までかけてしまいます。

スンデ作りに精を出していたグムランには、スンジュンと結婚したら今の仕事を辞め、一生スンデを作って生きていけるか?と聞くスンジュン母。
グムランは、出来ます、と答えるのね。
そして、今度は元彼のスンジェを呼び出すグムランなのね。
スンジェはまだ、グムランは妊娠していると信じていて、グムランとやり直そう、としているのですが、もちろんグムランはそんな気はありませんからね。
妊娠は姉がついた嘘だと明かし、本題に入ります。
スンジェは検事ですから、それを利用したいのね。
スンジェ母の正体を調査してくれるように頼むグムランです。

さて、家に入れてもらえなかったジョンウォンの方ですが、そのまま諦めたりはしません。
でも、門の鍵をテボムに開けてもらうとテボムに迷惑がかかるから、と梯子を用意してもらって、それを使って壁を乗り越えるジョンウォン。
それで敷地には入れたのですが、グォニャンは家屋の全ての部分に鍵をしっかりかけていて、それ以上は入れないのね。
ジョンウォンは「火事だ!」と叫んで鍵を開けさせます。
262020_233456_1439.jpg
家族の前で自分が今日からここに住むと宣言するジョンウォン。
強引にグォニャンから蒲団を借りるとしっかり赤ちゃんの部屋に収まるジョンウォンです。
眠られない様子のジョンウォンに声をかけ、明日も仕事なんだから、無理矢理でも少し眠れと言うテボム。
眠くなるようにしてあげる、と言って法律関係の文書を読み上げるテボム。
その甲斐あって、ほどなく眠りにつくジョンウォンです。

翌朝。
グムランはランニングの途中でジョンウォンから奪った手帳の中身を燃やしてしまいます。
そして、ジフンとナヒに朝のジュースを出すのですが、受け取らないジフンにキレるナヒ。
ナヒはジフンがジョンウォンばかりを気にかけていると不満なのね。
どうすれば、怒りを解くのかと聞かれたナヒは出版社を息子に譲るようにと要求します。
だけど、ジフンはそれは認められないようで、ぜったいに駄目、といい、スンジュンを後継者にと考えているようです。

ジョンウォンの方は新たな環境で驚きつつも出勤です。
スンジュンは彼女が心配で、家の前で待っているのですが、そこに出て来たジョンウォンを見送るテボムと赤ちゃん。
ジョンウォンの「行って来ます」の言葉が嬉しくて、繰り返させるテボム。
それを見ていたスンジュンは嫉妬の炎をメラメラです。
ジョンウォンに先に行って待っているように言うと、テボムにジョンウォンは自分の彼女だから、と警告をするスンジュン。
6d8bd2c8c7dfa27b85f2ac9ee41fcbc9.jpg
でも、ジョンウォンはスンジュンの彼女かもしれないけれど、ジョンウォンと暮らしていく以上、線引きは難しいと言い、時がくれば、自分の気持ちも伝える、と引かないテボムです。
ジョンウォンを追いかけ、一緒に歩き出すスンジュンなのですが、不機嫌な顔のままです。
ジョンウォンは理由が分からないのね。
どうしてと聞くジョンウォンに不安で心配なのだと言うスンジュン。
私を信頼してないってことね、とジョンウォンが言って、また喧嘩のようになってしまいます。
それをたまたま見ていたおばあさんに諭され、仲直りするスンジュンなんですがね。

一方、出勤しようとするグムランにナヒがスンジュンはどんな人間か、と聞いて来るのね。
グムランったら、ジョンウォンも自分も彼のことを好きなんだけれど、先に自分が彼のことを好きになったのに、ジョンウォンが自分と争うと言って引かないんだ、なんて説明するのね。
その様子を呆れたように見ているソウです。
そして、兄の方は出版社の権利書を渡して大金をスンジュン母に借りたようです。

出版社ではジョンウォンを中心に仕事に邁進するチームなのですが、グムランはついて行けない様子…。
その彼女を会議に出席させるジョンウォン。
仕事を把握するのに役に立つから、というのがジョンウォンの考えなのですが、グムランはジョンウォンがジフンの前で恥を書かせようとしている、としか思えないのね。
そして、ジョンウォンのことばかりを心配しているように見えるジフンに寂しいものを覚えるグムランです。
その後、原本フィルムのチェックの仕方を教えるとと以前勤めていた書店でのイベント準備を命じるジョンウォンに不満を募らせるグムラン。
ジョンウォンを困らせようとしているのか、原本フィルムを1枚持ち出すグムランです。
でも、玄関で転んだ時にフィルムを落してしまいます。
すぐに拾ったものの、そこでは防犯カメラが稼働中なのね。グムランは気付いていないようですが…。

28話
ジョンウォンはフィルムが1枚なくなっていることには気づかず、そのまま封筒に入れ、ハン・ソンイに手渡し、持って行くようにと命じます。
グムランの方は車で出かける途中でフィルムを捨てると、再びスンジェと会います。
そして、スンジュン母に関するうわさが事実だと言うことを聞き、また、スンジュンの父親が母親の代わりに刃物で刺されて亡くなったことを聞くのね。
その事件についてもう少し詳しいことをし食べてくれるように頼むグムラン。
見返りを求めるスンジェには適当なことを言って希望を持たせるグムランです。

ジョンウォンの方は退社時間になるとスンジュンのデスクに来て、帰ることを言います。
262112_233582_1532.jpg
一緒に帰ろうと言うスンジュンに、ジウンの家に行って荷物を運ぶから、と断るジョンウォン。
ジョンウォンの方から、明日の土曜日は会えるかと訊くのだけれど、予定があるとのスンジュン。
日曜日も予定があると聞き、行事が多くて忙しいのね!とちょっと機嫌を損ねて帰るジョンウォンです。

