スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「49日」9話・10話あらすじ






こちらはメインブログ のなんじゃもんじゃ記事のネタバレ部分にあたります。
どうぞ、そちらを先にお読みください。

また、メインブログの「49日」のタグをクリックすると、このドラマに関する全記事が読めます。
どうぞ、よろしく。






1302249150.jpg
9話
ほんとうにここにいたいの?と訊かれ、首を横に振るジヒョン(姿はイギョン)。
ジヒョンがハン・ガンの車で店へと連れて帰ります。
再びレストランで働くことになるジヒョンです。
支配人に、イギョンを見つつジヒョンを感じていながら、こうするのが正しいことなんだろうか、と言いつつも、ほっとした表情のハン・ガン。

その後ミノが帰宅し、ジヒョンがいないことを知ります。
ちょうどそこにインジョンから電話がかかって来るのですが、急ぎの用があるから、と言って切るミノ。
急ぎの用事って、とまたもや不安に思うインジョン。
そのイギョンにソウからの電話が入ります。

ミノは(イギョンの姿をした)ジヒョンを捜してレストランへとやって来ます。
自分が彼女を連れて帰ったことを言い、話をしようと言うハン・ガン。
ハン・ガンはミノに婚約者がいるのに、と言うのですが、今はもう違う、と言うミノ。
簡単にジヒョンのことを諦めてしまっているミノに、愛はそんなに思い通りになるものだろうか、と問いかけるハン・ガン。
自分はそうだ、と答えるミノ。
そこにソウとインジョンがやって来ます。
ハン・ガンの誕生祝いにやって来たのね。
ミノの姿を見て、さらに怒りを感じるインジョン。
ワカメスープの話をしているところに、スープを入れて来た保温瓶を返しに来るイギョン。
自分のポットだ、と疑問に思うソウを誤魔化そうとするインジョン。
外にジヒョンを呼び出すインジョン。
今分かったと言う風に、インジョンの恋人がミノだと気付いた、と。
でも、黙っていてあげると言うジヒョンです。

インジョンと二人になると、インジョンの恋人に興味を示すソウ。
そこに、ミノからの呼び出しがかかり、マンションの前まで出て行くインジョン。
そして、それをソウが遠くからですが見ています。

一方、ジヒョンの父は遺言状を準備することにします。
ミノに会社を任そうとしているのね。
健康を心配するジヒョン母ですが、病気のことは隠し通す父親。
そして、ミノはいろいと考えていたようですが、病気のことを知った、と手術を勧めます。
ミノはジヒョン父から確かに信頼を得たい、と考えてのことなんでしょうかね?
成功の確率は30%。ミノがいて幸いだ、と言ってやはり手術をする考えのない父親です。

インジョンの方は会社に来た弁護士から書類を受け取り、ジヒョンの父が遺言状を準備していることを知り、ミノに連絡。
ミノに何で急に、と言うのですが、ジヒョン父の健康のことについては何も言わないミノです。

ジヒョンの方は大学の時の友だち3人に会います。
ジヒョンのことを心配する言葉を発しながら涙を流す友達。
でも、ペンダントには涙は溜まりません。
よくよく話を聞くと、やはり、心底ジヒョンのことを考えているわけじゃなく、ジヒョンへの不満まで言い出す友人達。

ショックを受けてレストランの前にいるジヒョンに話しかけるハン・ガン。
そこに、病院でジヒョンの母親から遺言状のことを聞いたソウが、ハン・ガンにその話をしに来ます。
会社をミノにまかすという話を聞いたジヒョンはスケジューラーを呼び出し、助けを求めるのですが、スケジューラーは人間間の出来事に干渉できませんからね。
それでも、一つ、方法を教えてくれます。
残された日の1日と交換で、ジヒョンの思うように物を動かすことが1回だけできるという話です。
そのイギョン(中身はジヒョン)とスケジューラーの様子をたまたま見ていたのが、支配人の奥さんと従業員。
でも彼らにはイギョンの姿のジヒョンしか見えていませんから、頭が変になっちゃった?と思ってハン・ガンに知らせます。

ジヒョンは急いで家に帰るとクイックサービスに依頼、そこにあった新聞を入れ、父親へと送るジヒョン。
ジヒョンはその配達の人について行くのね。
そこでは遺言状の立会人が来ていて、そこで判を押すところ。
だけど、その新聞の記事に、アメリカで植物状態にあった人が20年ぶりに目を覚ました、と言うニュースが書かれていたのね。
PS11041400002.jpg
それでも、判を押そうとする父。その判を落させるジヒョン。
でも、それでもおそうとしているところにスケジューラーがやって来て、ジヒョンとともに写っている写真を倒すのね。
これで、ようやく、遺言状の作成を伸ばすジヒョン父です。
でも、人間界のことに干渉しないというスケジューラーの掟をやぶったために、先輩スケジューラーから罰を受けるスケジューラーです。

ハン・ガンは突然帰ってしまったジヒョンが心配なのね。
支配人の奥さんがタクシーに乗って自分の家の方へと向かったと聞いたハン・ガンはインギョンのアパートを訪ねることにします。
ジヒョンが戻って来る前に目を覚ましたイギョンはドアが開いているのを見て驚き、精神科医のギョンヒンの名刺を握りしめ、電話を掛けに雑貨屋に。
そこでハンガンとすれ違うのですが、ハン・ガンは気付きません。
イギョンの家まで訪ねて来たハン・ガンは家をノックするのですが中にいるのは霊状態のジヒョンだけ。
誰が来たのか調べることもできないジヒョンです。諦めて帰るハン・ガン。

イギョンの方は自分の身に起こっている不思議なことをギョンヒンに相談するのね。
話を聞き、夢遊病かも、と明日病院に来て検査を受けるように、と勧めるギョンヒンです。
PS11041400005.jpg

翌日、ハン・ガンはジヒョンを見舞いに行くのですが、ミノからの仕事の依頼を断ったことで腹を立てている父は二度と来るな、と言います。

ジヒョン(姿はイギョン)の方はレストランへとやって来るのですが、また、定休日です。
誰もいない店内に入り、店のピアノを弾きながら歌を歌うジヒョン。
そこに、ハン・ガンが帰って来ます。
またもや、高校時代のジヒョンを思い出すハン・ガンです。
イギョン(中身はジヒョン)のところに近付くと、誰だ? ジヒョンか?と訊くハン・ガン。
PS11041400006.jpg

10話
ジヒョンだろう?と話しかけるハン・ガンに、驚きながらも、何を言っているんですか、と軽く流すジヒョン。
よく知られている曲だし、ピアノを弾く人だったら、誰だって…と言うのですが、感じがそうなんだ、と言うハン・ガン。
なおも問いただそうとするハン・ガンですが、そこに支配人がやって来て、話はそれっきりになります。

店がお休みのジヒョン(姿はイギョン)はまた、ソウのパン屋へとやって来ます。
彼女を見つけ、一緒に食べよう、と言うソウ。
昔を思い出しているジヒョンなのですが、ソウは昨日のことが気になって声を掛けたのね。
保温瓶のことを聞いてくるソウに、自分からは言えないから、とインジョンに直接聞くように言って別れます。
ジヒョンはパン屋で父親の好きなパンを買っていたのね。
それを持って病室へと入るのですが、ジヒョンばかりではなく、父親も床についているのね。
今まで隠して来た父なのですが、異常が出て倒れてしまった父。
ジヒョンは自分の看病疲れだと思い、申し訳ない気持ちでそのまま病室を後にします。
そして、その後、ミノが来て母親に脳腫瘍のことを言っているのを聞いてしまうジヒョン。

翌日。
朝になっても、イギョンが戻って来ません。
イライラとして待つのですが、イギョンはギョンヒンの病院へと検査を受けに来ているのね。
催眠療法でイギョンの脳裏に浮かぶのは…イギョンとスケジューラーの姿。
20110415_1302819948_38909100_1.jpg
二人は恋人だったようですね。

一方、イギョンが起きていますから店へは出られないジヒョン。
彼女を心配して、また、アパートまでやって来るハン・ガンです。
そこで、アパートへと戻るところのイギョン(本人)と顔を合わすハン・ガン。
声を掛けるのですが、どなたですか?と訊かれてしまうのね。
ハン・ガンは双子?などと思いつつ、兄弟はいないと言っていたのに、とも思うハン・ガンです。

インジョンの方は、ジヒョンの父がなぜ突然遺言書を作ることにしたんだろう、と疑問に思っていたのですが、ジヒョンのソウとともに呼ばれ、ジヒョン父の病気のことを聞きます。
ジヒョン父にとっては二人とも娘のような存在だから、彼が手術を受けるように説得して、と頼まれる二人です。
ソウはすぐさま病院に行こうとするのですが、約束があるから先に行って、と言うインジョン。
こんな一大事を置いて約束だなんて、と腹を立てるソウ。
男と会うんでしょう、と言うソウ。実際、インジョンはミノに会いに行くのですが、ソウはまだ、相手がミノだとは気付いていないのね。
昨晩は見かけはしたものの、遠かったせいか、ミノに似ていた、という印象は持ったのですが、まさかミノだとは思っていないようです。
ジヒョンはミノとミノの家で会う約束をするのですが、実はイギョン(中身はジヒョン)が金庫を開けようと忍び込んでいます。
先に帰って来たミノは何とかごまかすジヒョン。
そこにインジョンもやって来ます。
金庫のある部屋へとジヒョンを隠すミノ。
そこでインジョンとミノが言い争っているのを聞き、自分の父が脳腫瘍だと言うことを知るジヒョン。
ショックを受けるのですが、何とか声を出すことをこらえています。
ミノはインジョンに外で話をしよう、と言い、金庫を開けて書類を取り出すのですが、番号を知ることはやはりできません。
ジヒョンは二人が家を出ると堰を切ったように声をあげて泣き出します。
201104150916091001_1.jpg

