FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「楽しい我が家」13話・14話あらすじ


こちらはネタバレの内容を含むサブブログです。
メインブログ のなんじゃもんじゃもよろしく。

メインブログの「楽しい我が家」のタグをクリックすると、このドラマに関する全記事が読めます。







20101127_1290816752_20690000_1.jpg
いよいよ大詰めに向かって来ました。
少しずつ解けて行く謎、そして、サンヒョンとジンソの夫婦はどうなるんでしょうね。
(と言っても、このドラマの場合、最後は以前のような、あるいは前以上の愛情をとりもどす物語だと思うんですけど…)



それではあらすじです。 13話
ユニ、怒るのですが、疑われるのは嫌だから、と行くことにします。
そして、シヌはサンヒョンにも同行を求めます。
ユニとサンヒョンの証言が食い違うから、ということなのね。
ジンソはサンヒョンに、事実をありのままに言うことが助かる道だとアドバイスします。
ソヌには公正な客観的な取り調べをお願いして送るジンソ。

ウンシクは元妻を追いかけさせていたのですが、まかれてしまうのね。
あらかじめ、もう一人の赤いワンピースの女を用意していたようです。

ジンソはユニ父の家を訪れます。
置かれている絵を見てキュレーターが感動した話を思い出し、また、治療中にウンピルが語っていた話を思い出します。
ウンピルはユニに追い返されたユニ父を家まで送って行って絵を見たのね。
その絵を見て、世に知らせるようにと尽力したようです。
ジンソはサンヒョンが犯人出ないことを知りながら、何故嘘をつくのか、と問います。
ユニとサンヒョンが警察に連れて行かれたことを言い、助けてくれるように頼むジンソです。
ユニ父にサンヒョンの母親に会ったことがあるでしょう、と言い、お義母さんにとってはサンヒョンがすべてだ、と本当のことを話してくれるように頼むのね。
そして、自分勝手な愛は子をむしろ駄目にする、と、ユニのためにも真実を明らかにするように言うのですが、気持ちを変えないユニ父です。

警察でユニはウンピルが自分で車を運転して出て行ったので自殺だ、という話を繰り返します。
そして、サンヒョンが別荘を出た時間は3時半だ、と。
サンヒョンの方は3時だ、と言います。
そして、何でそんなに時間がかかったのかを問われ、今度はぬかるみに嵌まってしまった話をします。

シヌはワイン瓶の欠片をゴミ箱にではなく、森に捨てた訳をユニに問います。
警察が来たので驚いて、と言うユニ。
罪もないのに?と聞くシヌに、警察が来て嬉しい人なんてないでしょう、と答えるのね。
今の話をサンヒョンの前でもできるかと問われ、もちろんと言うユニ。
サンヒョンとユニは一つの部屋に連れて来られます。

サンヒョンはユニにお前から話してくれ、と言うのですが、むしろ正直になって!と演技たっぷりに言うユニ。
自分に何でそんなことが言えるんだ!と怒るサンヒョンはユニを思わず平手打ちにします。

結局、ユニ父とユニの証言が一致しているので、ユニは先に帰され、サンヒョンだけ残されます。
警察署を出て来たユニ、サンヒョンのために動こうとする弁護士に、そのまま放っておくように言うのね。
驚く弁護士です。

その報告は弁護士からウンシクへも伝わります。
ジンソを呼び出すウンシク。
ジンソはウンシクに前妻のことでウンシクがユニに弱みを握られているように見えることを言い、どういう事情で脅迫されているのか、事実を話してくれるように頼みます。
ウンシクはジンソをそこまで信用できるか判断できないから、時間をくれるように言うのね。

ジンソは続けてシヌに会います。
そして、ワイン瓶の欠片のことをキュレーターから聞いたことを話します。
そして、キュレーターから聞いた他の話も伝えるジンソ。
でも、シヌはユニ父とキュレーターとの関係がどんなものかを問題にし、また、キュレーターが必要な時にどうして偶然現れるんだろうか、という疑問も呈します。
そして、シヌの方はユニ父の家で見つけた手掛かり、日付入りの写真のことを話します。
自分が犯行に関わっていたらそんな写真を撮らないだろう、と言うシヌなのね。
重ねて客観的な捜査をお願いするジンソです。

そして、ようやく解放されるサンヒョン。
今になって裏切られた側の気持ちが分かるだろう、と言うシヌ。
容疑が晴れた訳ではない、と言い置き、サンヒョンを帰します。
警察署を後にしたサンヒョンと入れ違いに警察にやって来るジンソ。
元気のないサンヒョンを食事に連れて行くジンソです。
そこにサンヒョンのお母さんから電話がかかるのね。
サンヒョン母は孫からお父さんが家を出て行ったことを聞き、ジンソに連れて帰ってくれるように言うのね。
二人で帰宅したサンヒョンとジンソから、ユニのしたことを聞くサンヒョン母。
ユニのところに乗り込んで行きます。
ユニを見た途端、ユニに掴みかかり、お母さんとそっくりだ!と言うサンヒョンの母。
ところが、その話を聞いて、ジンソさえいなければ、誰にも知られることはなかったのに、とジンソに怒りを向けるユニです。
子供のころに何か事件があったようですね。
そして、そのことがユニがジンソを憎む原因となっているのでしょうか…?

14話
ジンソに掴みかかるユニを押しのけ、ジンソを連れて帰って行くサンヒョン母です。
ユニが子供の頃、ユニの母がユニの父のスープに薬を入れる、と言うことがあったのね。
それを見ていたユニがそれを止めに入り、ユニ母が逆にひどく暴行を受けてジンソの父の病院へと運ばれたことがあったようです。
そして、そのことをジンソに打ち明けたのですが、誰にも話さないで、と頼んだことがあったようです。
ユニは、それなのにジンソがサンヒョンにその話をした、とジンソに対して恨みを持っていたようです。
そのせいで、サンヒョンも友だちも、故郷も失った、と。

家に帰り、サンヒョンをしかりつけるサンヒョン母。
サンヒョン母はユニの面倒などを見たからだ、と自らをも責めているのね。
そのあと、ジンソに湿布を買って来させると、ジンソが貼ってやれ、と言う母。
そして、ジンソに、こんなことがあったら、自分にも教えてくれなくちゃ、と言うサンヒョン母です。
ジンソはサンヒョンに湿布を渡すだけ渡すと、一人背を向けてベッドに入ってしまいます。
サンヒョンの方は今にあるパソコンで何か、作業をしているのね。

ウンシクの家ではウンシクとユニが食卓を前に神経戦です。
ユニはウンシクに、元妻の父母をどうして殺したんですか?と聞き、元妻もウンシクに殺されるんじゃないかとおびえている、と…。
その後、父親に電話をかけるユニ。
自分が理事長になったことを告げると、行動に気をつけるように言うユニに、サンヒョンのことを聞く父親なんですが、関係ない、と全く気にも留めてない様子のユニです。

一方、シヌの方はウンピルの事故を担当した保険会社に出向き、事故直後のウンピルの車の写真を見せてもらいます。
その一枚にブラックボックスが写っているのを見つけたシヌ、その写真を借りて行きます。

出勤したジンソがパソコンを起動させるとサンヒョンからのメールが入っています。
サンヒョンはこのメールを昨夜打っていたのね。
自分に戻るための時間が必要、と、数日間旅行に行くと言っています。

そのジンソを訪ねて来るシヌ。
用件を聞くジンソに、ウンピルは本当に運転できなかったのか、と聞くのね。
ウンピルが運転している姿の写っている書類を見せるシヌ。速度違反の書類のようですね。
それを見て驚くジンソ、運転できるのになぜ、嘘をついたのか、と言います。
シヌは意図的な作戦だったんだろう、と言うのね。