荷物を取りに来たジョンウォンに日曜はジョンウォンの誕生日なのに、と名残惜しそうなナヒ。
アパートの権利書を渡そうとするのですが、受け取らないばかりか、会社の株式もナヒに手渡すジョンウォン。
グムランにやるなり、兄に渡すなり、ナヒの思うようにするように言います。
そして、遺伝子検査をするために必要な父親の髭剃りなども手渡すジョンウォン。
今は母親のことが憎いけれど、時間が経てば、またいい関係に戻れると話すジョンウォンです。
そして、無人のウジンの書斎に入るとスクラップブックを置いて来るのね。
そこに帰って来るソウ。
ジョンウォンと、これからもしょっちゅう電話をかけ会おう、などと言うと、外にスンジュンが来ていることを伝えます。
そして、ナヒに聞かせるように、スンジュンとジョンウォンは付き合っていて、スンジュンはジョンウォンのことを心から心配しているんだ、と朝のグムランの言葉でナヒが誤解しないようするのね。
ソウは家の前までジョンウォンの荷物を運ぶのですが、そこからはスンジュンが荷物を運んでくれます。
ところが、その姿をスンジュン母が見かけるのね。

さて、グォニャンの家の前に着いたジョンウォンは少しためらっています。
母親が自分のことを追い出そうとするだろう、と言うジョンウォンに、追い出されたからと言って諦める人じゃない、と言うスンジュン。
グォニャンが緑内障末期の為に、自分を何としてでも追い出そうとするだろうけれど、頑張って争わないといけないんだ、とスンジュンに打ち明けるのね。
そのために、出版社も諦め、一緒に住むことにしたのかと訊くスンジュンに、後になって後悔をしない選択をしろと言ったじゃないですか、と言うジョンウォン。
少し複雑な表情を浮かべるスンジュンです。
そのスンジュンに、私の哀しみをスンジュンに手渡したように、今度はスンジュンの哀しみを手渡してくれるのを待っている、と伝えるジョンウォンです。

スンジュンとジョンウォンを見かけたスンジュン母はさっそくグムランを呼び出しています。
何かを命じ、それが試験だと言うスンジュン母。
自分に必要なのは「善徳女王」のミシルのような人だと言っているスンジュン母なのね。
上手くやればスンジュンと結婚させてやる、と話すスンジュン母です。
そして、仕入業者の持って来た腸詰用の生の腸の受け取りをまかせるスンジュン母。
グムランは匂いを嗅ぎ、少し切り取った生のままの腸を口に入れ、冷蔵庫で保管したもんだ、と文句を言うのね。
それを聞き、それもテストだったことを明かすスンジュン母です。

ジョンウォンの方は、家に行くと、すんなり上がれと言うグォニャン。
でも、これからは娘として扱う、と食堂の準備を命じるのね。
悩んだジョンウォン、出前とインスタントで何とか店を開きます。
ff7059fb3232d997e2245f07fd09ffe1.jpg
それを知ったグォニャンはいきなりジョンウォンに平手打ちです。
まあ、ジョンウォンのやり方では赤字ですからね。
娘がいるんじゃなくてお金が必要だから、お金を持って来い、と叫ぶグォニャンです。
部屋に戻ったジョンウォンは声をこらえて泣くのですが、それに気付きつつも、そこには行けないテボム…。
天井に写る星の絵に慰められるジョンウォンなのね。

マンションに帰ったスンジュンのところには母親の秘書が訪ねて来ます。
これはスンジュンが知っておかなければならないことだと思って、と言って、スンジュン母がここでジョンウォンと会ったことを知らせる秘書です。


そして、日曜日の朝。
グォニャンは誕生日祝いの為のワカメを戻しかけるのですが、止めて、もやしスープを作り始めます。
ジョンウォンはテボム息子に本を呼んでやっているのですが、ジョンウォンが席に着くのを待たず、食事を始めるグォニャン。

一方、グムランの家の朝食はごちそうです。
グムランに始めて誕生日のお祝いをすることができてうれしいとナヒ、ダイヤモンドのネックレスとイヤリングのプレゼントも用意しています。
そして、このダイヤモンドのようにピカピカ輝くようにと言うナヒ。
書斎のウジンはためらった挙句、ジョンウォンが置いて行ったスクラップブックを広げます。
ジウンの記事とともに、幼いころからジョンウォンが父を誇りに思い目標として来たジョンウォンの言葉が添えられています。
そして、最後のページのメッセージには、これからも父の跡を歩いていきたい、という気持ちと見守ってくれるようにとの言葉。
そして、赦しを乞う言葉と、愛しているの言葉が続きます。

一方、友達と出かける予定がある、と言っていたスンジュンは料理をしていますよ。
ジョンウォンに電話して、山に来ている、なんて言っているスンジュンに、ジョンウォンも皿洗いしているくせに、テボムとその息子と一緒に散歩だなんて…。
一瞬ムッとするスンジュンなのですが、すぐに自分のマンションに来るようにと言うスンジュン。
山だと言っていたのに?と思いつつも、マンションに出かけたジョンウォンを迎えるスンジュン。
ごちそうが並んでおり、もちろんワカメスープも!
スンジュンの誕生日おめでとうの言葉に感激するジョンウォンなのですが、そこにやって来るスンジュン母です。




スンジュンのお母さんって、手段と方法を選ばず、妨害してくるタイプの様ですよね。
あんまりしんどい展開にならなければいいんだけれど…。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード