スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キラキラ輝く」25話・26話あらすじ

こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ のなんじゃもんじゃのこちらの記事を先にお読みください。

*メインブログの「キラキラ輝く」のタグをクリックすると、このドラマに関する全記事が読めます。





スンジュン、かなりグムランのことがうっとうしいだろうな、と同情してしまいます…。
201105090533401001_1.jpg

それにしても、スンジュンのお母さん、かなりすごい人のようで、これから暴れるのでしょうか?
普通の人ではない、という感じですよね。

それでは、あらすじです。

25話
テボム、ジョンウォン、スンジュンが3人で食事をしているところに、赤ん坊を抱いたグォニャンが入って来ます。
スンジュンとジョンウォンの関係が気になるグォニャンはスンジュン一人を残すと、率直にジョンウォンとのことを訊くのね。
それに対し、娘さんのことが好き、大事に思っていると話し、自分たちを見守ってくれるようにとお願いするスンジュンです。
グォニャンが帰ると、またやって来たジョンウォンはスンジュンに、何で怒っているのよ?と話しかけるのね。
デボムがこの家に下宿していることは知らなかったし、同じ部屋で暮らす?なんて言うスンジュンに、嫉妬しているの?と言うジョンウォンです。
スンジュンが帰るとテボムの部屋に行き、グォニャンの病気のことで頼みごとをするのね。
そのまま出て行くジョンウォンを追いかけようとして、赤ん坊の顔を見て止めるテボム。
よりによって、夢にも望めないような事を…とつぶやくテボムです。
ジョンウォンの方は今度はグォニャンがスンジュンの話を聞いています。
グォニャンはグムランがスンジュンのことを好きなのを知っていますから、スンジュンの欠点を言って、ジョンウォンに、あの人でなくてもいいじゃない、なんて言うのです

が、スンジュンに付き合おうと言われたことを話すジョンウォンです。

スンジュンの母親はグムランと話しながら、彼女がスンジュンの勤める出版社の社長の娘だと聞き出すと、部下(秘書?)にグムランの調査と同時にジョンウォンの調査を命じています。
母親が仕事に戻り、店内が混雑しているのを見ると店の手伝いをし出すグムラン。
その中で、一人の客がスンジュン母に渡してくれ、と大きな箱と名刺を残して帰ります。
箱の中身は高価そうな青磁の壷で、名刺は国会議員のもの。
なんで、こんな下町の店に国会議員が?と不思議に思うグムラン、そこにスンジュンがやって来ます。
店の手伝いをしているグムランに驚いたスンジュン、母親がグムランを家にまで招待していたことを知り、不愉快そうな顔をして母親に、後で家で話そうと言うスンジュン。
母親に言われ、グムランを家まで送って行くことになります。
車中でグムラン、出版社に入りたかったのは父親のことだけが理由ではなく、スンジュンがいるからだと話ます。
どん底の姿を見られているから、這い上がるところを見せたいと言うグムランです。
その二人の姿を家の前で見かけるジョンウォン。
96966988b7f9127b2c2fefdfb8fc287f1.jpg
スンジュンには口も聞かず、家に入って行くジョンウォンです。
そのジョンウォンにグムラン、自分が好意を持っていることを告げ、両親の愛も出版社も手に入れたんだから、これだけは奪わないでと言うグムランです。
ジョンウォンは何も言い返しません。

一方、母親と対峙するスンジュン。
グムランもジョンウォンも放っておくようにと言うスンジュン。
そして、ジョンウォンとは付き合い始めていることを伝えるスンジュンです。
そして、ジョンウォンは自分のことをまだ、何も知らないし、選ぶのは彼女の方だと言うスンジュン。
スンジュン母は自分の後継者としての嫁を求めているようですね。
でも、母の跡継ぎにはしないと宣言するスンジュン、母がそう出るのなら、父親を失ったように自分も失うだろうと言うスンジュンです。
グムランの方は国会議員の件が気にかかっているのね。
家のお手伝いさんに探りを入れてみるのですが、彼女の友だちがスンジュン母の家で働いているとかで、韓国中の金が集まって来るという噂があるほどの金貸しだということを聞くグムラン。
それを聞くと目つきが変わっていますよ?!

翌朝になり、泥酔状態で家に帰って来るジョンウォンたちの兄。
他人に出版社を譲るだなんて認められないと騒ぐ兄に、荷物をまとめ出て行けというジウンです。
201105080715551001_11.jpg

スンジュン母の方はグムランとジョンウォンの入れ違いのことを知ります。
そして、グムランのことを、育ての親を捨ててあの家に入ったのね、と言っていますね。
そのスンジュン母の元を訪れているのはジョンウォンたちの兄。
借金をするようです。担保は出版社?!

そして、退社時間になるとジウンとともに夜釣りに出掛けるジョンウォンです。
ジウンは来年には引退するつもりだ、とジョンウォンとスンジュンがパートナーとして会社を運営して欲しいと言います。
でも、ジョンウォンは出版社は兄が継ぐのがいいと思う、と言い、週末にはグォニャンの家に戻ると話すのね。
戸籍も整理しましょう、と言うジョンウォン。
201105080715551001_1.jpg

26話
戸籍を整理することで、ナヒと以前のような関係に戻れると思うし、兄にもチャンスを与えるべきだと言うジョンウォン。
でも、ジウンは、じゃあ、お父さんは?と言うのね。
どんな思いで、ジョンウォンに出版の仕事を教えてやったかを語るジウン。
それでも、これは自分の人生だし、自分の選択だ、と考えを変えないジョンウォンです。
二人は車で家路につくのですが、終始無言。
ジウンは、いきなり車を止めたかと思うと、ジョンウォンに車を降りろ、と言い、そういうことなら、もう戻って来るな、と言い出します。
車を降りると、とぼとぼと歩きだすジョンウォン。雨まで降って来ます。

グムランの方はチャンスとばかりに、スンジュンと一緒に退社するのですが、バス停のところで別れようとするスンジュン。
家に帰らないんですか?と聞くのですが、そちらは母の家で、自分の家に帰ると言い、母の家で食事したことは誰にも言わないで欲しいと言うスンジュン。
グムランを残し、歩き出すのですが、それをグムランがつけています。
そのうち、店に入り、一人お酒を飲むスンジュン。
グムランはしばらく店の外にいるのですが、雨が降り出し、店の中へと入って行きます。
いきなり、スンジュンの杯を取り上げると自分も飲む、とぐいぐいとお酒を飲むグムランです。
しばらくそうして飲んでいたグムランは・何も訊かないんですね、と言い、聞いても何もできることがないから、と答えるスンジュン。
立ち上がった途端にグムランの鞄の中身が散乱します。
拾うのを手伝いながら、その中にあった「老人と海」に目を止めるスンジュン。
見返しのところに、スンジュンがグムランに言った言葉が書きとめられています。

ジョンウォンが向かったのはスンジュンのマンションのようです。
しばらく玄関のドアの前にいたスンジュンですが、諦めて帰り始めます。
そこに帰ってくるスンジュン。ですが、エレベーターのことろですれ違ってしまいます。
でも、玄関の前に水たまりができているのに気付いたスンジュンはすぐさま後を追います。
そしてジョンウォンを見つけるスンジュンです。
スンジュンの顔を見て安心したように微笑むジョンウォン。
201105090556211001_11.jpg
スンジュンはジョンウォンを抱きしめます。
部屋に入ると、スンジュンの借りた服に着替え、温かいコーヒーを飲むジョンウォン。
201105090556211001_1.jpg
二人とも、ムードに流されまい、と妙に意識して、いつも以上にぎこちないのね。

ジウンの家にはジウンが一人で帰宅。
ジョンウォンは?と聞くナヒに、ジョンウォンは捨てたから、もう、あの子の話はするな、と言うと自室に入ってしまうジウン。
そのやり取りを聞いていたグムラン、夜中になってもジョンウォンが帰って来ないので、テボムに電話をしてみるのね。
もしかして、ジョンウォンがそっちに行ってないかと聞くグムランに何があったと聞き、ジョンウォンが家を追い出されたことを知ります。
グムランの電話を慌てて切るとジョンウォンに電話をするテボム。
テボムからかかってきたと知るスンジュン、夜中の1時半に電話に出るジョンウォンに不機嫌そうな顔をしているのですが、知り合いの家にいる、と言っているのを聞いて、またむすっとして…。要するに嫉妬しています。
ジョンウォンの方はテボムにグォニャンの家に行こうと思っているのだけれど、ジウンの家を出てその足でそちらに行くのはちょっと、と思っているのね。
それでも、まだ、グォニャン達家族には何も話していない、と言うジョンウォンに、自分の家に帰るのに、何をためらうことがあるのか、と戻って来るように話すテボムです。
ジョンウォンはスンジュンの家にもう一泊だけさせてもらい、その後グォニャンの家に戻ることにしたようです。

そして、朝。
ジウンの家では気まずい朝食です。
ジョンウォンの音を本当に追い出すつもり?と問うナヒに、あちらが先に言い出したんだとジウン。
そして、ジョンウォンが言い出したから、戸籍整理をするようにとナヒに言うジウンです。
ジョンウォンは何も要らないし、出版社は兄に渡すように言っていると言っている、と言い、これで満足か!とナヒに不機嫌な顔を見せるジウンです。
グムランの方はジョンウォンがそんなに簡単にあきらめるはずがない、なにか裏で約束でもしているんじゃないかと思っているようですね。

出社途中でジョンウォンがスンジュンとともに出社してくる姿を見かけ、ますます頭に来ているようです。
もちろん、ジョンウォンとスンジュンは"健全な"一夜を共にしたんですがね。
ジョンウォンのことを心配しているような言葉を掛けながら、スンジュンへのお礼を言って昨日一緒にお酒を飲んだことをアピールするグムラン。
しっかりグムランの言葉に乗って嫉妬するジョンウォンです…。
そして、ジョンウォンと二人きりになって話をするグムラン。
ジョンウォンはゼロからスタートするつもりだと言うのですが、何を企んでいるのかと言うグムラン。
そして、ジョンウォンのことは自分が好きだと言ったでしょう?と言って来るのね。
あの時はほんとうのことを言えず、嘘をついたけれど、自分はスンジュンが好きだと打ち明けるジョンウォン。
そして、スンジュンだけは渡せない、と言うジョンウォンですが、グムランも引きません。
自分は自分のやり方でやる、と宣言するグムランです。

一方、スンジュン母は「知恵の森」のことや、ジウンの財産状況を調べさせています。
スンジュン母は「知恵の森」を買収してスンジュンにやろうとしているようですね。
そして、その報告と同時にジョンウォンが昨夜スンジュンのマンションに泊ったことも聞いているスンジュン母です。
96966988b7f9127b2c2fefdfb8fc287f.jpg

さて、ジョンウォンはスンジュンが昨日グムランとお酒を飲んでいたと知り、一日機嫌が悪く、スンジュン、ちゃんと話をする機会のないまま外回りに出て、そのまま直帰することになるのね。
めちゃくちゃ回りに不審に思われる会話で、ジョンウォンに家で一緒にご飯を食べようということを伝えるスンジュンです。

ジョンウォン、何だかんだ言いながらも、スンジュンのマンションに帰るとご飯を作り始めるのね。
だけど…。
彼女、料理は苦手のようですね。
すっかり焦げてしまったご飯のお焦げのところを隠すように盛ると、カレーを掛けています。
そこにチャイムが鳴り、スンジュンだと思って出るジョンウォン。
だけど、スンジュンのお母さんだったのね。
スンジュン母はジョンウォンに、スンジュンと結婚するとしたら、仕事を辞められるかどうか聞きます。
いきなりの問いに戸惑い、まだ、付き合い始めていくらもたっていない、と言うジョンウォンに、重ねて、今考えて答えろ、と言うスンジュン母。
ジョンウォンは仕事を辞めようとは思わない、と答えるのね。
それを聞くと、スンジュンとはこれ以上会うな、と言い、出て行くようにと言うスンジュン母です。
だけど、その母親に、嫌です、出来ません!と答えるジョンウォン。
201105090625141001_1.jpg

でも、ジョンウォンはそう言ったものの、スンジュンが帰って来る前にマンションを出ます。
エレベーターのところで、またすれ違ったのですが、気付かず、そのまま部屋に戻るスンジュンです。
ジョンウォンはどこに行ったんだろう、と思いながらも、ジョンウォンの作ったカレーを食べるスンジュン。
もちろん、ご飯のお焦げは見つかりますし、カレーの方も…レトルトだったのね。
ゴミ箱の袋を発見されています。

一方、スンジュン母が店に戻ってみるとグムランが厨房に入り込み、熱心にスンデを作っています。
それを眺めるスンジュン母。
8631cee44b9d894a792e78f73e45a91a.jpg

ジョンウォンの方はそのままグォニャンの家にやって来たのね。
でも、家には入っていけないまま、聞こえて来るテボムの歌声を聞きながら、縁側に座っています。
テボムようやく赤ん坊が寝付いたのか、部屋を出て来るのね。
出て来たとたん、そこにいるジョンウォンを見つけるテボム。顔を見合わせる二人です。




ジョンウォンたちのお兄さん、なんかあやしい話に誘われてしますし、事故を起こしそうですね。
そして、スンジュンのお母さんは出版社を手に入れた後、どうするつもりなんでしょう。
スンジュンに圧力を掛ける目的?
気になります。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。