それを聞いたジンソは違反金を払ったのがウンシクだということを確かめると、ウンシクに会いに行きます。
ウンピルが運転できることを知っていて、なぜ、ウンピルが運転できないなんて言う嘘をついたのかを書類を見せながら聞くジンソ。
この書類で初めて知った、と言うウンシク。
ウンピルがショックを受けるのを分かっていながら、何故、元妻が死んだなどという、とんでもない嘘をついたのかを問うジンソに、二人は到底結婚生活を続けられる状態ではなかったと言うウンシク。
その理由を聞かれ、元妻が家門の秘密を知って脅していたためだ、と…。

ジンソは次に、ユニと会います。
ユニにウンピルが車を運転できるようになっていたことを言うジンソ。
どうしてウンピルが最後まで、ジンソに嘘をつきとおしたのかと言う話に、サンヒョンの妻だからじゃないかと言うユニです。
治療に訪れたウンピルの様子を思い出し、思い当ることのあるジンソです。
暴力をふるうウンピルに、父親の姿を重ねていたのだろうと言うジンソに、私だけが苦しめられていたと思うな、と言うユニ。
ウンピルの元でサンヒョンがいかにみじめな目に遭っていたかを話すのね。
そして、昔の話になります。
ユニはジンソがサンヒョンに告げ口をしているところを見た、と言うのね。
でも、事実は違ったようです。
すでにもう、町じゅうで話題になっていたのね。
それを耳にしたサンヒョンが先にジンソに話したんですが、それを口にしたらユニが傷つく、と知らないふりをするようにジンソは言っていたようです。
あくまでもジンソが記憶を捻じ曲げているのだと言うユニですが、自分の車に乗り込んでもなかなか車を発進できないでいるユニです。

シヌの方はブラックボックスを探しに行っていたのですが、ついに見つけます。
さっそく中身を見てみると、しっかりとユニの父親の姿が写っています。
ユニ父の家を急襲する警察。
そして、理事長の就任式の準備の真っ最中のユニのところへも…。

警察の取り調べに、自分が殺したと言うユニ父。
ユニの方も自分が殺したんじゃない、自分の罪はウンピルを殴りつけたことだけだ、と言うのね。
証言が一致している以上、これ以上ユニをとどめては置けないシヌはユニを解放します。
不満を言う同僚ですが、法的には留置できない、と言って、一旦はこうして終わったようにしておこうと言うシヌです。

ウンシクは誰かに何かを命じた後、ユニにウンピルの墓参りに行こうと言い出します。
ウンシクの都合に合わせて行こう、と言うユニ。

シヌの方はジンソの息子を連れてクリニックにやってきます。
仕上げが残っている、と言うシヌ、サンヒョンのところに会いに行くのですが、一人では行きづらいから、とジンソに同行してくれるようにと頼んだようです。
容疑者として?と聞かれ、今度は協力者としてだと言うシヌ。
そのまえに、自分とサンヒョンと二人で話をさせて欲しいと言うジンソです。
そのジンソに、ジンソが赦してくれるなら、どん底からやり直したいと言うサンヒョク。
でも、ジンソの方は離婚しよう、と…。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

韓国ドラマアンケート
無料アクセス解析

アンケートは1回限りです。コメントは訂正できませんので、投票ボタン、ENTERキーは慎重にお押しください。

インフォーメーション
**コメントを承認制にさせていただきました。お手数をおかけしますがよろしく願いいたします。 **あらすじはほとんどオリジナル版によっていますので、各話の内容がテレビ放送のものとは、ずれている場合があります。   **拍手ありがとうございます。とても励みになります。
ブログ内検索フォーム
Comment
最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kirikorori

Author:kirikorori

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

あらすじは韓国版によるものがほとんどなので、テレビ用に話数を変えて編集しているものは、多少ずれていることがあります。ご了承ください。

この他にも、まとめてあらすじを書いているものもあります。上部にある、<感想記事一覧>のリンクから探してみてください。

Twitter

一部しか表示されていませんが、kirikoro1のところをクリックすると、全文読めます。

リンク
月別アーカイブ
10  12  02  12  11  10  07  06  03  02  01  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。