ソウの方は、ふたたびインジョンと顔を合わせると、インジョンを非難します。
ジヒョンの家にはお世話になったじゃない、と言うソウに、世話になったら好きにならないといけないの?!と言うインジョン。
ジヒョンのことは嫌いだった、と言い、ジヒョンは地球は自分を中心に回っていると思っている子じゃない、と言っています。

一方のハン・ガンは昨日の自分を無視して、どなたですか?と言ったジヒョンが気になって仕方がないのね。
支配人にイギョン(の姿のジヒョン)の言ったことが嘘かほんとか確かめたいんだろう?と言われ、ふたたびジヒョンの家の前で待つハン・ガン。
やがて帰って来るジヒョン(の姿のイギョン)ですが、すぐに入れ替わるとイギョン(本人)が出て来ます。
そのあとをついて行くのですが、イギョンはコーヒーショップでのバイトを始めます。
ハン・ガンがカウンターに来ても知らない人のように応対するイギョン。
胸にはイギョンの名前の名札がついています。
それでも名前を確認するハン・ガンにまたもや自分のことをご存知ですか、と言い、昨日の人でしょう、と声を掛けるイギョンです。
259124_228737_2643.jpg

ますます混乱したハン・ガンは支配人に、イギョンだったけれど、自分たちの知っているイギョンじゃなかった、と言っています。
イギョン(中身はジヒョン)が来た時に48日で遠いところに行く、と言っていたことを話題にする二人。
支配人は48日は知らないけれど、お坊さんから、49日のあいだ魂がさまよう話を聞いたことがある、なんて話をしています。
とはいっても、本気で信じているわけじゃないんですがね。

霊の状態となったジヒョンの方は、アパートでイギョンに話しかけています。
ジヒョンは自分の為に純度100%の涙を流してくれる友達なんていないみたいだ、と思い始めたところに、父の病気の事を知り、大きなショックを受けたのね。
この世を去る決心をしたようです。
イギョンには聞こえないだろうけれど、話しかける相手がいて、よかった、と言うジヒョン。
今まで、ありがとう、そしてごめんね、と言っています。

そして、イギョンの姿を借りると、部屋の掃除をするジヒョン。
ジヒョンはこの先も待っていたところで自分のことを愛している人なんて現れない、と独り言を言っています。
そして、この方法しかない、と言い、父親あての手紙を書くジヒョン。
イギョンの姿で全ての事をぶちまけたとしても信じてもらえないだろう、と娘としての言葉を書いているようです。
そして、イギョンの中に入っているのは自分だ、と全てを知らせ、自分はあの世へと行こうとしているのね。
そして、支配人と職員に花をプレゼントし、ハン・ガンには遠いところに行く、と話すジヒョン。
だけど、その言葉をミノのところに行く、ととってしまい、また、喧嘩になってしまう二人。
心残りに思いながらも父母のところへと向かうジヒョン。

ところが、父母が話しているのを聞き、父が自分のために手術を受けないでいると知ると、そのまま父母には声を掛けず、家を出て行きます。

レストランでは、植木鉢の手入れをしているのですが、支配人がハン・ガンの自室に置いていた植木鉢から印鑑を見つけ出します。
手渡されたハン・ガンがそれをみると、それはジヒョンの印鑑。
そう、以前にジヒョンが隠したものですね。

そして、公園でぼんやり空を見上げるイギョンの姿のジヒョン。
自分が目覚める時を待って手術も受けないでいる父のことを思うと死んでも死にきれないジヒョン。
生きたいと強く願うジヒョンです。

その時、ペンダントに一粒の涙が…。
201104151558481.jpg




ようやく一粒目の涙を手に入れたジヒョンですが、この涙は誰のものでしょう?
わたしは、ハン・ガンがジヒョンの印鑑を見つけた話が出て来たので、当然ハン・ガンの涙だ、と思ったんですが、ネットに記事にはジヒョンが自分の為に流したという意見もありましたね。

そして、残りは二粒です。
いまから、実はジヒョンの事を大好きでした!なんて新たな登場人物が出て来る事はまずあり得ないと思いますから(私は一粒目はハン・ガンだと思っているので)残りはインジョンとソウだと思うんですね。

インジョンの方は、いまはジヒョンに対して悪意をむき出しにしていますが、こちらはわりと簡単に和解するような気がしているんです。
原因はきっとミノにありそうだし…。

それに対して、一番親友らしいソウなんですが、案外こちらが難しいような気がするんですね。
なにせ、ソウはハン・ガンのことが大好きでしょう? そこがネックとなるような気がするんです。

だけど、私の予測って、あんまり当たりませんからねえ…(汗)
どういう話になるのか、ますます楽しみです!


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。